あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望

希望 あるもの

希望 持つもの

希望 思うもの

希望 成し遂げたいもの

希望 自ら向かうもの

希望 自ら開くもの

希望 生き抜く力となる

希望は 自分の中に必ずあるもの



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

スポンサーサイト
カクの話し
カクは私の膝に座って、私を見上げた。
カクには珍しいことだ。

やはり何か気になることがあるのね。

『うん、ワラシが遊びに行く所があるんだけど、そこの友達がどんどんおかしくなっているんだ。』

おかしくなっているって?
カクも知っている人間なの?

『オレはあまり行かない。姉さんの所にいるのがオレの役目だからな。
 だけど、妖怪の仲間たちの行動は知っている。
 その中のワラシが言っていたことなんだ。何度かこの家にも遊びに来たことがあるぞ。』

そう、それでワラシは何と言っているの?

『ワラシが遊びに行くほどだから、その家の子は心配ないぞ。
 そこに来ている子が、どうやらおかしくなっているらしい。』

どのようにおかしくなっているの?

『・・・つまらない・・・とばかり言っているらしい。』

つまらない? 

『やりたいことも面白いこともないから、つまらないんだと・・・。』

やりたいことがないって、その子は幾つなの?

『中学生になったと言っていた。』

中学生なんてやりたいことがたくさんある年齢でしょう、それがやりたいことがないって?

『そうらしい、どうも家庭内がうまくいっていないのかもしれないぞ。
 ワラシがその子の友達の家には行きにくいと、言っていたからな。』

ワラシに行きたい家じゃないのね。気持ちが通い合っていないのかな?
ワラシは温かいところじゃないと、キツク感じてしまうから・・・。
その子の家庭がうまくいってないから、その子はつまらない面白くないと言っているのね。

『そうらしい。ワラシの行く家に遊びに来た子が、将来なんてどうなるかわからない。
 どうせうまくいかないんだから、下手に期待しない方が失望しなくていいと言ったらしい。』

それは中学生には言わせたくない言葉ね。

『そうだろう? 中学生なんてこれからだよな。
 ワラシは慰めたらしいんだけど、その友達には通じなかったらしい。』

そう、それは切ないね。

『ワラシは遊びに行く家の子に、希望を持てと伝えながら、その子の口から友達に
 向けて言わせたらしい。』

その子はワラシの言葉を受け取って、友達に伝えたのね?

『あぁ、自然にそういうことをする子なんだ。だからワラシが遊びに行けるんだけどな。』

それでその子はどう返事をしたの?

『希望ってなんだ? と聞き返したらしい。』

うっ・・・私は言葉に詰まった。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

カクの話

『なぁ、姉さん・・・』

私の左肩に乗っている、カマイタチのカクが話しかけてきた。

うん、なぁに?

『人間って、夢をもつべきだよな。希望を持つべきだよな。』

ふーん、珍しいね。カクが「・・・べき」という言葉を使うなんて・・・。

『夢や希望って、人間が未来に対する見方や考え方なんだろう。
 オレたちにも夢や希望はあるけれど、人間とは違うんだ。
 オレたちは自然と共にあるから、自然の動きや移り変わりそのものを、そのままに受け取る。
 自然がその時に一番良い状態になるように、オレたちは添って動くんだ。
 状態が良くない時には、良くないままの、それでも一番良い状態であるようにな・・・。』

あー、そこは大きな違いかもしれないわね。
もっと良くしたい、もっと良くなるだろう、もっと何とかなるだろう・・・。
私たちは「もっと、もっと」と思いながら、未来に向けて努力を続けるの。
だから、暮らしていくためのいろいろな方法や、快適さを求めて何かを創り続けていく、
それも人間にとっては大切なことよ。

『それが成長でもあるんだよな。』

そうね、もっと・・・を続けていくのは努力を伴うし、考えるし、動くから成長になるわね。
どうしたの? 何か気になるところがるの?

カクは肩から飛びおりクルリと回ると、私の膝に座り込んだ。
うまい具合に、手術の後は避けて座っている。

さて、カク、何を話したいのかな?




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

自問自答

[READ MORE...]
特別は ない

特別な人間

特別な能力

などと言うがな

特別な人間など いない

特別な能力など ない

皆 同じ人間であり

それぞれが活かすべく自分で持ってきた能力

ただ それだけだ


自分と言う人間を 磨き続けよ

自分の持つ能力を 高め続けよ 




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

コミュニケーションの実践
長野にて「コミュニケーション能力開発セミナー」のモニター希望者を集めて、セミナーを行った。
一泊二日の泊まり込みで行ってみた。
言わば初級コースと中級コースの一部を、駆け足で行ったようなものだ。

参加者のTさんから、エネルギーワークについての感想が出た。

「あなたのスピリチュアルをオンにする・・・と言うことですね。」

なるほど・・・とても納得した。

私たちが内に持っている直感や閃きや第六巻、虫の知らせや胸騒ぎや様々な感覚など全て
スピリチュアル。
それと気付かずに、誰もがとても自然に使っているスピリチュアルな能力。
それらを更にスイッチオンにして、実践を通して磨きながら、高めながら、五感の全てと合わせて
使いながら、コミュニケーションの能力を開発していく。

私が出来るのはスイッチオン、そしてテーマごとに実践を繰り返す。
思いがけない能力の開花に最初は戸惑う人達もいたが、実践を行うにつれて受け取る能力が
どんどん増していく。手ごたえがあり経験を重ねていくと、だんだん自分を信じることに繋がっていく。
受け取ったことを伝えることの大切さ、そこから広がる多くのこと、分かり合えること。
参加者の熱心さと、喜びと驚きと新たな自分の能力の発見など面白い現象が次々と出てきた。

