あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役に立ったぞ!
Hさんのお見舞いに行った。
足に浮腫みが出ていて、足がぱんぱんになり硬くなっている。
私はヒーリングをしながら、軽く足をさすっていたときにワラシが
ニッと笑っているのが視えた。
ワラシたちは私と同じように、Hさんの足をさすっている。

『姉さん、オレたちも手伝うぞ。』

そう、ありがとう!

『この人間は頑張っているものな、オレたちも手伝うぞ。』

私は頷いて、むくんだ足をさするのはワラシたちに任せて、手を
頭に当てて全身にエネルギーを流すことにした。
しばらくして、Hさんが「立ちたい・・・」と言って立ち上がった。
すると・・・。

「エッ? 足が柔らかくなっている! 
 あんなに硬かったのに柔らかくなっている、歩きやすい!不思議!」

と笑顔で何度も足踏みをしている。
ワラシたちはニコニコと嬉しそうに笑っている。
帰りの電車の中で、ワラシたちが話しかけてきた。

『姉さん、オレたちは役に立ったよな。』

うん、ありがとう!

『それでな・・・褒美はどうだ?』

言うと同時に、私の頭に中には白いロールケーキのビジョンが届いた。
これが食べたいのね、私は苦笑した。
だけど、彼らが欲しがったロールケーキではなく、フルーツのロールケーキを
ご馳走することになった。
白いロールケーキではなかったけれど、ワラシたちは嬉しそうに食べていた。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【お知らせ】
今後のワークショップスケジュール


新講座「ディスカッション・オセロ!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会話の中で知らず使っているネガティブワードに気づき
ポジティブな表現に〝ひっくり返す〟ことを身につけます
1月11日(土)13:30〜17:00 東京/東京文具共和会館(浅草橋)
2月15日(土)13:30〜17:00 東京/都内
2月20日(木)14:30〜18:00 名古屋/名駅周辺
受講料:5000円


直感を磨く「アクセスハートコミュニケーション」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月12日(日)9:30〜17:00 東京/かつしかシンフォニーヒルズ別館

2月16日(日)9:30〜17:00 東京/かつしかシンフォニーヒルズ別館
受講料:10000円


自分の能力を知る「インプルーブ」1day講座
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〝これからの自分に必要な能力〟を自ら明確にし

タマラ・加藤憲子が独自のエネルギーワークで働きかけ引き出します。
*聴講可(既受講の方は、ぜひ聴講ください)
1月13日(月・祝)9:30〜17:00 東京/東京文具共和会館
受講料:10000円(聴講料:3000円)


自分を知る「インデュース」
ーーーーーーーーーーーーーー
1月16日(木)14:30〜18:00 名古屋/名駅周辺
1月19日(日) 9:30〜17:00 東京/都内 ☆1day講座
受講料:5000円 ☆1day 10000円


感情と向き合う「マインド・ダイビング」2day講座
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月1日(土)〜2日(日) 東京/都内
1日目 10:00〜17:00
2日目  9:30〜17:00
受講料:25000円 ☆宿泊研修ではありません


お申込み/お問合せ先
アクセスハートプロジェクト
http://www.accessheart-project.info/



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

更新しています。
ブログ   「 魂に問う 答え


ブログ    魂に問う 答え
ブログ    あかね雲 
セミナー   アクセスハートプロジェクト
.facebook Tamara official
https://www.facebook.com/tamara.official



新年の届け物
新年になってからも、ワラシたちの動きは慌ただしい。
いろいろな所を回ったり、届け物をしているようだ。
何を・・・どこの・・・誰に届けているのかな?

『姉さん、オレたちだって新年の挨拶はするぞ。
 人間の動きに合わせてオレたちも動く。
 人間の動きには季節が関わっているからな。
 オレたちは自然から生まれ、自然を守る役目を持つ。
 だから人間の新年の動きに合わせるんだ。』

届け物って、例えば西の長の所にだとかなの?

『うん、西の長の所にも行ってきた。
 もちろん、長に正式な挨拶をしたのはオレたちではないぞ。
 東の長が直接に行くこともあるからな。』

そうね。

『うん、だけど、長は荷物は持たない。
 だから荷物はオレたちが運んだりする。』

そっか~。人間の言う新年のご祝儀を届けるのね。
え~、どんな物なの?知りたい!

