あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族の意味

父と母と そしてあなたがいる

そこに生まれたことには 大きな意味があり

そこから受け取るものにも 大きな意味がある

あなたが与えるものにも たくさんの意味がある

兄がいて 弟がいて

姉がいて 妹がいて

そしてあなたがいることにも 深い意味がある

今の在り方をありのままに感じて

ありのままに考えて

家族としての在り方を 意味を 自分に問うてみよう

すぐに出る答えもあれば

時間をかけてやっと出る答えもある

答えを知らないままに過ぎることもあるだろう

しかし まずは自分に問うてみることだ





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

スポンサーサイト
求める

『姉よ、人間は人間を求めるものだ。』

人間を求める?

『そうだ、姉も覚えがあるだろう。』

私も人間を求める・・・そうですね。
誰かと出会いたい思いもそうだし、仲間として一緒に居てくれる人の存在は嬉しいし、
家族や友人の存在も必要だし・・・私に言葉をかけてくれる大切な存在の人もいます。
本当に私も、人間を人を誰かを求めています。

『人間とはそうあるものなのだ。
 どうしても一人で居たいと思う時は、山や木や花や海などの自然に求める。
 自然なら、自分の思うように応えてくれるものでもあるからだ。』

そうなのですね。

『だが、まずはお互いに求め合うところを知り、応えてくれる人間を求めることだ。
 それで満たされもするし、納得もする。
 求めることも必要だが、求められる人間であることも必要だ。
 そこにはある重要な要素が存在するからだ。』

重要な要素ですか?

『ある人間に向けて求める、求められる関わりになると言うことは、そこに信頼する気持ちが芽生える。
 それがとても重要なのだ。信頼とは求めて応えられ、応えるからなお求められる。
 それには応えたい、応えようとするお互いの気持ちと努力が必要だ。』

お互いの気持ちと努力ですね。

『そうだ、努力する気持ちがなければ、ただの甘えになってしまう。
 それでは真の求める求められるという、お互いの信頼は有り得ないからだ。』

信頼は築くものでもありますね。

『そうだ、お互いに努力を重ねるから信頼が築かれる。』

信頼を大切にしていきます。

『お互いに求め合い、応えあっていくことだ。』

はい!

大きな方はフッと笑みを浮かべると、片手を上げてスッと去って行かれた。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


眠り

眠りは 一時の休み

明日への活力となる眠り

日々に 良い眠りを





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


nemuri

継続

『姉さん、人間のことわざにもあるよな。』

ことわざ? いろいろとあるけれどワラシが言いたいのは、どのことわざなの?

『あれだよ・・・えっと・・・継続は力なり・・・ってやつ。』

あるよ、そのことわざ。
それがどうかしたの?

『うん、仲間のひとりにすぐに飽きてしまう奴がいて、呆れた長が言っていた。』

ふーん。そうなんだ。
確かに飽きる人は継続が難しいでしょうね。

『でも、やり続けた方が良いんだろう?』

もちろん、それはそうよ。
継続することで大きな力になることも多いのよ。
そして継続をすることで自信もつくでしょう。
継続することで、いつか何かしらの結果も出るでしょうね。

『そうだよな。オレたちだって何かの結果は出したい。
 だから続くように、継続するように頑張ってみる!』

うん、そうしてね。長によろしく伝えてね。
会うのを楽しみにしているから!

ワラシはニコリと笑うと、手を振って帰っていった。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


思いやり

あなたを思う

私を思う

心からの優しい思い

奥底からの愛しい思い

支え合うのは 

お互いの思いやり



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

開田高原研修会

23日から25日まで、長野県の木曽福島にある開田高原のひゅって・くらいすで
研修会を行ってきた。

今回も定員30名の参加で、テーマは「感情」と向き合うこと。
皆さんの参加の意気ごみは、ドキドキとワクワクと緊張した顔に表れていた。
遠くは札幌から九州から四国から、関東近辺の人達も参加してくれた。
23日の午後から早速始まった研修。