何かをビジョンで受け取ったり、言葉や文字に見たり、視野が広がったり、嗅覚が鋭くなったり、
何かを匂いで感じるようになったりと、実に様々な開発の仕方となった。
どの能力が開発され、どのように磨かれていくのか、実践を重ねる度に明確になっていく。
自然に囲まれた環境で実践したことにより、これまで気付かなかった自然の何かをより感じるように
なったり、体感することもあり、皆さんがとても楽しんでいたのが印象的だった。

自分とのコミュニケーションをとることにより、これまで自分の中にあったわだかまりが解けたり、
深く閉ざしていた何かから解放された気分を味わったり、自分のやりたいことが分かったりもした。

「まず、家族とのコミュニケーションから始めます。」

この言葉を口にする人達が多かった。
いかに家族とのコミュニケーションを必要としているのか、まだ出来ていないと感じているのかなど、
改めて知るところとなった。

「さっそく仕事に役立てます。」

この言葉も多かった。職場でのコミュニケーションや仕事上でのコミュニケーションに悩んでいる
人達も多いと感じている。
これから、コミュニケーションを必要としている多くの人たちに会っていきたい。
人として大切なことを、ひとりでも多くの人たちに受け取ってもらいたい。
自分の内にあるスピリチュアルな能力を、もっともっと活かしてもらいたい。
自分に自信をもち、人との繋がりをもっと楽しんでほしい。
きっとそこには大きな喜びも満足も納得もあると思うから・・・!




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

努力って凄いよ!

努力ってさ 凄いよね!

どこまでも 自分を磨けるんだよ!

どこまでも 自分を高めていけるんだよ!

どこまでも 幸せを求めていけるんだよ!

それにさ 努力をしていると 必ず素敵な出会いがあるんだよね

これって 本当に凄いと思わない?

素敵な出会いは 愛や友情や信頼が いっぱい含まれているんだよ

努力ってさ 結局は笑顔に繋がるんだよ

自分のための努力

人のための努力

辛いだけが努力じゃないよね

努力って 凄いよね!!!




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

コミュニケーション能力

私が始めた「コミュニケーション能力の開発」は、 コミュニケーションのノウハウを
教えるのではなく、 その人の中に潜在的にある本来の能力を、 私の行うエネルギーワークで
引き出すことにある。

コミュニケーションの能力とは、そもそも人間が本来持っている 素晴らしい感性であり、
直感であり、受け取り伝える能力と 言うことだ。

それは人として生きる上で、お互いを大切にする上で、 とても重要な能力だと感じている。

すでに数十人の人たちにこのエネルギーワークを行っているが、 エネルギーワークを受ける
回数を重ねるほどに、その人たちの能力の高まっているのが分かる。
もちろん、私は能力を引き出すだけで、能力をさらに磨き 高めて行くのは、その人自身の
努力によることだ。 努力なくしては、物事は思うようには進まないだろう。

私とご縁があり、コミュニケーション能力のエネルギーワークを 受けてくれた人たちが、
どこまで高みを目指すのか、どこまで 到達するのか、今はそれがとても楽しみだ。

もちろん自分の持っている能力だから、自分でも引き出すことができる。
私でなければ出来ないということではない。
自分の努力で出来ることでもある。
ただ、私はそれをサポートすることができる・・・それだけのことだ。

求めてくれる人、望んでくれる人に私はエネルギーワークを行っていきたい。

それは楽をすると言うのではなく、自分でさらに磨きたい高めたいと努力をすることを決めて
いるからこそ、私は本当の意味でサポートができるのだと思う。

サポートは、その人の努力があってこそ活きると考えているからだ。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

能力

自分の内にある能力はな

自分が使いたくて 持って来ているものだ

自分の能力に 怯えるな

自分の能力を 怖れるな

自分の能力に 関心を持て

自分の能力に 誇りを持て

そして 本当に 自分の能力を引き出していけ 高めていけ

それでこそ 能力を持ってきた意味があるのだ



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

退院して。

20日に退院をした。
帰って一息ついたとき、ワラシが話しかけてきた。

『姉さん、良い病院だったな。』

うん、お医者さんも看護師さんも親切で明るくて、良かったね。
それに部屋もきれいだったし、設備も整っていたから気持ちよく過ごせたよ。

『オレたちが見舞いに行ったのは、分かったか?』

手術のすぐあとでしょう、ぼんやりしていたからごめんね。

『分かっていればいいんだ。
 しかし、姉さんは辛そうだったな。』

それは仕方がないわよ。
必要な手術はしてもらったし、辛さはわかっていたことだからね。

『あの医者たちは良かったな。』

そうそう、手術が簡単でも難しくても本気で向かう姿勢は、どちらも同じだと言うことね。
だから、安心して任せられたのだと思う。
人間って簡単だと思うと、どこかに気の緩みや抜けが出ることがあると思うの。
それは常日頃の姿勢に出てくるでしょうね。
だから何かに向かうとき、本気で向かうことの大切さを知っているかどうか、実行できるかどうか
だと思う。本気を実践している人達だから、清々しさを感じたんだと思うわ。

『うん、だからオレたちも安心していたんだ。』

膝を触ってくれたのも分かったよ~、すごく温かかったし気持ちよかったの。
ありがとうね! 

『あとは、しっかり筋肉を付けろって言われていたよな。』

あ~、リハビリの時も一緒に来たの?
リハビリの先生に言われたのを聞いていたのね。

『うん、聞いていたぞ。だからしっかり筋肉を付けるように頑張れな!』

わかった。またリハビリを頑張るね!

