あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉

人間には 言葉がある

気持ちを言葉にする

思いを言葉にする

考えを言葉にする

想いを伝えるのも言葉

行動することも言葉で表す

感情も 感覚も 言葉にすれば何かが伝わる

だから 誰かに 誰かと話せばよい

自分のために 誰かのために 

覚えておきたい何かを 伝えたいことを 書いておくのもよい

言葉は 人間のためにある


****************************

ブログをご紹介します。


【つながるLOLO日記】
http://lolositoa.blog97.fc2.com/

【Hiromasa’Room ~あるべき姿を求めて~】
http://nhiromasa.blog82.fc2.com/

【HAPPY WEATHER DIARY 小さな幸せ特急便】
http://happyweather8.blog119.fc2.com/


素敵な本をご紹介します。

「森のバイブル」(株)ヴォイス

たくさんの方たちに、ぜひ、読んでいただきたいと思います。

*****************************


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【メルマガタイトル】 魂に問う 答え
 【個別ページ】 http://www.mag2.com/m/0001194852.html



スポンサーサイト
良い出会い
良きかな

良き出会いは 互いを刺激し合う

刺激は互いを成長させる

良き出会いは 互いを思いやる

思いやることで さらに絆ができる

良き出会いは 互いを発展させる

発展させることで 更に出会いが広がる

ひとつの出会いが やがては幾つもの繋がりとなる



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



調子に乗る

『姉よ、Tとの会話は良かったな。』

大切な友人のTさんと夜中の電話でいろいろと話して、電話を切ったあと私は声をかけられた。

聞いていたのですか? と言う私にかすかな笑顔で頷いてくれた。

『調子に乗っている自分にすぐに気づき、それを恥ずかしいと思い、さらに忘れないように
 調子に乗らないように戒めにしていると話していたな。』

はい、Tさんも話していたように、あの場でTさんが調子に乗った瞬間は他の人たちには
分かりにくかったと思います。でも、Tさん自身が自分で気づき、すぐに反省と共に戒めと
して気持ちを切り替えた、こうなればTさんが調子に乗ることは少なくなるでしょうね。
私も調子に乗ることがあるので、私も自分自身の体験から戒めとします。

『調子に乗る瞬間と言うものは人それぞれだ。
 自分でその瞬間を掴まなければ、なかなか身に付かないだろう。
 Tのように調子に乗った瞬間を恥ずかしさと共に覚えておけば、忘れることはないだろう。
 それこそ、体験が役に立つことになる。』

本当にそうですね、年末になって貴重な話ができました。
来年に向けて、私もひとつの戒めとします。
良い年を迎えて、更に良い一年にするために今夜の話を活かします。

頷く私の肩に手をかけて、その方はふと微笑んでくれた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



自分のことが嫌い
ワラシたちが部屋で何やら動き回っている。
何をしているのか分からないが、私は私で自分の仕事をしている。
ワラシたちは見えない世界に在り、私は現実の世界で生きている。
だから私はワラシたちが居るとは思わずに生活をしている。
何気ない日常の時間、ワラシたちが居ても居なくても、私には変わらない日常の時間。

メールを読んで返信を書こうと考えていた私に、ひとりのワラシが話しかけてきた。

『お姉さん、人間って大変だな。』

うん?大変って何が?

『うちらは自分のことが嫌いだなんて、よほどの失敗をして大反省をしている時くらいしかないよ。
 でも、人間は自分のことが嫌いだって・・・何だか平気で言っているように聞こえる。』

そう・・・平気で言っているように聞こえるんだ。

『長が自分のことは自分で責任を持つものだって、いつも言っている。
 長は自分のことが大切だから、自分のことがイヤになるようなことはしてはいけないって・・・。
 だから大失敗をして自分のことがイヤになったら、もうそんな失敗をしないようにする。
 もう自分のことをイヤになりたくないから・・・。
 だから、うちらは誰も自分のことを嫌いだ、なんて言わない。
 うちらが自分のことをイヤになるのは、恥ずかしいことだと思うよ。
 でも、人間は大失敗をしたわけでもないのに、自分のことを嫌いだと言う。
 恥ずかしいとも思わずに平気で言っているように聞こえるんだ。』

そうなんだ。
でもね、人間も自分のことを嫌いだとは、本当は言いたくないんだと思うの。
自分のことを好きでいる方がよほど気持ち良いからね。
そんな人たちも本当は自分で思い描く好きな自分がいるのに、なかなかその通りにできない
自分の言葉や行動を、実は嫌っているんじゃないかな。

『なんだ、それなら、やればいいじゃない。』

うん、私もやれば良いと思うよ。
私の仲間や友人たちの中にも以前は「自分のことが嫌いだ」と言う人たちが居たの。
でもね、その人たちが変わってきた、自分のことが好きだって言えるように変わってきた。
嫌いと言っていたのが好きだと言えるようになったら、凄くイキイキしてきたの。
それが本当のその人の姿だと思うと嬉しいね。
その人たちの言うことが同じなのよ。
「やりたいことをやるようになった、言いたいことを少しずつ言うようになった」ってね。
やりたいことを行動に移すこと、実行することで変わってきたの。

『やっぱり、やりたいことをやるんだな!』

そう言うことね。
ワラシは頷いて走って行った。


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



ちょっとした会話
『集まって作ったな。』
『いろいろと考えたんだろうな。』
『考えたと思うぞ。』
『しかし、以前はあまり考えていなかったな。』
『うんうん、見ていてじれったかったからな。』
『それに比べると良くなったな。』
『やっと意味を見出し、意義を知ったんだろう。』
『意味や意義か?』
『何だか難しいことを言うなぁ。』
『だって・・・そう思わないか?』
『それは・・・そうだな。皆がやっと分かったか。』
『そう思うぞ、感じるものがある。』
『やっとか・・・。』
『やっとだな・・・。』
『良いではないか。』
『そうだ、そうだ、良いことだぞ。』
『うんうん、これで頑張れるだろう。』

あちこちで、うんうんと頷く気配があった。
残っていたケーキを食べたんだろうな(^^)



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】




考える
直感を受け取ったなら そこから考えることだ

直感だけで動いていては 浅いところにしか行きつけない

なぜなら そこには根拠はなく 対策もないからだ

考えるからこそ 本当に行きたい所に辿り着き 納得をする

思う ことと 考える ことは違う

考える ことを身に着けることだ



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



愛情
テレビでクリスマスキャロルを見ていた。

『姉よ、人間は愛情を複雑にしたり、おろそかにすることがある。
 愛情とは人間にとって、とても大切なものだ。』

そうですね、このクリスマスキャロルでも愛情について語っています。

『親子の愛情から始まって兄弟、姉妹の愛情、祖父祖母の愛情、夫婦としての愛情、友情なども
 交えた人間への多くの愛情など、様々なところに愛情を感じたり与えたり受け取ったりしている。
 人間を語るとき、愛情なくしては語れないだろう。』

