あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手を出す
誰かがうずくまっているとき

傍にいる者が手を出して 引き上げる方が気持ちが良い

傍にいる者がやるべきことを言い募り 言うことを聞かせることで満足をする

傍にいる者が手をかけて 振り向かせる方が楽になる

気持ちが良いのは 満足をするのは 楽になるのは 傍にいる者だ

うずくまっている誰かには 良いことなのか 余計なお世話なのか

見守ることの必要性と 見守ることの厳しさをも知ることだ  

根底にあるのは うずくまっている誰かの傍にいる者の真の愛情だ


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



スポンサーサイト
坊主さん
『姉さん、人間はいろいろと苦労をするもんだな。
 苦労をして乗り越えて、だから良い顔になったり痛みが分かるようになったり、
 人間としての器が大きくなったりするもんだな。』

いつもとは違う響きが届いて、私はそちらを向いた。
ニコニコと笑顔を見せているのは、小坊主の姿をしているが実はかなりのお年の方だ。
お顔はしわしわで、笑っているからなおシワが深くなっている。

いらっしゃい、久しぶりね。
もうお坊さんの姿になっても良いと思うんだけど、その姿が好みなの?

『あぁ、ワシはこの姿が気に入っている。
 楽でいいぞ。坊主のようにかしこまらなくても良いからな。』

でも、さすがに歳を経ているので、妖怪仲間からは大切にしてもらっているようだ。
妖怪の世界では長幼の序列ががはっきりしている。
それは経験を重ねた者たちを尊敬することや、大切にすることが自然の成りたちとも
通じるからだと言う。私はいつか妖怪たちから聞いた言葉に納得をしている。

私の思いを読んだかのように、坊主さんは頷いてくれた。

『ワシたちが歳を重ねるように、人間は自分の経験を積み重ねていく。
 それが苦労と感じる人間もあるだろうな。だが苦労と嘆くだけでは何も掴めぬぞ。
 苦労を乗り越える努力をするから、成りたい自分を作り上げていく。
 苦労と苦労と思わずに、励んだり真剣に向き合ったりする者にとっては、良い機会と
 なるだろうな。
 ただ楽を求めているだけでは、人間味が薄いものになってしまう。』

お茶が気に入ったのだろう。旨そうに飲んでいる。

『姉さんの所で飲むお茶は旨いな。』

ニコニコと笑ってまたシワが深くなる。
この笑顔には弱いなぁ~・・・私は笑顔に見入っていた。
そうね、いろいろなことに向き合い、乗り越えた人たちは良い顔をしているし、そんな人たちは
人間性を磨いたり、自分を高めることを怠らないよね。

『お茶にも様々な味があるように、人間も旨味のあるように歳を重ねてほしいものだな。』

数百年の間、人間たちの生活を視てきた坊主さん。
彼が知り得た人間の歴史を、いつか聞かせてほしいと言ったら
『そのうちな・・・』
と笑顔を返された。

***************************************

ブログをご紹介します。読んで下さいね。

ALIVE(笑って わはは)

  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】


パートナー
人生において 真のパートナーを得ることは 本当に幸せなことだ

人生のパートナー

苦楽を共にしながら 尊敬できる相手ならば なおのこと幸せだ

生活の伴侶としてのパートナー

お互いに愛情や思いやりを示しあい 手を携える相手ならば幸せだ

仕事をするうえでのパートナー

お互いに補いあえる相手であり 頼りにはしても依存しない相手だから幸せだ

パートナーとしてお互いに意識できる相手だから 幸せだ

 

  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】


考えることと思うこと
考えることと 思いを巡らすこととは違うぞ

思いを巡らすこととは 感情を優先してしまうものだ

感情に囚われてしまうので 考えるのではなく悩むこととなる

考えることとは 自問自答を繰り返しながら深めていくものだ

思いを巡らしている間は 答えは出てこない

出たとしても 思い付きになってしまうことが多い

考えてこそ 答えは出てくる

どこまでも深く 真剣に 本気で考えることだ




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】

甘えてもいいよな
『姉さん、甘えることがあってもいいよな。』

いきなり声をかけられた。
ちょっと心配そうな声だ。

それは・・・あっても良いと思うけど、どうしたの?

『もちろん、甘え過ぎが良くないのは知っているぞ。
 甘え過ぎって自分でやるよりも楽をしようと考えるからな。
 でも、人間には甘えることも必要だよな。』

そうね、私も甘えることがあるもの。
時と場合によるとは思うけれどね。

『自分で何でもやらなければならないと必死になって、返って周りが見えなくなって
 ボロボロになってしまう人間がいるんだ。』

そうなんだ、周りが見えなくてボロボロになるのが心配なのね。
それで甘えることも必要だと感じたんだ。
きっとその人は、どうするのが甘えることなのかを知らないんじゃないかな。

『そうか、甘え方を知らないとか聞くけれど、そうかもしれない。
 それじゃあ、オレたちには何もできないな。オレたちでは教えられないからな。』

見守っていることになるわね。

『甘えることが難しい人間は多いのかもしれないな。』

そうね・・・。

ワラシの顔を視ながら、私も考えていた。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】

直感を受け取るエネルギーワーク
直感を受け取るセミナーのことを考えていた。

そして、私が行うエネルギーワークがどのような働きをするのかを知りたいと思った。
これまでは、どんなエネルギーワークを自分に行っても私は何も感じることはなく、
ただ「出来る!」ということだけが分かっていた。

しかし、直感のエネルギーワークに関しては、ふと、何か分かるかも・・・と感じた。
これも私にとっては直感と言えるだろう。

これまで私が行ってきたアクティベーションや、コミュニケーションや感覚を開く
エネルギーワークでは、第三の目を避けて指を当てていた。
だが、直感のエネルギーワークでは、直接自分の第三の目に軽く指を当ててみた。

すると私の指先から流れるエネルギーが、直感を受け取る場所まで届くのが分かった。
そこに届くと、エネルギーが上に向けてアンテナのように程よく伸びていく。

次に喉の下の方に指先を当てる。
するとエネルギーが上に伸びていくのと、下に伸びていく二方向があるのを知った。
なるほど・・・これは魂が持っている答えや、きっかけを直感として受け取るものだと知った。

私は自分の中にある答えを持ち帰る誘導瞑想を行っているが、これはビジョンや思いや
感覚で受け取る方法だ。直感のエネルギーワークは、もっと直接的に言葉や文字で受け取り
易くなっているようだ。

