あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山の子天狗 3
それで、競争の方はどうなったの?

『どの鳥を選ぶかも問題でした。
 それまで奴もオレも、鳥はどれもただの鳥だとしか視ていなかったので、
 改めて鳥の習性を知ることが必要でした。
 これは大人の天狗に聞いて良いことになりました。
 そこまで自分でやっていては、時間が足りないと言われて・・・。
 だから大人の天狗と相談をして、長の所まで運ぶ小鳥を見つけました。
 そこで、毎日巣のそばに行っては鳥を見ていました。
 親鳥が餌を運んでくる時、小鳥のそばにいる時、親鳥がいなくなる時、
 小鳥が起きている時、眠っている時など何日も観察をしました。』

へぇ、辛抱強く観察したのね。

『へへ・・・実はふたりとも苦手なことでした。
 でも、毎日視ているとだんだん面白くなってくる。不思議なものですね。
 小鳥の見分けもつくようになるし、何だか性格も分かる気がしてくる。
 オレは一番良く眠る小鳥に目をつけました。
 一番良く眠る小鳥は、一番餌を食べているんです。
 きっと一番元気な小鳥なんだろうなと思いました。』

それも長の狙いだったのね。
俊敏に動くことも大切だけど、じっと観察をして様々なことを知るのもとても大切だから。
でも、よく親鳥に気付かれなかったわね。

『気配を消していました。
 敏感な親鳥に気付かれないように気配を消すのには、ずいぶんと苦労しました。
 おかげで、子天狗仲間の誰よりも、奴とオレは気配を消すのが上達したと言われました。』

子天狗はさすがに嬉しそうに話す。
うんうん、と頷く私。
子天狗はまるでご褒美!とでも言うようにお菓子に手を伸ばす。

『姉さんのところで旨いものを食べるのも、オレたちの間では楽しみです。』

そうなんだ・・・。
我が家に来るお客様が、何かとお土産を持ってきてくれるの。
時には、まるで誰かが囁いたんじゃないの?と思うことがあるくらいよ。

子天狗はそれには答えず、ニカッと笑っている。

『オレたちが鳥の動きを掴んだ頃に、長が競争の日を決めてくれました。
 小鳥が眠っている間に長の所に連れてきて、また巣に戻さなければならない。
 早くしなければならないし、慎重にしなければならない。
 どうすれば良いのか、散々に考えました。
 連れてくる小鳥で稽古をするわけにはいかない、一発勝負です。
 どうすれば良いのか、どんな方法があるのか・・・。
 今まで考えたことがないくらいに、奴もオレも考えました。』

すごい・・・私は、やり遂げようとする二人の真剣さに感動を覚えていた。
大山の自然の中で、子天狗は努力を重ね続けているのだ。

それであなたが勝ったのよね。
どうやったの? 何が違ったの?



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/853-f040c0b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。