あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感覚の大切さ

昔々・・・大昔・・・人類が初めてこの地球に誕生した頃、肉体を持った人間は五感とともに、
自然の息吹や、そこにある人間とは異なるエネルギー体を感じ取っていた。
見えない世界からのメッセージも受け取れる、まことに素直なしなやかな感覚と心を持っていた。

人間や動物や鳥や魚はもちろんのこと、妖怪も妖精も時には魔界のモノ闇のモノも、自然にそこ
に存在していた。
妖怪や妖精は、人間と同じプラスのエネルギー体として存在している。
魔界のモノや闇のモノは、マイナスのエネルギー体として存在している。

人間は妖怪や妖精たちから自然に付いての知識を学び、時には人間にはないエネルギー体ゆえの
力を借りながら、共存して暮らしていた。プラスのエネルギーを、お互いに活かしあっていたのだ。

闇のモノや魔界のモノは、マイナスのエネルギー体で、人間の心身に良くない影響を与える。
そこで人間に本来備わっている鋭い感覚で、心地よいプラスのエネルギーとは異なる、不快な
マイナスのエネルギーの存在を感じ取り、そこから遠ざかることにより人間は我が身を守ってきた。

闇のモノや魔界のモノにとって、プラスのエネルギーである人間の魂は、餌食となりかねないもの
であることを、知っていたからだ。
それゆえに、人間は自分の感覚をとても大切にしていた。

今も昔と同じように、魔のモノも闇のモノも存在している。
しかし、人間は文明の発達に伴い、次第に感覚を鈍らせてきた。
地球を汚染しているのも、感覚を鈍らせた結果だと言えよう。

はるか昔のようにはいかないかもしれないが、人間が本来の感覚の鋭さをいくらかでも取り戻せば、
もっと自然にも人間関係にも、必要な感覚を活かせるだろう。
五感、第六感、直感、閃きなど、全ての感覚を活かせるように、自らを鍛えておくことだ。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

>五感、第六感、直感、閃きなど、全ての感覚を活かせるように、自らを鍛える

自らを鍛える・・どのようにすればいいのか正直分かっていません(^_^;)
鍛える方法としてバージョンアップがあるのでしょうか?
【2010/05/01 08:55】 URL | うみ #NkOZRVVI [ 編集]

うみさん
もちろん、バージョンアップは感覚を磨くことに役立ちます。
自らを鍛えるには、感覚を無視しないことです。
直感や第六感、閃きや感覚などを無視したり拡大解釈や自分に都合の良いように
解釈ををしたりせず、、ありのままに受け取ることです。
【2010/05/04 01:13】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/1219-1e10cbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。