受け取った直感から思考へと繋ぎ、思考することからどう動けば良いのか、直感を活かす
自分の動きまで考えれば、すぐに行動に移すことが出来て歩みや進み方が早くなる。

「直感を受け取れるようになりたい!」

そう求めている人は多い、そこに確実に役立つエネルギーワークだと知った。
私に出来るのはエネルギーワークであり、それを受けて活かすのはあくまでもその人自身だ。
自分の為の人生、必要なタイミングや運を掴むためにも、直感を受け取ることは欠かせない。
セミナーとしてどのように持っていくのか・・・さっそく相談を始めている。

直感を受け取るエネルギーワークを含むセミナーを受けて、それぞれの人生に役立ててほしい。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】


備わっている感覚
人間には、様々な感覚が備わっている。
しかし、何かと便利になっている現代では、備わっている感覚さえも使おうとせず、或いは知らず、
したがって、感覚そのものを鈍らせたり、無いものとしてしまうことさえある。
タマラのアクティベーションは、そのような感覚を活性化させるような働きをする。
しかし、それだけでは頑固に鈍らせている感覚の鋭敏さを取り戻すには、時間がかかってしまう。

コミュニケーション能力に必要な感覚を、エネルギーワークで引き出すことが出来るようになった。
だが、私はもっと何か出来るのではないか・・・とずっと探し続けていた。

Tさんと話していて、ふと、思い浮かんだことがあり、ビジョンで方法やエネルギーの動きが視えた。
それをニポに話してみた。

『その通りよ。人間には必要な感覚なのよ。
 お姉さん、出来るようになって良かったわね。これから、やっていくんでしょう?』

そうなの、人間は直感を受け取れるようになっているでしょう。
でも、まだ直感を受け取る力は伸ばすことができると思うのよね。
それに直感はただ受け取れば良いものではなくて、そこから考えることが必要でしょう。
だから、直感を受け取る力を伸ばすエネルギーワークと、直感を基にして考えたりディスカッション
をするセミナーをしてみたいの。

『とても良いことよ。
 人間が自分に備わっている感覚を取り戻すのは、とても大切なことであり、必要なことなのよ。
 それに考える行為が、どれほど人間にとって必要なことなのかを、もっと知るべきなのよ。
 感覚を活かし、思考することで実行に結びつける。
 だからいろいろな経験や体験ができるし努力もできる。それが成長に繋がるのよ。』

直感と思考をまとめてセミナーにする・・・何だかワクワクしてきた。
きっと役に立つし、自分にとって良い選択ができたり、必要な答えを得ると思う。
考える癖がつけば、もっと成功や幸せを感じることが多くなると思うの。
どのように進めていくのか、とても楽しみになっている。

ニポは、必要なことなのよ!と太鼓判を押してくれた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】
変わり続ける努力
人間はね なかなか変われないんだよ

変わったと思っても すぐに戻ってしまう

だから 変わり続けることが必要なんだ

戻ったと思ったら すぐに変わろうと努力をすること

それが 変わり続けることなんだよ

変わりたいと 思ったら

変わる努力を続けることだよ




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】

動く時を捉える(仙台、古川交流会のお知らせ)
九州の戸畑と大分で、交流会に参加してきた。
それぞれの所で人々が集まり、新たな動きも感じられた。

『姉さん、動くときをしっかり捉えて動く人たちがいるな。』

ワラシが声をかけてきた。
そうね、自分が動くタイミングを捉えることは、とても大切なことだと思う。
気付いても考えていても、それだけで満足をしていたら何も進まない。
考えたことを実行してこそ、本当の動きになって進むの。
テレビを見ていても、被災者自らが仕事を始めた時のイキイキとした姿や笑顔がとても
素敵で、やはり人間は動くことが自分の力にも励みにもなるんだと、改めて感じている。

『姉さん、人間は仕事をしたり動いたりするから、時に怠けたくもなるし休みたくもなる。
 地震や津波などのショックを受けたあとは、心が回復するまでは休む方がいいぞ。
 でも、ショックから回復をしてくると動きたくなる。
 自分のやることがないと言うことは、自分の存在感を得られないことに気付くんだ。
 だから動きたくなる。それに、少々無理なように感じても、動くことで萎えた気持ちが
 しっかりしてくることも多い。
 人間は成長を望んで生まれてくる。だから前に進むこと、つまり動くことが必要なんだ。
 だから、その時を時を捉えることが、とても大切なことなんだぞ。』

そうね、ワラシもとても良いことを言うじゃない?

『ヘヘヘ・・・実は長の言葉なんだ。
 長も被害地に行って様子を視てきた。
 情報や知らせは届いていたけれど、長も直接見るために行ってきたんだ。
 そこで働く人間の姿を視たり、避難している人間の姿を視て言った言葉なんだ。』

そうだったの、長も見に行ったのね。

『オレたちは自然の回復を手助けする。
 でも、人間社会の復活や復興は人間がやらなければならない。
 人間が力を合わせてやっていくことなんだ。
 見えない世界は人間に手を貸せない。
 いや、貸してはいけないんだ。
 人間たちが自ら知恵を出し合い、支え合い、助け合い、動いて解決するのを視ている。』

そうね、私たちが何とかする時なのよね。
タマラのエネルギーは生きる力になるから、ぜひ、役立ててほしい。
だから私たちも頑張るね!

『うん、手助けは出来ないけれど、応援はしているぞ!』

ワラシの言葉は力強かった。

************************************

宮城で個別イベントのお知らせです。
地震や津波や原発の被害すごいですね。
毎日テレビで見て何とも言えない気持ちになっています。
そんなときに前を向いて進んでみませんか。

もっともっとあなたの必要なことたくさんあると思います。
是非会いに来て、お話しましょう。お待ちしております。

【大崎タマラ体験交流会】

■講師:タマラ・加藤憲子、インストラクター・伊藤明子
■日時:5月7日(土)13時~17時
■場所:リオーネふるかわ2F カルチャーホールC
     大崎市古川台町9ー20
■交通:JR「古川」駅から徒歩6分位
■駐車場:有り(有料)
■参加費:タマラプラクティショナー&アドバンスト3,000円/一般 無料