まず、無意識のうちに作っていた、感情の蓋を取るエネルギーワークから行った。
3人一組で行う話し合いは、夕食と温泉を楽しむ時間を除き、午後10時まで続いた。

苦しい辛い悲しい感情は、無意識のうちに避けたり閉ざしたりしてしまうことも多い。
感情に溺れたり、流されたりすることもあり、多くの人達は自分の感情を持て余したり
やっかいだと感じることもあるようだ。
それゆえに感情と向き合うことをさけ、結果として成長が伴わないことも多々ある。
感情がどれほど大切なことか、感じることから考えることが、如何に大切なことかを
知ってもらい実行してもらうためのものだ。
多くの人達が分かった・・・と思いながらも実行が伴わずに、戸惑うことも多い。
そこを突きつめたかった。

24日は午前8時半から、御嶽山の開田口からの3時間登山を行った。
くらいすのマスターの木崎さんを先頭に、木崎さんのお母さんをしんがりに、1時間半
ほど歩き、そこから引き返す。
自分のペースで1時間半歩くので、距離は様々だ。
1番歩いた人で6合目、ほとんどの人達が5合目か5合目半まで、緑の中を 歩き続けた。
私はふたりの山歩きの出来ない人達と留守番。
帰ってきた人達は汗だくながらスッキリとした、見ていても気持ちの良い顔を している。

自然に浸るのではなく、自然に癒してもらうのではなく、自然の中で答えを 見つけるためと、
登山の目的をはっきりさせていたのが良かったと思う。
帰った時にはすでに答えがまとまっていた人、ヒントを掴み自問自答しながら 歩き続けた人、
背中を押す答えを見つけ喜々としている人、実に様々だが、 どの人も「行って良かった!」
「途中苦しくてダメかと思ったけれど、歩いている うちに不思議と楽になり、歩き続けることが
できた!」と言うなど良い結果となった。

これについては裏話があり、くらいすで留守番をしている私のところに、大きな御嶽山の山神さん
と素晴らしい白龍の奥方が来てくれた。

『山に来るのは歓迎だ。危なくないようにサポートをする。安心しているが良い。』
『姉は答えを見つけるように言っていましたね。
 皆が頑張れるようにサポートをしましょう。もちろん人間次第ですが、うまくいくでしょう。』

と受け合ってくれたのが、私にはとても嬉しかった!
そして登山をした皆さんが、山神さんと龍たちのサポートを受け取り、それぞれに答えを見つけたり、
ヒントを得たりしたのを、私は喜んだ。

午後1時から3時まで、また「感情」について6班に分かれてグループセッションを
行った。
4時から1時間かけて班ごとに「怒り」についてのショートストーりーを 作り、配役を決めて
5分の芝居を行った。

何の前触れもなしで結果やいかに?と思っていたのだが、なんと皆さんは 見事にやってくれた!
誰かの怒りをベースにストーリーを作り、まさに適材適所と言えるような 配役だったり、セリフで
表わすストーリーだったり、役に成りきっている 見事さは、見る人達の爆笑を誘った。

「怒り」については「なるほど」と思わせるものばかりだった。
家族の在り方や、先生と生徒の関わり方など、目線もそれぞれで頷くことが多かった。


夜にはひゅって・くらいすのマスターの誕生日を、ケーキと歌でお祝いをした。
ケーキを取る順番のジャンケンの盛り上がったこと♪
美味しいものには目の色が変わる!?

25日の午前中は、またグループセッションを行った。
「感情」と「考える」こと。
両方の大切さについて、話し感じ合っていた。

午後2時の解散、再会を約束して、快い疲れと共に皆さんは笑顔で帰って行った。
充実した研修会に感謝と喜びがあった。


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

悩みも苦しみも

悩めば よい

迷えば よい

苦しむのも よい

それは 自分と向き合うことを知り

様々に 感じることを知り

深く 考えることを知り

それらは すべて あなたが生きる糧となり

答えを得たときから 進む力となる




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


ネパールにて 4

ネパールは「覚醒」のエネルギーに満ち溢れている土地。
「覚醒」とは知らずとも、多くの人々がネパールの土地やエネルギーに惹かれて集まる。
海外から訪れ、ただ旅人として過ぎ去る人達、惹かれて暮らしをしたくなる人達。
生まれた故郷よりも、いつしかネパールで暮らす年月の方が長くなっている人達。

