あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪の姿

『姉さん、遠野に行きたいと言っている人間が、もう何人もいるって聞いたぞ。』

あぁ、もしかしてカッパの・・・

『そうだ。カッパの母ちゃんに聞いた。
 カッパの母ちゃんと姉さんが話していただろう。
 それを聞いていたカッパの子が、オレたちに教えてくれたんだ。』

ワラシたちが言う「カッパの母ちゃん」とは、私が留守の時に、時折あかね雲を書いてくれる
デイジーさんのことだ。ワラシたちはいつの間にか、デイジーさんのことを「カッパの母ちゃん」
と呼ぶようになっている。
カッパたちの住んでいる家のお母さん・・・との意味なのだろうが、妖怪たちの間では以前から
「カッパの母ちゃん」と呼ばれている。

『オレたちはカッパの所にも遊びに行くからな。
 そんな時にカッパたちの視た人間の話を聞くんだ。
 オレたちは長い間、人間たちと接することを避けて来た。
 人間たちはオレたちと魔物を混同してしまうし、妖怪を恐ろしいものだと勝手に思っているからな。
 だからオレたちは人間の前には、ほとんど姿を現さなくなったんだ。』

そうね、私が絵で見る妖怪の姿は恐ろしい姿だったり、似ても似つかない異形だったりするからね。
あんな絵を見ると、悲しくなったり怒りを感じることもあるの。
私に絵が描けたらねぇ・・・もっと本当の姿を見せてあげられるのに・・・。

『いいんだ、自分が信じたいようにしか信じないし、思っているように思わせないと不満を持つ。
 そんな人間が多いのは知っているからな。人間の歴史が作り上げたことだから、無理もないけどな。』

私には、ワラシの言葉が痛かった。


:::::::::::::::::::::::::::::::::

「交流会へのお誘い」

紫陽花の美しい季節となりました。
皆さま、お元気でお過ごしでしょうか
この度、タマラさんを招いて大阪で交流会を行います
参加された方々との会話から解決したいヒントや
今、必要な情報をキャッチできる交流会です
ぜひ、足をお運びください。
皆さまの参加をお待ちしています!

日時:7月4日【日曜日】
   10時~16時30分

場所:クレオ大阪中央
   谷町線、四天王寺前夕陽ヶ丘駅下車①②番出口
   北東へ徒歩3分

参加費:2,000円

※クロスバージョン・バージョンアップをご希望の方は
 お知らせください。

お問い合わせ・参加お申し込みの方は
triangle-tomoko@nifty.com
090-7962-2160 
石橋智子 までご連絡をお願いします。



   
  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

なぜか妖怪さんの話に強く反応してしまう...。何度も同じことをつぶやいていているかもしれません。どうかご容赦を...!
私はその姿は見えないのですが、タマラさんが紹介してくれるスピリッツが、まさに私が想い描いていたその姿で、とてもしっくりします。だから、とても嬉しい。
タマラの人達は勿論のこと、偏見をもたない人は増えていると思います。これも、あかね雲のブログのおかげですね。
遠野を知らない人も「遠野って?」と興味を抱いたりしていますよ。
【2010/06/17 23:52】 URL | yumity #- [ 編集]

yumityさん
妖怪の本当の姿を紹介できたら・・・と思います。
プラスで感じる姿は、素直なかわいいものが多いのです。
【2010/06/18 00:44】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/1266-db44d9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。