FC2ブログ
あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
あなたに伝えたい言葉。
自ら望み生まれてきたあなた、今、一生懸命生きているあなたに伝えたい言葉があります。

今この世界で、頑張っているあなたもいれば、迷っているあなたもいるでしょう。
苦しみ悩み、自分がなぜ生まれたのか、なぜここにいるのか、その意味さえ
分からなくなり、探す術もないと思っているあなたにも伝えましょう。

生まれてくる前に、あなたは自分の人生の設計図を書きました。
生まれる喜びから始まった人もいれば、生まれる苦しみから始めた人もいます。
どちらも自分の学びや成長の為に、それぞれの親や家族の学びや成長の為に、
誕生のその時から始めました。

喜びで生まれても、苦しみで生まれても、どちらも大いなる意志に祝福されて生まれて
きています。それは人生においてどの様な状況にあろうとも、大いなる意志があなたの
身の内に、愛を分け与えているからに他なりません。
その愛をしっかりと抱いて、あなたは今この世に人間として生きています。

母の胸に抱かれ、父の腕に包まれ、温かい安らぎを感じながら、穏やかな表情を見せて
いる赤ちゃんのあなたもいます。

固い決意のもと、ひとりで母となる人を父となる人を選び、共に歩むことで大きな成長を
遂げようとして、健気な表情を見せているあなたもいます。
両親の魂と人間としての成長を手伝うために、あなた自身の経験と成長の為に、その身に
苦難を背負う約束をしてきたあなたもいます。

いづれも生まれたばかりの無邪気な顔が、あなたの身のうちにある愛を
周囲の人々に伝えています。

だんだんと成長していくあなたは、やがて家族や周囲の人達から、愛だけではなく、様々な
感情を受け取るようになっていきます。

なぜ愛を受け取るだけでは、いけないのでしょうか?
愛を受け取っているだけならば、それを愛とさえ気付かないからです。
人はその身のうちに愛を持って生まれていますが、愛を愛として知らなければ喜びは生まれず、
光ともならないからです。

初めは抱く胸や包む腕のあることで、そこに笑顔のあることで、あなたは温かさを知りました。
心地よい安らぎや、喜びを感じました。
やがて、抱く胸に怒りがあったり、包む腕に怖れのあることを感じたとき、それはあなたに
とって苦しみや悲しみとなり、大きな声で泣くことにより、家族や周囲の人達に訴えたり、
伝えたりするようになりました。

愛より他の感情とその感覚を、あなたは知り始めたのです。

人は愛を知る為に、他の感情や感覚を使います。
その為に大いなる意志は、人の身のうちに光である愛を与え、苦悩である闇を与えました。
それは感情となり感覚となり、言葉になり表情になり、行動として現れていきます。
初めのうち、愛を知る為の喜びの言葉や行動は、明るい表情となり、とても素直に受け取る
ことができ、与えることができます。

しかし、ある日、無邪気に向けた笑顔の先に、思いがけず否定の表情や言葉や行動を受けた
時から、愛を与え受け取ることの努力が始まります。
光だけではない、闇の感覚や感情を知ることになったのです。

幼い者の澄んだ闇は、両親や周囲の人々に受け入れられ、慰められ包まれ温められます。
そのことから、澄んだ闇は光のあることを教えるためにあることを知るのです。

両親や家族との関わりにより、あるいは友人や社会との関わりにより、繰り返し闇を経験
していると、いつしか身のうちにある愛をさえ、感じにくくなることがあります。
愛を見失ってしまうことさえ、あります。
そうなれば闇が闇を生み、闇をより深くしてしまい、希望も生きている意味もそれを探す
ことにさえ、疲れてしまうこともあるでしょう。

そのような時には、目を閉じて深呼吸をして一休みしなさい。
耳に聞こえてくる外の音を聞き、肌に風や空気を感じてみましょう。
やがて自分の鼓動を感じ、自分の呼吸を感じるでしょう。

生きている! 

