あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏の手

観音さんって、人間にとても好かれていますよね。

『そうですか。それは人間が自分勝手に解釈をしているからでもありましょう。』

自分勝手な解釈ですか?

『我ら仏は、人間が自分で救われようとすることに力を貸します。
 もちろん人間が絶望の淵に立った時にも、救いの手は差し伸べています。
 しかし、いくら我らでも人間を無理に引き上げることはできません。
 人間はどんな時でも仏は助けてくれると思っている、これが自分勝手な解釈になります。』

そうですね、本当に自分を救えるのは自分自身ですよね。
前にも菩薩や不動明王からも聞いたことがあります。

『不動明王はあの怖い顔で、人間が絶望の淵に進もうとするところを遮ろうとします。
 しかし、不動明王の顔も、人間が見向きもしなければそれまでです。
 それだけ人間の思いは自分を救いもするし、仏の手を振り払うことさえします。』

せっかくの救いの手、絶望に進む時にこそ、感じてほしいと強く願います

『人間は何があろうとも、生きて生きて生き抜くことが必要なのです。
 生きているからこそできること、自分の経験を積み重ねるには年月が必要であり、その為の
 人生ですからね。』

頷く私に『差し伸べる手はいつでもありますよ。』と観音さんはほほ笑んで行かれた。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


スポンサーサイト
選択の時期

『姉よ、人間にはそれぞれに 時期 というものがある。』

時期ですか? どういうことを意味するのでしょうか

『人間には、大切な何かを決めなければならない時というものがある。
 そしてそれに伴う様々な行動がある。それを時期というのだ。』

時期・・・いろいろと迷ったり悩んだりするのでしょうね。

『それが成長に繋がる。』

その時の選択で、自分の歩く道が違ってきたりするのでしょう。

『そうなるだろうな。だからこそ、時期なのだ。』

私もいつかそのような時期が来たら、本当にやりたいことをやり続ける道を選びます。

『様々に迷い悩んでも、我欲に負けることなく魂の望む道を選択することだ。
 それが今の人生にとって、一番やりたいことに繋がるからだ。』

はい、そうします!



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


生きる

人間が自ら破滅に向かわないようにするためには・・・。

『ひとりひとりが、自分の人生を本気で生きることだ。
 自分の望む本当の幸せや成功を目指して、成し遂げるための努力をすることだ。
 本気で生きるということは、自分の感情も本気で感じ続けるということだ。
 それ無くして本気で生きるとは言えない。
 今日からでも、今からでも、やっていくことだ。』

感情に翻弄されず、感情に流されず、感情を無視せず、蓋をせず、閉じ込めず、
自分の内にある全ての感情を感じて、学んで活かして、成長していきたいと切実に思った。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


成長と破滅
届いていたメッセージ

『我らの言う完璧な人間 素晴らしい人間とは
 全ての感情と向き合い 学び そこを信じ生きる人のことを言う』

以前にも、内容の同じメッセージが届いたことがある。
今回も、また感情のことだ。
私は、何度も何度も繰り返し読んで考えている。

『姉よ、我らは何度も伝えて来た。』

はい、私も何度か「あかね雲」に書いています。

『姉の前にも、何度か我らの言葉を受け取った者がたちがいる。』

そうでしょうね。

『ところが我らが伝えた言葉が、歪められて伝わっている。
 いや、我らの言葉をそのままに受け取れなかったのだ。
 だから、受け取った人間が自分の言葉に置き換えてしまった。
 それゆえに、我らの伝えたい言葉が歪んで人間に伝えられたのだ。』

どこが一番、歪められたのでしょうか?

『完璧な人間、素晴らしい人間という部分は受け取ったが、そのあとに続く言葉を正しく伝えていない。
 「全ての感情と向き合い 学び そこを信じ生きる人のこと」の部分が歪められている。
 我らの言葉が正しく伝わっていないのだ。受け取れなかったのだろう。』

受け取った人間が自分の知っている、或いは理想としている「完璧な人間、素晴らしい人間」に置き換えて
伝えてしまったのでしょうか。

『そうとも言える。
 その方が伝える人間に分かりやすかったのか、勝手な理解や解釈で満足してしまったのかもしれぬ。』

「全ての感情と向き合い 学び そこを信じ生きる人のこと」とは伝えられていないと思います。
もし誰かが本当に受け取り伝えていれば、人間の教えの中のどこかにあるのではないかと思います。

『おそらく、受け取った人間が考えてもいなかったことなのだろう。
 だから、自分の知っている言葉に置き換えてしまったのだ。
 それゆえに、我らの言葉が歪められてしまい、人間は自分の感情と向き合わなくなってしまった。
 感情があってこその人間だ。感情は成長する糧と成るものだ。
 それがなくなってしまえば、人間は自ら成長を遅らせたり止めたりすることになる。
 そうなれば、人類は自ら破滅に向かうしかないであろう。』

成長が遅れ、成長を止め、破滅に向かう・・・本当にそうなるのでしょうか。

『人間が自ら成長を止めたり遅らせてしまえば、我らとてそこに手を出すことはできない。
 選択の自由こそ、人間に任せている最大の権利だ。
 人間が感情と向き合わないことで、成長を遅らせたり成長を止めてしまうことを選択すれば、
 結果として自ら破滅に向かうことに成るのだ。』

成長するから人間として存続をしているのであり、成長が無ければ破滅に向かうことになるのですか?