【仙台タマラ体験交流会】

■講師:タマラ・加藤憲子、インストラクター・伊藤明子
■日時:5月8日(日)10時~17時
■場所:PARM-CITY131 2F 2A-1(アスレチックルーム)
     仙台市青葉区一番町3ー5ー1(土屋不動産ビル)
■交通:地下鉄南北線「広瀬通」駅から徒歩3分
     バス「電力ビル前」下車徒歩3分
     JR「仙台」駅から徒歩10分
■駐車場:周辺に有料パーキング多数有り
■参加費:タマラプラクティショナー&アドバンスト3,000円/一般 無料

地震や津波の被害を受けられた方で、タマラのアクティベーション(伝授)を
希望される方には、ギフト(無料)で行っています。
興味や関心のある方は、ぜひ、お出かけ下さい。


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】


お互いのため
自分だけの為ではない

お互いにとって良いこと となる

理解し合うことで

協力することで

切磋琢磨することで

思いやりを示しあうことで

お互いに得をしたり

成長をしたり

いつしか絆もできてくる

それが お互いの為になるということだ



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】


歳を重ねる
人間は一年ずつ歳を重ねる

生まれたその日から

寿命が尽きるその日まで 着実に歳を重ねる

一日ずつの体験や経験を積み重ねながら 歳を重ねる

覚えていること 忘れたこと

身につけたこと 通り過ぎたこと

悲喜こもごもの感情や 様々な感覚を通しながら

精神的な豊かさと 身体の衰えと

得たもの 失ったもの

全てを含んだ自分の人生は 自分で重ねた歳と共にある




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】


比べていたら
誰も比べなさい、とも、比べているとも言っていないのに、自分一人で勝手に比べていることがある。
そして、あの人は素晴らしい、と思うだけでなく比べてしまうことがある。
私は出来ない、私には無理だ、私はダメだなどと思ってしまうことがある。

『その人が素晴らしいと思うのはいいよ。
 そこでただ比べるのではなく、考えてみることだよ。
 どこが素晴らしいのかをよく見て、よく考えてみるんだ。
 その人が素晴らしいと見えるところは、その人が努力を重ねているところだと分かる。
 本当に素晴らしいのは、その人が素晴らしいと見える、出来ると思うところではなく、
 そこにいたるまで努力を重ねる続けていることなんだ。
 その人の努力を見ることもなく、知ることもなく、ただ比べて自分は出来ないとか
 無理だとか思うのは、自分が損をするばかりだよ。』

そうね、ただ比べて羨んで、結果として自分否定に陥ってしまう。
あの人だから出来ると言うのは良く聞く言葉でもあるの。
でも、言われている人は、私に出来ると言うことは誰でも出来ると言うことでしょう、
とも言うの。
自分が懸命に努力を重ね続けたからだと知っているからよ。
でも、努力を重ねたとは言わない。
努力は自分がすることであり、ひけらかしたり、他の人達に言うことではないと知っている。

『自分が真からやりたいことだったら、たゆまぬ努力を続けることだよ。
 努力を続けることで、自分の持っている才能を最大限引き出すんだ。
 努力を重ねて最大限まで引き出せば、自分で本当に納得をするんだ。
 満足とは違うよ、心底から納得をするんだ。
 最大限を引き出すには一生かかるかもしれない。
 一生努力を重ね続けることが、どれほど大切で必要で自分にとっては素晴らしいと思えるよ。
 どうしても比べたいのなら、自分がどれほど努力をしていないのか比べて見て知ることだね。
 本当に比べるのは、今日の自分と昨日の自分だよ。
 昨日の自分よりも少しでも出来るようになっている、進んでいると感じるならいいよ。
 それをメモでもいいし、何かに書き続けていれば、自分の書き方で成長を知ったり変化を
 知ったりできる。それが自分の励みになるよ。
 何たって人間は忘れることも多いんだから・・・。』

そうね、書くことの大切さを知ると、自分の歩みを知ることにもなる。
いろいろ考えても、私は忘れることが多くてね。
ふと思いついたことや、人の話しにピンときたことや、気づいたことなども書き続けていれば
役に立つよね。
書き続けることも努力のひとつになるでしょう。

『書く事に満足をしなければね、書くことに満足をしてしまえば何もならないよ。
 書いてそこから考えるんだ。』

うんうん、そして実行することで、メモや書いたことが役に立つよね。
やっぱり実行することが努力になる。
継続してこそ本当に身についていくということね。

『そのとおりだよ!』

比べる話しから継続の話まで繋がっていた。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】

そのとき
見守るとき

手を差し伸べるとき

そっと包むとき

導くとき

叱るとき

そのときを知るのは 愛しているからできること




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】


慣れ
人間は 誰でも慣れを知る

住む土地に慣れるのは 暮らしやすさを感じさせる

学校や会社への慣れは 自分の居場所を作ることにもなる

慣れることは 心地良いことでもあるが

同時に勘違いをさせるものともなる

仕事への慣れは 油断を生じさせる

人間関係の慣れは 傲慢にも繋がる

慣れることはよいことでもあるが

同時に自らを引き締めることを 教えることでもある



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】

癒しと行動
郡山から帰り、4日間の様々なことを考えていた。

『姉よ、あの状況をどう見たな?
 何が必要だと感じたのだ?』

ヒーリングやマッサージをしてみて、確かに癒しを必要としている人たちもいました。
郡山のビッグパレットでしか分からないことでもありますが、慣れない場所での集団生活で
肩こりや背中の張りや痛みを訴える人は多かったです。
これは体の癒しが必要だと思いましたが、動かないことによる身体の不調もあると思います。
プライバシーがないことや、住む家や仕事を失ったことへの気遣いや失望も感じました。
実際に求められるままにヒーリングやマッサージをしていて、だんだんと違和感を覚えました。

『それはどういうことかな?』

被災者がこの時期に求めているのは癒しよりも、生きていくための力でないかと思います。
生きる力があれば、自然に自分を癒すことにも繋がると思います。
身体は生きようとしています。心もそれに伴えば良いのですよね。

『そうだ、心が生きようとするためには、姉も感じたように、単なる癒しよりも仕事をすることや
 何か自分に出来る動きをすることや、誰かの何かの役に立つことなどが必要なのだ。
 人間は生きている実感や、遣り甲斐や生き甲斐を欲しがる。』

何もすることがないと、気力が少なくなります。
タマラのアクティベーションがきっかけで動けるようになり、とても喜んだ人たちが居ます。
他の人の為に食べ物や飲み物を運んであげたり、仕事を探す気になったりと、何かの
動きを始めた人たちがいます。
それこそ、生き甲斐や遣り甲斐ですよね。

