あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドバイの雨
『姉さん、おかえり!』

ただいま~、お留守番をありがとうね。
ワラシたちは私が留守の間に、我が家の留守番をしてくれている。
誰がどう決めるのかは知らないが、必ず複数のワラシたちが我が家に来ているようだ。
私が帰宅したときに、室内に空気の動きやどこかふんわりしたものを感じる。
ワラシたちが醸し出すエネルギーなのだろう。

『姉さんの娘が来たぞ。』
『姉さんの娘はオレたちには気付かないけれど、オレたちは勝手に遊んだぞ。』
『ネコとも遊んだ。』

口々に留守の間のことを報告してくれる。
しかし彼らは、私の夫や息子のことについては何も言わない。
彼らなりの礼儀なのだろう。

『姉さんと一緒に行ったものも帰ってきた。』

誰かと一緒だったのね。

『うん、向こうで外交をしてきたぞ。』

外交? なるほどね。
楽しかったのかな?

『うん、だけど自然にあるのは砂漠だろう?
 砂漠に住んでいるものたちと話し合ってきた。』

砂漠に行ってきたの?

『街中はオレたちの居るところではないからな。
 砂漠に皆で行ったんだ。向こうからも迎えに来てくれたから・・・。』
『オレたちはいっぱい居るだろう?
 だけど砂漠に住んでいるものは少なかった。』

そうなんだ、少ない人数で間に合うのね。

『うん、姉さん、砂漠に雨が降っただろう?』

そうなのよ、年に10日余りしか降らない雨がね、しかも土砂降りだったよ。
雨はドバイの人たちには良い天気なんだって。
道路は水はけの設備がないから川になっていたけれどね。

『歓迎してくれたんだぞ。雨を降らして歓迎してくれたんだ。』

嬉しいよね!
日本では何とも思わない雨だけど、砂漠の街に振る雨と雷に見入っていたわ。

『知っているぞ。皆が喜んでいたからな。』

ドバイでの土砂降りの雨のことを、私は思い出していた。
年に10回余りしか降らない雨の為に、水はけを考えることは無かったのだろう。
砂漠の国ならではの設備の在り方を、皆で話して楽しんでいた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
あかね雲 HP http://akanegumo.sakura.ne.jp/index.html
あかね雲 ブログ http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/
メルマガ 【魂に問う 答え】
メルマガ 【今 伝えたい言葉】 


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/2202-6eef5173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。