あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叱ること

チャイ、ミミー、ソミーの3人が来宅した。
ダンスに本気で取り組んでいる姿、そして結果をだすところを見せてくれた。
イキイキとした表情がいい!

ダンスに真剣に取り組めたのは、チャイがミミーとソミーを本気で叱ってくれたからだと言う。
二人は叱られた意味を知っており、叱ってくれたことに感謝をしている。
ダンスの舞台を成功させるというひとつの目的を達成するために、3人は本気で練習を
繰り返し、何度もぶつかり合い、そのつどに乗り越えてきた。
チャイの思いが本物であり、それに応えたいミミーとソミーの思いも本物だったからだ。

3人の将来を垣間見て、それを伝えることができた。
将来の成功の姿を聞いて、安心して努力を怠るのか、聞いたからこそ自分で実現する
ために努力を重ねるのかで、結果は大きく違ってくる。

3人は成功の姿を喜んでいたが、そこに努力が伴うことも知っており、成功するために
何をしたいのか、何をすればいいのかを話し合っていた。
これこそ、必要なことだろう。

3人が帰ってから、私は話しかけられた。

『姉よ、叱ることを知る人間がいる。良いことだな。』

私は黙って頷いていた。

『叱る方が努力がいる。叱るだけの気力も持たなければならない。
 叱ることは、それ以上のことをやっていなければならない。
 叱るには、その者のことを本気で思っていなければ心から叱れない。
 叱るのは、本人に可能性があることを知るから叱るのだ。
 ただし、叱られる方に聞く耳と聞く心がなければ、叱る意味がない。
 叱ること、叱られることは、お互いに通いあうものがあるからだ。
 通いあうものがなければ、叱る心は通じない。
 心が通じなければ、叱られた方は卑屈になったり腹を立てるだけだ。
 叱られることを感謝できるようになれば、その者は本物に変わっていくだろう。
 叱るのは心があるからだ、そうでなければ、ただの怒りになってしまう。
 ただ感情的な怒りになってしまう。
 見た目は同じかもしれない、行動は同じに見えるかもしれない。
 しかし、意味がまったく違えば心も違う。
 今日の3人は叱る意味も、叱られる意味もお互いに分かっていたな。
 だからこそ、3人の成功があるのだろう。
 姉よ、楽しみな3人に出会ったな!』

叱る人の思い、叱られる人の受け止め方。
ただ優しくする方が簡単なこと、叱ることの方が難しい。
しかし、その人のことを思えば、その時は恨まれても叱れるようになりたい。
叱る意味を受け止めてほしいと願いながらでも、叱れるようになりたい。
そこに通い合う人の情、私も本気で叱ることができるようになりたい、そう思った。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/10 21:12】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/12 18:07】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/735-f1dff02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。