『生きる気力が出てきたから、目が外を向いたのだ。』

はい、それがとても嬉しかったです!
癒しだけでは、この喜びはなかったと思います。
タマラのエネルギーは「生きる力」です。
私はこれからも被災者や多くの人々に「生きる力」を伝えていきます。
それが復興や復旧に繋がると思います。
5月には仙台にも行きます。
福島でも行きたい所があります。

『そうか、姉も行くところは多いな。』

きっと必要だからでしょう。
これからも出会いを大切にしていきます。

ウム・・・と頷いてくれた。

*****北九州交流会のお知らせ*****

昨年秋に続いて二回目となる「北九州交流会」を開催します。

今回も創始者・タマラ 加藤憲子さんをお招きしています。
どなたでも参加できます。
お近くの方、近県の皆様、ぜひご参加ください。


◇日時:2011年4月17日(日)
    10:00~16:30(受付9:30~)
◇会場:ウェルとばた(JR戸畑駅横)
    〒804-0067 北九州市戸畑区汐井町1番6号
◇会費:3,000円(当日受付にてお支払いください)

お近くに駐車場(有料)もございますので、お尋ねください。

*************************



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】






郡山にて 4
避難所となっているビッグパレットには、各地から大勢の支援者が来ています。
自衛隊は風呂を用意して、各地の入浴剤を入れて温泉気分を味わってもらおうとしています。
広島県警のパトカーが巡回しています。
北海道や広島、山口などの県名を書いた上着を着た、医師や看護師や保健婦さんたちが
毎日、被災者の健康を気遣い、各部屋を訪れては問診を繰り返しています。
何かの症状があればすぐに救助の人が来ます。

毎日訪れていて分かったことがあります。
部屋に入る私たちに、部屋の中の人たちはほとんどが無関心を装います。
報道関係者やボランティアなど、避難所には実に様々な人たちが出入りします。
いちいち注意をしていたら、それだけで疲れてしまうでしょう。
自然に防衛本能が働くのかもしれません、知らん顔をするのです。
前に行って声をかけたり、その人の前で動きを止めると顔をあげます。
そして私を認めると、ニッコリと笑うのです。

嫌うのでもいやがるのでもありません。
プライバシーのない空間で、自分の世界を守ろうとする心の表れでしょう。

ヒーリングやマッサージがきっかけで、食べることが出来るようになったり、動けるように
なったと言う人たちが居ます。
「今日は冒険しました。クリーニングに行ってきたんですよ。
 ここに来て初めて動けました。何だかやる気が出てきたんだと思います。
 私はこれが気に入っているんですよ。」
と笑いながら、アクティベーションの形に手を置いて見せます。

身体が軽くなったら気持ちも軽くなった・・・と何人もが言います。
遠くまで歩いてみたら歩けた・・・と喜んでくれます。
今は何も出来ない状況だけど、そのうちにきっと動けるようになるから、タイミングやチャンスを
掴んでと言うと、うんうん・・・と頷きながらそんな気がする!と言います。

仕事を探し始めた人、面接に行った人、ご自分も被災者なのにほかの被災者のためにボランティアを
始めた人、動き始めた人々の姿。やはり生きることは動くこと、と思いました。

私は力をもらいました、不思議ですね!と言ってくれます。
タマラのエネルギーは生きる力になります。
思いがけぬ災害にあい、今を生きることで明日へと続けているのでしょう。
先が見えない不安、余震への恐怖、甘んじて受け入れなければならない現状。
人の適応しようとする力も感じました。
様々な困難を乗り越えようとする人々の心、支援する人たち支え合う人たち、ひとりではないと
の思いがいつの間にか絆を作り、人々を守っているのでしょう。

いろいろと考えた郡山での活動でした。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】




郡山の避難所にて 3
郡山でのボランティアも、三日目になりました。
11日12日に会った人達に挨拶に行きます。
皆さんが笑顔で迎えてくれます。
グッスリ眠れたこと、背中や足や腰の痛みがなくなったこと、階段の昇り降りが
楽になり動悸が治まったことなど、話してくれます。

その人達に手を当てたりマッサージをしていると
「私もお願い出来るかな?」
と声をかけてくれます。
「これはいいよ。
これまでのマッサージとは違うよ。
やってもらったら、エネルギーを入れてもらうといい。
自分でできるようになるから、手があったかいよ!」
と自ら勧めてくれる人達もいます。

ひとりが受けると、周りが何事かと注意をするようです。
「楽になった、軽くなった、暖かくなった---」
などと聞くと、あちこちから手が上がったり、声がかかったりします。

やってほしそうだけど、手も上げられず声もかけられない人もいます。
見ているとわかるので、私達から近寄ったり声をかけたりします。

「良かった、やってほしかったんだけど。」
と笑顔になります。

避難所の会話では、不満を聞いたことがありません。
不安は口にしますが、皆さんの我慢が伝わってきます。
「どうしようも無いからな。」
私達に何もお礼ができないからと、配られたお菓子や飲み物を渡してくれます。
断っても「いいから、いいから。」と渡してくれます。

子供達の遊ぶ声が聞こえますが、多勢の人達が居ることへの配慮からでしょう、
大きな声や走り回る姿はありません。
幾つかの部屋に分かれているところもあります。
明るい感じの部屋には、必ずムードメーカーのような賑やかな明るい人がいます。
ひとり明るい人が居ることで、周りも明るくなっています。
その人の話に笑い声があがります。
その方が居ないと静かですが、帰ってくると自然に話が始まり部屋が明るくなります。

明るいこと、元気なことが周囲に素敵な影響を及ぼしていることを、改めて実感しました。

「今日は○○の温泉です。入浴時間は---」
と館内放送が伝えます。
「毎日違った温泉に入れるよ。」
「洗濯をしてくる。」
非日常と日常の会話が混じり合いながら聞こえます。

眠る時間や寝転がる時間が、どうしても多くなります。
「何もすることがないから。
家にいればやることはいろいろとあるんだけど、仕方が無いよ。」
自分の仕事や何かしら出来ることがあることの幸せや喜び、どこからも聞こえる声に
日常の生活が出来る当たり前のことの幸せを痛切に感じました。

「頑張るよ、ここで頑張るよ。
きっと、いつかは変わっていくから。」

おばあさんが私に向かって呟いた言葉です。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



郡山の避難所にて 2
郡山の二日目です。
なぜか、昨日とは違う空気を感じました。
何かしら沈滞した空気です。
昨日は活発だった二階に行きました。留守になっている場所が多く見られます。

