あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣き耳 2

ワラシが連れて来た泣き耳は、大きな耳が目立って顔には泣き笑いの表情を視せている。
笑っていいのかどうか・・・と問いかけるように私を視る。
私は、その表情やしぐさの奥に、とても深い思いやりのあることを感じていた。

いらっしゃい、泣き耳。
ワラシから話は聞いたの。
きっと私のところにも、来てくれていたと思うんだけど・・・。

『うん、姉さんがまだオレたちのことを知らず、気付いてもいないときだ。
 姉さんが心で泣いていたときに、オレは姉さんの泣き声を聞いた。
 姉さんは知らなかったけれど、オレたちは姉さんのことを知っていた。
 だから、オレは長に姉さんが泣いていることを話した。
 長は すぐに行くようにと言ってくれた。だから、オレは姉さんの傍にいたんだ。』

そう、来てくれていたのね。

『姉さん、オレだけではないぞ。長も何度か姉さんのところに来ていた。』

長も来ていたの? まったく気付かなかった。
そんなことは思っても考えてもいなかった頃でしょう。
そうなんだ、来てくれていたんだ・・・。

私は泣き耳の言葉から、長の思わぬ行動や思いを知ることとなった。
今更ながら私は胸がつまり、感謝の言葉を繰り返していた。

気付かずにいたけれど、私はきっと泣き耳に慰められていたと思う。
私で何か泣き耳の役に立てることがあれば、手伝いをしたいのよ。
せめてものお返しね。

『うん、お返しなんていらない。それがオレのすることだからな。
 でも、姉さんに手伝ってほしいことはある。それを頼むよ。』

喜んで!
それで何をすれば良いの?

『オレに姉さんと同じような力が、使えるようにしてほしい。
 そうすれば、もっと人間の力になれると思う。
 今は傍にいて泣き声を聞いて慰めるだけなんだ。
 でも、もっと人間のために何かしてやりたい。
 長とも相談をしたんだ。そうしたら、長が姉さんに頼んでみろって言ってくれた。』

私と同じような力って、タマラのエネルギーのことなの?

『そうだ、タマラのエネルギーのことだ。』




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/04/15 06:40】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/04/15 15:27】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/832-54c67c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。