テレビや映画や本など、どれも愛情が基本にあったり、愛情を求めたりする物語が多いです。

『人間は愛情を持っているが、実は人間が思っている以上に愛情とは自分勝手なものだ。
 例えば親子でも、親の与える愛情と子供求める愛情とは違っていたりする。』

たくさんあると思います。
親は子供を愛していると思っていても、時として、それは親が与えたい愛情であって、子供が求める
愛情とは異なっている場合がありますね。

『そうだ、だから子供は親から愛してもらっていないと感じることがある。
 親の方は、あんなに愛してきたのに、こんなに愛情をかけてきたのに・・・と思い、子供の求める
 愛情に気付かなかった自分の非をなかなか認められないことが多い。』

親子の関係がこじれている人に多いように感じます。
だけど、愛情に関してはなかなか話し合いができなかったりします。
クリスマスを機会に、お互いに想っていることを語るのも良いと思いますね。

『さてさて、大切な一歩をどれくらいの人間が分かろうとするかな?』

ちょっと苦笑を感じたのは・・・私の勘違いだろうか???



*************************************

        お知らせ

友人のダンサー・MaSaKo さんが舞台公演を行います。
久保田利伸さんのコンサートツアーでも、見事なダンスで久保田さんの歌をサポートしていました。
ぜひ多くの人たちにパワフルなダンスを楽しんでいただきたいと思い、紹介します。


Envoyer de MaSaKo公演情報

アンボワイエ ドゥ MaSaKo ダンスプロジェクト公演決定!!

今回で三回目を迎えます公演は、新たなメンバーも加わり進化して来年1月に前進座劇場で
公演を行うことになりました!!

今回はライブハウスを飛び出し劇場での公演となります。
内容もダンスに馴染みの無い方にも楽しんで頂ける内容になっておりますので是非
沢山の方に観に来て頂きたら幸せです。

再会とそして新たな一人の方との出会いを楽しみにしております!

一人でも多くの方にEnvoyer de MaSaKoを知って頂けたら幸せに思います☆
会場でお待ちしています!
                              MaSaKo
●日時
・2011年1月22日(土) OPEN/17:30 START/18:00
・2011年1月23日(日) OPEN/12:30 START/13:00

●会場
前進座劇場 、吉祥寺(最寄駅・JR中央線吉祥寺駅)

●チケット
前売り/\3500 当日/\4000(全席自由)
※席数に限りが御座いますのでお問い合わせはお早めに!!



チケットお問い合わせはこちらまで

envoyer_de_masako@yahoo.co.jp



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】
笑う

笑うことは 良いことだ

笑うと 気持ちも広くなる

笑うと 心も体も健康になる

笑うと 人は豊かになる

笑うと みんな明るくなる

笑うことは お互いの潤滑油にもなる



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】


誰かの役に立ちたい

『姉さん、人間もオレたちも同じだな。』

お客様がお土産に持ってきてくれたケーキを食べながらワラシが言うのに、そこに居た皆が
一斉に頷いた。中には食べる手を止めて頷いた女童もいる。
頷いたあとに、それから?というように、言いだしたワラシを皆が促した。

『うん、オレたちは自然を守るという役目があるから、当然役に立っていることは知っている。
 それにオレたちは姉さんが好きだから、姉さんの役に立ちたいと思っている。
 だからと言って姉さんがオレたちに、あれをして・・・これをして・・・と言うことはないぞ。』

うんうん、それから?

『それでもオレたちは何か姉さんの役に立ちたいと思うから、何ができるか探すぞ。』
『そうだそうだ、オレたちに出来ないことも多いけど、出来ることがあるかと探すぞ。』

私の知らない所でも何かしてくれているし、皆の気持ちがとっても嬉しいよ!

『それだぞ、オレたちの気持ちが嬉しいと言う姉さんの気持ち。
 姉さんが喜ぶことがオレたちは嬉しい、だから、また役に立ちたいと思うぞ。
 役に立つことができる、それがオレたちも嬉しいんだ!
 それが人間も同じなんだよな。誰かの役に立つことが嬉しいんだぞ、きっと・・・。』

そうなのよ、誰かの役に立つことは自分の喜びなのよ。
誰かの役に立ったと知った時「生きてて良かった!」と思うことがあるの。
大げさかもしれないけれど、誰かのために何かが出来てその人がとっても喜んでくれたとき、
生きている実感を覚えたり、自分がそこに居る意味を知ることもあるのよ。
だからと言って、現実的に私にはできないことも多いよ。
でもね、エネルギー的なことでは役に立つことができるの。
私のエネルギーを使うことで何かができる、誰かのサポートができる。
それは確かなことなのよ、だから嬉しい!!!

『今日の人間も同じことを言っていただろう。
 タマラを持ったことで誰かの役に立つこと、サポートすることができますね・・・って。
 その人に知られなくても、黙っていてもサポートすることができますねって。
 あの時な、あの人間は本当に嬉しそうだったぞ。
 声と顔に喜びが出ていた、だから人間もオレたちも同じだと思ったんだ。』

うんうんと頷くワラシたち、どこかで見ていたの?と聞く私に、ワラシたちは笑いながら頷いた。
お客様と私が話すとき、彼らは邪魔にならないように姿を見せないし、気配もさせない。
でも、彼らはどこかで私たちを見守っていてくれる。
それも私には嬉しいことだった。


*************************************

        お知らせ

友人のダンサー・MaSaKo さんが舞台公演を行います。
久保田利伸さんのコンサートツアーでも、見事なダンスで久保田さんの歌をサポートしていました。
ぜひ多くの人たちにパワフルなダンスを楽しんでいただきたいと思い、紹介します。


Envoyer de MaSaKo公演情報

アンボワイエ ドゥ MaSaKo ダンスプロジェクト公演決定!!

今回で三回目を迎えます公演は、新たなメンバーも加わり進化して来年1月に前進座劇場で
公演を行うことになりました!!

今回はライブハウスを飛び出し劇場での公演となります。
内容もダンスに馴染みの無い方にも楽しんで頂ける内容になっておりますので是非
沢山の方に観に来て頂きたら幸せです。

再会とそして新たな一人の方との出会いを楽しみにしております!

