FC2ブログ
あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
座敷ワラシ
座敷ワラシは、子供の友達。

ヤンチャ坊主の座敷ワラシ、ゴンについては以前に書いたことがある。
もうひとりのケンについては、今はまったく音信普通になっている。
おそらく私に連絡をする必要がないのだろう、きっとケンと一緒にいる人が頑張っているのだろう。

長は
『ケンのことは心配いらぬ』
と言う。長がケンの居所を承知している、私はそれだけで良い。

座敷ワラシは長の統率する妖怪の仲間だ。
男の子の座敷ワラシは、活発に遊びまわることが多い。
女の子の座敷ワラシは、自分が居ついている家と家族を大切にする。

座敷ワラシが家に居るとその家は繁栄する、そう言われているが、これにはちゃんと訳がある。
女の子の座敷ワラシが居ることにより、家の中を明るくしようとワラシが頑張る。
子供たちと遊び、子供たちが明るく生き生きとするように持って行く。
ワラシはその家の母親になつき、母親の持っている本来の明るさや優しさが、発揮しやすくなる
ように持っていく。

母親の本来持っている良い面、子供の本来持っている良い面が出るように努力をする。
母親や子供が明るく生き生きとしていると、父親の気持も明るくなり家族のために頑張ろう!
という気持になっていく。

『人間が思っているように、座敷ワラシがその家にいるだけで繁栄をすると言うものではない。
 ワラシにはそんな力はないぞ。ワラシはワラシじゃ。金のことなど考えてないわ。
 ワラシの居る家が繁栄をするのは、やはり人間の努力や頑張りが実った結果じゃ。』

長は苦笑まじりに言う。

「ワラシが居る・・・そのことで一番変わるのは何? やはり何かあるのでしょう?」
『ワラシはな、明るいことが好きじゃ。楽しいことが好きじゃ。優しい気持が好きじゃ。
 だからな、家族がそのような気持になるように、働きかけるんじゃ。
 人間の為でもあるが、ワラシは自分の為にもやっているんじゃ。
 暗い家や冷たい家には居たくないからな。』

「そうなんだ。人間は明るくなるとやる気が出てくるものね。
 優しくされたり楽しかったりすると、それを続けようとして頑張ろうとするし、努力もする。
 だから仕事もうまく行く、人間関係もうまくいく、だから家が繁栄するということね。」
『そうじゃ。人間が生き生きと明るく楽しくやっていると、ワラシも喜ぶんじゃ。
 ワラシが喜ぶとそれにつられて、人間たちも明るくなり頑張っていく。
 明るく頑張る家が繁栄しない訳は無い。
 それが、座敷ワラシが家に居るとその家が繁栄すると、いつしか人間たちが思ったようだ。』

「座敷ワラシが居なくなると家が没落すると言うけれど、それはどうして?」
『繁栄が続くと人間はいつしか傲慢になったり努力を怠ったり、お金の使い道を間違ったりする。
 そうすると本当の優しさや明るさとは、違ったものになってくるんじゃ。
 人間がそのように変わると、ワラシは家に居るのを嫌がるようになってやがては出て行く。』

「ワラシが出て行く原因を作るのは、人間の方なのね。」
『そうじゃ。人間の気持や行いによって、ワラシが居られなくなるんじゃ。
 努力をしない家に繁栄はない。没落は座敷ワラシのせいではないんじゃ。』

「ではね・・・もし座敷ワラシを見かけたら・・・」
『ワラシと仲良くするように、明るく楽しく頑張っていれば良い。』


座敷ワラシが居心地の良い家、それは人間たちが明るく頑張る家族の住む家なのだろう。




  応援のクリックをお願いします





スポンサーサイト




この記事に対するコメント

だんだん繋がってきました。
もう一息で何かが見つかりそうです。

座敷ワラシはいなくても、人が幸せになる仕組み・流れは同じですね^^
【2007/04/06 07:13】 URL | MEMU #ITujRFtQ [ 編集]

MEMUさん
ぜひ、見つけてくださいね。
そうです(^^)
人が幸せになる仕組みは同じです。
プラスの見えない世界は、人間の成長を妨げることは決してしません。
【2007/04/06 08:22】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

納得
今の我が家は暗く、夫婦間も悪いです・・どんな状況でも相手を思いやり笑顔と笑いを欠かせたらダメですね ワラシさんにいつ出会ってもいいようにそういう環境作りを心がけます! へこんでたんですが明るくなれました。あかね雲さん、いつもありがとう。
【2007/04/07 14:30】 URL | みもリン #- [ 編集]


こんにちは。
毎日読んでは、元気を頂いております。ありがとうございます。
今日は、座敷わらしのことで、フムフムと読んでいたら、女の子もいるという
ところで、ボロボロと涙が流れてきました。
娘が亡くなる前、私の左肩に白い服着たかわいらしい女の子と右肩に亀さんがいる
イメージがなぜか浮かんでいましが忘れてました。
一昨日から、必死で花壇の手入れをしてました、何故ここまでするんだろうというくらいに。
なんだか、忘れかけてたものを、座敷童子のお話で思い出すことができました。
ありがとうございました。
【2007/04/07 15:48】 URL | 千代 #- [ 編集]

みもリンさん
みもリンさん、ご自分の中にある本当のあったかさを、ついうっかり忘れて
いたのかもしれませんね。
でも、ご自分の中にあるあったかさを意識できたから、きっと良い方へ向きます。
コメントにとーってもあったかさを感じました(^^)
【2007/04/09 20:41】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

千代さん
千代さんの思いが、きっと綺麗な花を咲かせると思います。
娘さんの心は、今も千代さんと共にありますから・・・ね!
【2007/04/09 20:43】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/92-d8a34a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する