それぞれの思いや生き方を受け止めているネパール。

未だに「呪い」が日常の生活の中に在り、出会った人達にも何人かは呪いをかけられていた。
「呪い」「まじない」などをかけたり取ったりが当たり前で、1本の道にひとりは「呪い」を生活の
生業としている人たちがいるとのこと。

祭りが大好きで、人をもてなすのが大好きで、日本に興味を持っている人達も多い。

光と闇が混同しているネパールで、黒い天使に出会った。
黒い天使は陰の使い。
闇ではなかったんだ・・・と人間が勝手に視ていたことを知る。

ある夜のこと、闇から守ってくれた黒い天使は、朝方にニコリと笑うと帰って行った。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


ネパールにて 3

ティミでは、私たちのために、歓迎の鳴り物入りのセレモニーが用意されていた。
小学校の子供たちが休みの日なのに、登校している。
手に手に、ネパールの国旗と日本の国旗を持って振ってくれる。
道にはずらりとお母さんたちも並び、小さい花束を次々と渡してくれる。

「ナマステ!」
「ナマステ!」

楽器で先導される中、挨拶の言葉を交わし、笑顔で渡してくれるのを私も笑顔で喜んで受け取る。
たちまち私の腕は、花束で埋まっていた。
会場にはたくさんの椅子が用意されており、隙間なくびっしりと人々が座っている。
真剣な顔も見える、笑っている顔も見える、好奇心いっぱいの顔も見える。
どの人達も目が合うと、にっこりと笑いかけてくれる、私も笑顔と「ナマステ!」の挨拶を返す。
ランプの灯を移す儀式、これは友情が続きますように・・・との意味だと言う。

私はチーフゲストとして迎えられ、他の仲間たちもゲストとして挨拶をしたり、賑やかな場となった。

前日に招待状をいろいろな所に配ってくれていた。
市長さんも招待されていて「忙しいから5分だけ・・・」と言っていたのに、ヒーリングを始めると
「30分は大丈夫だから!」
とのことで、おかしいのと嬉しいのとでいろいろと話しをすると、タマラのアクティベーション(伝授)
を受けてくれた。人々にとって良い政治をしたいから・・・市長さんの言葉は私の喜びとなった。

昨年、アクティベーションを受けてくれた人達も参加してくれて、次々と訪れる人達にヒーリングを
してくれた。今年の希望者も次々とアクティベーションを受けてくれて、さっそく実践でヒーリングを行い、
「軽くなった!」「気持ちが良かった!」「痛みがとれた!」
などの感想を言ってもらい、実感できた顔が満面の笑みとなっていた。

Aさんがネワール語(ネパールの方言)を習いながら話す言葉に、会場は笑いに包まれる。
日本語の「ありがとう!」を言う人達もいて、ここにも笑いが渦巻く。
ティミの人達はポジティブな人達、笑顔で元気な人達が多い。
タマラのエネルギーを子供たちに使いたいと、学校の先生たちもアクティベーションを受けてくれた。

結果として、総計350人ほどの人達が、タマラの体験をしてくれた。
ティミに残してきた種から、来年は幾つの花が咲くのだろう。
私はとても楽しみになっている。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


ネパールにて 2
13日から15日まで、ポカラに行く。
雨季の空港は、飛行機の飛ぶ時間がままならない。
目視飛行のプロペラ機だから、雲が厚かったり雨がひどくて視界が悪かったりすると
飛行機の飛ぶ時間の延期が続く。
幸いなことに、13日は1時間弱待っただけで飛んでくれた。

ポカラのマムズガーデンに泊る。
オーナーの宮本さんがいつものように気遣いをしてくれて、マムズガーデンは心地よい。
通訳は英語も話せてガイドもするという、サナンコットから2時間かけて歩いてくるという、
元気な少々お年のタッパさん。誠実でまったく飾らない人柄で笑顔の可愛い方だ。

14日の誘導瞑想には、11人が参加してくれた。
誘導瞑想を受けるのは全員ともに初めてだ。
「視えるのかなぁ~、視えなかったらどうしよう・・・。」
と心配をする人もいたが、結局は全員がビジョンを視ており、私のリーディングで納得を
していた。
日本語学校の先生をしているともこさんが補佐をしてくれて、日本語の微妙なニュアンス
を分かりやすく説明し、通訳をしてくれた。
誘導瞑想で視えたビジョンは、それぞれの人達が前に進むための背中を押してくれたようだ。

15日、返りの飛行機が雲の上に出た時、雨季には珍しく山が見えた。
パノラマのように全てが見えたわけではないが、それでも山を見るには十分だった。

以前に通訳をしてくれたティミラさんの言葉を思い出す。
「山が全部見える時は、山の神様が大喜びをしているのです。」
一部の山が見えた・・・山の神様が少し喜んでくれたのかな(^^)?