『姉さんも野次馬みたいなことを言うな~。』

ワラシに笑われた。
でも、内緒で教えてくれた。
それは人間界には無いものだった。
なるほど、見えない世界だからこその贈り物ね。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

更新しています。
ブログ   「 魂に問う 答え


ブログ    魂に問う 答え
ブログ    あかね雲 
セミナー   アクセスハートプロジェクト
.facebook Tamara official
https://www.facebook.com/tamara.official


雪女と雪ん子
ワラシたちが集まっている。
何気なくつけたテレビで、昔話しのように雪女のことがテーマになっている。
一緒に聞いていたワラシたちが、口々に言う。

『雪女のおばさんって、雪ん子のお母さんだよな。』

皆が一斉に頷く。

『雪女のおばさんは優しいよな。』
『そうだよ、息を吹きかけて人間を凍らせて死なせる・・・なんてないよ!』

女の子のワラシは泣きべそになりそうだ。

『雪ん子も可愛いし優しいぞ。』
『雪ん子もやがては雪女になるぞ。可愛い雪ん子は怖い雪女にはならないぞ。』
『うん、そんな話は聞いたことがないものな。』

ひとりのワラシが何か考えていたようだが、皆の顔を見て言いだした。

『オレな、山の婆に聞いたことがあるんだけどな。』
『なんだ? なんだ?』
『雪山で道に迷って死にそうになった人間が居てな。
 凍えてしまってもう助からないだろうって皆で話していた時に雪女が来て、人間に
 それは優しく微笑んで見せたって。
 雪女の優しい微笑みを見た人間は、安心した笑みを浮かべて死んだって・・・。』

皆はシーンとして聞いていた。

『死ぬしかない人間の最期に、安心をさせたんだな。』
『もしかしたら、その人間には、母ちゃんに視えていたかもしれないぞ。』
『嫁さんに視えたかもしれないな。』
『大好きな人の顔に視えて安心したのかもな。』
『姉さん、雪女はいいことをしたんだぞ。話が違うな。』

私は頷いた。
ワラシたちはその話で満足をしたのか、また他の話を始めた。
話しはそのまま伝わることもあれば、間違って伝わってしまうこともある。
新年早々の雪女の話しから、私は伝えることについて考えていた。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

更新しています。
ブログ   「 魂に問う 答え


ブログ    魂に問う 答え
ブログ    あかね雲 
セミナー   アクセスハートプロジェクト
.facebook Tamara official
https://www.facebook.com/tamara.official


ワラシの声
『動けるんだから動こうよ!』
『出来るんだから、怠けていないでやればいいんだぞ!』
『愛されているのに、まだ足りないのか? 欲張りだぞ。』
『自信が無い・・・やってみなければ分からないだろう!』
『言い訳がみっともないって、知っているのかな?』
『ありがとう・・・って素直に言えばいいのにな!』
『ごめんなさい・・・の一言で仲直りできるのに・・・。』
『そうだ・・・そうだ!』

かまびすしいワラシたちの人間に向ける言葉。
妖怪たちは人間が大好きだ。
姿形を見えなくしているこの時代でも、妖怪たちはやはり人間が大好きだ。
だから、時として人間のみすぼらしい姿や恰好に我慢できなくなって、
つい声を出してしまう。

妖怪たちの喜ぶ姿や笑い声が大好きな私は、そっと彼らの好きなチョコレート
を用意する。饅頭もあげようかな、きっと喜ぶから・・・。



更新しています。
ブログ   「 魂に問う 答え



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
ブログ    魂に問う 答え
ブログ    あかね雲 
セミナー   アクセスハートプロジェクト

季節の移り変わりと妖怪
いきなり目の前にパア~ッと色が広がった。
思わずのけぞって驚く私を、ワラシたちが面白そうに笑っている。

『姉さん、ビックリしたか?』

ビックリした~、今のは何なの?

『秋の色なんだ。』

そうか、モミジの赤にイチョウの黄色、つまり紅葉や落ち葉の色なのね。

『うん、鮮やかで楽しかっただろう?』

私は目の前に広がった鮮やかな赤、少しくすんだ赤、華やかな黄色、明るい黄色
などを思い出していた。もう季節は冬、だけど秋の色はまだ残っている。
秋から冬へと移り変わる色模様を、ワラシたちは私に見せてくれたのだ。

ありがとう~、嬉しいな! 居ながらにして秋の色を楽しませてもらったね♪

『オレたちが手伝っている季節の移り変わりなんだぞ。
 もっと落ち葉が進むと、茶色の枝や木々が主役になるんだ。
 オレたちは冬支度の木々の手伝いをしているんだぞ。』

季節の移り変わりは妖怪たちの力の見せ所でもあり、セッセと時間に間に合わせようと
張り切る時でもある。私たち人間は、自然の見せてくれる様々な景色を楽しんでいる。
その影に妖怪たちの働きがあることを、知ってほしいと思う。





更新しています。
ブログ   「 魂に問う 答え



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
ブログ    魂に問う 答え
ブログ    あかね雲 
セミナー   アクセスハートプロジェクト



プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。