FC2ブログ
あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
高齢の両親の死について。
私の大切な友人のお母さんが重病となり、入院をしている。
私は、彼女の思いを考えるとちょっと辛い気持ちになっていた。
このような事態になる前に、お互いに高齢の両親がいるから、
先のあれこれを考えなくてはね・・・と話したばかりだった。

朝のうちに彼女と、電話で話をすることができた。
初めはショックを受けていた彼女だが、先日二人で話したことを覚えていてくれた。
お母さんの病気のこと、これからのお父さんの生活のことなど、考えることもやることも
たくさんある。
初めこそ感情的になっていた彼女だが、話しているうちに彼女は気持ちを切り替えていった。
これから実行することについて話し合い、彼女は事態に直面する決意をしていた。

そんな私に、ニポが話してくれた。

『人間は生まれた以上は、死ぬのは当たり前なのよ。
 生死があるからこそ、人間なの。
 両親が死ねば、それは悲しみや寂しさや辛さがあるのは当たり前よ。
 人間だもの、いつも言っているように感情として感じるわよ。
 でもね、両親の死を試練と受け取るのは、子供がまだ若い頃のことなのよ。
 お姉さんやお友達の両親ともなれば、もう高齢になっているでしょう。
 死んで霊界に戻るのが当たり前の年になっているの。
 そして、お姉さんも友達も、それなりの年齢になっているでしょう。
 はっきり言って、若いという年齢ではないわ。
 だから、しっかりと見送ることが大切なのよ。
 試練ではなくて、当たり前のこととして受け取ることが大切なのよ。
 いずれは自分も死んでいくでしょう、それを自分の子供に知らせることね。
 高齢の両親の死に意味があるかどうかは、数年先になって分かることかもね。
 逆縁の不幸にならずに、子供として両親を見送ることができたことを喜ぶべき
 ことだと私は思うわ。』

生死の全てを知っている、ニポの言葉は明快だ。
両親の死を、試練と受け取る人もいるだろう。
感情はあるけれども、心を込めて見送る人もいるだろう。
私も高齢の両親を持つ身、しっかりと考えてみよう。




  応援のクリックをお願いします

スポンサーサイト




この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/05/15 06:51】 | # [ 編集]


母の日以来、考えていたことです。
私も既に試練と感じる歳ではないと、今、思いました。
親孝行したいです。
【2008/05/15 11:51】 URL | キョン #- [ 編集]

心ない言葉
特に医師の心ない言葉には、患者も家族も傷つくものですよね。
医師の心遣いを求められないならば、ご家族の心のこもった看病こそ
救われることになるでしょうね。
お辛いでしょうが、頑張ってください。
【2008/05/16 02:23】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

キョンさん
元気なうちにこそ、親孝行をしておきたいですね。
私も同感です。
【2008/05/16 02:24】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/499-3c3a89d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する