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

ネパールにて

11日にインチョン空港で一泊して、カトマンズに向かった。
12日、約6時間の飛行でカトマンズ空港に着こうとするころ、私は何やらワクワクするような感覚を覚えた。
空港に着き、出迎えてくれる通訳のパサンさんを探す。
いち早く同行のAさんがパサンさんを見つけて手を振る。

パサンさんが待っているタクシー乗り場まで行こうとした私の中に、響いた言葉がある。

『来たよ! 来たよ! ネパールに来たよ!』

飛行機の中で感じたワクワク感が増してくる。
私がネパールに着いたのを、喜んでくれている誰かが居る。
目には見えないが、誰かはしきりに私にメッセージを送って来る。

『来たよ! 来たよ! 待ってたよ!』
『来たよ! 来たよ! 所で待っているよ!』

ありがとう!
ここで待っていてくれた誰か、どこかで待っていてくれる誰か、見えない誰かたちの『待っていた』
ワクワクが私に伝わってきたようだ。

ホテルのサンセット・ビューに着いて、さっそくミーティングにかかる。
13日はポカラに行き、午後からはフリークリニック、14日は誘導瞑想、15日はカトマンズに帰り、
ボーダナートで、16日はバクタプールで、17日はティミでセレモニーに参加、18日はパタンで
と、それぞれにフリークリニックとワークショップを行うことを確認した。

それぞれの場所の責任者と・・・いろいろと話していると、また響いてくる。

『待っているよ! 待っているよ!』

ありがとう! 行くからね、待っていて!
私は呼びかける声に応えながら思わず笑っていた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

何かを欲しがる
ワラシが首をかしげながら言ってきた。

『姉さん、オレたちもいろいろと欲しがることはあるけれど、何が欲しいかは分かっている。
 だがな、人間は分からずに何かが欲しいと思っているところがあるぞ。』

ふーん、どうしてそう思ったの?

『姉さんと一緒にあちこちに行くだろう、そうすると手に取るように分かるんだ。
 自分のために何かが欲しい、誰かのために何かが欲しい、幸せになるために、満足するために
 仕事がうまくいくために、いつも何かを欲しがって探している人間が多いぞ。』

私も以前は言っていたことがあるよ。何かない?・・・ってね。

『姉さんもなのか? 姉さんも何かを欲しがっていたのか?』

そうなの、何か問題が出てきたり悩んだりするでしょう。
そうすると、何かない? と思っていたの。
本当はどうすればいい?と考えるところなんだろうけれど、どうにかする為に何かがほしかった。
今思うと、何かも分からずに欲しかった。

『今なら分かるのか?』

そうね、今の私は 何かない? と言うことはなくなったよね。
何かないかと考えることはあるけれど、今は目的を達成するための手段として、
具体的なものが分かってほしがっているかな。

『それはどうしてだ?』

自分で動くことを知ったからかな。
私が求めているところに向けて動く、タマラのエネルギーが自分の中に在ることを確信しているからだと思う。
自分の中にあるのだから確かなものでしょう。
外から持ってくるものだったり借りてくるものよりも、無くなることも返すこともない、
自分のものだから自分の為に確実に使えるものだから・・・。
それがあることを知っているから、何か・・・という不確定なものを欲しがらなくなったと思う。

『そうか、姉さんは自分の中にあるものに自信を持っているんだな。』

そうとも言えるよね。
私の人生の希望を叶えたり、幸せや成功に導くために動くエネルギーだもの。
タマラのエネルギーの持つ引きだす力で、私の能力も可能性もたくさん出て来たと思う。
だから、なおさらに確かなものだと知っているよ。

『そうだな、以前の姉さんと比べると、本当に大きな差があると思うぞ。
 それはオレたちも知っているからな。
 姉さん、もっともっと力が出てくるんじゃないのか?』

そうね、私も生涯かけて成長するわけだから、もっと能力も引き出せるだろうし、力も出せると思う。

『姉さん、これからがますます楽しみだな!』

そうね、頑張るのが楽しくなっているよ!