『そうだ、それも人間が自ら向かっていることになる。』

破滅に向かう人類・・・私は言葉がなかった。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

楽しみや喜び

『オレたちは、楽しみや喜びを見つけるのが上手いんだぞ!』

『そうそう、楽しみも喜びもたくさんあるし、どこにでもあるよ。』

『うーん、辛いことも悲しいこともあるけれど、その中にも楽しみも喜びもあるからな。』

『長が、楽しみや喜びを見つけるのは自分のために良いことだ・・・と言っていた。』

『楽しみを言いだしたら・・・きっと終わらないだろうな。』

『喜びを言いだしても終わらないぞ。』

『うんうん、次々と見つけるもんな。』

『ほら、人間が「しりとり」と言うのを楽しむだろう、オレたちはしりとりの代わりに
 楽しみや喜びを次々に言ってみようか。』

『いいな、それ!』

『うんうん、いいぞ!』

『誰から始めるんだ?』

『オレ、オレから言ってもいいか?』

『よし、始めよう、言ってみろ!』

ワラシたちの笑い声が続く。
聞いている私も楽しくなっている。


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



汚れた雨

『雨の季節は好きだ!
 雨は恵みでもあるぞ。雨が自然を作ったんだ。だから雨は命を生かす源でもあるんだぞ。』

遊びに来たカッパが弾んだ声で話している。
カッパはやはり水に縁があるようで、暑い日照りよりも空気のしっとりする雨の日を好む。
私も雨は好きだけど、雨の日はムシムシするから・・・それが苦手なのよね。
苦笑する私の方を見て、カッパは何となく頷いている。

『そうか、姉さんはムシムシするのがイヤなんだな。
 オレたちや自然の土地や樹や花たちには、このしっとりも良いものだぞ。』

ねぇ、一度聞いてみたかったんだけど、妖怪たちは暑さや寒さをどう感じているの?

『まあな、同じ所で重なっているから、自然の移り変わりはそのままに感じるぞ。
 でも、暑いも寒いも気持ちが良いも、そのままなんだ。だから人間のような気遣いとは違うな。
 姉さんたちの世界の天気や気温は自然に影響を与えているから、オレたちも重要に受け止めている。』

そうよね、自然の中で生きて守っている妖怪たちだもの。
私たちよりも、もっと敏感に感じ取っているよね。
そう言えば、酸性雨のことが話題になっていたのよ。これは困りものでしょう。

『汚れた雨のことだな。それはオレたちも悪い影響をうけてしまう。
 汚れた雨は恵みどころか害になるぞ。汚れた雨を作りだしたのは人間たちだ。
 だから自分たちで解決をしていかなければならないぞ。
 そうでなければ、オレたちだけでは自然を守りきれなくなる。
 それこそ、人間たちに頑張ってほしい所だぞ!』

カッパの声が大きくなる、真剣さが伝わってくる。
彼らにとっては汚れた雨は死活問題にもなってくるだろう。
そうなる前に・・・何とかしなくっちゃね!!!

『うん! 姉さんも頑張って自然のことを、人間のことを伝えてくれ。』

自然を汚さない、自然を守る・・・人間の役目でもあると感じている。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


本来の感覚や感情
『姉の役目のひとつに、人間の感覚や感情を取り戻すようにすることがある。』

はい、それは承知しています。

『その為に、姉が出来ることも多くなったな。』

えぇ、特に今年になってから顕著になりました。
感覚や感情を鋭敏にしたり、解放したりするエネルギーワークが次々と出来るようになりました。
私の中でも可能性が多くなってきました。
エネルギーワークに関して、とても手ごたえを感じるようになっています。

『人間が本来持っている感覚や感情は、それは素晴らしいものなのだ。』

はい、それは感じています。
鋭敏な感覚や豊かな感情は、とても人を輝かせます。
イキイキとした姿にしますね。見ていてとても嬉しいものです。

『それを多くの人間が実感できるようになれば、人間はもっと自由に成長するだろう。』

自由な成長ですか?

『今の人間は自分で自分を縛っているところがある。
 感覚や感情で縛ってしまうのだ。ゆえに成長が後れてしまう。
 そこから解放すれば、人間は本来の成長を始めるだろう。』

本来の成長ができるのなら、それはとても素晴らしいことですね!

『そうだ、だから姉は人間が本来の感覚や感情を取り戻すように、その為のエネルギーワークを
 次々と行っていけば良い。今、必要なことだからな。』

そうですね、私もまだまだできることがあると思います。
私のやりたいことでもあるのだから、やって行きます!

私の言葉に頷き、かすかに笑っている。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

やってみることだ

感性の豊かな人間

表情の豊かな人間

感情の豊かな人間

どれも魅力的な人間だ


感性を磨き

様々な表情を活かし

どの感情をも否定せず そのままに感じる


全てが備わっている人間だから やてみることだ




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

キツネからのメッセージ

森のテラスで遊んでいた子狐たちから、メッセージが届いた。
彼らもいずれは神のお使いキツネとして活躍をする。
今はまだ準備段階の彼らだが、力は付けつつあるようだ。

森のテラスで、彼らは私が研修会を行うところを見ていた。
そして、参加した人達が話し合い、変わって行こうとする姿を見てもいた。
カムイコタンと彼らは同じものを見て、同じように感じていた。

彼らの知るのは真実のところだ。
人間が「つもり」になったり「ふり」をしていたり、本当にやる気になっていたりするところも
全てを知ることができる。人間がついやってしまう「誤魔化し」や「言い訳」は効かない。

