あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスでのカク

カクの差し出した緑の一枝は瑞々しく、葉っぱの一枚一枚が光って視える。
枝を受け取って持っているとフワッとした温かさと、思わず胸いっぱいに吸い込みたい
ような香りと、何とも言えない爽やかさを感じる。

カク、これを妖精からもらったの?

『そうだ。 最初にあった木の妖精からもらった。』

そう、木の妖精からもらったのね。
木の名前は分かる?

『姉さん、オレに聞いてもらっても困るぞ。 そこまでは知らないからな。』

まぁ・・・そうねぇ。
どこで、出会ったの?

『場所の名前は分からない。山奥だったのは確かだ。』

どうしてそこに行くことになったの?

『姉さんもここの土地神さんが来ていたのは、知っているだろう?
 その土地神さんが教えてくれたんだ。連絡もとってあると言ってくれた。
 姉さんのそばにいたら、夜になって山の方から迎えに来てくれたんだ。
 迎えに来たものは、姉さんに挨拶していたぞ。』

ワァ、私は眠っていたんじゃないの?
それだったら、失礼なことをしたよね。

『いいんだ。構わないから・・・。
 迎えに来たものだって、姉さんが眠っているのは視れば分かるぞ。
 しかし、礼儀は礼儀だろう? だから姉さんは眠っていても彼らはちゃんと挨拶をした。』

彼らって・・・迎えに来たのは一人じゃないの?

『3人が来た。 3人とも眠っている姉さんの顔を覗き込んでいたぞ。』

エェ~、恥ずかしいじゃない、寝顔を視られるなんて・・・。

『何てことないぞ。 いつだってそうじゃないか!』

そんなぁ・・・初めて会うのに寝顔だなんて、やっぱり失礼だと思うよ。
今度は起こしてよ、私も挨拶したいから。
迎えに来たのは、どんな方だったの?

『どんなって、姿形だよな。
 ひとりはおじいさんのような姿をしていた。
 ひとりは若者の姿をしていた。 もう一人は若い娘のような姿だったな。』

ふーん、人間と同じように視えたの?

『まぁ、そうだな。少し違うけれど、人間に似せて視せていたのかもしれない。
 妖精はやっぱり妖精だからな。 日本の妖精と似ているところもあったぞ。
 やはり自然を守るものたちは、自然の中に溶け込む姿形をしている。
 人間に似せていたとしても、結局は自然に溶け込むんだ。』

うーん、分かるような分からないような・・・私が視ていないから仕方がないね。

『姉さんは気付かなかったけれど、彼らは姉さんに会って満足していたのは確かだ。』

そう、私は満足できない、仕方がないけれどね。

カクは苦笑する様子を送ってきた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
イギリス~
自然がいっぱいのイギリスに妖精。いいですね。昔、本当にあった妖精の映画をみました。
やっぱり、ほんとうだったんですね、だって、私にはちょっと見えなかったもんで。。。こういう妖精、妖怪のお話会の機会を作ってください~もっと聞きたい!ぜひ。いの一番に参加申し込みます~  いつも、すてきなお話ありがとうございます☆
【2009/05/30 07:31】 URL | umekikumiko #- [ 編集]

umekikumikoさん
妖怪や妖精のことを話す機会ですか。
考えてみます。
決まったら、報告をしますね。
【2009/05/30 14:54】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/880-5c6749fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。