  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


自然の中で
自然の中に居ると、自然が教えてくれる。

ありのままに・・・

あるがままに・・・

四季折々の喜びは喜びのままに
そこにある楽しさは楽しさのままに

季節ゆえの激しさは 悲しみをもたらし
苦しみを味わわせるが それもそのままに

辛さは 温かさのあることを教えてくれる
傷つけば 癒してくれるもののあることを知る

移り変わりは必要なこと

生者必滅も当たり前のこと

出会いもあり
別れもあり

続くは続くままに
繋がるは繋がるままに

去るもまた そのままに

絡まりほぐれ

まっすぐもあり
曲がりくねりもあり

しかし・・・
自然はひとときも休むことなく
あるがままに
求めるままに
望むままに 休むことなく進み続ける

これこそ 生きて在ることの証

自然の声を聴く

進め 
己の求めるままに 
己の望むままに 
あるがままに 
休むことなく進め








  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。




アイスクリーム
おはようございます、デイジーです。

おかげさまで「あかね雲」遠野ツアーは満員御礼となりました。
ありがとうございました。
遠野での二日間、感覚を研ぎ澄ませて妖怪ちゃんたちの気配、感じたいですね。
平日のツアーということで参加できなかった皆様、ごめんなさい。
きっとかとうさんが、「あかね雲」で旅でのこと、お書きになると思います。
どうぞ楽しみにしてくださいね。


ようやく梅雨明けした昨日。
東京は陽射しのまぶしい暑い一日でした。
今日も・・・暑くなりそうです。
暑くなると、恋しくなるのが、アイスクリーム。

先日こんなことがありました。

体調を崩して、気持ちのほうもなかなかエンジンのかからないそんな日があったのですが
「美味しいもの食べたら元気が出てくるわよ」
たまたまかとうさんから電話をいただだき、そんな話になりました。

「そうですね、美味しいものかあ・・・」
ちょっと考えていると
「あら・・・」と、かとうさん。

「アイスクリームが食べたい、みたいよ」
「みたいよ・・・ということは、カッパちゃん、ですね」
「あれ、これは・・・ピノ・・・ピノっていうアイス、あるわよね?」
「ええ」
「それを見せてるわ。ピノが食べたいみたいね」
「ピノですか! ピノは・・・」

ピノはわが家の定番アイスです。
ロングセラー商品なので、ご存知の方も多いと思いますがひと箱に6粒入っています。
100円で6粒入っているピノは、3人家族の我が家には、ひとり2粒配当で、ぴったり(^^)。
以来、「ピノ食べるよー」で、みんなでテーブルを囲んで、2個ずつ食べています。
3人揃わないときも、自然にいない人の分は食べないでとっておくようになって
いつのまにか “我が家のアイス” となりました。

カッパちゃんが「ピノ」とリクエストしてくれたこと
そのことは、私に自然に元気をくれました。
嬉しさ、そして愛おしさ。見ていた空の色まで変わったように思えました。

カッパちゃんと一緒にいるんだ。
そのことが、私の中にある 思い にも気づかせてもくれました。
体調がすぐれなかったこと、そして、その後の出来事・・・今思うと、すべて必要なことでした。

さっそく買いにいったピノ。
誰もいない(ように見える)リビングで、「どうぞ」と言ってピノの封をあけたのでした。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



能力

能力に才能にあぐらをかいてはいけない
能力も才能も生涯、磨き続けるものだ

可能性は諦めてはいけない
可能性は求め続けるものだ







☆「あかね雲」遠野ツアー は、残席1となりました。よろしくお願いします。

  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


言霊
人を心から想う言葉は 言霊となる

人を心から慕う気持ちは 言霊となる

人を心から敬う気持ちは 言霊となる

心からの決意は 言霊となる

心からの勇気は 言霊となる

心からの感謝は 言霊となる

人には言葉がある

心からの言葉には 言霊がある






◎遠野ツアー 15日夜20時の段階で残席4つとなりました。ありがとうございます。
       参加をご検討されていらっしゃる方は、お早めにお申し込みくださいませ。
       ※詳しくは14日の「あかね雲」をご覧ください。

