あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曽福島にて
朝食の後、出発の時間まで皆さんと話を続けた。
それぞれが自分の人生を語り、タマラの在り方や伝え方について語り、こうして
大切なことを話し合える仲間たちと場所の在ることを、喜びと感じていることを知る
ことにもなった。

ノルブさんも自ら手を挙げて発言してくれた。
「こうして皆さんの話を聞いたり、自分の実感したことや考えたことから、タマラは
 今のチベットの人たちには本当に必要なことだと思う。
 だからインドに帰ったら、まず、自分の身近な人たちに話して、タマラを伝えていく。
 チベットの人たちは宗教の教えやダライラマの言葉から、様々なことを受容するこ
 とは身についているが、受容することが当たり前で、変える努力をしていない。
 チベットの人たちが変わろうとしなければ今のままだろう。
 いつかチベットの国を取り戻したい。
 その為には、まず自分たちが努力をして変わっていきたい。
 努力をサポートするタマラが必要だと思うから、伝えていきたい!」
その言葉に、皆さんの大きな拍手が後押しをしていた。

10時から帰りの電車までの時間は、木曽福島の観光を楽しむことにした。

雨もあがり、奈良井宿と関所を木崎さん(くらいすのお母さん)に案内をしてもらった。
奈良井宿は江戸情緒の残る所で、中山道の宿場のひとつだった。
古い蔀戸や、間口が狭く奥に長い京都を思わせるような、昔ながらの家々が残る街
の景観を損ねないように、新しい建物にも格子が施されていたり、華美な建物はなく、
奈良井宿に住む人たちの伝統を守る心を感じることができた。

間伐材のヒノキで作られた箸を買い込んだり、五平餅やおやきを食べたり、ゆっくり
歩きながらノルブさんと記念の写真を撮ったり、観光気分を満喫して皆で楽しんだ。
福島の関所は、厳しい関所のなかのひとつであり、「入り鉄砲出女」江戸に鉄砲が
持ち込まれるのを防ぎ、江戸に住む大名の奥方などが勝手に在所に帰らないように
見張る場所でもあり、私たちは木崎さんのガイドを聞きながら、木曽福島の歴史の
一端にふれた時間だった。

定員20名は話し合いをするには程よい人数であり、それぞれが新たに自分と向き合う
時間ともなった。今回の参加者は一気に意識が上がる気がしていたが、それが実現した。
私が何かをしたのではなく、参加者が自ら意識を変えていった。

以前に「海にいる人たち」をこのブログに書いたことがある。
努力をする喜びを知り、より良い人生を本気で生き、納得をする生き方を選び、行先を
決めたり歩き続けようとする陸に居る方を選ぶ人たち。
楽を選び続けて、どこかで不満を感じて何かを探しながらも、本気になれずに海にいる
人たち。どちらを選ぶのも自分次第だが、あなたはどちらを選ぶのだろうか?

参加者でまだ海にいた人たちもいたが、帰るまでには全員が陸に上がり、海にいて陸に
上がろうと真剣になっている人たちに、手を差し伸べる側になっていた。

人生について、生きるということについて、魂について、思いや考えについてなど・・・。
本気で話し合える仲間たちや場所のあることを、お互いに確かめ喜び合う日となった。

次の「ひゅって・くらいす」での研修会は、7月6日7日8日の二泊三日だ。
誰が参加してくれるのか、どのような話しになるのか・・・とても楽しみだ!



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
あかね雲 HP http://akanegumo.sakura.ne.jp/index.html
あかね雲 ブログ http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/
メルマガ 【魂に問う 答え】
メルマガ 【今 伝えたい言葉】 


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/1933-fd4fbf62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。