『本当にやる気になっている人間もいるよ。
 でも、その場の雰囲気や姉さんの言葉や、他の人間の言葉に乗せられ、あるいは自ら乗って
 いる人間もいる。本当にやる気になっている人間と、つもりやふりだけの人間とでは、やがて
 結果が違ってくる。やる気になっている人間は、もっとやろう!もっとやってみたい!と思う。
 しかし、つもりやふりだけの人間は、しばらくすると忘れてしまったり、他の不満に気を取ら
 れてやらなくなってしまう。
 自分に都合の良いように考えを変えたり、自分勝手な解釈にしてしまうこともある。
 せっかくの機会だったのだから、つもりやふりだけではなく、本当に動いてほしい。
 やがては自分たちもお使いをするようになるけれど、人間たちにたくさんの使いができるよう
 になってほしいよ。』

本気になって実行すること、それがどれだけ大切で大きな力になるのかを、彼らは知っている。
参加した人達に可能性を見ているカムイコタンやキツネたち。
自分が発した言葉を忘れずに、頑張ってほしいと私も願っている。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


「森のテラス」

18日から20日まで、北海道の余市町にある「森のテラス」で、アソシエーションの主催による
研修会を行ってきた。1棟まるごと貸し切りの、天然温泉付きのコテージだ。
広い森の中にあり、鳥の鳴き声が心地よく響き、北キツネやウサギなども見かけた。
夜はコウモリが賑やかに飛び交い、びっくりしたものだ。

管理人の中村さんの笑顔に迎えられ、私たちは居心地の良い空間で3日間を過ごすことになった。

私は車から降りて中村さんを見たとき、目には見えないものの、中村さんにキツネの尻尾が重なって
いることに気付いた。

アレ? 中村さんは人間でキツネではないし・・・これはなに?
すると、ひょっこり可愛い白いキツネが姿を現した。
暖炉がありレストランと談話室とを兼ねた部屋に入ると、白い子ギツネたちがワラワラと近寄ってきた。
「森のテラス」はお使いキツネの子供たちの遊び場になっているのだ!
十数匹はいるようで、私もこのような場は初めて見た。

研修会の間は邪魔をしないように外で遊んだり、遠巻きに視ている。
終わって談笑していると、楽しそうに遊んでいる。

19日の研修を行っている最中に、カムイコタン(チビコタ)が姿を現した。
珍しいね! 皆と居る時間に姿を見せるなんて!

カムイコタンが来たのは、ちょうど参加者が自分の思いをひとりひとり言葉にしている時だった。

これを聞きに来たの?

『人間が姉さんの前で、自分の思いをどんな言葉にするのか聞いておきたかった。』

そう・・・それでどのように聞いたの?

『言葉の通りに動いてほしいものだな。』

その言葉には少々憂いが含まれている。
私は頷くしかなかった。カムイコタンには分かる、人間の思いと言葉を知ることができる。
言葉の通りに動いてほしい・・・実際に行動してこそ結果が出る。
人間の言葉がそのままに実行されなかったことを何度も見聞きしている、だからこその言葉だ。

ふと、私はカムイコタンが座っていることに気付いた。
私に会うために何度もホテルに来てくれたが、一度も座ったことがない。
私と話す時も、いつも立ったままだ。それがあぐらで座っている。

そうか・・・ここはカムイコタンが座れる場所なんだ!
「森のテラス」は白い子狐たちが遊び、カムイコタンが座れるほどの良い場所なんだ!
私はこの場所との出会いが、とても嬉しくなっていた。

20日の時間いっぱいまでの研修会は無事に終了した。
様々な思いや言葉がある皆の笑顔が輝く場所となった。
自分の思いを、言葉にしたことを、実行してほしい・・・カムイコタンと私の思いは同じだ。
次に会う時にどのように成長しているのか、結果を出すのはその人それぞれだが、私はその日を
楽しみにしていたい。

「森のテラス」気持ちの良い場所、中村さんの笑顔、たくさんの人達に使ってほしい場所です。

北海道余市郡赤井川村字日の出193-1
www.eco-vlg.com
tel 0135-34-7227


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

腕まくり
おはようございます、デイジーです。

先日の「あかね雲」でも話題になりましたが
遠野のこと、ただいま計画中です。

何人もの方がすでに「行きたい!」と手を挙げてくださっています。
かなり遠くからも参加を希望してくださっている方がいらっしゃいますし、
「有給とっていきます!」とのメールもいただき・・・胸がポカポカ熱くなりました。

「手伝えることがあったら手伝いますよ」とメールをくださった東北にお住まいのRさん。
昨日もメールをくださって、「これから遠野探検に行ってきます!」
晩にはさっそく現地報告のメールもくださいました、ありがとうございます!

ただいま、Yさんと連絡をとりあって、宿を探したり、遠野をどうまわろうかと調べています。
Yさんもとても楽しみな様子で、いただくメールが小躍りしています!
みなさんの楽しみにしてくださっている気持ちにふれ遠野のことを考えていると
にわかにイキイキした気持ちになっていきます。

カッパの母ちゃんは(^^) 「よ~し!」と腕まくり、です!