一人でも多くの方にEnvoyer de MaSaKoを知って頂けたら幸せに思います☆
会場でお待ちしています!
                              MaSaKo
●日時
・2011年1月22日(土) OPEN/17:30 START/18:00
・2011年1月23日(日) OPEN/12:30 START/13:00

●会場
前進座劇場 、吉祥寺(最寄駅・JR中央線吉祥寺駅)

●チケット
前売り/\3500 当日/\4000(全席自由)
※席数に限りが御座いますのでお問い合わせはお早めに!!
チケットお問い合わせはこちらまで【アンボワイエ】


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



やりたいことの出来る幸せ
やりたいことの出来る幸せ

それを感じることだ

やらないことは自分にとって不幸だと

後になって知ることにもなる

やっている途中には 山も谷もある

それでも そこを乗り越える幸せを 感じることだ



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】




鹿児島で出会った人たち

鹿児島でも多数の人たちとセッションで向き合い、アクティベーションを受けていただいた。
その時にビジョンで届いたり、知ったり、分かったり、感じたことも多い。

石のお店を経営している方、前に座ったとたんに前世の姿が視えた。
「この人・・・魔女だった!」
魔女のときに石のエネルギーを読み、人々に必要な石を与えたり、石を使った占いやヒーリングを
行っていた。そのときの能力の一端を持ってきており、今でも石の意味を読み取ることができる。
それを伝えると
「不思議なんです。
 以前は全く石には興味がなかったのに、10年前にいきなり石のお店をやることになりました。
 そうすると、勉強をした訳ではないのに、必要な石や意味が分かるのです。
 お話を聞いて、とても納得をしました!」
と話してくれた。アクティベーションをして、必要性を感じてもうひとつのエネルギーワークをした。
すると、その方のエネルギー体の手が全く変わり、石に被さっている不必要なエネルギーを
取り除くことができるようになった。
喜んで石を触ると、瞬く間に石の輝きが違ったり、少し色が変わったりして、石本来のパワーを
取り戻したようだと、とても喜んでくれた。

自分の能力を知り活かせることの喜びは、自分自身の中に在る能力を引き出したのだから
確実なことだし、自分で磨き上げながら高めながら過ごしているうちに自信となり、確実なもの
となっていくだろう。

能力が発揮できることは自分の役目を成し遂げたり、自分で決めてきた成功へと近づける
ものでもある。

手相を視ると言う人に、私も見てもらった。
「50歳のときに、何か大きく変わりましたね。」
そう、その通り! 私がタマラのエネルギーを自分の内に持っており、世界にタマラを広げる
役目のあることを知り、実行し始めたのが50歳のときだった。
「あなたはこんなにスピリチュアルなことをしているのに、実に現実的な生き方をしていますね。
 スピリチュアルな仕事をしていたり、好む人は現実的な生き方から離れようとします。
 それがあなたはスピリチュアルと現実の生き方は同じなのですね。」
と言ってくれた。

このように言われたのは初めてのこと、この人と出会ったことが嬉しかった。
私は現実の生活の中にこそスピリヂュアルは存在して、活かしていけると思っている。
この人の話を聞いたことは私の自信となり、更にやる気を出す励みになった。

本当に・・・どこにどのような出会いがあるのか、私には不思議でもあり喜びでもある。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】



能力や才能を引き出す


17日~19日まで、鹿児島に行ってきた。
鹿児島市で行われたイベントで多くの人たちと出会い、17名の人たちがタマラのアクティベーションを
受けてくれた。人生のサポートの力を手に入れて、それぞれの望む成功や幸せへと努力を続けるだろう。

仕事の発展を望む人、人生における役目や使命を果たしたいと望む人、健康でありたいと望む人、
家族の幸せや愛情を望む人、誰かの役に立ちたいと望む人・・・。
人それぞれの思いは様々だが、皆さんが希望を持って努力をすることを喜びとしてくれている。

あかね雲で霊視相談をしていると、時折、その人の前世や持って生まれた能力や才能や可能性などが
視えることがある。自分の才能や能力を知りすでに使っている人たちもいるが、まだほんの一部だったり、
ほとんど気付かずにいる人たちもいる。
まだ気付かずにいる人たちとは話を進めながら、「やりたい」ことへと導くことにしている。
その人の意識にはなくても魂は知っていることだから、話を進めることによって気付くことが多い。

能力も才能も使うために、活かすために、成長するために、役立てるために生まれ持っている。
しかし、使う人生を選択するのか、活かさない人生の道を歩むのかは、本人の選択に任されている。
能力や才能を活かし磨き高めるには、努力を重ねることが必要であり、成長し続けることで成される。

私に視えた能力や才能を伝えると、全員と言ってよいほど「やります! 能力を使いたいから頑張る!」
と顔を輝かせてイキイキとした表情を見せてくれる。
それは「自分にできること」を手にすることであり、ワクワクするものを感じたり、未来への希望を持つ
ことにも繋がるからだ。

そしてアクティベーションを受けると、いきなり能力の開花する人もいて、その人も私も驚きの喜びとなる。

タマラのエネルギーは能力や才能や可能性を引き出し、活かすサポートとなる。
アクティベーションを受けた直後からサポートの始まることを、改めて見せてもらった。
その人たちの今後の活躍が、私には大きな楽しみとなっている。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】





全ての感情を持っている

感情の全てを人間は持っている・・・以前にも聞いたことがあります。

『そうだ、全ての人間がすべての感情を持っている。
 人間の身体が必ず陰と陽で創られているのだから、陰陽の全ての感情が人間の中に在る。
 しかし、人間は自分の感情を押し殺したり、閉じ込めたり、無いものにすることさえある。
 だから、人間が持っている中で一番活かしきれていないのが、感情だ。』

感情とは、元々は素晴らしく豊かなものだと聞きました。

『そうだ、同じように動物や鳥などの生き物も全ては陰陽から出来ているが、必要でない感情は
 削られている。本能としての感情しかないのだが、動物はそれで足りるようになっている。
 しかし、人間は自ら成長を望むところから、欠かせないものとして感情を持っている。
 だが、人間としての長い歴史の中で、感情は時に厄介なものとして扱われたり、翻弄されて
 立ち直れないと思うことで、感情に自ら蓋をしてしまうことがある。
 これではせっかく持っている感情を活かせず、本当に望む成長も成し得ないだろう。』

私は頷いた。ワークショップや研修会で感情について何度も話したり、エネルギーワークを行ったり
しているからだ。

『姉の行う、感情のエネルギーワークをもっと活かすことだ。
 人間が持っている自分の豊かな感情を活かしていけば、もっと望む成功にも成長にも達するだろう。
 姉は、また研修会などで行うことだろう。今の人間は感情を深く感じることに慣れていない。
 もっと繰り返し話したり、行う必要がある。』

はい、分かっています。
感情がどれほど豊かで限りないものか、豊かな感情こそ生きていることを実感できるのだと伝えます。
伝え続けていきます。

私は自分の中に刻み込んだ。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】



必要なものは生まれながらに持っている
天は二物を与えず・・・と言うけれど、しっかりと与えられている人もいるよね・・・と考えていた。

『姉よ、与えていない訳ではないぞ。
 もっとも我らが二物を与えるのではなく、持って良いと許可をしているだけだがな。』

顔を上げると、目の前のソファに大きな方が座っている。
与えていない訳ではないと・・・どういうことでしょうか?