思わずワラシと指切りをしたものだった。


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

もういいよは、もういいの?
おはようございます。
デイジーです。
かとうさんは術後も順調とのことで
いよいよ今日は退院です(^^)

エネルギーワークの話に触れたので
もう少しお話したいと思います。

「おばあちゃん元気になってねって思ってヒーリングしたけれど、
 おばあちゃん感じてくれたのかな? ヒーリングできてたのかな?
 ありがとう、もういいよって言われちゃって・・・」

この間はそんな話もしました。これは私も経験があります。
私の場合は、「エネルギーを感じました」的な答えを想定してしまい、
「ありがとね」では、自分勝手にモノ足りず(><)
そしてまた、感覚を伝えられても、その答えが想定外だと
例えば、「もういいよ」なんて言われた時には
勝手に不完全燃焼に陥って、「気持ちよくなかったのね・・・」って
勝手にしょんぼりしたりしていました。

ああ、私って勝手にそう思っちゃってたんだなって
今、書いていて思いました(苦笑)。

かとうさんは
「ちゃんと届いているから大丈夫よ。もういいよ、っていうことは
 その人にとって 十分 ということだと思うわ」
と、おっしゃいました。

それで思い出したのが、子どものこと。
保育園や学校から帰ってくると、
ぴたーっと私にくっついて離れないときがありました。
座っていれば膝の中に入って来たり、背中におぶさってみたり、
足にまとわりついていたり、「抱っこ」とか・・・
しばらくぴたーとくっついています。(委ねるの見本みたい!^^)
そして、しばらくすると自然に離れていき、自分のやりたいことをし始めます。

私もぴたっとくっついて来ると「充電しにきた」、
離れると「満タンになった」といつしか思うようになりました(^^)

「もういいよ、ありがとう」(子どもの場合は遊び始める)は、
充電満タンの印。そう思えば、もっともっと楽しかったなあと今思います。

「子どもは、とくに赤ちゃんは自分にいいもの、必要なものを目で追うのね。
 エネルギーワークできるようになったら、
 子どもや赤ちゃんと目が合うようになったり、ニッコリされたりすることが
 多くなったっていう人も多いのよ」

かとうさんのその言葉に、Oさんと私はニコニコしっぱなしでした(^^)



☆今日までありがとうございました。
 明日からはかとうさんの「あかね雲」に戻ります。
 どうぞ、お楽しみに(^^) ありがとうございました☆



===お知らせ=====================

☆タマラアソシエーションからのご案内☆
 東京イベント*まもなくです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○12月12日(土)「誘導瞑想」
○12月13日(日)「ヒーリングワークショップ」
         「ポジティブマインドワークショップ」
今回は、國學院大学院友会館にて行います。
詳しくは、タマラアソシエーション事務局まで
お問い合わせください。
□タマラアソシエーション□
メール office@tamara-healing.net
TEL/FAX03-3604-9422

=============================




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。






初心
おはようございます、デイジーです。
今日もよろしくお願いします。


Ayaさんのカードをした後、今度はタマラのエネルギーワークについて
Oさんの思うことや感じることから、楽しい会話が続きました。

Oさんは、タマラのエネルギーが流れるようになって
手のひらが時々カーッ!と熱くなるんですと言います。
「そういうときは、近くに誰かエネルギーを必要としている人が
 いるのかもしれないね。必要な人に届きますように、って思ったらいいわよ」
かとうさんの言葉に、Oさんは「そういうことなのね~!」と
自分の手を嬉しそうに眺めています。

そのOさんの様子に、私は、自分の初心を思い出すことができました。
初心といっても・・・それはすごく自然な気持ちの流れというか・・・。

最初は、なんとなく面白そうという興味で受け始めた
かとうさんのエネルギーワーク(その頃は「ヒーリング」として)。
興味(お試し)から、ヒーリングしてもらうのが好きになって、
ちょくちょく通うようになりました。

でも、主婦のお財布事情もあって(^^;)
ある日かとうさんに「これって自分でもできるんですか?」と聞いたんです。
「できるわよ~」
かとうさんは拍子抜けするくらいあっけらからんとおっしゃいました(^^)。

自分でできる、だったら! 俄然やる気マンマン。
「自己ヒーリングも、ご家族にもヒーリングできるわよ」
「私、できるようになりたいです!」

Oさんの笑顔から、私は私の 初々しかった頃(*^^*)を思い出し
そして、できるようになる うれしい! という気持ちを思い出すことができました。



===お知らせ=====================

☆タマラアソシエーションからのご案内☆
 東京イベント*まもなくです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○12月12日(土)「誘導瞑想」
○12月13日(日)「ヒーリングワークショップ」
         「ポジティブマインドワークショップ」
今回は、國學院大学院友会館にて行います。
詳しくは、タマラアソシエーション事務局まで
お問い合わせください。
□タマラアソシエーション□
メール office@tamara-healing.net
TEL/FAX03-3604-9422

=============================




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。






Ayaさんのカード 2
おはようございます。
デイジーです。
昨日の続きをお話ししますね。


36枚のカードはどれもとても美しいデザインです。
http://jma-healing.com/oraclecard/swv.html

「3枚選んでみて」
かとうさんに促され
最初に気になるカードを選び、そこから絞り込みました。
捨て難い、魅力的なカードもあるんです・・・「うーーーーん」。
一呼吸置いて、決めた3枚のカード。

それぞれのカードを、三角形を描くように置くと
かとうさんは、一番上のカードが「その人自身」を、
下左がその人が「やろうとしていること」を、
下右がその人が「目指すところ、目標とするところ」を示していると
教えてくれました。

私がカードを選ぶのをそばで見ていたOさん。
実は「目指すところ」のカードは、Oさんと同じでした(^^)
自分が引いたカードと同じカードを私がひき、
それをまた同じところに置いたのを見て
「これ、私と同じよ!」と、ニッコリ笑顔を向けてくれました。

「さ、読んでみて」
ニコニコするお二人に挟まれて、日本語訳の解説書を渡された私は
1枚1枚のカードの意味を音読しました(^^)

