あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死へと辿る道
命あるもの、生物は生まれると必ず死ぬ運命、消滅する運命にあるよね。
出来た時からなにひとつ変わらないものって、ないんでしょう?

『そうだよ、宇宙からミジンコまで、決して変わらないものは何一つないよ。
 進化や変化のあるのは、全ての仕組みがそう出来ているからだよ。
 死や消滅までの長さは、それぞれに異なるよ。
 それぞれの特質や性質によっても変わっているからなんだ。

 人間にとって「死」は恐いもの、怖れるものとしても考えられている。
 だから、寿命を突き付けられたときに自分の未来の無い恐怖と、死んだあとが
 どうなるのかが分からない恐怖とに襲われることもある。

 死を受容できる人間は、人生を本気で生きて過ごし、自分が生きている価値も
 生きる意味も知っていることが多い。
 自分の生きてきたこと、人生に悔いがないことが多い。

 もっとやりたかったな・・・と言うことはあっても、
 あの時にやっておけば良かったと言う悔いがないんだ。
 この違いは大きいよ。

 生きることには死が在ること、区切られた時間でしかないことを前向きに考えていると、
 自分の人生の尊さが分かるだろう。
 何もせずに死を迎えることの味気なさや、空しさを思うと、
 人間として生まれたことを活かすことを考えるようになる。

 目的や目標を持った確かな人生、幸せを求め続け感じ続ける人生、喜び楽しむこと
 そのために自分が何をするのか出来るのかを考える。
 そうすると生きる意味も生まれた意味も分かってくるよ。

 死を暗闇と考えるなら、生きることは自分で灯りをともしたり光を求めることになる。
 生きる意味はそこにあるよ。
 自分にとっての灯りとはなんだ? 自分にとっての光とはなんだ?
 その為に頑張ること努力をすること、
 それを言葉にすること感じることで意味が分かってくる。

 人間は死へと辿る道筋で、生きる意味を考えたり知ることになるんだ。
 とても、とても大切な道筋なんだよ。覚えておいてほしいな!





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
あかね雲 HP http://akanegumo.sakura.ne.jp/index.html
あかね雲 ブログ http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/
メルマガ 【魂に問う 答え】
メルマガ 【今 伝えたい言葉】 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
自分にとっての灯
改めて考える内容でした。
死ぬまでにやっておきたいこと、あれもしたい、こんなこともしてみたい
いろいろありますが、そんな欲求は本当にちっぽけだなと。
(これはあくまで自分の場合です)
そんなことは何にもできなかったとしても
誰かのためにやったことをその人が心底喜んでくれたら
それがホントにやりたいことだなと。
それで喜んでくれてありがとうと言いたいなとおもいました。
いままであれもこれも欲張って生きていたけれど
普段の暮らしで自分の心にたくさん明かりを灯せることをしていたんだな
と、自分の生あることに感謝をしました。すべてのことに感謝します。
【2012/12/03 15:26】 URL | 12月の亡霊 #- [ 編集]

12月の亡霊さん
お名前と正反対のコメントに、思わず笑顔になりました。
きっと素晴らしい人生を送られると思います。
お互いに、これからも自分のために誰かのために灯りをともし続けましょうね♪
【2012/12/05 04:22】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/2196-ce3b78f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。