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。





===================
       お知らせ
===================

   「 夏の開田高原研修会 」

御嶽山の麓、その自然の息吹を感じながら、自分自身と向き合い、
お互いに研鑽しあう研修会です。

加藤憲子さんのエネルギーワークを通して
自分の持っている感覚、才能、能力を開花させ、
夢や希望の実現に向けて磨き高めたいという意欲のある方が集まります。


○期日/7月23日(金)~25日(日)
 集合/木曽福島駅 11時 
 解散/木曽福島駅 15時
 ☆現地集合・現地解散です

○研修・宿泊 ひゅってくらいす
 長野県木曽郡木曽町開田高原
 http://www.kis.janis.or.jp/~eventful/

○参加費/40,000円(研修・宿泊込み)

○募集定員 28名

○お申し込み期限 7月15日(木)

○お申し込み・お問い合わせ先 
 タマラアソシエーション事務局 佐藤まで
 03-3604-9422(TEL&FAX)
 office@tamara-healing.net
☆HPの「お申し込み」もご利用ください。
http://www.tamara-healing-assoc.com/application.php




持つ
あなたは 自分の持ちたいものを持っている

それを持ち続けるのか 活かし続けるのか

それとも 持っている手から

ポロポロと こぼしていくのか

それは あなたの思いと行動によることだ



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

エネルギーワークと考えること

感じること、考えること、察すること、受け取ることなど・・・いろいろな思いや考えが巡っていた。
そんな私の肩を叩いた方が居る。

『姉よ、今、姉は人間の感覚や感性や感情を呼び覚まそうとしているな。
 それに、その者の持つ才能や能力や可能性を引き出そうともしている。』

はい、私はその人が持って生まれている能力や才能をできるだけ発揮するように、また可能性を
できるだけ多く引き出せるように、サポートをしたいと思い行動しています。

『そうだ。近頃の姉はますますその思いを強くしているな。』

だから、私の行えるエネルギーワークが増えているのだろうと思います。
これは何?と思うほど、次々と異なるエネルギーワークが出来るようになりました。
でもね、私ができるのは、エネルギーワークなんですよ。
私が行ったエネルギーワークを活かすのは、才能や能力を磨き高めて使っていくのは、あくまでも
その人の努力なんですよね。
私がその人に代わって努力をすることはできないから・・・。

『その通りだ。努力に必要なのは、考えることだ。
 それも自分が感じたことから真剣に考えることだ。真剣に考えることで、知識を活かし知恵を働かせる。
 そのことがとても大切なのだ。成功する人間は、必ず真剣に考える時間を持つものだ。』、

真剣に考えることですね。

『考えるからこそ、才能も能力も磨かれ発揮されるものだ。
 ただ受け取るだけでは、片手落ちになる。
 考えることで磨き高め、行動することでますます磨き、高め、結果を出していく。』

私の行うエネルギーワークは根本のものであり、そこから先は本当にその人次第だと言うことですね。
ますます、エネルギーワークを行いたくなっています。

『そうだ、楽しみにやって行くがよい。』

たくさんの人達とご縁がありますように!




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


kanngaerukoto

妖怪の姿

『姉さん、遠野に行きたいと言っている人間が、もう何人もいるって聞いたぞ。』

あぁ、もしかしてカッパの・・・

『そうだ。カッパの母ちゃんに聞いた。
 カッパの母ちゃんと姉さんが話していただろう。
 それを聞いていたカッパの子が、オレたちに教えてくれたんだ。』

ワラシたちが言う「カッパの母ちゃん」とは、私が留守の時に、時折あかね雲を書いてくれる
デイジーさんのことだ。ワラシたちはいつの間にか、デイジーさんのことを「カッパの母ちゃん」
と呼ぶようになっている。
カッパたちの住んでいる家のお母さん・・・との意味なのだろうが、妖怪たちの間では以前から
「カッパの母ちゃん」と呼ばれている。

『オレたちはカッパの所にも遊びに行くからな。
 そんな時にカッパたちの視た人間の話を聞くんだ。
 オレたちは長い間、人間たちと接することを避けて来た。
 人間たちはオレたちと魔物を混同してしまうし、妖怪を恐ろしいものだと勝手に思っているからな。
 だからオレたちは人間の前には、ほとんど姿を現さなくなったんだ。』

そうね、私が絵で見る妖怪の姿は恐ろしい姿だったり、似ても似つかない異形だったりするからね。
あんな絵を見ると、悲しくなったり怒りを感じることもあるの。
私に絵が描けたらねぇ・・・もっと本当の姿を見せてあげられるのに・・・。

『いいんだ、自分が信じたいようにしか信じないし、思っているように思わせないと不満を持つ。
 そんな人間が多いのは知っているからな。人間の歴史が作り上げたことだから、無理もないけどな。』

私には、ワラシの言葉が痛かった。


:::::::::::::::::::::::::::::::::

「交流会へのお誘い」

紫陽花の美しい季節となりました。
皆さま、お元気でお過ごしでしょうか
この度、タマラさんを招いて大阪で交流会を行います
参加された方々との会話から解決したいヒントや
今、必要な情報をキャッチできる交流会です
ぜひ、足をお運びください。
皆さまの参加をお待ちしています!