「今は散歩に行っている人が多いんだ。
何もすることがないから、散歩だけはするようにしているんだ。」

皆さん、どこか口数も少ないようです。
昨日、アクティベーションを受けてくれた人達の所に行きました。
様子を聞いてみると

「いやぁ、良く眠れたよ。
身体があったかくて、グッスリ眠れたよ。」
とのこと、笑顔で応えてくれました。

昨日と同じように、マッサージから始めました。
ヒーリングという言葉には馴染みがなく、手を当てられるだけには違和感が
あるようですが、一度受けてくれた人達は受け入れてくれます。
誰に話しかけても、やはり同じように肩と背中の張りと腰や足の痛みを言います。


「ラジオ体操をするくらいだからなぁ。
畑仕事をしていた時は、こんな痛みはなかった。
動かないからだとは分かっているけれど、何をすれば良いのか---。
散歩だけをしてもなぁ。」

人間はやはり動くもの、動くから身体も保てるし、やる気も出るし、先の希望も
話せるのかもしれないと思いました。

たくさんの方たちと話をしましたが、過去の思い出話はほんの少しです。
先のことはほとんどの方が口にしません。
先の見通しがたたない今は、話せないのです。

「何もわからない、何も出来ない、いつ帰れるかわからない、話してもどうしようもない。」

今の状況をどうすることもできないもどかしさ、口しても言葉にしても空虚さを感じる、
避難所に居て生きていることには感謝だといいます。
ボランティアや福祉関係者や医療関係者の人達には、皆さんは本当に感謝を伝えます。

「食べ物はたくさんありますよ。」
確かにお菓子やジュースなどは、幾つも届いています。
しかし、本当に食べたいのはおにぎりよりも温かいご飯、カップメンよりも温かいみそ汁、
何でもないいつもの食事のようですが、誰もそのことを口にしません。

寝転ぶ人達がほとんどです。
避難所に居る人たちは生きています。
たくさんの人達の援助を受けて、生かされていると言います。
今を生きる為に、何もできないけれど、することがないけれど生きています。
生きることが大切だから、今は何もすることがなく出来ないけれど、生きていれば
きっと、そのうちに何か出来るだろう、ポロリと口をついて出た言葉が告げていました。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】

郡山の避難所にて
11日から,福島県郡山市の避難所にきています。
ビッグパレットには2000人程の人達が,原発の被災を避けて暮らしています。
昨日会った皆さんは川内東京富岡には住んでいるそうです。

「牛を飼っているので、家族全員で避難するわけにはいかず、息子と嫁さんが残って
牛の世話をしている。放射能が心配だけど、牛を諦めることはできないよ。
あそこに居る人はどうしようもなくて、牛を諦めた。
この先、どうなるんだか---」
と顔を曇らせていtました。

私は以前にやっていたリンパマッサージを活かして、ヒーリングと併せて行ないました。
避難所の皆さんに多いのは、疲れによる背中の張りと動かないことによる腸の働きの
悪さです。
肩から背中にかけてヒーリングをしながら軽いマッサージを繰り返しました。

次々に身体がほぐれていくと
「気持ちがいいよ、あんたの手はあったかいな。
私の手は冷たいからいつも辛くてな。」
と話してくる人達が多くいました。

「これは誰にでもできますよ。
やってみたいですか?」
「あんたみたいに出来るのなら、やってみたい。
出来るのかな?」

と興味を持ってくれます。
皆さんの毎日に疲れが出ているには「やることがない」ことも原因のようです。
新しいことや刺激を欲してもいるようです。

皆さんの求めに応じて、私はタマラのエネルギーが使えるように、アクティベーションを
していきました。受けたおじいさんがニコニコ笑いながら、私に言いました。
「これで、オレは帰ったら村の皆にやってやるんだ。
気持ちいいぞ!皆も喜んでくれるな。いやぁ、いいことだ!
あんたが来てくれて良かったよ。
手を当てるだけで温かくなるし、気持ちがいい。
こんな簡単なことで出来るようになるなんて、良かったな!」

この言葉が何よりも嬉しくて、私はそれだけで来て良かった!と思いました。
そして、自宅に帰ることを何よりも心待ちにしている心情を表していると思い、私はかける言葉が
見つかりませんでした。

鹿児島からはYさんとHさんが来てくれています。
横浜からも二人が日帰りで来てくれました。
郡山で状況を案じたSさんが奔走して、ボランティアで入る許可を得てくれました。
郡山の仲間と出掛けた私たちが次々とヒーリングとマッサージをすることで、
アクティベーションのギフトを受けてくれました。

その最中に、強い地震に襲われました。
その瞬間の恐怖! 多くの人たちが腰を浮かし、逃げる態勢をとります。
幸いに被害はなく済みましたが、まだまだ強い余震に怯える日々でもあると実感しました。
自分にヒーリングをしてくれているTさんに、とっさに毛布をかけてくれた人も居たと言います。
助け合い、支え合って、どうしようもない日々を明るく過ごそうと心掛けている姿。
私は滞在している間に、出来るだけ多くの人たちと話をしたり、ヒーリングやマッサージをしたい、
と強く思いました。

受けた人達が感想を言うことで、次々と受けたい人の手があがります。
時間いっぱい居て
「また、明日来ます。」と言う私に
「待っているから、明日はオレにしてくれよ!」
と笑顔で約束をしてくれました。

今日も皆さんの役に立てるように、頑張って来ます!





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



魂は成長を求める
魂は成長を求め 人間として生まれる

成長するには 様々な体験や経験を必要とする

数えきれないほどの気付きがあり

感情があり 感覚がある

悩みもあり 深い思考がある

気付き 考え 行動することによって体験や経験が為される

思考のない行動は浅く 成長は少ない

成長こそ魂の求めるところであり

成長こそ幸せにも成功にも繋がり 人間としての喜びをもたらすものだ

************************************

11日から14日まで、郡山の避難所(ビッグパレット)に、ヒーリングのボランティアで
行ってきます。お近くの方は、ぜひ、お出かけください。

コメントへの返信は、14日以降になります。ご了承ください。
現地の様子をお伝えできるように、頑張ります!