『我らは人間が成長するために必要としたものを持って生まれられるように、霊界において
 持つ許可を与えているのだ。ゆえに、全ての人間が自分に必要なものは持っている。』

生まれた時にすでに持っているのですね。

『持つようにプログラムされているのだ。
 しかし、どのように持っていても、それを活かす生き方を選択するのか、それとも
 違う選択をするのかは、本人次第ということになる。』

では、持っていないと思うのは、自分で活かす方を選ばずに生きていることになりますね。

『もっとも、それだけではない。
 姉も言うだろうが、無いものねだりをしてしまうこともある。
 持っていてもごく僅かだったり、本来は違う性質のものもある。
 それに何よりも活かす選択には活かすための努力が必要だ。』

やはり無いものねだりはありますか。
自分で無いものねだりをしていると分かれば、そこは諦めて有るものを活かしたいです。
大きなものを持っていればいるほど、驕らず傲慢にならず謙虚に努力を続けることが
必要ですね。努力なくしては成しえなかったり、身に付かなかったり、結局は活かさない
選択になってしまう・・・。

『その通りだ。
 全ての人間が持っていながら活かしていないのが、感情だな。』

感情ですか?

大きな方は頷いている。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。l【魂に問う 答え】



こんなこともある

ここ数日、私は肩を痛めて難儀している。
今日も朝から湿布を探し回っていた。

あるはずなのに・・・ない。
夫は「あそこにあるだろう?」と言う。
私も同じ所だと思ったので探したのだが無い、きっと、私がどこかに仕舞ったのだろう。
考えられるところを探してみたが、やはり見当たらない。

私は諦めてノートを開き日程の確認をした。
トイレに行って戻り、ふと開いたままのノートを見た。

すると、ノートの上に湿布薬が置いてある!
思わず目をこすって見直したが、確かにある。
あれだけ探してもなかった湿布薬が、こつ然とノートの上に現れた。

びっくりしたけれど、嬉しかった!
誰だかは分からないけれど・・・ありがとうね!!!


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


合わないし好きじゃない仕事
23年前に出会ったOさんは保険外交の仕事を続けている人だ。
「この仕事は、私には合わないのよ。
 どうしてこんなに合わない仕事を選んだのか、未だに分からない。
 この仕事はちっとも好きではないし、ノルマを言われて大変だし、いつ辞めようかと思っている。
 合わないし好きでもない仕事を、なんで私がやっているのか・・・変よね。」
ずっとそう言い続けていた。

そのOさんが久しぶりに我が家を訪れてくれた。
手には会社のカレンダーを持っている。

「あのね、もういい加減嫌になって嘱託にしてもらったの。
 無遅刻無欠勤で過ごしてきたのに、嘱託になったら10時前には出社しないの。
 陰であれこれ言われているのは知っているけれど、何を言われようといいのよ。
 だって私、仕事は誰よりもやっているもの。
 成績は人並み以上にやっているから、仕事をしていない人に何を言われようと平気よ。
 とうとう私もここまで来ちゃった!」

Oさんは私と同じ年齢だ。定年を迎えて嘱託になったと言う。

「合わない、好きではないと言いながらも、Oさんは定年までずいぶんと頑張ったよね。」

「今でも合わないと思っているし、こんな面倒な仕事は好きでもないわ。
 でもね、合わないと思うからどうしたら出来るようになるか考えたし、好きじゃないから
 人に迷惑を掛けたくないと思ってきた。
 合わない好きじゃないからできない、ダメだと思うのは当たり前でしょう。
 私はそれが嫌だったのかと、今は思うの。
 保険は人の役に立つし必要なものだと分かっている、だからやってこれたのだと思う。」

「会う度に、いつか辞める・・・と言っていたよね。
 それがどんどんキャリアを積んでトップになっていくんだもの、凄いと思った!
 それとね、好きじゃない・・・とは言うけど、嫌いだとは言ってないよね。」

「良く覚えているよね。
 うーん、好きじゃないとは言えるけど、嫌いとは言えないと言うか、言いたくないというか・・・。
 合っていると思うなら好きとも言えたかな。
 でもね、どうしても合っているとは思えなかった。
 今でもそうよ、合わないから頑張るしかないじゃない?
 だから陰で何といわれようとも、私は仕事として頑張るだけよ。
 これも、お客様のおかげね。あなたが言っている出会いがあるからだと思う。
 さて・・・来年のカレンダーを配ってくるね。」

「来年も保険の仕事をやっていくのね。」

私の言葉にOさんは苦笑しながら答えてくれた。

「うん、きっとやっていくと思う。やれば結果がでるんだもの。
 そうか、結果がほしいのね私は! 今更よね~。今日は話せてよかったわ。
 何だか久しぶりにスッキリした気分よ。ありがとう!」

「私こそ話せて良かった、ありがとうね!」

Oさんは笑顔で車に乗り込んで手を振ってくれた。
23年か・・・お互いにまだ若かったころの出会いを思い出し、努力を続けているOさんの
姿が私の励みにもなったことが嬉しかった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

19日(日)のポジティブマインドワークショップをご活用ください。

 <<< お知らせ >>>

◆ヒーリングワークショップ 『心と身体のケア』

身近な人、遠く離れた大切な人へ
祈りや想いや願いにより、エネルギーを届けることができます。
直接ヒーリング、遠隔の実践を通し、実感・体感してください。
タマラのエネルギーであなたの心と身体のバランスを整えます。

  【期日】2010年12月19日(日) 10:00~12:30
  【会場】かつしかシンフォニーヒルズ別館2階「メヌエット」
  【受講費】会員/2,000円 一般/3,000円 【講師】伊藤明子


◆ポジティブマインドワークショップ『来年を気持ちよく迎える為に、今できること』
   「発想の転換」、「手放す」をキーワードに進めていきます。

今年はどんな年でしたか?
一年を省み、考え方の癖を知ることから、発想の転換を行ないます。
才能や可能性を引出し、2011年のスタートを気持ちよく迎えてください。

  【期日】2010年12月19日(日) 14:00~17:00
  【会場】かつしかシンフォニーヒルズ別館2階「メヌエット」
  【受講費】会員/3,000円 一般/4,000円 【講師】伊藤明子


◆誘導瞑想 ~自分の中の答えを知る~

  【期日】2010年12月23日(木・祝日)10:00~17:00
  【会場】かつしかシンフォニーヒルズ別館
  【受講費】会員10,000円 一般12,000円 【定員】20名 【講師】加藤憲子


『 東京ワークショップ 』 『 誘導瞑想 』
 のお問い合わせ・お申し込みは、タマラアソシエーション事務局
(Tel/ Fax 03-3604-9422)までお願いします。
office@tamara-healing-assoc.com
http://www.tamara-healing-assoc.com



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】

タマラアソシエーションのインストラクターがメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。「本当の自分を見つける方法」



風見鶏

ここのところ、私が出かけることも多く、妖怪たちとゆっくり話している時間がなかった。
今年も残り少ないし、妖怪たちもそれぞれに正月の用意などで忙しいのだろうな・・・と
勝手に思ってもいた。 時折気配は感じるがすぐに居なくなるし、それぞれの世界で
それぞれの時間を過ごていた。

いきなりワラシのニカッとした笑い顔が視えた。
来たのね~と思っていると、手に何かを持っている。
それ、なぁに? 何を持ってきたの?