日時:7月4日【日曜日】
   10時~16時30分

場所:クレオ大阪中央
   谷町線、四天王寺前夕陽ヶ丘駅下車①②番出口
   北東へ徒歩3分

参加費:2,000円

※クロスバージョン・バージョンアップをご希望の方は
 お知らせください。

お問い合わせ・参加お申し込みの方は
triangle-tomoko@nifty.com
090-7962-2160 
石橋智子 までご連絡をお願いします。



   
  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



動くことだ

『姉よ、動いているぞ。』

そうですね、いろいろな所に動きを感じます。

『姉のところにも動きがある。』

私のところにも・・・そうですね。
ニポは次の大きな仕事をするために、出掛けて行きました。
ニポのことも動きですね。

『そうだ、それも動きだ。必要なところに向けて、必要な動きをしている。』

それも感じます。
私に付き合ってくれた、ハヤヒ、タルちゃん、そしてニポ。
それぞれに私との役目を終えると、次へと出掛けて行きました。
私はそれを受け取って、私の動きとします。

『次の動きがもう出ている。それに遅れないことだ。』

本当に動きの速さを感じます。うっかりしていられません。
動きに乗るのは自らでなければなりませんね。
他の誰も動きに乗せてはくれません。
分かっています、だから、今は一休みをするよりも動きます。

『自ら動くことだ。』

大きな方は、言い置くと去って行かれた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

エネルギーワーク

岡山で出会った人達。
誘導瞑想をする企画を作り、たくさんの人達に声をかけてくれた人達。
誘導瞑想に参加してくれた人達。

どの顔も前向きで、初めこそ何となく不安げだった人も、いつしか真剣に話し合いをして、
笑顔を見せるようになっていた。

グループはその時に同じ課題を持っていたり、同じような経験をした人達が集まる。
だからこそ、話し合っているうちに
「そう言えば・・・」「・・・だからなんですね。」「うんうん、分かる!」
と心からの言葉が出てくる。

誘導瞑想で視えたビジョンを話し合い、ヒントや答えを導き出すこともある。
私のリーディングと異なることを話し合っていたとしても、答えを出そうとして話し合うことが
とても大切であり、人の意見や考えを聞くこと、自分の見解や経験を話すことが答えを探す方法だと
知ることができる。

誘導瞑想をする前に、私はひとつのエネルギーワークを行った。
これは私自身が向上したことにより、出来るようになったエネルギーワークだ。
私がサポートできるのは、本当のエネルギーワークだ。
その人の持つ感覚を引き出したり、鋭敏になるように力を貸したり、感情の枠を外したりと、今の
その人が望むエネルギーワークを、次々と行えるようになった。

誘導瞑想の前に行ったエネルギーワークも、13日の朝にいきなり「出来る!」と感じたものだ。

それぞれに自分の人生においての役目や使命がある。
その為の能力や才能や可能性も、持って生まれている。
私の使命も役目も能力も可能性も、全てはエネルギーワークに繋がる。
まだ何やらできそうな気がするエネルギーワーク・・・次はどのようなものか、とても楽しみでもある。
その為にも、私は成長を続けたいと心底から思っている。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


輝く人

岡山の夜のこと
ホテルのベッドにいた私に、呼びかけて来たものがいる

『姉さん、また来てくれたな、』

岡山の皆さんがね、私を呼んでくれたの。
誘導瞑想をするように、何人もの人達に声をかけてくれたのよ。
だから、私は岡山に来ることができる、本当にありがたいのよね。

『うん、知っているぞ。
 長もオレたちも、皆が知っている。
 姉さんを呼んでくれることを、オレたちも喜んでいるからな。』

皆さんも頑張っているのが、とても嬉しい!

『皆が良い顔になってきているよな。姉さんを呼ぼうとすると、皆がだんだん良い顔に成って来る。
 それを長もオレたちも喜んでいるんだ。皆は気付いているのかな?』

そうねぇ・・・真剣になっているとき、頑張っているときって、案外自分のことには気付かないかもね。
それと気付かずに一生懸命になっているから、良い顔にもなるのでしょうね。

『人間たちが一生懸命になっている時、輝いているもんな。』

そうなんだ!

『うん、オレたちから視ると、一生懸命になっているときって輝いているんだ。
 だけどな、頑張っているふりや頑張っているつもりはダメだぞ。
 本当に頑張っているとき本気で努力をしているときだけ、輝くんだ。
 だからオレたちには分かるぞ。』

そうなんだ、妖怪たちから視ると人間の頑張りがわかるのね。

『だからオレたちも応援できるんだ。』

応援してくれているのね、ありがとう!

『お互いさまだ。
 人間も頑張る、オレたちも頑張る、それで守れるものも多いからな。
 姉さんも頑張っているだろう?』


はい、私も頑張ります!



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

自分の思い
人間は自分の真の思いを 本当に大切にできるのか

自分の真の思いがどれほどのものか
知っているのか
知ろうとするのだろうか

自分の真の思いのままに
真の思いをごまかさずに生きようとすることを
真剣に考えるだろうか
自分をごまかさずに生きること
自分に嘘をつかずに生きること

本当に望む生き方を 考えてみることだ





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


人の顔

人間の生きざまは 顔に表れる

その人の人間性も 顔に表れる

良い年の重ね方をしていると 良い顔になってくる

苦い年の重ね方をしていると 顔に影が表れる

どんなに化粧をしても

どんなに笑顔を作っても

ふとした瞬間の表情には 隠せないものがある

自分の顔に責任を持つのは 自分でしかない

良い顔になることを 考えてみることだ



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

感情の陰と陽

私たち人間は、感情からとても多くのことを知ることができると思う。
感情を身内に持つことで、とてもたくさんのことを、学ぶことができると思う。
感情を行動に移すことにより、反省をすることも納得をすることも多い。

想いも思いも感情を伴い、思考は時として感情を邪魔とすることもある。
私たちは、感情に揺さぶられて、感情に囚われて、感情に翻弄されてしまうことがある。
だから、いつしか私たちは感情を閉じ込めて、感情に蓋をして、時には感情に流され、
自分の奥底にある多種多様の感情を怖がり、知らずにいたいと思うようになったのかもしれない。

