あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪と伝説

遠野には様々な妖怪の伝説もある。
カッパ淵というものがあるほど、カッパの伝説もある。

カッパが子供が溺れているのを助けようと、足を押し上げようとする・・・。
でも、人間はカッパが足を引っ張って溺れさせようと考える・・・。
『これは、子供が危ない所に近づかないように言う、親の知恵から出たものだろう。』
長は静かにそう言うだけだ。

妖怪たちが悪者のように言われることがあると、私は悲しい。
それは妖怪たちの本当の姿を、心を知っているから。

『人間は自分の目や耳で見たり聞いたり出来ないもののことは、怖れもするが自由に
 想像することもできる。怖れから見ると、姿形も恐いものとしてしまう。
 厳しい生活を強いられる人間ほど、見えないものを更に怖ろしく見たり、美しく見たがる。
 座敷ワラシを死んだ人間の子供と言うが、死んだ人間と我らの住む世界は全く違う。
 ゆえに、死んだ子供がワラシには成りようがないのだ。』

『だがな、子供を亡くした親の心情からすれば、亡くなった子供が座敷ワラシとしてでも
 この世にいれば会うことができる、姿を見ることができると考えたのじゃろう。
 これも悲しい親の心が産んだものと思えば、ワシらは何も言わなくても良いじゃろう。』

『昔は身分違いの恋は、悲しいものでしかなかった。
 それゆえに、戒めるものとしての伝説もある。』

『伝説には悲しいものが多い。
 それだけ人間の重圧も大きかったと言えよう。
 自分たちが生き延びるための行動を、妖怪を使って伝説としているものもある。
 外の人間に自分たちの持つ豊かさを知られると取られると思い、隠すための話もある。
 これも自分たちを守ろうとする人間の心情だろう。』

では、話に聞くのと実際の場では違うことも多いのね。

『そう言える、だがな、人間に真実を教えても、長年にわたって培ってきた伝説の方を喜び、
 昔の悲しみとは違う、今の自分の在り方を考えて幸せを感じる者もいる。
 ワシらの真の姿を人間たちが見えないように、昔の人間の真の思いを知ることも少ない。
 伝説は生活のなかでの教訓になっていることもあるからな。
 伝説は伝説、昔話は昔話しじゃよ。ワシらはそう思っておる。』

一斉に頷く年よりの妖怪たち。
人間よりはるかに長い年月を過ごしている彼らは、離れた所から人間の在りようを見て来た。
そして、人間には人間の世界と年月と、過ごし方があると知っている。

『ワシらのことは、姉が時おりに伝えてくれればよい。』

ホッと一息ついて、話題は人間と妖怪たちの思い出話に移っていった。
楽しそうに語る妖怪たちの姿は、私の胸を温かくしてくれた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
http://d.hatena.ne.jp/happybaby/
先生へ

遠野の温かいお話、いつも楽しく拝見しております。

人生のリベンジ、新しい1歩を踏み出すために、
再び絵を描き始めた私は、先生の妖怪のお話をイメージを膨らませて
拝見しているのですが、本当に見えたら良いのにと思います。

北欧ですと妖精やノーム(こびと)のようになり、
土地が変わると、そこに残る神話などに出てくる姿で
存在しているのかしら?

日本だとやっぱり水木しげるさんの妖怪の姿をイメージしてしまうのです。

絵を描く者にとって、本当の姿を描くというのも
イメージを創ることも どちらもありなのですが、
本当の姿を心で観ることはできるのでしょうか?

もしあれば教えて下さい。
【2010/08/31 06:37】 URL | TOMOE #9TSn/PFk [ 編集]

TOMOEさん
水木しげるさんには、水木しげるさのイメージや画風があると思います。
見えない世界は空想できるからこそ、楽しい世界でも有ると思います。
龍が左甚五郎に姿を見せたように、本当に見せる必要があれば彼らも姿を見せます。
しかし、自由に思い描いていれば良いと考えているのも、妖怪たちです。
TOMOEさんが妖怪たちをどう思うのか、どのような姿でいてほしいのかが、
ご自分の画風となり姿になると思います。
まずは自由に描きながら、自然の中にたたずむ時に、ゆったりと心を開いて
感じてください。それを楽しんで下さいね。

海外ではそこに伝わる民話や伝説などの姿に、似せて生活をしています。
元は同じ自然のエネルギーからなされています。
【2010/08/31 09:40】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


長さんの話は心の中にどっしりとくる重いものがある。
「なるほど~~」とうんうん。。と読みながら頷く自分がいる。
座敷ワラシの話は本当にそうだよなぁ・・って思う。

長さんが言われるように文面にして言葉にしてエネルギーとして、どんどん伝えて下さい。
【2010/08/31 23:15】 URL | 虹 #- [ 編集]

http://d.hatena.ne.jp/happybaby/
先生へ

ありがとうございました。
エネルギーを表現する、偶像化するのは本当に難しいです。
心を開いて、ゆったりというのが未だ苦手ですが、
感謝の気持ちで描いてみたいと思います。

また良いご報告ができますように。

いつもありがとうございます。

友恵
【2010/09/01 15:02】 URL | TOMOE #9TSn/PFk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/1345-e432aadb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。