ワラシが両手に包んだものを差し出した。
そこに居たのは小さい小鳥のようなものだ。
初めて見るけど、私の知っている鳥とは違うみたいね。

ワラシは頷くとそっと私の手に乗せた。

『これはな、風見鶏だ。』

人間界で言う風見鶏って、屋根の上に置いたりして風の吹く方向によって向きを変える
作り物の鳥のことを言うのよ。でも、あなたたちの世界には本当に風見鶏っているのね。

『うん、この鳥は強い風が吹く方から前もって飛んでくるんだ。
 だから風見鶏が飛んでくると強い風が吹く前に、オレたちは風を迎える準備ができるんだ。』

そうなんだ、風見鶏って強風を知らせる鳥のことなのね。
この鳥は・・・まだ小さいのね。

『うん、まだ小鳥なんだ。
 この子は姉さんの所に置くことになるかもしれないぞ。』

ふーん、でも、どうしてこの鳥を私の所に置くことになるの?

『風見鶏は強い風が吹くのを教えるのもあるんだけど、流れを教えることも出来るんだ。』

流れを教えるって、どうするの?

『例えばだな、姉さんに向けて流れているものを教えたり、姉さんが乗るべき流れを教えることもある。
 風見鶏は風の流れを教える、風はいろいろな流れを作ったり押し上げたりもする。
 だから姉さんと約束をしている人間が望めば、風の向きによって来させることもあるぞ。』

そうなんだ、素敵な働きをする鳥なのね。
でも、私はこの鳥を視ることができるのかな?

『視なくても感じれば良いだろう。
 ふとした時に風見鶏の羽ばたきを感じれば、それで何かが分かると思うぞ。』

うーん、だったら私はもっと感覚を磨かなくてはね。また課題ができちゃった。

『この鳥はもう少し大きくなるまで、オレたちが育てるからな。』

この鳥って野生の鳥じゃないの?

『人間の言う野生の鳥とは少し違うぞ。だから姉さんは心配しなくてもいいぞ。
 風見鶏は風見鶏の役目があるぞ。それでこの小鳥は姉さんの役に立とうとしているんだ。
 だから喜んで迎えた方が良いぞ。この小鳥もそれを喜ぶ。』

分かった、ありがとう! じゃあこの子をお願いね。

『うん、その時が来たら連れてくるからな!』

ワラシは私の両手から小鳥を受け取ると、大事そうに包んで笑顔を視せた。
風見鶏・・・どんな鳥になって私の所に来るんだろう、楽しみ♪
でも、その前に私は自分の課題に取り組まなくてはね。



***************************************

<名古屋・講演会&交流会のお知らせ>

こんにちは、奥田小百合です。
タマラ・加藤憲子さんを名古屋にお招きして、講演会&交流会を開催します。
講演会のテーマは「親の役目とは何か」です。
オギャーと生まれてからの乳幼児期、いじめ、ひきこもりなど子供が悩み成長する
いろんな場面での親の役目とは?
午後から交流会もありますので、知りたいこと、疑問に思っていることをゆっくり
じっくり聞いてくださいね。
楽しい時間を過ごしましょう!

*日時:2011年1月16日(日)☆講演会10時~12時 ☆交流会13時~16時(受付は9時30分より)
*場所:ウインクあいち(名古屋駅ミッドランドスクエア裏)
    11F 会議室1109(アクセス)http://www.winc-aichi.jp/access/
*参加費:3,000円(当日受付にてお支払いください) ☆交流会のみの参加は2,000円になります。
*お申し込み・お問い合わせ先:奥田小百合 sayurimamasuteki@hotmail.com
*2011年1月10日までにお申し込みください。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】

タマラアソシエーションのインストラクターがメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。「本当の自分を見つける方法」


趣味ということ
伊豆に住む、大好きな家族と一緒に過ごしてきた。
最初はお客様として我が家を訪れてくれたことがきっかけで出会い、大切な友人
となり、今ではお互いに家族と同じようなお付き合いをしている人たちだ。
自然の多い所に住むKさん一家は、毎日を本当にイキイキと過ごしている。

Kさんたちと話している時に、趣味が話題になったことがある。

「ねぇ、趣味って何かある?」
私の問いに、Kさん一家は揃って一瞬黙り込み、考え込んでしまった。
そして、Kさん一家が一様に発した言葉がある。

「趣味と言われると・・・皆さんが言うところの趣味は・・・ないなぁ。」
「そうね、私には仕事と趣味は同じかもしれない。
 お店のことでも他のことでも、やりたいことをやりたいようにやっているしね。
 毎日私は自分のやりたいことをやっているから、趣味と言われても思い浮かばない。
 仕事についてもやりたいことについても、悩んだり迷ったりすることは多いけれど、
 いつもそのことを考えているから、他に遣り甲斐を求めないかもね。
 仕事を頑張る、努力をする、そうすれば当然そこに楽しみも喜びも感じるから、それで
 納得をするし、良い意味での自己満足もある。
 だから、特に趣味としては考えはないんじゃないかな。」

「オレもそうだと思う。オレの仕事や物作りを『大変ですね。』と言う人もいるけれど、
 オレ自身は大変だとは思わないし、楽しんでやっているからなぁ。
 趣味と考えたことがないかもしれない。」

うんうん・・・と家族は揃って頷いている。

「もしかしたら、仕事に満足できていない人や、仕事にやりがいを感じていない人が、
 仕事以外のものに生き甲斐や遣り甲斐や、慰めを見つけたいのかもしれない。
 それを仕事と切り離して、趣味と言いたいのかもしれない。」
 
「趣味って、楽しいとか癒されるとか面白いだとかで済ませることもできるよね。
 嫌になればいつでも止めることができるし、趣味だからと言うことで安易に考えたり
 受け取ったりすることもできる。 
 悪いことではないと思うけれど、趣味という言葉で済ませることって中身は薄いかも
 しれない。何事かをとことんやりたい、極めたいとなれば、趣味とは言いたくないよね。」

趣味・・・と言うことについての考え方もあるのだろう。
本当にやりたいことを趣味と言われれば、そこに違和感を感じるだろう。
趣味について考え、話し合った時間だった。


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】

タマラアソシエーションのインストラクターがメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。「本当の自分を見つける方法」



変わっても、戻るのは一瞬

人間は「成りたい自分になる」ために、変わりたいと思い、変わる努力を続けるものだ。
しかし、本質からガラリと変わるには、それまでの自分の癖を全て捨て去るくらいの、
相当の勇気と覚悟が必要だ。

どんなに変わったと思っても、ふとした瞬間に元の自分に戻ってしまう。
元に戻った瞬間に、それまでどんなに変わる努力を続けていても、自分でその努力を
水の泡にしてしまう。
変わった・・・変わってきた・・・変われた・・・その思いが油断となり隙となり、何か元の自分に
触れた瞬間に、簡単に戻ってしまうことを知っておくことだ、覚えておくことだ。