でも、人間は感情があるからこそ、生きて行きたいと思うし、愛情や思いやりを示すことができ、
希望を叶えたいと思うし、幸せになりたいとも思う。

感情こそ人間の持っている最大の陰と陽。
人間であるために与えられた、陰と陽。
陰があってこその陽、陽があってこその陰。

感情を怖がらずに、感じていたい。
感情に蓋をせず、感じていたい。
感情をないものとせず、感じていたい。
感情に流されるのではなく、しっかりと感じていたい。

何よりも私自身に感情があることを、感じることを活かしたい。
それこそが、私が生きている醍醐味になるのだろう。

感情があるからこそ思いがあり、やりたいことを知り、深く考えることができ、
実行することができるのではないか。

生まれながらに備わっている大切な感情、心を狭めることなく感じていたい。


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


さよの話し

さよは言葉を続ける。

『今はお姉さんが必要な仕事をする為に、生まれてきました。
 私に姿を変えて見せたのは、私を安心させるためです。
 そして、今思うと、おたまさんも私がお姉さんの姿が視えたことを、知る必要があったのだと思います。
 だから、お姉さんはご自分の姿を知らなくても、今のお姉さんの姿でいることが必要なのです。』

さよはますます真剣な顔になっている。

さよ、ありがとうね。
何だか知らないけれど、私はおたまさんもさよも大好きよ、だから私は今の私が知っている姿で頑張るね!

『はい、そうしてください。』

さよは嬉しそうに笑っている。
ところで、おたまさんのご用って何なの?

『そうでした。
 私は以前に、おたまさんから私にも能力があり、いつかお姉さんの役に立てると聞きました。』

そうね、私もそれを聞いて嬉しかった!

『私はおたまさんの用事をしながら、いつかお姉さんのお役に立てるように能力を磨きたいと思いました。
 おたまさんから「時は自然に来る。姉が必要とした時にさよの能力が開くだろう。その時まで待ちなさい。」
 と言われていました。そして、先程おたまさんに呼ばれて言われました。
 「さよ、時が来た。姉の役に立つ時が来た。姉にそのことを告げてきなさい。」と・・・。時が来たそうです。』

時が来た・・・私には思いあたることがあった。
さよにはそのことが通じたらしく、真剣な顔で頷いている。

おたまさんとさよの言うことは分かったし、その時が来たということも分かる。
そういうことだったのね。
それで、さよはどうするの? ずっと私の側に居るの?

『いいえ、私はずっとお姉さんのそばに居ることはありません。
 お姉さんが私を必要とする時にだけ、お姉さんの側にいます。』

えっと・・・私がさよを必要とする時って、さよに通じるの?

『はい、大丈夫です。その時を私は知ることができます。
 だから必要な時には、お姉さんのそばに居ることができます。』

そうなんだ、見えない世界のことは分からないけれど、何だか便利ね。
そう言えば・・・以前にタルちゃんも必要な時にはいつでも居てくれたものね。
あの時はそれが当然のこととして受け取っていたけれど、タルちゃんも私が必要とする時を知り、
私の所に来てくれていたのかもしれない。私からすると不思議なんだけれど・・・。

『お姉さんたちの住む世界と見えない世界は、仕組みが違います。
 だから人間にはできないことも、私たちには当たり前にできることがたくさんあります。
 もちろん、できないこともありますよ。見えない世界では、人間にとってできることをするだけです。』

さよは当然の顔をして言う。
仕組みが違う・・・全てはそこなのよね。
仕組みは私の知るところではないし、波動で送られてきたことはあるが、複雑すぎて言葉に変換できなかった。
これからは私の気付かない所で、さよは自然に必要な働きをしてくれるようだ。
私は嬉しくなった。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


さよの言葉
さよの言葉は続いていた。

『お姉さんは、私には初めて見る人間でした。
 私は、どうしたら良いのか、分かりませんでした。
 あの時お姉さんは座って、ただ私を見つめていましたね。
 私が視ていると、お姉さんの姿がだんだん変わってきました。』

私の姿が変わったの?

『はい、お姉さんは全く気付いていないようでしたね。
 私はおたまさんの所に行ってから、あの日のお姉さんとの出会いを話して、
 お姉さんの姿が変わったことも話しました。
 すると、おたまさんは「姉の姿が視えたのか?」と聞いてきました。
 どんな姿が視えたと聞かれたので、私は視えたままを話しました。
 それを聞いて、おたまさんはとても満足そうな顔をして、
 姉が拾った訳が分かったと言いました。』

そんなことがあったの、さよに視えた私の姿ってなに?

『その時に、おたまさんから言われたことがあります。
 今は姉は姉として生きている。今はそれが大切な時なのだから、
 さよに視えた姿は言わなくても良い、
 いずれは分かること、姉が自分で知れば良いことだと・・・。』

ふーん、私の姿ね、何だか知りたいような知りたくないような・・・。

『だから、お姉さんが自然と知る日がくるまで、知らなくても良いそうです。
 今はお姉さんはお姉さんとして生きていることが大切ですから!』

さよの真剣な顔が嬉しくて、私はそのまま頷いていた。



***************************

タマラアソシエーション
岡山誘導瞑想へのご案内



誘導瞑想で、自分の中から 答えを導きませんか?
 