どう理解したらいいのかわからないところは
お二人が「こういうことじゃない?」と教えてくれます。
解説書に書いてあることをすべて理解することは私にはできませんでしたが
その中にキーワードだなと思える言葉をみつけ
そのひとつひとつを受け取るうちに、だんだん清々しい気持ちになりました。

カードのことから、これからやりたいことやパートナーとの出逢いのことなど
これから先をイメージする楽しい話が続きました。

Oさんと私は住む国も違えば、これからの人生も当たり前ですがそれぞれです。
でも、目指すところとして、同じカードだったことはとてもうれしくて
折に触れてこのことを思い出しながら、
私は自分を励ましていきたいなと思いました(^^)



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。




☆タマラアソシエーションからのご案内☆
 東京イベント*まもなくです!
○12月12日(土)「誘導瞑想」
○12月13日(日)「ヒーリングワークショップ」
         「ポジティブマインドワークショップ」
今回は、國學院大学院友会館にて行います。
詳しくは、タマラアソシエーション事務局まで
お問い合わせください。
□タマラアソシエーション□
メール office@tamara-healing.net
TEL/FAX03-3604-9422






Ayaさんのカード 1
おはようございます。
デイジーです。
今日からかとうさんの退院まで
どうぞよろしくお願いします。

先日、かとうさんのお宅に伺ったとき、
テーブルに気になるブルーの小さな箱がありました。
ちょうどその日は、かとうさんのお宅にOさんという
素敵な先客がいらっしゃっていて
ソファに座っていらっしゃるOさんのまわりには
すでに何か 喜び、ワクワクするような気配があり、
テーブルの上のブルーの箱が気になりつつ、
お二人の会話の輪に入れていただきました。

「じゃあ、やってみる?」
「え?」
「Ayaさんのカード、やってみる?」

うわー! もしかして!
着いたときから気になっていたそのブルーの箱こそが、
日本で発売になったAyaさんのカードでした。
Oさんは、すでにそのカードのメッセージを受け取っていらっしゃって
とても納得し、自分を信じ、この先に明るさを感じていらっしゃいました。

私はAyaさんのカードで、
かとうさんがリーディングしてくださるんだとばかり思っていましたが、
1枚1枚の美しい曼荼羅の絵は、Ayaさんが受け取ったメッセージ。
絵として受け取ったそのメッセージを、Ayaさんが言葉として伝え、
日本語訳のブックが、カードと一緒についています。

カードの引き方と、そのカードが何についてのカードなのか、
そこまではかとうさんが教えてくださいます。
1枚1枚のリーディングメッセージは、Ayaさんの言葉から知る・・・
俄然わくわく!

これまで何回かカードでのリーディングを受けたことがありますが
今までは、伏せたカードから何枚か選ぶ、というスタイルでした。
今回のかとうさんのやり方は、カードに描かれた素敵な曼荼羅の絵をみながら
気になるカードを選ぶ、というものでした。

・・・つづく(^^)


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


全ては良くなるために
オーストラリアで6月1日に膝蓋骨の骨折をして、3日に手術を受け、今日に至りました。
いよいよワイヤーを取り除く手術をします。
5ヶ月半、私の膝蓋骨をサポートしてくれたワイヤーです。

足が不自由ゆえに気付いたことも、考えたことも本当にたくさんありました。
外国での骨折と言う、一見、悪いことだと受け取ろうとすれば、不幸な出来事になったと思います。

しかし、実際のこととしては、出会えることのなかったかもしれない人と出会い、人の親切さに触れ、
これまでとは比較にならない体験をしたり、自立の助けになり、怪我をしながらでもイベントには
参加でき、大切な人との絆はより強くなるなど、結果として良いことが断然多くありました。

私自身の受け止め方もあったでしょう。
周りの人たちの支えや、たくさんのサポートには、ただただ感謝あるのみです。

今、誰かの身に起きている「一見すると悪いことのように見える」ことが、実はとても大きな大切な
経験や体験であること、それをバネにできること、いつしか肥やしになっていることなども、私の
経験を通して皆さんにお伝えできるものでもあります。

日々、いろいろなことが起きます。
感情に振り回されたり、時には自分の考えや動きに自信をなくすこともあります。
弱い自分を嘆きたくなったり、自分の不幸としか捉えられないこともあるかもしれません。
でも、それらは全て乗り越えられることであり、自分を磨くためになり、心を深く大きくする一助に
なることも多いのではないかと思います。

人生は順調に進んでいる時も素敵ですが、力を出し尽くす本気で生きることの素敵さも
あると思います。

16日の入院、20日に退院の予定です。
私が留守の間は、デイジーが書いてくれます。

どうぞ、良い日々となりますように!


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

寿命と明日

九死に一生を得る・・・私も身の周りで、この言葉の通りのことがありました。
事故による心肺停止の状態からの回復で、医師に言わせると「奇跡の生還」だったようです。
やはり、寿命によるものなのでしょうね。

『そうだ、寿命があれば、どんなにひどい状態であったとしても生き抜くのだ。』

私は事故の一報を聞いたときに、その人の死は全く感じませんでした。
不思議と生きる・・・とだけ感じていました。

『それは姉が無意識のうちに、その者の寿命を感じ取っていたからであろう。』

そうかもしれません、意識して寿命を視ることはしていませんでしたけれど・・・。

『寿命は視てもどうなるものでもあるまい。』

そうですね。もしも、本当に近しい人達の死を感じたとしても、返って苦しいだけでどうしようも
ありませんからね、寿命は知らない方が良いのでしょう。

『姉は、死を知る必要のある時には知る。』

それは・・・ありますね、だからと言ってその人に告げる訳ではありませんから。
私が知る必要のある時だけ、知るのだと思います。

『それで良い。
 人間は自分の死の時期を知らないからこそ、いつも未来に希望を持っていられる。
 いつも「明日がある」と思いながら生きることが必要なのだ。』

明日がある・・・そうですね。
明日や先の計画や予定を、どこかで考えています。それが未来への希望になるのでしょう。

『未来の予定や計画を考えるのは人間だからだ。』

他の動物には有り得ないことですか?