簡単に元の自分に戻ってしまうほど癖というものは染みついてしまっており、洗い流せる
ものではない、ということを自覚しているからこそ、変わる努力を続けようとする。
元に戻ったことに早く気付けば気付くほど、成りたい自分になる努力を始めるのが早くなる。

成りたい自分になるためには、日々変わり続ける努力をすることだ。
変われた自分を知ればその瞬間は喜び、そして今の自分から退かないように戒めることだ。
瞬間の喜びは変わり続けようとする自分への励みになる。
戒めは元に戻らないように自分に言い聞かせる言葉となる。

「成りたい自分になる」喜びを、積み重ねていくことだ。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


出来事

生きている! それを実感できることが何よりも大切なことだ。

苦楽ともにあるのが人生であり、悩み苦しむ時間も喜び幸せを感じる時間も
人生には必要であり、その為の出来事は欠かせないものとなっている。

ただ軽く生きることもできるが、軽さはいつしか傲慢や驕りを身につけてしまう。

自分の人生に何も求めなけれぱ、或いはそのままに流れ過ごしてしまうかもしれない。

しかし、魂が成長を求めるならば、気付く為の手痛い出来事に直面することもある。

これに正面から向き合うことで、自分がこれまで生きてきた年月で身についてしまった
ことを省みて、深い反省とこれからの自分の姿勢を正すべきことが分かるだろう。

姿勢を正すことを実行した後に、手痛い出来事が実は大きな学びだったことを知るだろう。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。 【魂に問う 答え】

タマラアソシエーションのインストラクターがメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。「本当の自分を見つける方法」



挨拶の言葉と行動
悪(ワル)・・・と言われた工業高校が見事に生まれ変わり、就職率100%の学校になった、
という話がNHKで取り上げられていた。
おそらくそこには生徒だけではなく、先生たちが自ら率先して変えた姿勢があるのだろう。
変えたこと、それは「挨拶」だと言う。
はっきりした声と言葉とお辞儀をする挨拶、思いと行動が一緒になったことで姿勢が
違ってきたのだろう。

挨拶って基本なのよね・・・そう思っていた私に声をかけてきた方がいる。

『そうだ、挨拶は生活をする上でのもっとも簡単であり、単純であり、思いを通わせる
 ものでもある。姉も幼い時から言われ続けてきただろう。』

もちろん、両親からも言われていましたね。
小学校では「あいさつをしよう」と書いた紙が、黒板の上に貼ってありました。
朝の「おはよう。」から寝るときの「おやすみなさい。」まで、挨拶は生活の中にしっかり
ありますね。日本には食事の前に「いただきます。」終えたら「ごちそうさま。」という食事を
することに対しての挨拶がありますよね。
でも、海外では祈りの言葉が代わりになっていることに気付きました。
これも食事ができることに感謝の気持ちを持つことで、大切な行動だと思いました。

『言葉もあり、行動もある。
 お辞儀、両手を合わせる、握手をする、ハグをする、鼻を付け合う、頬を寄せる、など
 国や習慣によっても異なるが、どれも相手を大切に思い敬う自分の気持ちを伝える
 手段になる。その意味を知っていれば、自然と挨拶の必要性も大切さも分かってくるだろう。』

しっかりした挨拶は姿勢を伴いますね。
だらしない姿勢では声も小さくなるし、どこか投げやりに感じたりもするでしょう。
気持ちのこもらないおざなりな挨拶では、気持ちも思いも通じませんね。

『初対面の挨拶は、自分を印象付けるうえでも重要だし、相手の挨拶の仕方で自然と判断を
 してしまうこともある。しっかりした挨拶、はっきりした挨拶、心のこもった挨拶は受ける方も
 気持ちが良く、挨拶をする方も気持ちの良いものだ。』

悪・・・と言われていた高校が変わったのが、全校で挨拶に取り組んだ結果だということ、頷けますね。

『皆、良い顔をしていただろう。』

そうなんです。
挨拶をしている高校生の皆さんが、しっかり相手の目を見ていました。
学校に向かうタクシーの運転手さんにも、ちゃんとタクシーを確認してお辞儀をして挨拶をしていました。
学校に用事のある人を送り迎えをしてくれることに感謝をする、と言うことでした。

『意味のある挨拶だと知っているからだ。』

意味のある挨拶・・・そうですね。
行ってきます、行ってらっしゃい・・・出かけている間の無事を願っています。
ただいま、おかえりなさい・・・無事に帰ったことへのお互いの安心が含まれていますね。
ありがとう・・・は感謝だし、ごめんなさい・・・は謝罪だし、日常の中で自然に口にしている挨拶だから、
相手への思いを伝える言葉として、行動を伴った挨拶を大切に考えたいですね。

『日々の生活の中にこそ、生きている意味があるぞ。』

私は深く頷いていた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】

タマラアソシエーションのインストラクターがメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。「本当の自分を見つける方法」



人生に求める幸せ
人間が人生という道を歩き続けるのは 

真剣に 本気で 生きることによって成長することを望むからだ

人間は幸せを求めて生きているように思いたがるが

真剣に生きるからこそ 幸せを感じることができるのだ

人生には確かな重みがある

ただ幸せを求めるだけなら 人生は薄っぺらな軽いものでしかなくなる

真に人生を楽しみ 本当の幸せを求めるならば

魂の求めるところに向かって真剣に生きれば良い

悩み迷い考え 本気で生きれば良い それは成長に繋がる

そうしてこそ その時々に本当の幸せを感じられる 人生においての幸せを感じられる



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】

タマラアソシエーションのインストラクターがメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。「本当の自分を見つける方法」



疲れたとき
優しい 美しい、可愛い、見ていて幸せになるもの

慰めたり 和ませたり 癒したくなるときに 身近に置きたくなる

温かい 柔らかい 滑らか 手触りが良い いつまでも手にしていたい 包まれていたい

心が疲れたとき あなたのために 誰かのために

体が疲れたとき あなたのために 誰かのために

そっと そこに誰かが 何かが あることに気付くことがある



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】

タマラアソシエーションのインストラクターがメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします「本当の自分を見つける方法」




恋をする

恋をする・・・そのことについて聞いてくる人がいる。
聞きたい気持ちは分かる。

本当にこの人で良いの?
この人は私のことを想ってくれているの?
電話やメールをしても良いと思う?
プレゼントをしたいんだけど、どう思う?
このまま恋が続きますか?