自分に自信のない方、迷いのある方
自分の向かいたいところがはっきりしている方

迷いのヒントも
やりたいことへのもうひと押しも
それらはすでに自分の中にちゃんとあります。

タマラさんのリーディングを受け
グループで話し合うことによって、それらはさらに深まります。

外側の自分と 内側の自分が手を繋いだとき
目の前がぱっと明るくなるのを感じます。


○ 日時  6月13日(日曜日)10時から17時
○ 場所  岡山県立図書館 サークル活動室


岡山誘導瞑想担当 神石

*お申し込み・お問い合わせ*
NPO法人タマラアソシエーション 事務局
TEL&FAX 03-3604-9422
MAIL office@tamara-healing.net





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。





さよの訪問

さよが来た♪
台所で料理をしている私の左側に、淡い黄色の着物を着たさよが、明るい笑顔で立っている。

いらっしゃい、さよが来てくれるのは、本当に嬉しいわ♪
おたまさんも変わらずかな? 
私はおたまさんの白い大きな姿を思い浮かべた。
すると、おたまさんはパチリと目を開けて、私の方をじっと見ている。

おたまさん、何か私にご用なのでしょうか?

問いかける私に、おたまさんは僅かに頷き、さよに聞くように促してくれた。

さよがおたまさんのご用を知っているのね。

『はい、おたまさんからお姉さんにご用を言いつかってきました。』

おたまさんから・・・私は背筋が伸びるように感じた。
おたまさんからのご用なんて、初めてのことだ。
何だか・・・緊張する~。
そんな私を見て、さよは笑っている。

『あ姉さん、何だかおかしいですよ。
 おたまさんよりも、もっともっと大きな方がいらしても、ほとんど緊張するなんてことは
 ないではありませんか。おたまさんもお姉さんの態度を、面白がっていますよ。』

そうねぇ・・・。私がおたまさんに恩を感じているからかもしれない。

『お姉さん、恩って私をおたまさんが預かってくれていることですか?』

フフ・・・さよは心配しなくてもいいのよ。
私が勝手におたまさんに恩を感じているだけなんだから・・・。
私ではどうしてあげようようもなかったさよを預かって、こんな良い子に育ててくれているんだもの。
私はそれが本当にありがたいのよ。

さよはうつむいている。

あっ、ごめんね。私はおたまさんとさよのことが嬉しいだけなのよ。

『分かっています。お姉さんが私のことをずっと気にかけてくれていること、思っていてくれること。
 私はお姉さんのことを思うと、いつも胸が温かくなります。おたまさんは、それが大切だって・・・。』

そうね、さよも私も出会って良かった。
さよのおかげで、私はおたまさんとの新しい絆ができたと喜んでいるの。
おたまさんはさよのことを大切にして、可愛がってくれているものね。

『はい、大杉のおじいちゃんに言われた「できそこないの子」は、本当のことだと思います。
 私は光にも闇にも属すことができず、消されていたかもしれないのに、お姉さんが拾ってくれたから、
 おたまさんに預けてくれたから、私は今、とても幸せに暮らしています。』

今考えても、不思議な縁としか言えないと思うの。
なぜ、あの時、さよはあの場所に居たのかしら?

『それが、あまり覚えていないのです。身体に文字を刻まれたのは覚えています。
 何か酷いことを言われたのも、覚えています。
 追い出されて追い出されて、どこに行ったら良いのか分かりませんでした。
 どこに行っても「お前の居る所ではない」と言われ続けていました。』

そうだったの・・・私は初めて聞くさよの話だった。

『どこをどう動いたのか分かりませんが、誰かに優しい声をかけてもらった気がしました。
 そして、声のする方に、声のする方に歩いて行ったら、突然見たこともない場所に立っていて、
 そこにお姉さんが歩いてきました。そして私の前に座ってくれたのです。』

私の脳裏に、鮮やかにさよと出会った日のことが思い出されてきた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


ある人

私の前に、決して言い訳をしない人が居る。

やらなければならないことから 決して逃げない人が居る

何かあると その人は 悩んで悩んで
考えて考えて、
実行しない為の言い訳を考えるのではなく、
行動する為の方法を探し出す人

例えば ひとつのことを成し遂げるのに
100を想定して
それぞれを考えて
それでも物事は予定通りにいかないこともあることを知っており
広い視野と
深い思索を持つ

様々に考えて 自分にとって一番良いと感じる方法を決める

感情を大切にしているから 
感情から多くのことを学んでいる

自分の感情を大切にしているから
人の感情の動きが分かる

その人と話していると
私はいつも脱帽して 敬服する 

私はいつも その人を見ていられることがありがたい
尊敬できる人のいることが 私の幸せだ
ともに歩みたいと願い 私はその為の努力をする
その人との出会いを ご縁を 心から感謝している





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

遠野

『姉さん、遠野が騒いでいるぞ。』

遠野が? それって、私たちが行こうとしているから?

『そうだ、オレたちのことを知っている人間が訪ねてくるだろ?
 どうすればいいのだとか、誰が行くんだとか、皆がワイワイやっているぞ。』

へぇ、楽しみに待っていてくれるんだ、嬉しいな!

