FC2ブログ
あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
惑星ミューの壊滅 Ⅰ
遥か・・・遥か遠い昔・・・忘れ去られてしまった星のこと。

太陽系にもうひとつ、惑星があった。
太陽を中心として、この地球と真っ正面に位置する所に、地球と同じ質量を持ち、同じ軌道を
同じ早さで回っていた惑星だ。
太陽に隠されている為に、地球からこの惑星を見ることはできなかった。

地球より随分早い時期に、この惑星ミューに生命の誕生があり、進化や発達を繰り返してきた。
様々な動物が居て、植物が育ち、陸地も海もあった。
そこには人間の姿もある。今の地球の人類と、同じ形態をしている。
やはり同じように魂を持ち、心を持ち、感情を持っている。

ミューは今の地球と同じように、魂が成長する為の修行の場として存在し、各々の人生の
経験や体験が、生と死が繰り返されていた。

様々な人類が存在し、いろいろな種類の言葉もあるが、ミュー全体に共通する言葉も存在し、
どこの地へ赴いても言葉が通じあえる場でもあった。
人間はどこの土地へ行こうとも、言葉の隔たりというものがない故に、お互いの文化や文明の
交流も発達も容易であり、素晴らしいものがあった。

初めのうちは自然との交流が素直に行われ、明るく生き生きとした人類の発達だったが、
年月が流れるごとに、人類はより高度な文明や発達を目指すようになっていった。

ミューの海や土地や自然は、人類の発達や文明の発展の為にという名目で荒らされ、
自然の木々や草花はだんだんと失われた。
失われた自然の代わりは人工的に作られたもので補われ、酸素でさえ人工的に作られ、
大気に放出されるようになっていた。
心や温かさを伴わない文明に、なっていったのだ。

それを当たり前として過ごすようになった人類は、自然の中にいて触れて感じた安らぎや、
たくさんの学びや気付きを捨ててしまうこととなる。
人々の身の周りや世界が、人工的なもので覆われてしまったことから、やがて人類は心の中に
ある愛や、思いやりや温かな感情、豊かな感情を表現したり、伝えたりすることから、
だんだんと遠ざかって行くようになってしまう。

それはいつしか、人々の中にある光を奪うことになり、光の代わりに闇が人々の心に入り込む
ようになっていた。
文明はより高度になり発達しているけれど、そこに住む人々の心は荒廃し、外に太陽の明るさ
はあるけれど、人々が発する光は乏しいものになっている。
いつしか心の中に入り込まれた闇の存在を、人々が気付くことはない。。
闇はより闇を広げ、人々の心の闇も深くしていた。

つづく


  応援のクリックをお願いします

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/76-fbb228cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する