FC2ブログ
あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
妖怪の母心
若い頃から冷え性で悩んでいたKさんが訪ねてきたのは、ある年の師走だった。
高校生の頃から冷え性が続いている、と言う。

視ると、吹雪の中に、おくるみに包んだ幼い子供を抱いた女性が佇んでいる。
悲しそうな顔で「この子だけでも助けて・・・」と伝えてくる。
この女性の話を聞き、Kさんに質問をした。

「高校生の頃、秋田のどこかにスキーに行きませんでしたか?」
「高校生の頃? アー、行きました。
 学校の授業の一環でスキー教室があり、それに参加しました。
 その時、ちょっとゲレンデからはずれた所で転んだのを覚えています。」

「信じられないかもしれませんが・・・。」
と前置きをして、私はKさんに知り得た事を話した。

Kさんがスキーで転んだ場所、そこに「雪女」の母親が我が子を抱いて立っていた。
その近くの場所に住んでいたのだろう。
Kさんには「ただ転んだだけ」の状態だったが、その拍子に、雪女の母子がKさん
の霊体にはまり込んでしまったようだ。

雪女はなんとかして、そこから抜け出そうと何度も繰り返し試みたようだが、それはKさんに
とっては身体を冷やす状態になっただけで、抜け出すことはできなかった。
Kさんの異常な冷えの原因は、ここにあった。

「雪女は『私はどうなっても良いから、この子だけでも助けて下さい』
と言っています。」

と伝えると

「今まで十年以上私と一緒にいたんですよね。私は知らなかったけど・・・。
 できれば一緒に助けてあげて下さい。私も冷え性から解放されたいし・・。」

笑顔で答えてくれた。

雪女と子供を取り出すと、Kさんは「ワァー、身体が暖かく軽くなりました。」と言い、
顔色も良くなり声のトーンもあがったようだ。

カマイタチのカクを、西の長の所に走らせる。
連絡を受けて雪女を迎えにきたのは、なんとご主人である「なまはげ」だった。
これにはすっかり嬉しくなってしまった。
きっとなまはげは、急にいなくなってしまった母子を、何年も探し求めていたのだろう。

雪女は

『今までも、力のある人間によって、仲間が何人も抹殺されてきました。
 見つかった以上、私も殺されると思いました。
 私は殺されても良い。
 でも、この娘だけはなんとしてでも助けたかったのです。
 それがこうして二人ともに助けて頂いて・・・。
 そして向こうに帰ることができるなんて、本当にありがとうございました。』

涙をこぼしながら雪女となまはげは、何度も何度もお礼を言って、連れだって帰った。

長い歴史の中で、妖怪は誤解されていることも多かったのだろう。
「コワイもの」だとして、怖れられていることもある。
しかし、彼らはプラスのエネルギー体で、本当はとても温かい存在なのだ。

人間も妖怪も、我が子を思う母心は同じなのだと、しみじみ思った出来事だった。



  応援のクリックをお願いします
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

妖怪のこどもって、どうやって生まれてくるんですか?
両親のエネルギー体が合わさって、新しいエネルギー体ができるんですか?

母心は妖怪も人間も変わらないんですね、
でも最近は、お母さんなのに・・・てゆう事件も度々あって、
なんだか悲しくなるので、
自分のことよりこどものことを大切に思う母心は
すごく暖かいし愛しいし、心が癒されますよね。

母心はまだわかりませんが、
こどもの側からしてみると、
そんなお母さんの心は
すごく暖かくて安心します。

Kさんも冷え性が治ったし、雪女の母子も元のところに帰れてよかったですね(^^

長文失礼しました;
【2007/04/24 01:39】 URL | あやか #- [ 編集]

あの子…
妖怪さんが人間に殺されるって?!何てショッキング。。。
心無い人に、妖怪さんたちは見えないのではないのですか?
あの一つ目小僧ちゃんのお母さん、まだ見つからないんですかね…
【2007/04/24 02:11】 URL | maki #KFT6j.U6 [ 編集]

母心
子どもの頃、まんが日本昔話の「雪女」を、
さんざん友達に、「今夜だぞ、見よう見よう」と言いふらした挙げ句
私が見逃したことがあって・・・非常にばつの悪い思いをしました(^^;)
子どものときは、雪女=こわい=おばけ っていう発想でした。
今は、同じ子を持つ母としての、共感が大です(^^)
【2007/04/24 05:38】 URL | DECO #- [ 編集]

良かった
雪女さんのご主人はなまはげさんなのかぁ。

助かってよかったです^^

【2007/04/24 05:55】 URL | mayumin #- [ 編集]

あやかさん
どのようにして妖怪の子供が生まれるのか、まだ聞いていません。
そのうちに聞いてみたいことのひとつです。
聞いたら、お伝えしますね。

妖怪は感情も豊かで温かい存在です。
心を大切にします。
人間の方が、苦しんでいる母子がいるかもしれませんね。
人間にも愛はいっぱいあるのに・・・。
【2007/04/24 07:07】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

makiさん
霊的な力を持っている人間が、プラスのエネルギーを感じ取るよりも、妖怪であるという
存在自体で力を使って消滅させることが、昔からあります。
妖怪と魔物とを、混同してしまっているようです。
これは妖怪たちにとっては、本当に辛いことです。
プラスのエネルギー、温かい存在だと感じえてほしい、知ってほしいと思います。

一つ目小僧の母親は、まだ見付かっていません。
【2007/04/24 07:11】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

DECOさん
存在を知り、心根を知れば、雪女の温かさが分かりますよね。
見逃した・・・でも、感じた・・・そのことを語り継いでください。
【2007/04/24 07:13】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

mayuminさん
我が家にご縁があったから、助けることができました。
本当に良かったと思います。
【2007/04/24 07:14】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


小さい頃からずっと妖怪が怖かったです。
もちろん雪女も・・・
しかし、あかね雲のおかげでその誤解も解けました。

雪女さん、助かって良かったですね。
涙が止まりません。
【2007/04/24 12:45】 URL | yukari #- [ 編集]

yukari さん
妖怪のことを理解してくださって、ありがとうございます。
できましたら、これから妖怪のファンになって楽しんでいただければ嬉しいです!
これからも、よろしくお願いします。
【2007/04/25 00:30】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

わーい。(°∀°)ノ゛
 雪女の親子良かったですね♪
なまはげが旦那だなんておもしろいなあ。。。
【2007/04/25 01:32】 URL | ririxi☆ #- [ 編集]

ririxiさん
母子にとってもKさんにとっても、本当に良かったと思います。
ご主人がなまはげだだったとは、私も驚きました(^^)
【2007/04/25 08:41】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


妖怪というと、ゲゲゲの鬼太郎や小泉八雲の世界をイメージしてしまいますが、お話を読んでいるととても人間的というか、それ以上にほのぼのとした存在に感じます。
今の人間世界のほうが、よほど怖い。
「鎌倉ものがたり」という漫画がありますが、その中で「魔物さん」と呼ばれる存在たちが出てきます。悪い奴もいますが、憎めないキャラクターもいて、きっと、その憎めないキャラクターに近いのかなと思いました(^_^)
【2007/04/26 22:38】 URL | 功 #HYhRVPss [ 編集]

功さん
妖怪にはそれぞれの力はありますが、人間と同じような社会を作っています。
プラスの存在だけに、人間よりもっと温かいものだと言えるかもしれません。
「鎌倉ものがたり」は読んでいませんが、その中での憎めないキャラクターに
近いのかもしれませんね。
これからも、楽しんでいただけますように・・・。
【2007/04/27 00:25】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/110-87b561fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する