気持ちは分かります、分かるけれど、これは私の答えることろではないのです。
なぜなら・・・恋をしているのはあなただし、あなたの想いが一番大切でしょう。
ご自分の想いで動くのが一番大切なのですから。
恋を続けたかったら、成就させたかったら、恋が続くように努力をすることも必要です。
相手に想ってほしかったら、ただ甘えるだけではなく想われるような努力が必要です。
恋人が何を楽しみ、何を好み、何が嫌いなのかを知る気遣いも必要です。
恋にも努力は必要なのですよ。

ニポが恋の話を聞いていて、言った言葉があります。

『恋はね、自分の想うようにすれば良いことよ、それが大切なんだから・・・。
 恋こそね、好きにすれば?!・・・と言うところよ。
 恋はね、本当に恋をしている人の好きにすれば良いのよ。
 お姉さん、恋の相談なんていうのはね、恋をしている自分の想いを聞いてほしいだけなのよ。』

本当にそうだと思う、恋をしている皆さん、ご自分の想いを大切に思いっきり恋してくださいね!


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】

タマラアソシエーションのインストラクターがメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします「本当の自分を見つける方法」



顔の表情

私の目は、一眼瞼で少し小さい。
二重瞼でクリッとした素敵な目に憧れていたが、今はないものねだりと諦めている。
それでも年を重ねるごとに重くなってくる瞼に、話すときには少しでも大きく目を開こうと
鏡の前で目を見開いたり、眉を上げたりしていた。
すると、可笑しそうな波動が伝わってきた。
私が振り向くと、豊かな体ににこやかな笑顔の方が立っている。

わぁ、お久しぶりです。

『姉よ、鏡の前ですね。』

見ていたのですか、何だか恥ずかしいですね。
年を重ねて、また目が小さくなってきたようなので、少しでも大きく見せたいと目を見開いて
いました。瞼も下がってきますから・・・。

『目は顔の中でも気持ちを伝える大切なところですからね。』

そうですよね、諺に「目は口ほどにものを言う」とあります。
友人同士や車の運転をしている時、挨拶をするときなどアイコンタクトをとって、お互いの意思を
確かめ合うこともありますからね。

『人間の顔は、実に豊かな感情を表現できるように、表情筋という他の動物にはない筋肉が
 備わっています。血管も神経も他のところよりも多様にあるのです。』

それこそ、表情豊かに話すその方のお顔を、私はじっと見つめていた。

『顔の表情が豊かで身振り手振りが加わると、言葉の他にも伝えられるものが多くなります。』

はい、私も人の表情を見て、その人の気持ちを知ることも多くあります。
せっかく備わっている表情をもっと活かせたらと思います。

『人間の表情は、自分でも気づかない心の奥を覗かせることもあります。
 それを知られたくない、隠したいとの思いから表情を無くしたり、ポーカーフェイスで表情から
 気持ちを隠そうとすることもありますね。
 それは、わざと顔の筋肉を動かさないようにすることであり、時には必要なこともあるでしょう。
 しかし、感情を閉じ込めていると、顔の表情も乏しくなります。
 せっかく備わっている豊かな表情を表すことがない、もったいないことです。』

感情を閉じ込めると、表情が乏しくなるのですか?

『そうです、感情が少ないのだから気持ちを外に出すことも少ない。
 したがって表情も乏しくなり、人間としての魅力も乏しくなります。
 何といっても笑顔を初めとする豊かな表情は、それ自体が人の魅力になりますから・・・。
 表情筋も使うことによって、更に豊かな表情と感情を表現することができます。
 魅力的になりたいと思う者は、表情を豊かにするように心がけることです。
 それは、本当の自分の気持ちや感情を知ることにも繋がりますよ。』

うーん、感情を豊かにする、感情を知る、私が皆さんに伝える大きな課題でもあります。

『それは良いことです。
 人間にはすべての感情が備わっています。
 どのような感情でも、その時の感情を知ることが成長にもなりますから。
 どのような感情がどのような表情として現れるのか、自分で確かめるのも良いことです。
 姉のように鏡を使って見るのも良いですよ。
 自分の感情を知るように表情も意識する、やってみることです。』

そうですね、私も感情を知って表情を豊かにできるように努めます。

その方は、私に豊かな笑顔を向けてくれた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします【魂に問う 答え】

タマラアソシエーションのインストラクターがメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします「本当の自分を見つける方法」



失敗
失敗したことについて話した日のことだった。

『オレたちだって失敗することはあるぞ。』

ワラシたちが何人か集まってきた。
そうよね・・・妖怪たちだって、すべてが成功とはいかないよね。

『あったりまえだ、失敗することも成功することもあるから、一所懸命にやるんだぞ。』
『そうだ、そうだ、成功するのが当たり前だったら本気にならないぞ。』
『長から言われているよ、失敗こそ学びの場だって・・・失敗するから覚えるんだって・・・』
『そりゃな・・・失敗して叱られることもあるぞ。』
『うんうん、私も叱られたことがある。長が叱ると怖いんだ。』
『オレも叱られたことがあるぞ。
 オレたちの仲間で、長から叱られたことのないものはいないんじゃないか?』
『なぁ、失敗してどんな時に長から叱られた?』

一人のワラシの質問に、ちょっと皆が考え込んだようだ。

『私は・・・自分が失敗したことをごまかそうとしたときに叱られた。』
『オレも・・・失敗を黙っていたときだ、誰がやった?と聞かれたのに返事をしなかった時だ。』
『オレは、ダメなものはダメなんだから仕方がないぞ・・・と平気に思っていた時だ。』
『私は同じ失敗を繰り返した時だ、あ~あ、またやった・・・と思った時に叱られた。』

うーん、皆の話だと、叱られた原因は失敗したことじゃなかったようね。
ワラシたちは一様に頷いている。

長の言う『失敗は学びの場』と言うことをしなかった時に、叱られたみたいね。

『うん、そうだ。』
『それと・・・失敗したくないから、やりたくないと思ったときもあるけど、そんな時こそやれ!と
 長から言われた。やってみなければ失敗するか成功するかは分からない。
 自分で失敗すると決めつける方が違っている、失敗して痛い思いをするから覚えるんだ、
 とも言われたぞ。失敗して反省して学ぶから、次は成功するように動くんだと言われた。』
『私が同じ失敗をしたのは、すごく軽く考えて痛いと思わないし学ばないから繰り返したって・・・。』

私たち人間も、失敗したくない・・・と思うから動きが鈍くなったり遅くなったりするの。
私も覚えがあるんだけど、そんな時って後になって「あの時やっていれば・・・」なんて後悔するの。
すると、すっごく後味の悪い気持ちになってしまう、だから考えてやろうと思ったら、いろいろな
場面を想定してやってみる。
ある人が言っていたの。
「100想定して対策を考えても、それ以外のことが出てくることもある。だから学べる」ってね。

『うん、長も同じようなことを言っていた。
 だから失敗しても良いんだって、成功したかったら失敗を怖れずにやってみろってな。』

そうね、私たちも良く言ったり耳にしたりする言葉よ。
言葉としては知っていても、踏み切れない人たちもいるってことね。
よし、お互いに頑張ろうね!

