あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならクレスタ
『姉さん、いろいろと思い出のある車だったよな。』

そうね・・・17年間運転していた白いクレスタと別れた。
天馬と一緒に走ったり、ナビの通りに走ったらとんでもない方向に辿り着いたり、
八王子の料金所で、一番左に行かなければならないのに、一番右にいて、
ぎっしり並んだ車の列に途方にくれていたら・・・ふと気づくとどこをどう動いた
のか、いつの間にか一番左側に並んでいて、何事もなかったように通り抜けた。

『うん、天馬と一緒に走っていたのが面白かったな。』
『天馬がいつも車の前を走るから、姉さんは天馬のお尻を見ながら運転していた。』
『白龍の息子を迎えに行ったこともあったな。』
『たくさんのお客さんの送り迎えもしたんだ。』
『他の車と違って、座るといつもピタリと納まるんだと姉さんが言っていた。』
『うん、姉さんとクレスタは相性がいいんだ・・・って・・・。』

ワラシたちは私の代わりにいろいろと話している。
17年、長かったよね。
伊豆高原に開田高原に名古屋に運転していった。

『そろそろ車を運転するのを止めてください。』

見えない世界からの一言、聞かなければどうなるのかを体験させられた。
時折運転はするだろうが、自分の車がないとなれば自然と運転から離れるだろう。
これからは乗る人・・・になる。
バスとタクシーと夫の運転する車に乗る。
天馬に「寂しくなる?」と聞いたら、私を見て首を振った。
どうやら忙しくなるらしい・・・訳は知らない私だが、何か知っている天馬は平気なようだ。

我が家に来るお客様、お迎えができなくなります、ごめんなさい。
我が家へはタクシーかバスでおいでください。
楽しみにお待ちしています。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
ブログ    あかね雲 
セミナー   アクセスハートプロジェクト
メルマガ   【魂に問う 答え】
メルマガ   【今 伝えたい言葉】 
タマラ アソシエーションHP http://tamara.cc


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/06/15 03:22】 | # [ 編集]

ありがとうクレスタちゃん
昨年8月の記事「消えた役目」の話中でタマラさんのお宅に伺ったYです。
駅からお宅迄クレスタちゃんに乗せていただいた時の感じでは、きれいに扱われていたこともあったのでしょうが、そんなに長く乗った車だという印象はありませんでした。車の中でタマラさんからお聞きした話は初めて耳にするような類の驚愕の話でしたが、そんな話をお聞きする場所を提供してくれたのがクレスタちゃんですね。
あれだけキレイな車ですから、まだ頑張ってほしいと思います。なんせインドやロシアでは百倍ボロい車が現役で走っているくらいですから。
ありがとうクレスタちゃん。
ちなみに18日インプルーブに伺いますので、その節はまた宜しくお願いします。
【2013/06/15 10:56】 URL | Y #- [ 編集]

Yさん
お迎えに行ってクレスタに乗っていただいた時から、セッションが始まることが多かったです。
車の中で前世や視えることをお伝えして、家の中での話しに繋がることが多かったです。
当たり前にやっていましたが、今にして思えば、とても大切な時間、空間だったですね。

クレスタの思い出を書いてくださり、ありがとうございます。
【2013/06/18 02:05】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/2396-7218f091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。