あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだったのか!!!~「誘導瞑想」体験談~2
なぜ、自分のなりたい姿が描けなかったのか。

誘導瞑想の中で、私はバンビをみました。
傍にきたバンビに、私はそっと触れました。
その途端、込み上げてくる思いがありました。
愛しさ、というのが一番近いと思います。
涙があふれてとまりませんでした。

バンビの意味するものは、なんだったのだろう。
瞑想を終えて、4人グループになり
誘導瞑想でみたそれぞれのビジョンを伝え合いました。
そのグループに共通したのは・・・
家族のなかでどこか寂しさや
自分の気持ちを押し込めているところがあること。

かとうさんがひとりひとりのビジョンを聞きながら
リーディングでその意味を話してくれます。
ひとり、またひとり・・・
それはその人のことなのに、
「ああ、わかる」「ああ、そういうことなんだ」
他の3人も、うんうん、と頷きます。

私は・・・
さも夫に、息子に、ぎゃーぎゃー気持ちをぶつけているように見えるけれど
本当のところを伝えていない、ということでした。
夫と息子の中に私も入りたい、でも・・・。

それは、三さんのコメントではないですが
これまでも、何度もでてきたことでした。
そのたび認め、夫や息子への愛しさをもっと素直に伝えようと
やっていたつもりでした。

でも、今回はそこからさらにかとうさんの
するどーーーーーーーーーーーーいリーディングが続きました。

なぜ、夫や息子への思いを押し込めたり
夫や息子からの思いを素直に受け入れることができないのか。

「それは、あなたが自分を信じていないからよ」

こっちみてくれない! 私を除け者にする~!とわめいていたこと。
その根っこには、「私でいいの? こんな私でいいの?」という思いがあった。
でも、それは夫や息子への問いかけとなって現れただけで
本当は、私が私に対して、「こんな私でいいのだろうか」と思っていたことの
現れだった。

前世も、血筋も、家系も、すべては私の中にあるもの。
生まれてからこれまでの、私の歩みの中にあるものも、
全部、私の内にある。
それらを経て、今、ここに「私」がいる。

「ぜんぶを内にもって、今ここに生きているのがあなたなのよ。
 内にあるものを取り出して、これでいいの? こんな私でいいの?と
 やっていたのが、今までのあなた。
 そうじゃないの。それらぜんぶまるごとを内に持って、今のあなたなのよ。
 ご主人も、息子さんも、今のあなたと共にいるの、今のあなたを見ているの」

涙がとまらない、ひっくひっくと子どものように泣いていた。

今、ここにいる私。今、ここに生きている私。



はあーーーーーと深呼吸したら、ほーーーーーーーっとした。




この日、最後は、みんなでなりたい自分を思い描いた。
そしてノートに書き留めた。

ずーっと憧れていたバッグを手にした私がそこにいました!(^^)




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
伝える
マジに書くと、無駄に言葉が多くて、言いたいことが伝わらない人っている。
伝わらない理由は、いろいろあるだろうけど。

デイジー、言葉の仕事してるんだから、伝わる言葉ってこと考えないと(^^;)
【2009/04/07 17:57】 URL | 三 #- [ 編集]

三さんへ
ああ、反省。
教えてくれてありがとうございます。

【2009/04/08 07:20】 URL | デイジー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/824-8b71c191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。