FC2ブログ
あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
陰と陽


陰のエネルギーの役目は、一言で表すならば「破壊」となる。



陽のエネルギーの役目は、一言で表すならば「再生」となる。







  ランキングに参加しています。

皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

*かとうさんは19日まで外出されていますので
 コメントやメールへの返信などはその後になります。
 何卒、よろしくお願いします。・・・デイジー


スポンサーサイト




この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/18 03:07】 | # [ 編集]

長くなります(謝

スピリチュアルの本質って、奇異や不思議な事じゃなくて、生活に根付いた“当たり前”のことなのだと思っています。

その“当たり前”のことに気づければ感謝の気持ちが生じて、感謝の気持ちが心に在れば、例え闇の中にいても光を見いだすことが出来ると信じています。

昔に比べて昨今は、色々な本やブログでスピリチュアルに関する情報を見聞き出来るようになりました。

そういった情報を知識として頭に入れて解った気がしても、所詮は「概念」。
「知識に勝る経験無し」という言葉があるように、魂で理解するには、かとうさんの仰るように、やはり「経験」なんですよね。

宇宙の仕組みというか、神様の企てというか、「悲しい・辛い・苦しい」ことから学ぶことの方が、人として大切な事が多いような気がします。
だから光も闇も必要なのだと思います。

ですが、闇の中にはそこに付け入ろうとする邪悪なものが潜むのも事実。
その勢力が以前にも増して大きくなっていることは、社会にも反映されてるので、なんとなく私にも判ります。


なんかダラダラ書き過ぎて言いたいことからズレてきましたが、とにかく光も闇も人間の成長には大切なもの。
闇に潜む邪悪なものに囚われない為には感謝の気持ちが大事で、勢力を増してきている邪悪なものを抑えてくれてるのが光の存在、例えば前記事に書かれてある天狗さんとか(^^)

私たちの成長の妨げとなる、崩れてきた陰陽のバランスを、調えて下さってる存在が確かにいるという事を、常に忘れないでいたいです。*
【2008/10/18 10:18】 URL | あみ #- [ 編集]

あみさん
陰陽、光と闇・・・すべては必要があって創られたものです。
陰や闇に、より以上の影響を受けないためにも、人の心が明るく
優しく、思いやりや愛を持って生きたいものですね。

おっしゃる通り、スピリチュアルは日々の生活の中にあります。
【2008/10/20 01:53】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

タマラのエネルギーは・・・
陽のエネルギーです。
人間のサポートとなる陽のエネルギーとなります。

人間の心身に関する「破壊」は、人間の中にある
「陰」のエネルギーによる作用だけで足りています。
したがって、タマラのエネルギーは陽の作用をするだけで、
十分となります。
【2008/10/20 19:08】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


陰と陽について、闇と光について書いていただき
本当にありがとうございます。

出口のない闇をさまよったことがあります。裏切りに会い、
恨んで妬んで、憎んで、いくらでも落ちる事が出来ました。
でも、結局それは自分を駄目にしているだけだと気がつき、
許しました。許すのも苦しいくらいに落ちていましたが、
その闇の出口は許すことにしかありませんでしたので、
ひたすら許しました。悲しかったです。辛かったです。

ですがもうそこに落ちようとは思いません。
時折、当時の事が思い出されて、苦しくなりますが、
落ちるともっと苦しいと知っているので。
気を抜くと闇はすぐ後に来ています。
だから私は出来るだけ闇から遠くにいようと思います。
本当の自分は闇に触れていたいのではないので。

人間はあらゆる夜を越えて飛ぶ鳥だと思っています。
闇をさまよった経験があるからこそ、
私は本当は自分が何を求めているのか、知る事が出来ました。
闇に触れることを本当にやめようと思うことが出来ました。
生きる意味は乗り越えることにあると思うことが出来ました。
本当の喜びや幸せはそこにあると思うことが出来ました。

どんな人間も絶対に良くなれると信じています。
どんな人間にも愛があると信じています。

愛に応えられる自分でありたいです。
愛を実行できる自分でありたいです。
【2008/10/20 21:36】 URL | ruri #- [ 編集]

ruriさん
私には計り知れない経験だったと思います。
でも、そこから「許す」という心からの行動で、
見事にご自分の人生を取り戻したと思います。
もうruriさんが闇に落ちることはないだろうし、
人を闇から救うこともできるでしょう。
コメントに書いてくださり、本当にありがとうございました。
愛を求め、愛を与えていきましょうね!
【2008/10/21 01:30】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/652-18ed0b01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する