あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子の愛憎

『母の日か・・・姉さん、人間にはいい習慣があるよな。』

我が家を訪れたSさんが「母の日も近いので・・・」と、ピンクのカーネーションや
バラの花などを花束にして持って来てくれた。
さっそく花瓶に活けると、ふんわりや柔らかい雰囲気が醸し出されている。

そうね、母の日も父の日も、毎日の暮らしの中で当たり前になって、
いつしか忘れがちになっている感謝を改めて考えたり、
照れ臭くて言えない言葉を素直に表したりするには、良い習慣だと思うよ。
私も母の日のプレゼントを考えようっと♪

『オレたちの親子の在り方とは、また違うからな。』

うーん、違うとは思うんだけど・・・どう違うのかな?

『在りのままなんだよ。自然と同じオレたちは、親子の在り方もありのままなんだ。
 動物の親子よりは人間の親子に近いものはあるけれど、ただ・・・親子なんだ。』

感覚的には分かるんだけど、言葉にするとどうなるのかしら。
人間とは違うところが言葉にできないかもね。

『説明しろって言うんだろうけど、人間の尺度で考えたり受け取ろうとすると、難しいと思うぞ。』

つまり・・・人間とは感情の在り方が違うからということなの?

『うん、そうなるのかな。』

一番の違いは何なのかな?

『これはオレが姉さんの所に来て、ここに来るお客さんを見たり話を聞いたりしたことと、
 カッパたちが母ちゃんと父ちゃんの在り方から分かったことだけどな。
 初めに言っておくけど、良いとか悪いとかの問題じゃないぞ。
 ただ在り方の違いを言うだけだからな。』

わかった、誤解をせずにちゃんと受け取るようにするからね。

『人間は親子にさえ、愛憎 があるよな。
 中には子供を思うがゆえの愛情とは裏腹の憎しみが出たりする。
 愛情があるからこそのことでもあるけどな。オレたちの親子の間には愛憎はない。
 ここが大きな違いじゃないかな。親子なのに、なんで憎むんだろう・・・と話したことがある。』

ふーん、それで話はどうなったの?

『まだ途中だ。もっと見てみようと言うことになっている。
 簡単に結論の出る話ではないしな。
 姉さん達の言う戦国時代にも親子の愛憎はあったけど、今とは違う。
 親子の虐待なんか、オレたちには有り得ないし、考えられないことだ。
 これは辛いし悲しいし切ないぞ。きっと、人間の闇の部分なんだろうな。』

本当に辛そうな表情のワラシに、私はかける言葉を考えてしまった。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/1220-1c6f5d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。