うん!うん!うん! とワラシたちは一斉に頷いた。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】


タマラアソシエーションのインストラクターが発行しています。
まぐまぐ「本当の自分を見つける方法」



自分の能力を知る
自分の能力には 忠実である方が良い

過大評価は傲慢になり

過小評価は卑屈になる

自分の能力を知りながら 謙虚である方が 能力を最大限に活かせる

能力に忠実であるためには

何かを行ったときに事態を省みて 我が身を引き締めることだ

成し遂げた喜びを感じるのは良い

そこで調子に乗ったり 浸ったりすると 自分の能力への判断を誤る

自分の能力を知るには

その時に出来たことは出来たと知り

その時に出来なかったことは 出来なかったと認めることだ

その繰り返しが自分の能力について忠実となり 

能力を伸ばすことにもなり

やがては自信になっていく



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】





闇の動き

大風が吹き荒れた、風の中で大きな闇が動いていた。

『姉さん、また大きく闇が動いたもんだな。』

闇が動くとすっかり静かになる妖怪たち、彼らが闇に触れると風になって消えてしまう。
だから大きな闇が動いている時には、妖怪たちが我が家を訪れることはない。
闇の動きが収まって、やっと動けたようだ。

そうなの、どれくらいの人たちが闇の動きの影響を受けてしまったのか・・・。
私も昨夜は眠れなかったからね。

『そうか、姉さんもなのか。
 そうだよな、姉さんの感覚があれば闇の影響は分かるよな。』

敏感な人たちや感覚の鋭い人たちは影響を受けるだろうし、そんなに敏感ではない
人たちも、どこか不機嫌になったりイライラしたりした人たちは多いと思う。
私は自分否定に陥ったからね。何も出来ていないとか、私はダメなんだとか、全くの
ネガティブ思考になってしまうの。

『それで姉さんはどうしたんだ?』

ネガティブがどんどん進むので、変だな?と思ったの。
それに変な疲れ方をしてきたのよ、だからおかしいと思ってみたら闇だった。
それで考えるのを止めたの、もう寝よう・・・ってね。
気持ちよく眠るための動きをしていたら、いつの間にか眠っていた。

『姉さんは闇だと分かったからネガティブから抜け出せたけど、闇はやっかいだな。』

そうね、いつもはないネガティブさや、しつこい自分否定が続いたら、変だな?と自分に
問いかけて、そこで考えるのを止めることね。返って他の動きをした方が早く抜け出せるの。

『闇はいつ動き出すかわからないからな。』

あなたたちも闇に触れないでね。

『うん、オレたちは何となく前兆を知ることができる。だから自分を守るんだ。』

そうか、前兆を知ることができるのね。
じゃあ、大丈夫なんだ、良かった。

ワラシたちは私を安心させるように頷いていた。


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】



直感には意味がある
『姉よ、人間は直感を安易に考えすぎているところがあるぞ。』

いきなり声を掛けられた。
直感を安易に考えすぎていると・・・どういうことなのでしょうか?

『本当の直感とは、自分の目的や目標や、やりたいことについて考えたりイメージを持ったり
 する努力をしてこそ、受け取ることができる。
 直感には意味があり、真に必要なことについて、自分で自分に教えるものだ。
 安易に都合の良いように表れるものではない。
 人間は何もないところからでも、直感は表れると思っている者が多い。
 本気で思い、真剣に考えるからこそ自分の中にある答えや導きを、直感として受け取る。
 そうでなければ、ただの思い付きにすぎない。そこを勘違いしている人間が多いぞ。』

そういうことなのですね。
直感のままに動いてうまくことが運ぶ・・・と思っている人がいるのは事実です。

『どうでも良いようなことは、何も考えずとも直感のままに動けば、うまく運ぶこともあるだろう。
 しかし、そのようなことだけをやっていては、本当の目的には辿り着けぬ。
 軽い上っ面だけのことしかできないだろう。
 それで満足をするのなら、それだけのことでしかないな。』

軽い上っ面だけということは、 自分の人生について、本当のところに気付かないままに、
知らないままに過ごしてしまうことになるのでしょうか?

『そういうことになる。
 直感を受け取るには本気であることが必要だし、直感を受け取ったならば、それを実行に
 移すために真剣に考えることだ。直感を活かすように考えることだ。
 直感と思考と実行があってこそ、自分の成し遂げたいところへ辿り着く。』

直感は自分で自分に教えるものですね。
神様から与えられると思っている人もいるようですが・・・。

『我らはそのようなことはせぬ。
 それでは人間の成長を促すべき我らが、人間の成長を邪魔するようになるではないか。
 人間の成長は自分に責任のあることだ。我らは成長を促し見守ることをする。
 人間とは・・・自分に都合の良いように考えたがるものだな。』

その方から苦笑の波動が伝わってきた。



**************************************

<東京・タマラエナジー体験交流会(3)>


スピリチュアルなことから日々の暮らしのことまで

知りたかった「本当のこと」を聞こう、話そう!

「タマラ・加藤憲子さんを囲む会」

●と き:12月11日(土)13時45分より16時45分(受付は13時30分より)

●ところ:かつしかシンフォニーヒルズ 別館1階・和室「ひびき」


こんにちは、佐藤礼子です。

毎月1回、東京・葛飾でタマラエナジーの体験交流会(個人主催)を開いています。
12月の今回は、タマラ・加藤憲子さんをお招きして
私たちの生きているこの世界のことや、ブログ「あかね雲」に登場するような、
見えない不思議な世界のこと、スピリチュアルなことなど
知りたかった「こんなこと、あんなこと」を、楽しく語り合いたいと思います。

どなたでも参加いただけます。師走のひととき、お誘いあわせてお出掛けください。


*参加費:1,000円 ☆お茶とお菓子ご用意します ※お支払いは当日受付でお願いします
*定 員:~45名  ☆9日(木)までにお申し込みください。定員になり募集終了です。
*お申し込み・お問い合わせ先  佐藤礼子  bluebean@g-duplex.bias.ne.jp
*タマラエナジー体験を希望される方は、お声を掛けてください。
*ヒーリングの実践はワークショップに参加をして、お楽しみください。


****************************************


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】



思っていたのに・・・
思いのままに生きること

それは自分の思いを大切にしながら 望むところへ向けて動くこと

思っていても 動かなければ何も前に進まない

時々 誰かが口にする

「・・・思ったのに・・・」

これはやらなかったことへの自己弁護の言葉ともなる

「・・・思っていたのに・・・」

この言葉を言うだけでやらなかったことへの言い訳となる

思っていたのだから やろうとは思ったのだから 思わないよりは良いかもしれない

自分の気持ちを軽くしたいだけの言葉となる

「・・・思っていたのに・・・」

この言葉を使うのなら「やらなかった」失敗を繰り返さない反省の言葉にすることだ

思うから 思ったから実行することを身に着けていくことだ



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


まぐまぐからメルマガを発行しています。
登録はこちらからお願いします。【魂に問う 答え】







プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。