あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の移り変わり。

自然に学ぶ・・・もっとあるよね。
きっと、まだたくさんあると思うんだけど・・・。

『そうだよ、人間はあまりに自然に学ばなすぎるんだ。
 自分たちの科学や医学や文明の発達に向いてしまって、
 いつしか自然から学ぶことを、おろそかにしてしまっていると思う。』

あぁ、本当にそうだと思う。
自然が好きな人は多いけれど、ただ好きなことと自然から学ぶこととは、
また違うものね。人間がおろそかにしていること・・・そうね。

『うん、特に日本には四季があるだろう。
 そこからもっと学べるんだけどな。』

そうね、日本は本当に四季がある、それを当たり前に思っているけれど、
それが日本に生まれた意味を持つことでもあるよね。

『あるある! それこそ、大ありだよ!』

それは日本人の感性ということに繋がるのでしょう?

『そうだよ。日本だからこそ、オレたち妖怪の世界もしっかりと築けている。
 日本の四季は自然の微妙な移り変わりと、そこにある微妙な波動を伝えるんだ。』

自然の微妙な移り変わりとその波動・・・。

『うん、それを感じるのが日本人の感性なんだ。
 だから日本語にはほかの国にはない、季節の表し方や言葉があるだろう。
 もっと気づくべきなんだよな。残念だけど、日本人の感性が鈍っているよ。』

つまり、日本の微妙な季節の移り変わりに、鈍感になっていると言うことなの?

『もっと移り変わりや自然の様子に、気持ちや目や耳を向けるのが必要だよ。
 自然はそれも教えているんだ。人間の感覚や感性を磨くことを教えているよ。』

人間の感覚や感性を磨くこと・・・ね。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
短歌などの、
日本古来のものと接していると、
四季をとらえる日本人の感性に、
感動することがたくさんあります。
日本人の豊かさですよね。
そういう歌に出会えることは、よろこびです。

けれども、最近の短歌を読んでいると
日本人が当たり前のようにもっていた、
豊かさが、失われつつように、感じることもありました。
なので、今日のあかね雲さんのお話に、とっても納得しました。

自分が、歌を作るときは、
「自然の微妙な移り変わり」が感じられるものを
目指したいと思いました。
そのために、もっと、感覚、感性をみがきたいです。
【2008/11/13 09:52】 URL | はたけ #- [ 編集]

はたけさん
そうですね。
日本古来のものの中には、自然から得たものがたくさんありますね。
それが日本人の感性を、豊かなものにしていたのでしょう。
もっと感覚を磨き、感性を豊かにしていきたいですね。
【2008/11/13 17:58】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/678-7e59c1f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。