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】




欲張る
何かできる、もっとできる、もっと出せる
素直に 自分に欲張ろう
素直に 自分の人生に欲張ろう
そして、努力する

素直になれば 誰よりも一番
自分に期待している自分に気づく




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】
妬みも恨みもあるよ(北九州交流会のお知らせ)
『人間の中にはポジティブな感情も、ネガティブな感情も、全てが備わっている。
 全ての感情を知り、感情を味わって意味を知ることが成長に繋がるよ。』

そこを人間はやってこなかったのよね。
苦しい、辛い、寂しい、悲しい、傷つく、妬む、恨む、不安、失望、我慢・・・。
それでいっぱいになったら、生きていけないと思ったり、自分は何もできない
駄目な人間だと自分否定に陥ったりしてしまう。

『そんな感情からから逃げたくなってしまう、実際に逃げることもあるだろう。
 あまりの辛さや悲しみや寂しさを感じたくなくて、ついつい蓋をしたり抑えたり
 時には無いものとしてしまうこともある。』

うんうん。

『誰かへの嫉妬や恨みを感じる自分を恥じたり、いけないことだと決めてしまう。
 恥ずかしいと思うことも、いけないと決めることも、実は感情を抑えたり逃げる
 ことになってしまう。』

あるねぇ。

『その感情もあって当然なんだよ。
 感じて当然なんだよ、感じる心があるんだから。』

そうねぇ。

『恨んでも妬んでもいいんだよ。
 大切なのは、何を恨み、なぜ妬むのかを知ることだよ。
 そこには自分の思い通りにならないことが原因だったり、羨ましいと思うことが
 原因だったりする。
 本当の努力もせずに自分には出来ないと思ったり、自分で上限を決めてしまい、
 出来ると思い込んでいる相手を責めたくなったりする。』

そこを考えれば、何が原因で妬んだり恨んだりしているのか分かるよね。
結果として、ネガティブな感情は自分に原因があることが多いように思うけど・・・。

『そこなんだよ、自分に原因も結果もあることが多い。
 妬むのも恨むのも、自分が足りないと感じることで自分の今の状況や心境を知る
 大切な手がかりでもあるんだよ。
 だからとことん真剣に考えたら、自分の努力をするところや直したいところなどが
 分かってくるんだ。分かったら実行すれば良いことなんだ。
 それがネガティブな感情の存在する理由だよ。』

否定するものではないと言うことね。

『その通りだよ。』

ネガティブな感情だからこそ、考えることや教えてくれることが多いのね。
逃げたくなることもあるけれど、向き合ってみる。
そうすれば、きっと何かが変わってくると思うから!


*****北九州交流会のお知らせ*****

昨年秋に続いて二回目となる「北九州交流会」を開催します。

今回も創始者・タマラ 加藤憲子さんをお招きしています。
どなたでも参加できます。
お近くの方、近県の皆様、ぜひご参加ください。


◇日時:2011年4月17日(日)
    10:00~16:30(受付9:30~)
◇会場:ウェルとばた(JR戸畑駅横)
    〒804-0067 北九州市戸畑区汐井町1番6号
◇会費:3,000円(当日受付にてお支払いください)
◇申し込み:NPO法人タマラアソシエーション事務局
 E-Mail:office@tamara-healing-assoc.com
 TEL&FAX:03-3604-9422

お近くに駐車場(有料)もございますので、お尋ねください。

*************************




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】




心の闇を作らない
怒られて腹が立つことってあるでしょう?

『あるある!
 腹が立つことも怒りだよな。』

そんな時って、どうするの?

『腹が立っている相手にそのまま怒りをぶつけると、すっごい喧嘩になるよ。
 喧嘩をしてもいい相手なら、喧嘩をする。
 でも、喧嘩になると不味い相手だったり、喧嘩ができない場合は、自分が相手に
 対して怒っていることを自覚するんだ。自分の中の怒りの感情を知るんだよ。
 そうすると自分が何に対して怒りを持つのかが分かってくる。』

いわゆる「怒りの感情と向き合う」と言うことね。

『そういうことになるな。
 自分が悪かったと気付いて反省をすれば、怒りは当然のこと治まるよ。
 そうすれば、なるべく早くに謝るようにする。謝れば受け入れてくれることが多いよ。』

うんうん、怒りと謝罪は裏表のようなこともあるからね。
他には?

『自分の言いたいことや思いを分かってもらえずに、悲しかったり寂しかったりしたことが、
 怒りに変換したことを知ることもあるよ。
 怒りだと思っていても、中身や原因は怒りとは違うことがある。』

怒りの感情について考えたから分かったことよね。
原因を知ることって、やはり大切だと思う。
原因が分かったことで怒りのエネルギーは消えるから、何も残さなくてもいいでしょう。

『たまに、理不尽な怒りだと思うときもあるよ。
 その時には抗議するのが一番よいけれど、相手が認めなかったり、誤解していたり、
 頑固に思い込んで聞いてくれないこともある。
 そんな時には、理解したり分かってくれる家族や友人と話して、自分の正当性を認め
 ることで気が済んだりするよ。
 理不尽な怒りだと感じたら、自分の正当性をしっかり認めることも必要だな。』

それも自分の中に、怒りの感情やエネルギーを残さずに済むね。
 
『相手の虫の居所が悪くて八つ当たりで怒られた時もある。
 そんな時は、怒りの原因は自分じゃないから、ハァ~?ってな感じだ。』

その時はどうしたの?

『相手にしてもしようがないから、サッサとその場から逃げたよ。
 これこそ逃げるが勝ちだと思った。』

失敗して怒られたこともある?