『他の動物は、ありのままの今を生きている。それが必要であり、それだけで良いからだ。』

では、未来を考えるのも人間の醍醐味ですね。

『ハハハ・・・そうとも言えるな。』

では、醍醐味をしっかりと味わいます。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


元気を出せ
元気をだせよ

沈む気持ちも 落ち込む気持ちも分かるがな

沈みたければ そっとしておくぞ

落ち込みたければ そのままにしておくぞ

ただな 見守っている

だから 元気を出せよ

元気になるにはな 笑顔だ 笑顔になることだ

笑顔はな 自分で元気を出す秘訣だぞ

ここにいるから 元気を出せよ




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

少し変わったかな

『姉さん、ただいま。』

カク(カマイタチ)ね、おかえり~、今日は朝からいなかったよね、どうしたの?

『長の所に行ってきた。呼び出しがあったんだ。』

そうなの。用事は済んだの?

『あぁ、一応な・・・。』

んー、なんだかはっきりしないみたいね。何かあったの?

『珍しく、オレとヤも一緒に呼び出しがあったんだ。』

へぇ、ヤも一緒だったの?
カクとヤは、どちらか片方はいつも私と一緒にいるでしょう。
両方一緒に留守にするなんて、初めてじゃないのかな?

『そうなんだ、どちらかが必ず姉さんと一緒にいることになっていた。
 それが今日は一緒にと連絡があって、オレたちも驚いたんだ。』

そう、長の話は私が聞いても良いことなの?

『うん、姉さんにも関係があることだからな。』

私にも関係があること?
なんだか、あまり嬉しいことではないみたいだけど・・・。

『まぁな、嬉しいことではないけれど、姉さんが心配してもどうしようもないことでもある。』

ふーん、つまり、何か起こるべくして起こる・・・と言うことなのね。

『どう動くかは分からないけれど、オレたちはただ、姉さんを守るように言われてきた。』

そうなんだ・・・じゃあ、その時はお願いね。
起こるべくして起こることは、膝の骨折の時に経験済みよ。
一見すると良くないことのようにあるけれど、決して悪いだけでは終わらない。
そこには学びもあるし、何事かが良い方へ向くきっかけになることも分かったからね。
何事かはわからないけれど、その時は私は受け止めることにするね。
起こってもいないことを、今から心配してもどうしようもないものね。

『姉さん、変わったな。』

私が?

『そうだ、以前なら何が起こるのか知りたがった。
 起こってもいないことをあれこれ考えて、どうしようもないことを心配したり不安がったりした。
 以前の姉さんだったら、こんな話は出来なかったぞ。』

うん、そうかもしれないね。
どんなことが起こっても、何かあったとしても「成るようになる」と思えるようになったから、
そこが以前の私とは違ってきたのかもしれないね。

『オレもそう思う。姉さん、良かったな。』

カクの言葉に私は胸があったかくなった。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


言葉にする
『姉さん、長かったか?』

アメリカから帰宅すると、留守番のワラシたちが声をかけてくれた。

留守番をありがとうね、いつもよりは長かったけれど大丈夫よ。
私が留守の間、何事もなかった?

『あぁ、何もなかったぞ。
 姉さんの息子はひとりでのんびりしていたな。
 なにしろひとりだろう、満喫していたみたいだぞ。』

そうね、夫も旅行で居なかったから・・・息子が居てくれて猫や金魚の世話をしてくれて、
そのことは助かっているんだけどね。早く良い職場が見つからないかな・・・と思ってね。

『姉さんも、そういうところは普通の親と一緒だな。』

そうよ、親心は同じだと思う。
決して怠けてばかりの息子ではないけれど、社会の中で生きていくには少々のんびりかな。
あの子の持っている協調性などの良さは、すぐにはわからないものだから・・・。
それを選んで生きているのも息子だしね。

『うん、自分で選んでいることだからな。
 それは分かっていても、はやり親としては一言あり、なんだな。』

そうよ、分かっていての言葉かけも必要だと思うの。
分かっているからって言葉をかけなかったら、息子はもしかしたら無関心?と思うかも
しれないでしょう。
息子のことは信じているから、いつかは自分に合った職場を見つけると思う。
でも、言葉を避けてはいけないと思うよ。しっかり話す必要のあることでもあるでしょう。

『親子の思いの伝え方や受け取り方か?』

うん、言葉にする、口に出して言わなければ伝わらないのが人間なのよ。
言わなくても分かっている・・・と言うのは、自分勝手な思い込みかもしれないし、
やはり言うべきこと、言いたいことは、ちゃんと話さなければね。

『オレたちの世界は、もっと分かりやすくもあるけれど、それでも伝える努力はするぞ。』

そう、伝える努力なのよ。
ねぇ・・・息子の仕事・・・何とかならない?

