FC2ブログ
あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
アトランティス文明の最期
ムー文明の時代は、人々の精神性の高い時代でした。
それだけ人々の心も豊かな時代が、長く続きました。

しかし、そのようなムー文明でさえも闇は広がり、文明は衰退して、
最期は新しく台頭してきた、アトランティス文明に滅ぼされるという形で、
多くの人類と文明は滅亡してしまいました。

アトランティスの文明は、高度な物質的発明に支えられた文明でした。

その原動力となったモノが、オリハルコンというエネルギーを持った石です。
オリハルコンは、大きなエネルギーを内蔵した石でした。
この石のエネルギーにより人々の生活は豊かなものとなり、文明はさらに
栄えていきました。
日々の生活の中でエネルギーとして使われているうちは、人々の顔も明るく
愛や思いやりに満ちた、いきいきとした文明の発達が続きました。

オリハルコンの研究が進むにつれ、石の中に未知のエネルギーのあることが
発見されました。

それは攻撃や破壊としても、使われるエネルギーです。

このエネルギーの存在を知った一部の権力者や富裕な人々は、やがてより強い
支配欲や征服欲を心に持つようになりました。
そして人々の生活の向上や発展を望むことよりも、自分たちの欲望を満たす為に、
オリハルコンを使おうとし始めました。

身勝手な野望や欲望から発生した人々の心の闇は、どんどん大きく広がり、
更なる攻撃や破壊に向けての、エネルギーの使い方を求めます。
それを危惧した人々もいて、警告の言葉を発しますが、大きくなった欲望や野望
の前に、彼らの言葉はうち消されてしまいました。

いつしか人心の荒廃は進み、殺伐とした事件や事故が相次ぎます。
ますます闇は、広がるばかりとなりました。

敵対する権力者は、お互いにオリハルコンのエネルギーを使おうとします。
それらの人々は、やがてエネルギーを使った武器を、造り上げました。
オリハルコンのエネルギーを最大に使う、恐ろしい武器です。

人類全体の豊かな生活の為にあった石のエネルギーを、自らの野望や欲望を達成
するために、誤った方向へと使ってしまったのです。

自分の野望や欲望を満たすために、敵対する場所へと恐ろしい武器が向けられ、
眩しい光が飛び交います。

光の落ちた所では、黒い雲のようなものが立ち上がり、何度も爆発が繰り返されました。
逃げまどう人々の上にも、容赦なく光は落とされます。
たくさんの命が失われました。

それでも攻撃は止むことなく、築き上げたものへの破壊が繰り返されます。
エネルギーの暴発はとめどもないものとなり、やがて石は自らの破壊を繰り返すと共に、
オリハルコンを自分たちの欲の為に使おうとした人類と、それに伴う文明を壊滅させて
いきました。

オリハルコンのエネルギーによる破壊の惨状は凄まじく、アトランティス文明は
広がった闇と共に、多くの人々を飲み込んだまま、海中深く没して行きました。



  応援のクリックをお願いします
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

>いつしか人心の荒廃は進み、殺伐とした事件や事故が相次ぎます。
>ますます闇は、広がるばかりとなりました。

…まさに「今」のこと?

【2007/04/16 10:14】 URL | 琴音 #- [ 編集]

琴音さん
そうです、「今」この時代と同じようなことになっていました。
だからこそ、日々の生活や人としての成長を怠ることなく、
真剣に進んでいきたいですね!
【2007/04/16 13:21】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/04/16 14:25】 | # [ 編集]

Aさん
残念ながら、これまでに地球上で、6回の文明の壊滅が行われました。
どれも闇の広がりが原因で陰陽のバランスがとれなくなり、壊滅せざるを得ませんでした。
この文明は7回目です。
私たち人間の努力や頑張りで、文明と人類を守りたいですね。
【2007/04/16 18:08】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

こんにちは。
アトランティスってこういう文明だったんですね。
不思議に思うのは、オリハルコン以外もそうですが、
なぜ、再生と破壊みたいな両面を持っているのでしょう・・・。
それとも、私達人間の心がその両面を作っている?からなのかもしれませんね。
前に、“小さな力は再生を生む 大きな力は破壊を生む”
というメッセージ?を内側から受け取ったことがあります。
いつも急に来るので、何のことだ?どういう意味だ?と自分なりにいろいろ考えるのですが、
私に今できることは、小さなことしか出来ないけれど、でもそれが大切なことなんだよ。
ということかな?と解釈しています。
日々微笑んで、心穏やかに過ごすことが今の目標です。

話がそれてしまいました(^^ゞ
長文失礼いたしました。
【2007/04/17 14:58】 URL | hiroko #- [ 編集]

hirokoさん
人間の考えや希望や欲望によって、様々なものがプラスになったり
マイナスになったりします。
人の心も物事も陰陽で成り立っている世界、より良い方へと考えたいですね。
【2007/04/17 16:44】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


ほんとうに、滅びを繰り返す事は嫌ですね。二度とゴメンです。
祈ってます。毎日1度は。この世界全てに光と愛が満ち溢れることを。
【2007/04/18 22:29】 URL | 功 #A3//m3MQ [ 編集]

功さん
滅びを繰り返すのかとどまるのか、それも人間次第です。
何とかとどまり方法を考えたいと思います。
それもこの時代を選び、生まれてきた私たちの役目ではないでしょうか。
【2007/04/18 23:10】 URL | あかね雲 #- [ 編集]


こんにちは。
一昨日、たぶんアトランティスのはっきりした過去生を思い出しました。
あまりにも荒唐無稽でびっくりです。

ミクシー日記にも書きましたが、よかったら感想を聞かせてくださいませんか?