今 生きている自分がそこに居ることを、感じとって下さい。
あなたがそこに生きている! それこそが希望であり愛なのです。
あなたが自分で望み生まれてきた、愛を知り光を生じ闇を経験する為にそこに居る!
そのことを、もう一度知って下さい。

そうすれば、またそこから歩き出せます。
しっかりと目を開け、次の何かを探そうと歩き出せば、耳にも心にも声が聞こえ
何かが響き、光が生じ愛を知ることができるでしょう。

今生きているあなた自身が、希望であり愛であることを、知って下さい。


  応援のクリックをお願いします


スポンサーサイト




この記事に対するコメント
初めまして。
いつも見させていただいています。今日は、なんだかコメントがしたくて、コメントさせていただきました。とても心臓にズキっとくる言葉ばかりで、考えさせられます。ありがとうございました。また遊びに来ます。
【2007/04/10 03:23】 URL | みわ #B/Co7ykw [ 編集]

みわさん
いつも読んでくださり、ありがとうございます。
真剣に受け止めてくださったこと、とても嬉しいです。
ご自分が選んで望んで生まれてきた人生、どうぞ、大切に生き抜いてください。
時には疲れることもあるのが人生です。
そんなときには、ゆっくり休みましょうね(^^)
私も時に、一休みしながら日々を歩んでいます。
【2007/04/10 07:46】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

初コメです
ずっと読ませてもらってました♪

見えない世界と繋がるってどんな感じなのかなぁ‥って 興味深くロムってました(笑)

今回の記事は 生きてることの意味を教えて頂き感謝します。
生きてるって素晴らしいことなんですね-☆^^


【2007/04/10 08:24】 URL | ゆらぎ #- [ 編集]

ゆらぎさん
いつも読んでくださり、ありがとうございます。
見えない世界と繋がっていても、特別な感じはありません。
日常の生活の中で視たり聞いたりなので、ごく普通にあり、特には思わないのです。

生きているって、本当に素晴らしいですよね(^^)
人生を楽しみましょうね!

【2007/04/10 11:46】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


今日の日記を読ませて頂いて、偶然じゃない何かを感じました。
かとうさんにとってはこのブログを見る全ての方へのメッセージだったと思いますが、自分にとって出会うべくしてこの言葉に出会ったような感覚があります。

ずっと今自分がここに存在する理由を考えていました。
なぜここにいるのか。
なぜ今の時代なのか。

ずっと出来れば自分は乱世の世に生まれたかったと思っていました。
明日わが身が知れない時代でも、何か守るべきものがあり信じるものがあれば命は惜しくないと思っていました。

ゆえにこの時代に生きていることに違和感を感じていました。

しかし、体調が悪くなれば病院にも行き、苦しみも感じる。

所詮人間で生きるのを望んでいることに矛盾を感じずっとその心と葛藤していました。

あるチャネラーさんに見てもらった際、生きてるのが不思議だと言われました。
一体何をエネルギーとして生きているのか分からないと。

しかし、やはりここに存在することに変わりはなく、生きていることを痛感しています。


ありがとうございます。
【2007/04/10 13:07】 URL | yukari #- [ 編集]

yukariさん
魂の声と心の叫びのように聞こえます。
yukariさん、闇の濃いこの時代を承知で生まれている私たちです。
生きていることを痛感しているyukariさんが、とても愛しく感じます。
自分勝手な感想でごめんなさい。
【2007/04/10 14:25】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

いつも読ませていただいております
楽しいお話をいつもありがとうございます。
今日のメッセージはもの凄く響きました。
スーッと伝わりました。
中でも、『両親の魂と人間としての成長を手伝うために、あなた自身の経験と成長の為に、その身に 苦難を背負う約束をしてきたあなたもいます。 』
娘に対して感じていたこと、彼女に感謝と同時に申し訳なく思っていること、まさにそうなんですね。
やっと言葉にできた気がします。ありがとう。

【2007/04/10 18:18】 URL | MEG☆ #XVgCdbeE [ 編集]

MEGさん
いつも読んでくださり、ありがとうございます。
ご自分でも何かを感じていたのですね。
それが言葉として納得できた・・・本当に良かったです。
こうしてコメントをいただき、お届けできて良かった・・・私はそう思います。
【2007/04/10 21:53】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

こころに
ずーんと響きました。

ある言葉はいいました。
「生き抜いてこそ意味がある。」と。

その言葉の本質を知ることができた気がします。

また、明日から笑顔で過ごせそうです。

ありがとうございました!!!!!!

今過去ログをゆっくり読ませていただいています。
また、コメントさせていただきますね。
【2008/04/24 19:51】 URL | まみ #JCStbwKo [ 編集]

まみさん
過去ログをずっと読んでくださっているのですね、ありがとうございます。
笑顔で過ごせる・・・とても嬉しい言葉です。
このブログの何かが、まみさんのお役に立てますように願っています。
【2008/04/27 02:08】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/96-3acae742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する