『あるんだよな~。同じ失敗をすると余計に怒られる。そりゃそうだよな。
 自分のミスだとはっきりわかるんだから・・・。
 そんな時って落ち込みそうになる。実際に落ち込んだ時もあるしな。
 ダメだ、駄目だとクヨクヨして、自分を否定することも多かった。
 でも、いつまでもクヨクヨするのは自分が損をすることだと気付いた。
 だから自分で気持ちを切り替えるようにした。』

だからネガティブなエネルギーは残らなかったのね。
きっと、いつまでも怒り続けたり、落ち込んでクヨクヨする時間が長かったりすると、 
ネガティブなエネルギーがとどまり続けて闇になるのでしょう。
水が流れていれば腐らないけれど、淀んだり滞ってしまえば水も腐る。
エネルギーも本来は流れるものだから、水と同じに考えたら良いんじゃないかな。
怒りのエネルギーもネガティブな感情のエネルギーも、いろいろと考えて自分で納得を
すれば流れて何も残らない。
考えるよりもネガティブな感情だけを感じ続けていると、マイナスのエネルギーが滞る。
これが人間が作りだす心の闇のひとつ・・・そう言えるよね。

『もやついた気持ちを残したまま気持ちを切り替えようとしても、それは感情を抑え込む
 ことになって、知らず闇を作ることになってしまう。
 心の闇を作らないためには、その感情の元になる原因を考えて知ることや、納得する
 ことや、そのうえで気持ちの切り替えをすることだな。』

うんうん・・・お互いに頷きあっている。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】




庭の花壇
女の子のワラシが来た。
庭の花壇が気になるようだ。
春になったから、庭の花壇に花を植えたいのね。

『そうなの、プリムラとミヤコワスレの株をもらったでしょう。
 だから今年はプリムラを花壇にもっと植えたいと思って・・・。』

先日同じ町内の方と話しているうちに、その方の庭にたくさん増えたからと言って、
プリムラの株を2つとミヤコワスレの株をひとつ分けてもらい、花壇に植えたばかりだ。
女の子のワラシはそれを見てきたのだろう。

さっそくホームセンターに行き、プリムラなどを購入した。
花壇を掘っては、株を幾つも植えていった。
ワラシは植えた株にセッセとエネルギーを与えている。
水をたっぷり撒いて、ふたりで満足をした。

『お姉さん、あとは私たちも手伝うから・・・。
 きっときれいに咲いてくれると思う。楽しみだな。皆もきっと見に来ると思う。』

そうね、皆が来てくれると嬉しいな♪
春の暖かさに、桜の花もどんどん開いている。
もうすぐ春らんまんとなるだろう。

『お姉さん、自然はどんなに傷ついても崩れても、やがてはその場に草花が咲き、
 木が繁り実がつくようになっていくの。人間も同じだと思う。
 人間の歴史の中でも崩壊と再生は繰り返されている。
 人間も自分たちの力と知恵で、再生と発展をしていくの。』

そうね、私も人間の力を信じている。
これまでも地震や災害や津波や噴火などに遭遇しているけれど、必ず乗り越えている。
だから、今度の被害も体や心の傷も、きっと乗り越えていくと思うわ。
今、日本は自粛ムードが多いけれど、笑顔と元気を取り戻して明るさこそ力になると、
希望を持って復興に向くと思う。

『お姉さんも自分の出来ることをやっていくのでしょう。』

そうよ、長もそう言っていたのでしょう。

『うん、お姉さんが来るのを待っているって!』

分かった、ありがとうね、長に伝えておいてくれる?

『そうする! 今日は花壇ができて良かった♪』

ワラシはそう言いながら、植えたばかりの株にそっと手をかざした。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



充実してる?
まだまだだなぁ・・・と感じる

もっと何かあるよね

もっと出来ることがあるよね

先を視ているから 言えること

日々に考えているから 言えること

目指す思いがあるから 言えること

充実していなければ 焦りを感じる

充実していれば 先への希望を感じる

先を視ているから 今 出来ることを考える

今 出来ることが先に繋がるから 動いていく

動く先に 充実がある



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



天女の言葉
『一枝、どうぞ!』

優しい声と共に、にこやかな笑顔で桜の枝を持った天女が姿を視せた。
天女が来たのは、本当に久しぶりだ。
今年の桜は咲くのが遅いね・・・と夫と話した後だった。
天女の持つ薄いピンクの桜の花は見事に咲いている。

ありがとう!
天女が来るなんてめったにないのに・・・何かあったのかな?
私の思いを察したように、天女は少し顔を曇らせた。

どうしたの?

『実は・・・私たちが気遣ってもどうしようもないことなのですが、少しお姉さんに聞いて
 ほしくて、とうとう来てしまいました。お姉さんに話せば、少しは人間にも伝わるかと
 思います。人間界のことに口出しをするのではありません。良いでしょうか?』

天女が時折、人間界に姿を視せるのは知っているが、だからと言って人間と交流する
ことはない。天女を視ることができる人間はいないこともないが、以前に痛い思いを
している天女は姿を隠してしまうことが多い。

『人間は、なぜ自分の役目を果たそうとしないのでしょう。
 自分がやると決めてきた役目から逃げる人間の多いこと、それゆえに光がだんだん
 少なくなってきます。人間がイキイキとして役目を果たせば輝くのに・・・。』

天女の言葉を聞いて、私は絶句してしまった。
天女は自分たちの住む世界から視たことを言っている。
天気が良ければ人間の目には明るく眩しささえ感じる世界でも、天女たちから視れば
光の少ない世界に視えてしまう。

『私たち天女の役目のひとつに、イキイキと生きる人間を明るくする波動を送ることも
 あります。波動を受け取れる人間が多くなれば、もっと光が増えるでしょう。
 人間が自分でやりたくて決めてきた役目、ぜひ、やり遂げてほしいのです。』

自分の役目を知りたがる人は多いのよ。
私は、役目は自分で見つけることが大切だと思うの。
自分で「これだ!これをやりたい!」と思うから頑張るし、たとえ苦労をしたとしても
先に希望を視ることも出来るでしょう。
やり遂げる為の努力も惜しまないと思うのよね。
探すことに、見つけることに真剣になれば、自分がやりたいことだもの、きっとわかると思う。

『もちろんそうですね。
 役目を知りたいと思う人間が多いのなら、もう少し待ちましょう。』

天女の世界の「もう少し」がどれだけの時間をさすものなのか、私には分からない。
しかし、光が少ないと言う天女の言葉を、私は重く受け取った。

天女は私の持つ桜の花をそっと愛でるように触れると、ニコリとして衣を翻した。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



尼崎にて
バサッ!・・・音がしたので、私は窓の方を見た。
窓際に久しぶりに視る姿が在る。

尼崎で誘導瞑想を行っていた時のことだ。
参加の皆さんは、それぞれに得た答えについてグループディスカッションをしている。
私がそっと廊下に出ると、彼も察して廊下に移動してくれた。

久しぶりですね、鞍馬の天狗さん。

『姉よ、久しぶりだな。元気で何よりだ。』

おかげさまで・・・元気だから動けるしね。
今日は何かの用事があるの?

『姉がここに来ていることは通達があった。
 子天狗が姉の世話になっていることもあり、姉の顔も見たくなってな。』

来てくれてありがとう!
子天狗は可愛いけれど、世話をしているのは東の長よ。
私はほんの少し、二人の間にいただけよ。
まだ子天狗は東の長の所にいるのね、帰るのにはまだ時間がかかるのかな?