・・・・・・・

日は、朝思い立って、ある方のオフ会に行ってきました。
京都にお住まいのRさん、Tさんもご一緒のジョイントで、セミナーもある宴会みたいなもんでした。

なぜか急に行く気になった・・・何が見えるのか??

で、期待と興奮半々で、電車に乗りました。

・・見えたのは・・・??
見えたものを、そのまま書くので、どうとでもお取りください。
(正直、自分でもうっそ~~でした。
(こんなの、見たこと無いぞ。

海・・・自分はイルカに乗っていました。
陸地が見える・・・茶色の荒地の島・・白いギリシア風の神殿がある。

陸に上がる・・・濡れない不思議な素材の白いドレスを着た自分。薄茶色の髪の女の人だ。目は紫。

空中に光る小さい玉が現れ、声で誘導される。

神殿の中に入る。いくつかの回廊を通り抜け、大きなホールへたどり着く。
まるで体育館のような広さ。白い大理石の床、同じ大理石の白い柱が周りを取り囲む。堂々とした空間。

端にある大階段を登り、少し高台から見下ろすと・・・
天井から巨大な透明のクリスタルが、ミラーボールのようにいくつもぶら下がって〈浮かんで?)、きらきら光り輝く。
以前に見た神殿は、緑色の大きなクリスタルが一個だけ、中央で空中に浮かんで輝いていましたが、これはもっとすごい。

まぶしくて、全貌がよくわからないが、何個も光っていて、まるで小さい太陽のような明るさ・・・。
うっすらと人影が見える・・透き通っていてよくは見えない。

それを見届けたあと、空中に浮かぶ小さい玉に誘導され、地下のほうへ降りていく。狭い石のトンネルを抜け・・・、ある入り口のドアで止まる。

そこで左手をセンサーのようなところにかざす。

見ると、自分の左手には、いつのまにか透明なクリスタルの腕輪をしている・・・。クリスタルの内部に、いくつかの色の玉が埋め込まれている。腕輪は、左手の中指と透明なワイヤーで繋がっていて、抜けないようになっていた。

ドアが開くと・・・シースルーのエレベーターに入り込んだ・・。

かなり深い、地中奥深くもぐっていく・・・すごいスピードで。

どこへ行くのだろう??

着いたようだ。

ドアが開く・・・そこはまるで宇宙船の中のような空間だった。

天井が白く発光して、カーブを描いているトンネル。動く歩道に乗る。

途中、天井から小さい探査機が現れ、私をチェックする。腕輪をかざして、オーケイと許可が出たようだ。

最初に見えたのは、まるで映画マトリックスのような研究室だった。

何人かの人間がベッドに横になり、頭の上に、光るクリスタルの球のついたお椀状のものをかざしている・・・。記憶を入れている?取り出している??何をしているのだろう??


次に訪れた部屋は、体全身にクリスタルの光をかざす装置があった。自分もするか?と言われて、断った。
本心で恐怖を覚えてしまった。怖い!

そこで、もう今回はいい、と今の状態に戻った・・・。

見終わったあと。。。ただボー然。
今のは、なんだったのか????

アトランティスか??でも、なんで今日??

不思議な頭で、会場に着いた。
Tさんがいらしたので、早速聞いた。
・・・こんなのが見えたのですが、アレは一体何だったのでしょうか?

彼の言うには、

私は、アトランティス末期の、女性の科学者だったそう〈驚)
地上の古臭い神殿はカモフラージュだったそうで、地下にそういう施設があったとか。

あのうわさの地下都市か・・・!

でも、なんで~~?と思っていました。
もっとも、アトランティスにTさんもいたそうですが。

そこで、あるヒーラーさんと出会いました。
エドガーケーシーの治療法を学ぶために、米国の学校まで行って学んできた女性でした。

聞けば、日本のケーシーの研究所の光田さんも、アトランティスに詳しいそうです。わぁ、お話を聞いてみたいな、と思いました。

もしか、そういう展開で、こんなSF的な不思議なものが見えたのかしら???

今まで見たイメージ〈妄想〉は、ほとんどが行ったか、見たことがある景色で、今回のように想像だにしない景色は、初めてです。

私は・・・SFがそんなに好きでないです。

どこへ行くのでしょうね・・・。

【2007/07/18 10:19】 URL | マリアン #RhdNd..s [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/07/18 23:21】 | # [ 編集]

マリアンさん
そのような前世の情景が視えるのも、楽しめますね。
今となっては証明のできない所です。
私も自分の前世については、視えることを楽しんでいます。
【2007/07/19 01:14】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

じ さん
マリアンさんのレスにも書きましたが、今となっては証明のできないことです。
私は、教えられること、視えることを書いています。
コメントをありがとうございました。
【2007/07/19 01:18】 URL | あかね雲 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/13 21:36】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/tb.php/101-47825f97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する