  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

涙は 悲しみを洗い流すこともある

涙は 寂しさを慰めることもある

涙は 辛さを軽くすることもある

涙は 喜びを伝えることもある

涙は 嬉しさに震えることもある


だが・・・時に涙は 訳もなくただ流れることもある



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


遠野を旅してみませんか
お久しぶりです、デイジーです。

遠野ツアーのこと、お待たせいたしました。
お問い合わせくださった皆様、ありがとうございます。

おおまかではありますが
日程などきまりましたのでお知らせいたします。

この夏、皆様と遠野でお目にかかれますこと
心から楽しみにしております!

<<< 2010「あかね雲」遠野ツアー >>>

日 程  8月24日(火)~25日(水)の1泊2日
集 合  遠野駅 13時 現地集合
解 散  遠野駅 14時 現地解散
定 員  21名
宿泊先  たかむろ水光園
     ※16名様は、曲がり家の大部屋にて宿泊いただきます。
     ※2人部屋もありますので、ご希望をお聞かせください。
ご予算  大人お一人様 15,000円 
     ※上記には、宿泊代+バス観光代が含まれています。
     ※余裕をみたざっくりとした予算ですので、余剰金は返金いたします。
     ※お子様とご一緒の場合、年齢に応じて金額が変わりますので、
      お申し込みの際に、お子様の年齢をお知らせください。

お申し込み期限  8月5日(木)
     

☆ツアー内容
24日は集合後、現地のガイドさんの案内で、マイクロバスにて遠野をめぐります。
遠野の自然や風景・風物を満喫したいと思います。
夜は、各地よりお集りの皆さんとかとうのりこさんを囲んで、
遠野の「曲がり家」で語らいの時間としたいと思います。
25日も午前中はマイクロバスで遠野をめぐります。
お昼をみんなで食べ、14時に解散といたします。


*************************

お申し込み・お問い合わせはメールでお願いします!
bluebean@g-duplex.bias.ne.jp

お申し込みされる場合は、下記お知らせください。
1)お名前 
2)連絡のとりやすい電話番号 
3)出発地(都道府県名+市町村名)
4)同行者がいる場合は同行者のお名前(お子様の場合は年齢)
5)2人部屋を希望されます方はお知らせください

*************************



以上、よろしくお願い致します。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



自分の真の思い
人間は自分の真の思いを 本当に大切にできるのか

自分の真の思いがどれほどのものか
知っているのか
知ろうとするのだろうか

自分の真の思いのままに
真の思いをごまかさずに生きようとすることを
真剣に考えるだろうか
自分をごまかさずに生きること
自分に嘘をつかずに生きること

本当に望む生き方を 考えてみることだ





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


足元
足元ばかりに 目を向けるな

足元ばかりに目をむけていては

先を見ることが 出来ないことに 気付け




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

魂の思い

魂のあるところは 心の奥深く

心からの思いは すなわち 魂の思い



11日から20日まで、ネパールに行ってきます。
あかね雲の掲載は続きますが、コメントへの返信は帰宅してからになります。
どうぞ、ご了承ください。

皆さま、良い日々でありますように!


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

美しい絆

あなたたちにも絆はあるのでしょう?

『それはあるぞ。ただし、人間の言う絆とは少し違う。
 オレたちは自然と共に在るから、絆はあって当然なんだ。
 自然の移り変わりには厳しいものもある。だが、それも必要だからな。
 自然との関わりは、人間で言う信頼が基に成っている。
 人間の信頼は時として自分勝手なところもあるけれど、オレたちにはそれはない。
 だから信頼が裏切られることはない。
 たとえどのような結果に成ろうとも、そこに辿りつくまでの過程があるからな。
 だから絆はしっかりしたものがあるんだ。』

ワラシは淡々と話してくれる。

人と人とを結ぶ絆は、それぞれに努力を重ねて、自分たちで作っていかなければならない。
黙っていては、何もしなければ、想いをかけなければ、思いやりをもたなければ、お互いに
絆を結びあうことはできないだろう。

見えない世界から視て美しい絆は、人間がお互いに心から想い合うことと、お互いを高め合う努力が
あってこそ成せることだと教えてくれた。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

想いと絆

『姉さん、人間が心から想うって、すごいよな!』

そう感じたの?
ワラシが感じ入ったような顔で言ってきた。

『うん、人間が誰かを想う気持ちがどれほど強く、深く、大きく、温かいものか・・・。
 案外、人間自身が知らないのかもな。』

そう思ったの?

