あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルーダの息子
数年前にバリに行ったとき、鳥の神であるガルーダから幼い息子を預かった。

『姉よ、我の跡継ぎとなる息子だ、よくよく躾けてくれ。頼んだぞ。』

え~、自分の息子でしょう・・・とは言ったものの、結局は預かってしまった。
もちろん人間の私が躾けるわけではなく、御嶽山の白龍一族に預かってもらった。
我が儘で乱暴でヤンチャなガルーダの息子は、御嶽山で散々に暴れまくり龍一族に
怪我続出の事態までなったが、暴れたぶん、一族の龍たちにコテンパンにやられた
ことから、やっと反省するところとなり、大きく変わって行った。

ときおり白龍の奥方や娘からガルーダの息子の近況を聞くこともあったが、次第に
変わっていく様子を知らせてきた。いつ親の所、バリに帰ることになるのかな・・・。
私の思いはあったが、私は自分の動きをすることが優先でもあり、息子と直接話を
する必要もなく、御嶽山に預けたままになっていた。

先日ふと気になり、息子の様子を聞いてみた。

『親元に帰りましたよ。』

バリのガルーダの元に帰ったのですか?

『見違えるようになり、ガルーダの跡継ぎとしての力も付けてきました。
 それで白龍もガルーダも認めるところとなり帰りました。』

そうなんだ・・・良かった~と思うと同時に、もう一度会いたかったな・・・と思った。
だけど、我が家に挨拶に来たらしいことも聞き、ガルーダの息子の来訪に気付かなかった
私だとの反省もあり、まずはホッとした。

バリの空を、ガルーダ親子は飛んでいるのだろう、いつか、またバリに行きたいな。
行けば会えるんだろうな、いつか会いたいな・・・私の思いは膨らんでいる。





 ○ お知らせ ○

<タマラ・加藤憲子 ワークショップご案内>
●11月10日(土)午前9時半〜5時(受付15分前より)
直感を磨く! アクセスハートコミュニケーション
共和フォーラム
受講費:10,000円

●11月11日(日)午後1時半〜5時(受付15分前より)
思考力を鍛える トラストハートディスカッション
かつしかシンフォニーヒルズ別館
受講費:5,000円

<リーディング、運命学、人生相談>
●11月13日(火)午前10時〜午後4時半
イベント「ロータス」
ロータス〜明日への一歩を踏み出そう〜
*タマラ・加藤憲子のリーディングセッションはただいまキャンセル待ちです。

お目にかかれることを楽しみに!
お申し込みをお待ちしています。

お申し込み・お問い合わせはこちらをクリックしてください。
アクセスハートプロジェクト
うまく表示されない等ありましたら、office@accessheart-project.info までご連絡ください。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
あかね雲 HP http://akanegumo.sakura.ne.jp/index.html
あかね雲 ブログ http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/
メルマガ 【魂に問う 答え】
メルマガ 【今 伝えたい言葉】 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
是非!
もしも、バリに行かれる際は、是非、ご一緒させてください。
私も、バリの神様や、助けてくださった見えない世界の方たちにお礼が言いたいです。
【2012/11/11 21:03】 URL | キョン #Q544OqJU [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/12 01:18】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/2174-1def22a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。