『姉さん、ずっこけるぞ!』

フフ・・・ごめんね。
つい言いたくなっちゃった♪

『早く見つかるといいな。』

そう、早く見つかるといいね。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

ナバホ族のケンさん

AYAさんのお宅は、窓の外にあるデッキに出ると、セドナが広く一望できる、素晴らしい場所にある。
夕日に映えて、とても美しい所だという。私たちはしばらくデッキで風に吹かれていた。

AYAさんのお宅で、見事な曼荼羅の絵を見せていただいているとき、AYAさんが家をシェアしている
ケンさんのいることを話してくれた。なんとそれが、ナバホ族の方だと言う。
ナバホ族! 私たちは驚きと興奮で、思わず歓声をあげてしまった。

通訳のMさんは、Aさんと私のために、ネイティブの人達を紹介してくれようとしていた。
ナバホ族もぜひ・・・と考えていたようだが、なかなか思うように連絡が取れずにいたそうだ。
それが思いもかけず、AYAさんの所で会えるようになった。

しかも、ネイティブのフルート奏者だと言う。
なおさらに私たちの興奮は高まった。

AYAさんの紹介してくれたケンさんは、とても感じのよい素敵な男性だ。
私たちのためにと、フルートを吹いてくれる。

「初めは祈りのときに吹く曲です。目を閉じて聴いてください。」

フルートは深い音を持って響き渡り、私はすっかり包まれていた。

他にも静かな曲からアップテンポの楽しい曲まで、数曲を吹いてくれた。
私たちは静かな中に流れるフルートに、すっかり魅了されてしまった。
ケンさんのフルートは、ネイティブの人たちの生活の中にあるものを音楽にしているとのこと。
数本持っているフルートも、見せてくれた。
曲によって変えたり、その日の様子に合わせて吹くフルートを決めるのだと言う。

まだ聴きたいねぇ・・・と言う私たちに、ケンさんはご自分のネイティブフルートのCDを
売っていると話してくれた。
さっそく私たちは購入することにした。
CDのケースの絵を見ていた同行のAさんが声をあげた。

「これって・・・フィラデルフィアで私が買おうとして、一端は持ちながらもなぜか置いてしまった
 CDと同じです。欲しいと思いながら置いたのが、ここで出会うなんて!不思議です!」

「ここで買うために、フィラデルフィアで置いたのかもしれませんね!」

そしてこのCDはネイティブフルートの部門で、グランプリにノミネートされているとのこと。
ケンさんの吹いた曲の素晴らしさも、頷けるものだった。
さっそくCDにケンさんのサインを書いてもらい、私たちはCDを購入することになった。

ハヤヒが言ってくれていた。

『出会いはあるよ!』

本当にその通りになっている。
中身の濃い出会いに、私たちはすっかり嬉しくなった。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


アーティスト AYAさんのカード

セドナで、通訳のMさんのご紹介で、アーティストのAYAさんと会えた。
繊細なAYAさんは、曼荼羅をメッセージとして受け取り、絵に描き表わしているとのことだ。
家に伺うと、とても大きなとても綺麗なマントラの絵の数々・・・。

いろいろな意味の曼荼羅を、ご自分の表現として色と形に表している。

AYAさん手作りのコンブ茶をごちそうになり、楽しく話をしていた時だ。
Mさんがカードを見て声をあげた。

「わぁ、日本で発売するカードが出来上がったのね!」
届いたばかりだと言う美しいカードは、日本語で説明が書かれている。
見ていた私は、ふとAYAさんにカードのリーディングをお願いしたくなった。
Mさんに通訳をお願いすると、AYAさんは快く引き受けてくださった。

「カードを描いた本人に、本人の家でリーディングをしてもらうなんて、すごい贅沢!」
私はすっかり嬉しくなった。

AYAさんの言葉に導かれて、私は1枚のカードを選んだ。
そしてリーディング・・・それは私にとって頷くことが多い内容だった。

カードには言葉が書かれている。
AYAさんのリーディングは、カードの言葉を絵の意味をより広く深く私に告げてくれた。

カードを見ているだけでも楽しかった。
カードを自分のためにどう使うのか、誰かのためにどう使うのか、持っているだけでも
楽しくなる、私はさっそく自分のために出来上がったばかりのカードを分けてもらった。
今、私の手元には、AYAさんのサイン入りのカードが記念の言葉と共にある。


***************************************************************
    スターホィールヴォルテックスカード発売
***************************************************************

アーティストAYAの世界初のライセンス商品の発売

11月2日発売!ライトワークスさんのHPにて、販売開始しました!
   ◆◇http://jma-healing.com/oraclecard/swv.html◇◆

==【ご予約及び、お問い合わせ先】================
  ■株式会社モーニングホープ 古木まで
  ■Tel: 046-283-0744
  ■Mail: info@morninghope.co.jp
  ■URL: www.morninghope.co.jp



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


地球
はるかなはるかな、大昔のことです。

地球がやっと惑星としての形を創ったとき、
地球に対する役目を担うための神が遣わされました。
大勢の神々に守られ、ひとりの女神が地上に降り立ちました。
大勢の神々がかしづくなか、
女神はひとり頷くと、盛んに噴火している火山の上にふわりと浮きました。
溶岩を噴出し、炎に彩られた火山。そこに女神は右手をかざします。

しばらくの間、女神が手をかざし続けていると、
やがて炎も溶岩も徐々に収まっていきます。
溶岩が収まったのを確かめると、
女神はかしこまっている大勢の神々に向けて、言葉を放ちました。

『我は これよりのち この地の深い底に入り 眠りにつきます。
 我を起こすことのないように しっかりとこの惑星を守ってください。
 我がこの惑星の命になります。
 我が目覚めるとき それは我がこの惑星を離れるときになります。』

『心得ています。
 女神が目覚めてこの惑星を離れるとき 
 それはこの惑星が終わりになると言うことです。』

『そうです。
 だから 我を目覚めさせてはなりません。
 この惑星が役目を終えるとき 我は自然に目覚めます。 
 それまでは 我の眠りを守ってください。』

『かしこまりました。
 では、女神と共におそばで守るものを 二方つけます。
 この二方と共に、地中深くお入りください。』

『そうしましょう。
 では いつの日か その時が訪れるまで皆にこの惑星を任せます。
 この惑星が役目を果たせるように しっかりと守り導いてください。』

女神はそう言うと 女神の眠りを守る二方をお供に 
静まった火山の噴火口から地中深く入っていきました。
残った神々は 自分たちの役目を果たすべく 盛んに隆起を繰り返したり 
噴火している火山をめがけたりして 各地に散らばって行きました。

今も女神は地球を生かし続けるために 地中深くで眠りについています。
二方の神も 女神の眠りを守りながら おそばについています。
地球と呼ばれるこの惑星を守り導く神々は 今も活躍をしています。
地球の命となっている女神が目覚めるのは まだ遠い遠い先のことになります。
まだ 誰も女神の眠りを妨げてはならないのです。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


出会いの意味
『姉よ なかなかに忙しくなるな』

忙しくなりますか?