『オレたちも話し合ったし、長にも話を聞いたんだ。』

長は何か言っていたの?

『長(おさ)は長い間、人間たちを見てきている。
 想いに関しては、哀れなほど幼い人間もいれば、自分勝手な思いだけに囚われる人間もいる。
 そしてオレたちが見ていて温かい気持ちになるような、本当に想い合う人間もいる。』

そうなんだ、いろいろな人達の想いを見て来たのね。

『想い合っている人間同士の絆は、すごく美しいんだ!
 お互いの全てを包み合っているんだ。それが本当に美しいんだぞ!』

そうなの、ワラシたちにはそれが視えているんだ。

『どれだけ美しいかは言葉では言えないけれど、姉さんから人間たちに伝えてくれ。
 そして、美しい絆を大切にするようにとも、伝えてくれ。』

分かった、絆のことを伝えるね。たくさんの人達に知ってほしいから・・・。
ワラシたちは、また話を始めている。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

愛や思いやり

心の闇に勝つのは 本当の愛や思いやり

外の闇に勝つのも 本当の愛や思いやり

決して闇が持てないもの それが 本当の愛や思いやり

人間だからこそ内に持っているもの 守れるもの

それこそが 本当の愛や思いやりだ




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

負の感情と向き合う

感情と向き合うこと、特に負の感情としっかり向き合おうとすれば、人間はますます苦しく感じたり
痛みを感じたりすることがある。それゆえに、いつしか人間は負の感情と向き合うことから逃げ、
避けたり、蓋をしたりするようになってしまった。

深い精神性を求めていた時代には、人々の多くは怖れることなく、怯えることなく、臆することなく
負の感情と向き合えていた。向きあうことの意味を知っていたからだ。

負の感情を本当に知るためには、深い思索を重ねることになる。
ただ感情を感じるままに任せていたのでは、負の感情に溺れることになり、流されることになるだけだ。
したがって、負の感情と向き合うには、感情を感じながら考えを進めることだ。

深く考えることを知らなければ、負の感情と向き合おうとはしなくなるだろう。

長い年月の間に、心の痛みや精神的な苦痛から逃げることや避けること、無いものとすることを
身につけてしまった人間たちは、自分の内に闇を作り外の闇の影響を受けやすくなってしまった。

今この時代になって、自分の負の感情と向き合い、深く考える勇気を持ち、真の成長を目指す
人間こそが必要となっている。

あなたは、負の感情と向き合う勇気を持つのか?


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



人間が作り出す闇

私は感情と向き合うことについて考えていた。

『姉よ、人間は感情に向き合うことの大切さや、重要性を考えていない。
 これまでの長い間に、感情のあることを知りながら、いや知っているからこそ、逃げて来た。』

知っているからこそ、逃げて来たというのですか。

『そうだ。しかし、ここまで感情から逃げ続けるとは、人間は自分で宝を活かしていないのだ。』

感情が宝だと言うのですか?

『感情とは人間が人間であることを知るためのものであり、成長をする為には欠かせないものだ。
 だから人間にとっては宝だとも言えるだろう。だが、人間自身が宝だとは思えないようだな。
 しかも、感情を閉じたり蓋をしたりしてきたために、人間は自分の中に闇を作り続けて来た。』

私たちが感情を閉じたり、蓋をすることで闇を作るのですね。

『そうだ、自分で自分を汚してしまうのだ。』

ワッ、それは本当にイヤですよ!

『姉はイヤだと言うが、人間がそれをやってしまうのだ。
 たとえどんなに激しい怒りや嫉妬でも、その時々の感情の苦しみや辛さから逃げずに感じていれば、
 その感情の何たるかを知ることができる。そうなれば自然に感情のエネルギーは消えて残らない。』

感情もエネルギーだから、残ったり残らなかったりするということですか?

