FC2ブログ
あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
トロントにて 眠るキューピット
とても美しい女性に手を当てているときだった。
ふと、繭に包まれて眠っているキューピットが視えた。
この女性の胸の中に、繭に包まれたキューピットが心地よさそうに眠っている。
あまりにも気持ちよさそうに眠っているので、このまま眠らせておいて良いのかな?
私は、そう思ったほどだった。
ときおり寝返りをうったり、こぶしで鼻をこすったりしている様子は、まるで赤ん坊を見ている
ようで、私は思わず笑ってしまった。

するとそれを待っていたように、キューピットの仲間がやってきた。

『ここにいるのは分かっています。彼を起こしてください。』

皆さんは知っていたのね、それで起こすためにこの人を連れて来たの?

『そうです。起こしてもらわないといつまでの彼女の中で眠っています。
 彼には仕事も役目もあるし、いつまでも眠ったままにはしておけません。
 それに、必要なだけ眠ったので、彼はもう力を取り戻しています。
 今度はこの人の役に立つようにするほうが良いでしょう。』

そうなの。
起こすのはかまわないけれど、どうして彼女の中でキューピットが眠るようになったの?

『それは前世に関わりがあります。
 彼女の結ばれる相手に悪魔が憑いていて、なかなか彼女のほうを向きませんでした。
 そして彼女も決して彼を諦めずに愛し続けたので、キューピットの出番となりました。
 そしてとことん力を使い果たして、お互いに想い合うようになったときには、力尽きてしまったのです。
 その時は彼女はキューピットが視えていました。
 それで、疲れて倒れたキューピットをどうしてよいかわからずに、自分の胸に入れてしまいました。』

そうだったの、それでこの人の胸の中で眠り続けているのね。
わかりました、起こしましょう。それがお互いの為でもありますね。

私は彼女に話をした。彼女は驚きもし喜びもして大笑いとなった。
キューピットを取り出すことに同意を得て、私はキューピットを取出し眠りから覚ました。
目覚めたキューピットは、さっそく彼女に役立つように約束をした。

聞いてみると、こんなに美しい人なのに、これまでに恋人は一人だけだったという。
「これもキューピットのせいなのかしら?」
笑う彼女に、私は素敵な出会いのあることを告げた。
「私の中で眠っていたというキューピットを信じるわ。
 きっと素敵な人に会わせてくれるわね。」

彼女の明るい笑いに、周囲も笑いに包まれた。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



まぐまぐからメルマガを発行しています。あかね雲と合わせて読んでいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。【魂に問う 答え】
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/1414-54304a0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する