あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島でのキジムナー
屋久島での三日間を、皆さんと一緒に楽しく過ごした。

『姉さん、オレたちも楽しかったぞ。
 だけどな、屋久島の人間たちはキジムナーのことはあまり知らなかったぞ。
 人間の勝手で連れてこられたのに、いつしかキジムナーの存在は忘れられている。
 自分たちが連れて来たんだから、せめて名前や存在は残しておいてほしかったよな。
 キジムナーたちは何も言わずに、自分たちのやるべきことをやっているぞ。
 だけど、人間の意識の中には無い。何だかオレたちが虚しかったぞ。』

帰宅した私に向けて、ワラシたちが口々に言う。
ワラシたちはキジムナーと温かな時間を過ごしたようで、それゆえに感じたことを言葉に
しているのだろう。
妖怪たちの世界では、人間が自分たちの存在を信じてくれることが確かなことになる。
だけど屋久島にはキジムナーの存在がない。
いくら沖縄でキジムナーの存在が知られているとしても、やはり屋久島でもキジムナー
が存在していることを、ワラシたちは人間に知ってほしかったのだろう。

「屋久島キジムナーツアー」の名称に「?」を覚えた話ばかり聞いてきたようだ。
でもね、ツアーの参加した人たちは、キジムナーの存在を楽しんでくれたよ。
だから今はそれで良しとすることじゃないかな。

『うん、それは分かるんだ。
 オレたちはキジムナーたちと一緒に居て、とても楽しかったんだ。
 あちこちに連れて行ったくれたし、子供の遊び相手になっていることも知ったぞ。
 今でもキジムナーは子供の相手をしたり、守ったりしているんだ。
 人間に連れてこられた時の約束を守っているんだぞ。
 だけど、人間たちはそれを忘れている。きっと後を継ぐ者たちに言わなかったんだな。』
『きっとそうだと思う。でも、キジムナーたちは何も言わない。
 言っても人間には分からないと知っているからな。』
『だけど、姉さんはキジムナーのことを知っているし、一緒に行った人間たちも姉さんから
 話を聞いている。本当に信じている人間もいるし、信じたい、信じようと思っている人間も
 いるからな。 姉さんも言っているように、今はそれで良しとするんだな。』

ワラシたちはまるで自分たちに言い聞かせるように繰り返していた。
キジムナーは屋久島で、いつしか名前を換えて覚えられているのかもしれない。
存在を知られていなくても、キジムナーたちは笑顔で子供と接している。
それがキジムナーの温かさと優しさと、思いやりと強さなのだろう。

また、いつか会おうね、キジムナー!




**************************************
 
   「お知らせ」
5月25日(土)PM1:30  自分を活かす。木崎 彩さんを迎えて『生きる』最終回・どなたでも参加できます。
5月26日(日)AM 9:30 直感を磨く 「アクセスハートコミュニケーション」
             コミュニケーションを初めとして、生きて行くための全てに役立ちます。  

今月はいずれも東京での開催となります。
お申込み、お問合せは下記の「アクセスハートプロジェクト」までお知らせください。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
ブログ    あかね雲 
セミナー   アクセスハートプロジェクト
メルマガ   【魂に問う 答え】
メルマガ   【今 伝えたい言葉】 
タマラ アソシエーションHP http://tamara.cc


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんにちは。

今日のブログで「え?」と思ったのでちょっと質問なのですが
キジムナーはその土地に最初から住んでいたのではなくて
人間に連れてこられたんですか?

妖怪さんやワラシ君たちについて、全く解っていないのですが
見えない世界の皆さんはその土地に昔から居て自然とともに
暮らしている・・と私は考えていたんです。
キジムナーも同じように「その土地の精霊」と思っていたので
「え?そうなの?」と驚いています。

【2013/05/21 09:50】 URL | うみ #- [ 編集]

うみさん
以前のあかね雲にも書いたのですが、私も屋久島に行って知りました。
沖縄から移住した人間が、子供を守りたいからとキジムナーを連れてきてしまったようです。
その子が好きだったキジムナーは、そのまま屋久島に住み着いたとのことでした。
だから、いつしかキジムナーの名前は消えてしまったのかもしれませんね。
でも、キジムナーは今でも屋久島で子供たちの味方として存在しています。
【2013/05/22 01:54】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/2369-a4994c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。