『人間が感情を閉じ決めたり、無いものとしたり、翻弄されるからと蓋をしたりすれば、心の奥に感情を
 閉じ込めることになり、心の奥底に闇を作りだす。
 たとえば、流れない水や動きの少ない水が腐ったり、淀むのと同じことだ。』

ヘドロになってしまいますね。
ドロドロしたものや、べったりした感じのものになってしまうのでしょうか。

大きい方は頷いている。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

大阪にて

7月3日4日と、大阪に行ってきた。
交流会と簡単な誘導瞑想を行った。

それぞれに視えたことを話し合い、私がリーディングを行った。

1年前の誘導瞑想で視えたことを自分のやることと決めて、1年かけてしっかりと結果を出したKさん。
昨年のアンケートに「1年後を楽しみにしています。」と書いたものの、本当に?との思いがあったと言う。
しかし、Kさんの決心と努力で、見事にホームページを作成して掲載すると言う結果が出てきている。
これからは、なお深い広い意味合いを持つサイトになるだろう。
私はKさんの生涯をかけてやり遂げるものを、楽しみにしている。

以前にバージョンアップを受けたFさんは、仕事の面での成長が視えている。
「引かずにもっと前に出たい!」と言うFさんの誘導瞑想で視えたものは、まさしく現状とそこから
希望する自身の姿だった。現状に満足しておらず、どのような姿勢で居たいのかを示している。
仕事で責任のある地位に居るFさんは、更に成長したい自分の思いを明確にすることになった。

以前にバージョンアップとクロスバージョンを受けたTさんは、出来ない苦手と思っていたことが、
苦も無くできるようになり、仕事上での売上の向上に繋がった。
Tさんの努力が実を結んで来ている。まだまだ発展していくだろうと、楽しみになっている。

現状を「居心地が良い」と思っているが、魂は満足しておらず、飛び立つことを教えて来たOさん。
そこに視えている成功を、自ら手を伸ばして胸に抱き取ったMさん。
これからの進め方で成功へと導くだろう。

参加者全員のリーディングをしながら、いつもと同じように、自分で決めている幸せや成功の
姿や行動を、私は視せてもらい伝えることを行っていた。
人間って、幸せや成功する姿を本当に決めている。
しかし、そこには苦労も試練も有り、努力なしでは辿りつかないことも教えている。

私はタマラのエネルギーが幸せや成功への後押し、サポートと成っていることをまた知った。
いつ知っても聞いても、私には喜びと成っている。

交流会に参加してくれた人達の笑顔が、私の励みとなっている。
皆さんありがとう! 

雨の予報が外れて晴れた大阪の空。

新幹線で帰る私を、わざわざ見送りに来てくれた人達、短い時間を大切に駆けつけてくれた
人達、ハグして握手をして、再会の約束が本当に嬉しかった!



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

好き
本気の人生を送るには、
自分のことを本当に好きでいること。

自分で理想とする人生を望むなら、
真に魂の求める道を歩くこと。

あなたが本物の愛を感じたいなら、
誰かをこよなく愛すること。

あなたは何を求め、何をやりたいのか、いつも自分に問い掛けてみることだ。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



心の痛みに向き合う

ニポが大きな仕事をするために出掛けたあと、私との連絡係になったのはリク。
以前に私のところに僅かな間ではあったが居たとのこと、おそらく見えない世界から
赤ちゃんとして私が腕に抱きとり、改めて見えない世界の方々に託したひとりだと思う。

その赤ちゃんが成長した姿で現れ、連絡係として改めて私との縁ができたことを、私は喜んだ。
リクと話したことを書いておく。

人間は心の痛みや精神的な苦しみから逃れようとする。
本来なら向き合うことによって大きく成長できることなのに、痛みや苦しみから逃げ続け、避け続けて
きたことが、今の人間の在り方になり結果となっている。

痛みや苦しみから逃れたり避けたりして得た平安や穏やかさは、本物には成りえない。
心の痛みや苦しみに向き合い、感じて、学ぶことによってこそ、本当の心からの平安や穏やかさや
喜びを知ることがでいる。

向き合うためにある出来ごと、感じるためにある感情、逃げることなく、避けることなく生きて行きたい。
大変だ、難しいと言葉にするのは簡単なことだが、言葉にすることでより大変と感じたり、難しいと
思ったりもする。だからこそ、自分のためにやっていきたい!




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。