『姉さんと長が約束をしているからな。
 姉さんが約束を守って来てくれるって、皆が喜んでいるぞ。』

そうなのよね、長との約束もあるし、私も遠野に行きたいからね。
長は時々我が家に来てくれるけれど、私は行けなかったでしょう。
今度こそ、私から長を訪ねたいと思ったの、それで行きたい人~・・・って言ったら、
何人もが一緒に行きたいと言ってくれて、遠野に行くのが賑やかになっている。
今ね、宿を探したり、ツアーにしようかどうか検討中よ。
一生懸命に探してくれている人達が居て、本当にありがたいわ。

『うん、知っているぞ。カッパのかあちゃんとYという人だろう。』

名前も知っているんだ。

『姉さんが話しているのを聞いているからな。』

あらら・・・いつ聞いたのよ。

『人間で言う、小耳にはさんだ・・・という奴だ。気にするな。』

フフ・・・まぁ、いいでしょう。
そうなの、Yちゃんも探してくれているから、何か情報があったら囁いてあげてね。

『分かった、カッパの母ちゃんにも囁いていくぞ。』

そうしてね、楽しみにしているから♪

ワラシはニコリと笑うと手を振って去った。



***********************

北海道の大自然に抱かれて
『第1回特別研修会』を開催いたします。

自分の持つ才能や能力を開花させ
自分の探している答えやきっかけを掴み
望む幸せを実現するための
特別研修会です

【研修会場】
「森のテラス」
北海道余市郡赤井川村日ノ出193-1
http://www.eco-vlg.com/

研修費
【1泊2日】 一般/20,000円  会員/15,000円 
【2泊3日】 一般/30,000円  会員/25,000円

宿泊費 
【1泊2日】金曜日泊 5,800円/土曜日泊 6,800円(食事込)
【2泊3日】12,600円(食事込)

※現地までの交通費は自己負担となります。

【お申込・お問合せ】
NPO法人タマラアソシエーション事務局
TEL・FAX 03-3604-9422
MAIL office@tamara-healing.net

*************************


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

タイミングが合う
Nさんが午後1時に来宅する予定になっていた。

「今から出ます。」
との電話があり、順調に行けば1時過ぎくらい着くかな・・・と思っていた。

とても大切な電話があったが、Nさんがまだ到着しておらず、必要な話ができた。
Nさん、遅れてくれてありがとう・・・私は思わず心の中で呟いていた。

2時前にNさんが到着して、ソファに案内をした。
「遅くなってしまって・・・」
Nさんの言葉が終わるかどうかの時に、電話が鳴った。

「はい、加藤でございます。」
電話の向こうから聞こえて来たのは・・・英語!
私は英語を話せないよ~(><)
思わずNさんの顔を見ると、勘の良いNさんは察していたらしくすぐに電話を代わってくれた。

お茶を出す間もなく、Nさんは電話で話しながら通訳をしてくれた。
それはニュージーランドのLさんからの電話。
大好きなLさん!

「タマラに聞きたいことがある」
Nさんの通訳でLさんの問いに答えることができた。
終わりにNさんは電話を渡してくれた。

「アイラブユー、Lさん! アイ ホープ シー ユー!」
「ミー トゥー タマラ。アイ ラブ ユー!」

Lさんも返してくれた。

思いがけない初めてのニュージーランドからの電話、ピタリ そこに来合せたNさん。
凄いタイミング!!!
Nさんは息子さんを連れていたが、途中で吐いたりして元気がなかったと言う。
買い物をしたり、面倒をみたりで1時間ほど遅れて来たが、それが何とも都合の良いタイミングの合う時間だった。

「こういうことなんですかねぇ・・・」
「きっと、そういうことだったのよ。」

Nさんと私は笑いあった。
息子ちゃんも幸い元気を取り戻し、ネコを相手に遊んだり、ぬいぐるみで遊んだり、テレビの子供番組を
見たりして遊んでいた。幸いなことに食欲もあり、途中で買ったと言う好物のパンを食べていた。

Nさんといろいろなことを話したり、確認をしたりしながら時間は過ぎて行った。
仕事もきっとタイミングを掴んでいくだろう。
それと気付かずタイミングを合わせられる人は、自分でもタイミングを掴んでいく。

帰るという息子ちゃんとハグをしたり、タッチをしながらお互いに
「またね~!」
と手を振り合った。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

遠野への同行を希望して下さる方、連絡をありがとうございます!
8月下旬の平日で、一泊二日を予定しています。
バスやホテルや、参加予定人数を検討しているところです。
詳細が決まったら、改めてお知らせします。
ぜひ、ご一緒して下さいね。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


妖怪たちの棲む遠野

『姉さん、遠野に来るって・・・本当か?』

そうなの、遠野に行きたいなって、検討中なのよ。

『よし、いいぞ!
 姉さんは長とも約束をしているからな。いつ来るんだ?』

それがね、今、いろいろと調べているところなの。
それにこのあかね雲を読んでいる人達の中にも、一緒に行きたいと言ってくれる人達が居るから、
呼びかけようかと思っているところなのよ。

『そうか、いっぱい人間が集まるのも面白いな。』

うん、待っていてね♪

『うん、待ってるからな!』

ということで、遠野に行くことを検討中です。
おって日時はお知らせしますが、一緒に遠野に行きたい方は、私までお知らせください。
楽しみましょうね♪



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

今そのとき

気付いたら 行動することだ

思い立ったら 実行することだ

やりたくなったら やってみることだ

もう波は来ている

波に乗るには 自分から動くことだ



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


直感と選択

直感や閃きは 魂からの導きだ

素直に受け取り考え実行すれば 魂の望む道をそのままに進む。

直感を選択しなくても それも経験や体験として刻めば成長をする。

どちらが良い悪いではなく 

自分が本当に望むところを選択することだ



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。