『そうだ。姉が忙しくなるのは良いことだ。』

そうですね、それだけ出会いが増えることになりますし、
ご縁も多くなると言うことですよね。

『待っているものたちが大勢いる。』

私たちが出掛ければ必ず会える人達が居ること、いつも実感しています。
本当にありがたいし、嬉しいことです。

『しかし、なかなか気付かぬ人間もいるな。』

それも思います。
会えても、まだ成長が追い付かず、気付く時期になっていない人もいます。
魂の約束があったとしても、その選択は今の人生、今の生き方、
人間の意識により決められます。
出会ったとしても、約束した道とは違った歩みをしている人が何人もいました。

『知っておる。その者たちも姉には会わせているがな。』

分かっています。
たとえ約束の道ではなくても、その人が選んだ道です。
私が分かった時点で、少々残念に思うことはありますが、
それを伝えることは控えています。
その人が選んだ道、私はそれを尊重したいからです。

それに、今は違っても、いつかは約束をした道になることもあり得ますからね。
そして、成長が追い付いていない人でも、いつかは気付く時が来るかもしれない。
成長を促すためにも、会うことが大切だと思います。

『それで良い。
 人間が選んだことに、我らは口出しはせぬ。
 自分の人生だ、本気で生きていれば、真剣に生きていれば、
 どんなに悩み迷うことがあっても
 自分にとって一番良い選択をしていくだろう。』

はい、私もそれを信じています。
だから人に会い、伝えていきます。
その人達にとって大切なことを、伝えていきます。
私はたくさんの人たちに伝えていけるように、努力を重ねていきます。

『そうだ、決して忘れてはならぬ。
 努力があってこそ、本当の喜びを手にすることもでき、
 実感することもできるのだからな。』

ニコリと笑うような波動が、私に伝わってきた。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


確認したい
私は、いろいろな相談を受けることがある。
その中でも多い問いかけがある。

こう思うのですが・・・これをしたいのですが・・・これで良いのでしょうか?

と言う問い掛けだ。

いろいろと考えて、悩んで、迷って、やっと決まったという答え。
それでも、決めたことで良いのか、間違っていないのかと気になってしまう。
それが大きければ大きいほど、この答えで良いのか、
決めたことで良いのかと考えてしまう。
私は話しながらリーディングをして、私に視えるところ分かるところを伝えている。

相談の電話が終わったあと、声が響いてきた。

『人間的な言い方をすれば、人とは面倒な存在でもあるな。』

フフ・・・見えない世界では明確なことでも、人間には混沌としていたり、
悩み迷うことが多いので、そのようになってしまうのでしょう。
自分で答えを決めていても、それでも これでいいのか? と思ったりします。
答えに確信が欲しいのです。

『だから姉に問いかけるのだな。』

はい、私は迷い悩んでいる人たちの、背中を押す役目もあるかと考えています。

『人間には、それも必要なことだからな。』

本当にそう思う。自分で出した答えを実行に移すためにも、これで良いと確認したいのだ。
私は自分のことと照らし合わせて、頷くばかりだった。


**********************************

    福岡ワークショップのお知らせ

~ヒーリングワークショップ~

ヒーリングワークショップでは
ヒーリングの実践を通して
タマラのエネルギーをどなたにでも体感していただけます。

タマラのエネルギーを体験してみたい方
心身の健康や、癒しに興味のある方
自然治癒力を高めたい方
自然療法、各種ボディワーク、医療関係のお仕事に携わる方
におすすめのワークショップです。


日時:11月7日(土) 10:00~12:30 
会場:福岡/警固神社 http://www.kegojinja.or.jp/
参加費:一般3,000円 / 会員 2,000円

~問い合わせ・申込~
タマラアソシエーション
メール office@tamara-healing.net
TEL/FAX03-3604-9422


-----------------------------------------------------------------------
なりたい自分になろう!

~ポジティブマインドワークショップ~
-----------------------------------------------------------------------

ポジティブマインドワークショップでは
ネガティブからポジティブへと意識、行動を変えるコツを掴みながら
自分の中にあるポジティブに生きる力、プラスの思いを
引き出し、増幅させていきます。

毎日をもっと明るく、いきいきと過ごしたい方
人間関係を良くしたい方
自分の魅力を引き出したい方
もっと幸せを感じたい方へ
おすすめのワークショップです。


日時:11月7日(土) 14:00~16:30 
会場:福岡・警固神社 http://www.kegojinja.or.jp/
参加費:一般 4,000円 / 会員 3,000円


~問い合わせ・申込~
NPO法人タマラアソシエーション
メール office@tamara-healing.net
TEL/FAX03-3604-9422

-----------------------------------------------------------------------
答えは自分の中にある

~誘導瞑想~
-----------------------------------------------------------------------

更に深く自分自身と向き合いたい方
自分の中にある答えを知りたい方
メンタルトレーニングやイメージトレーニングに興味のある方
自分の内面をビジョンとして視てみたい方へ、おすすめの誘導瞑想です。


