FC2ブログ
あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
ポセイドン Ⅱ
ポセイドンは若者を、哀れみのこもった目で、見つめます。

『その話は知っておる。
 人間が、我ら神と間違えて、闇の魔物と契約をしてしまったと聞いた。
 我ら神は『約束』をする。約束とは見返りを求めぬものだ。
 しかし、闇の魔物は『契約』をして、人間の願いを叶える代わりに、見返りを
 求めるものだ。
 人間は、神と闇の魔物との区別もつかぬのか・・・。
 なんと愚かしいことよ。
 本気の祈りで感じれば、神と闇の魔物の違いは分かるであろうに・・・。
 人間が間違わぬように、その為に感覚というものを、己の中に備えているのだ。
 本気で祈り、本気で感じ取れ。
 それこそが己を守り、己を導くものだ。
 よそからの言葉やまやかしに惑わされぬよう、己をしっかりと持ち続けよ!』

若者はしっかりとポセイドンを見つめ、言葉を胸に刻み込むように聞き入ります。

「はい! お言葉を確かに覚えておきます。
 そして、帰ったら皆に、お言葉ひとつ間違えないように伝えます。
 私たちがもう間違いを犯さぬよう、本気で祈ります。」

ポセイドンは確かめるように、光を放ちます。
若者は怯むことなく、眩しい光を受け止めました。

『よかろう・・・。
 お前の妹の契約のことは、我らも気にかけていたこと。
 人間が自ら望むのであれば、救いの手を貸そう。
 帰ったら、さっそくに取りかかれ。
 家族が皆心を合わせ思いを合わせ、子供が無事に生まれ母の腕に抱かれるように
 真剣に祈るが良い。妹は自ら為したこと、強き母の愛で子供を抱き取れ。
 我らは力を貸すが、子供を腕に抱けるのは何よりも人間の祈りだ、愛だ!
 闇の魔物は、人間の心からの本当の愛には勝てぬ。
 家族の大きな愛で、妹と子供を包め!』

「はい! はい! 必ず皆で、皆の愛で包みます。
 心からの祈りで、包みます!
 ありがとうございます! ありがとうございます!」

船底に頭をすりつけるようにお辞儀をした若者が、そっと頭を上げた時には、
もう、ポセイドンの姿はどこにもありませんでした。



夜空がいきなりかき曇り、稲妻が光ると大雨が降り出しました。
船にあった瓶はたちまち一杯になり、海に落ちた雷に驚いた魚が、船に飛び込んできます。
若者は、水と食料を手に入れたのです。

若者は元気を取り戻し、家族の待つ島へ向かい、ひたすら船を漕ぎ続けました。



海も神々によって、守られています。
同じ神も、国や時代によって、様々に名前が変えられています。

日本では「オオワダツミノカミ」として知られ、
「ポセイドン」「ネプチューン」・・・などとしても、知られています。



  応援のクリックをお願いします



スポンサーサイト




この記事に対するコメント
本気
本気で祈り、本気で感じ取る。  それこそが己を守り、己を導く。
まだまだだわ・・・・・   でも諦めずに頑張る!
【2007/04/23 13:28】 URL | 紫蘭 #- [ 編集]

紫蘭さん
本気の力、まだまだ知り得ないのかもしれません。
【2007/04/23 19:24】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/04/24 19:36】 | # [ 編集]

ヘルメス神
聞いてみたのですが、どの神のことを言うのか、わかりませんでした。
ギリシア神話などは人間の創作が多く、ゼウス自体の存在が今のところ分かりません。
何か分かることがあったら、お知らせします。
【2007/04/28 01:32】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/109-98c57c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する