あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然に学ぶ(生きる)
自然に学ぶ・・・とは、どうすれば良いのかな。
妖怪たちは自然そのものだから、聞くと少し困った顔になる。

『うーん、生きることを疑わない・・・と言うことかな。』

生きることを疑わない・・・。

『そうだよ、生きて生きるだけ生きて、やがて朽ち果てて土に返る。
 雨でも風でもたとえ渇いたとしても、自分が自分であることを疑わない。
 オレたちは生きるだけ生きたら、いつかは風になる。
 土に返るのも風になるのも、なるべくしてそうなるんだ。
 ありのまま・・・そのままなんだ。
 だから、土に返るまで風になるまで、真剣に生きるんだ。
 花は咲き、木々は伸び枝を張り、動物たちは子孫を残し、大地は全てを包み込む。
 それが当たり前なんだ。成るべくしてなっていくんだよ。』

成るべくしてなっていく・・・だから誤魔化さないのね。

『成るべくしてあるのに、なぜ誤魔化さなければならないんだ?
 オレがオレであることこそ、大切だと知っているぞ。』

うんうん、私が私であることが大切なのよね。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
同じ思いです

先日、長野県の富士見高原に行ってきました。
リフトで上がって森の中を散歩したんです。
標高も高く寒かったせいか、人の姿もほとんど無く、聴こえるのは風に擦れる木々の音、鳥の声、落ち葉を踏みしめる足音だけでした。

主人と娘がトイレに行く為にリフトの辺りまで戻って行ったので、帰ってくるまでの20分間、私は1人でそこに居ました。

待っている間、遊歩道から外れて森の中を歩いていた時、踏み出した右足の下で「パキッ」と乾いた音がしました。
枯れ木を踏んだようで、反射的に「ごめんなさい」と言ったのですが、森は怒ってないんです。

全てを受け入れて赦す、「ただ、ここに在る」という感じ。
ここにある木々達は、何の不満も不足も無く、春夏秋冬のサイクルを淡々と生きているような…

その時に漠然と、私も私でいいんだな、と思いました。
とても贅沢な20分間でした。
【2008/11/12 10:20】 URL | あみ #- [ 編集]


なぜ生まれてきたんだろう?って前はよく考えてました。
今は、答えがわかったような気持ちでいますが、
答えがわかろうとわかるまいと、
そんな理由付け、どうでもいいかも。
生きることを疑ってしまうって
すごく傲慢なことだったなあと思います。
【2008/11/12 18:02】 URL | キョン #- [ 編集]

あみさん
「私が私でいい」
この感覚を覚えておいてくださいね。
これからの人生において、落ち込んだりしたときに、
自分を救う言葉になると思います。良かったですね!
【2008/11/12 21:09】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

キョンさん
生まれてきたことに意味があって、
生きるということに意味があって、
だからこそ、できることやりたいことを実行して、
悔いない人生にしたいですね。
【2008/11/12 21:11】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/677-01620a4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。