『長は本当によく面倒を見てくれている。
 子天狗はすっかり長の所が気に入っているし、一緒に修行をする仲間の居ることが
 子天狗の励みにもなっている。時折手紙が届くが、だんだんと逞しくなっているようだ。』

遠野も地震の影響があったでしょう。
長の所は大丈夫のようだし、ワラシたちは自然を守るために動いているから忙しいようね。
子天狗も手伝っているのでしょう。

『人間界とは異なるので、影響の在り方も違うからな。
 長の命令で必要な動きをしているようだ。ワシも一度様子を見に行こうと思っている。』

そうね、子天狗の様子も見たいでしょう。
きっと子天狗も喜ぶと思うわ。

『それで姉から長に、何か伝言をあれば預かろうと思ってな。何かあるか?』

ありがとう!
私は少し考えてから、東の長への伝言を鞍馬の天狗に頼んだ。

『承知!』

天狗は大きく頷くと羽を広げて去って行った。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



内の思い
自分の内に 耳を澄ませよ

一番確かなのは 自分の内からの思い

自分の魂からの 湧き上がる思い

内からの思いを知れば

そこから よくよく考えよ

それが自分の求める真の道となろう



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



幸不幸
『姉さん、人間には幸不幸があるよな。』

うん、両方あるよ。
どうしたの?

『今、震災にあっている人間は不幸かな?』

そうね・・・住む家を無くしたり、仕事を失ったり、家族を亡くしたり・・・。
いろんなものを無くしていると思うと、不幸だと言える。
でも命があることを思えば、幸せだと思う人が多いでしょうね。
家族と再会して喜び合う姿もあるし、探しても見付からない家族を諦めきれない思いとか、
これも幸不幸の両方を視せてくれていると思う。

『人間は幸不幸から、いろいろと学ぶところが多いだろうな。』

本当に、どこを向いても幸せがあれば、不幸も視るの。
この震災からは学び、考えることが多かったと思う。
まだまだこれからだけど、震災というショックから立ち直るのは私たちだし、被害に合って
いない私たちが元気に動いていかないと、立ち直るのが遅くなると思う。
誰もが思っているでしょう。
今、私に出来ること・・・私もそれをやっていくね。
不幸から学んだことのひとつずつを実行する、それが今の私たちに出来ることだと思う。

私は今日から大阪に行くの。
大阪で私のやりたいこと、出来ることを精一杯やってくるね!

『姉さん、そうだ、その意気だ! 頑張ろうな!』

そうよ、笑顔で頑張るの!

ワラシはニコリと笑顔を視せた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



心の闇
地震や津波で大きな災害を蒙った人たちも多い。
幸いなことに被害は受けたが、タマラの仲間の皆さんとその家族に、ひとりの犠牲者も
出なかったことに、心から感謝をした。

被害者の皆さんに疲れが出ている。
その中でも頑張って生きている、笑顔でこの困難を乗り切ろうとしている人たちも多い。
私も、タマラアソシエーションも、今の私たちにできることを考えている。

そんな時だった。

『姉よ、久しぶりだな。』

横を見るといかめしい顔つきではあるが、目には優しさを含んでいる仁王さんが立っている。
わぁ、本当に久しぶり! 来てくれたのね。
仁王さんは、私が生まれた大分県三重町内山にあるお寺の仁王像のひとり。
私が生まれてから、それとなく見守ってくれている。
私が見えない世界の仏界との繋がりに緊張を持っていた時に、分かるか分からないほどに
手を貸してくれて、私の緊張を解いてくれた。

『姉よ、人間には心の闇がある。それは姉も知っているだろう。』

私は頷いた。人間は、知らず心に闇を抱えている人たちがほとんどだ。

『人間のネガティブな感情は成長のために必要なものであり、人間性を磨いたり、思いやりを
 深めたり、感覚を鋭敏にしたり、豊かな感情のあることを知らせるためでもある。』

はい、ただ苦しむためにネガティブな感情があるのではないことを知っています。

『どんなにネガティブな感情が大きくても、感情の辛さや痛さや苦しさから逃げずに向き合えば
 きっと乗り越えられるし、感情のエネルギーは浄化されて残らないのだ。
 ところが向き合えずに逃げたり、感じたくなくて感情を閉じ込めたりすればネガティブなエネ
 ルギーは残り、時には凝縮されて濃くなり、それがやがては心に闇を作ってしまう。』

心に闇・・・心の闇・・・。

『そうだ、人間は闇を作り出したいのではないが、ネガティブな感情を心の底に沈めることで
 知らずに闇にしてしまうのだ。出来てしまった闇は、簡単に浄化できるものではない。
 溜まってしまうと、ネガティブな言葉を口にするときに、溜めている闇をエネルギーとして
 黒い塊として、口から吐き出してしまう。
 心の闇をネガティブな言葉や感情と共に吐き出していることに、人間は気付かない。
 人間が吐き出した闇は空間を漂い、新たな闇の塊を作ってしまう。』

私は頷くしかない。

『自分は浄化が出来ると思いこんだり、浄化をしているつもりの人間は多い。
 しかし、人間が作りだした心の闇のエネルギーは、人間の扱うエネルギーではなかなか
 浄化が出来るものではないのだ。
 それが出来ていれば、ここまで汚れることはあるまい。』

ため息が出る。
人間が心の闇を作らないことが一番必要ですよね。

『その通りだ。
 心に闇を作らないことだ。
 心に闇を作ることは、人間が自ら自分を汚すことになるからな。
 人間の心に溜まった闇は言葉として外に吐き出され、自然を汚したり空間を汚していく。
 自分を汚し、自然を汚し、空間を汚す・・・嘆かわしいことだ。
 今、この時代に生きている人間に出来ることは、心に闇を作らないことだ。
 姉はそれを伝えているが、もっと多くの人間に伝えることだ。
 姉の浄化の力を、もっと活かすことだな。
 そして、人間が自分の持っているものを最大限に活かすことを、もっと伝えていくことだ。』

そうですね、今この時代に必要だからこそのエネルギー、力、パワー。
もっとタマラのエネルギーを伝えていきます。
そして私に出来る、必要な浄化をしていきます。

仁王さんは言いたいことを伝えたとばかりに頷き、片手を上げた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】





プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。