日時:11月8日(日)10:00~17:00
会場:福岡・警固神社 http://www.kegojinja.or.jp/
参加費:一般12,000円 / 会員10,000円


~問い合わせ・申込~
NPO法人タマラアソシエーション
メール office@tamara-healing.net
TEL/FAX03-3604-9422


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。





繋がったご縁(フィラデルフィア)
昨日、黒人のおじいさんの話を書いたが、彼は自分が体験したことをお店の仲間に話してくれた。
翌日には若い黒人の男性が、朝一番にイニシエーションを受けてくれた。

そして、次にはお店のオーナー(彼も黒人)がブースに来てくれた。
二人から話を聞き、お客様に好評なのも知って、タマラのことを改めて聞きに来てくれた。

彼と話している間に、彼の前世が視えてきた。
彼はムーの時代に皇帝になるべく生れついていたが、心から愛する女性は結婚の
対象ではなかったことから、彼は皇帝の座よりも愛する人との生涯を選び、皇帝を
弟に譲っていた。それを惜しんだ最高神官が、彼の額に「皇帝の印」として金のメダルを
はめ込んでいる。

彼にそれを話すと、しっかりと頷きながら「では、自分はどうしたら良いのか?」と聞いてきた。
私は、ただ、彼がそのことを知り、意識をしておけば良いことと、意識をすることにより、
その時に自然に備わっていた能力を、今の彼も使うことができると言うことを話した。

それは人を統治する能力であり、マッサージのお店を経営している彼は、経営者としての
能力をもっと伸ばすことができることを伝えた。
お店をもっと大きくしたい希望を持っている彼は、自分にある能力を喜んでいた。

「タマラのエネルギー」が自分の希望を叶えるためのサポートとなることを聞いた彼は、
進んでイニシエーションを受けてくれた。

そして最終日、彼の弟がブースに来て話してくれた。

「兄はこんな目に見えないことを、信じるような人間ではなかった。
 それが、お前も行って話を聞いてこい・・・と言うんだ。
 何が兄を変えたのか? それが知りたい。これは何なのだ?」

私は彼に手を当てながら、タマラのことを話した。
すると彼は、何かを感じ取ったのだろう。

「これは凄いな!オレも受けるよ!」
そう言ってイニシエーションを受けてくれた。

なんとひとつのお店のオーナー兄弟と、主だったスタッフと併せて4人が次々とイニシエーション
を受けてくれた。4人とも朝と帰りに、わざわざ挨拶をするためにブースを訪れてくれた。

「1日、あなたのことを思っていました。
 すると、とても物事がうまくいきます。これからもあなたのことを思い続けます!」

私には、とても嬉しい言葉だった。
彼らはきっと大きくなっていくだろう。
また会いたい!・・・お互いに約束をして、ハグをして握手をして手を振った。


***************************

     ◇ 岡山「誘導瞑想」のご案内 ◇

***************************

岡山で開かれる「誘導瞑想」、いよいよ明日となりました!

誘導瞑想で自分に必要な答えをビジョンとして受け取り、
その後のグループトーク&リーディングで、意味を探っていきます。

自分の中の迷っていることの答えや、
今まで意識していなかったけど、実は自分にとって大切なこと
などが “はっきり、スッキリ!!” します。

ご参加を心よりお待ちしています!
日 時:11月7日(土)
   10:00~17:00 (受付9:30開始)
場 所:岡山県立図書館 サークル活動室1
   岡山市北区丸の内2-6-30
   http://www.libnet.pref.okayama.jp/
参加費:会員10,000円 一般12,000円
定 員:20名
アクセス:JR岡山駅から路面電車(徒歩だと約30分かかります)
     東山行き「県庁通り」下車 徒歩5分
     ※車でご来場の方は無料駐車場があります。
   
お申込み・お問い合わせ:
 NPO法人タマラアソシエーション http://www.tamara-healing-assoc.com/

 または 担当:井手元啓江 hyuga22maru7667@yahoo.co.jp  まで。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


初日(フィラデルフィア)

フィラデルフィアでのイベントのこと、Aさんによるブースのコーディネートも仕上がり、
私たちはブースの中にいて、それぞれに様子を見ながら通り過ぎる出展者に会釈をしたり、
挨拶をしたり、パンフレットを渡したり、フリーの体験に誘いの言葉をかけたりしていた。

その中に、何度もブースの前を通り過ぎながら、気にかけている黒人のおじいさんがいた。
「初めて会った方かな? それとも以前に会ったことのある人かな?」
私はAさんと話しながら、気になっていた。

始まってまもなく、そのおじいさんは私の所に来て「これは何だ?」と聞いてきた。
「とても良いものだと分かるし、自分はこれを受ける必要があるようだが、どうすれば良いのか?」
ブースの前を通る時に、敏感に何かを感じ取ってくれたようだ。

私がタマラのことについて話すと、彼はやはり出展者のひとりで、マッサージのブースに居ると
言い、このヒーリングは自分の行っているマッサージにとても役に立ちそうだから、ぜひ自分も
できるようになりたいと、イニシエーションを希望してくれた。

初日、それもいきなりのことだったが、出会いとご縁はいつどこにでもあると思うと、
私は本当に嬉しかった。

彼の働いているマッサージのお店は、フィラデルフィアのダウンタウンにあると言う。
いつも来ているお客様が、イベントのブースにも来てくれたそうだ。

「前と違うって、とても良くなっている・・・とお客様が言ってくれました!
 やはり、受けて良かったです。これは私にとって本当に必要なものであり、凄いものです!」

彼はその日の終わりに、また私たちのブースを訪れて報告をしてくれた。

「何もトレーニングがいらない、ただ受けただけで後はいつもと同じようにマッサージをした。
 それだけで、もう結果が違ってきている。凄いよこれは!」

彼はハグと握手を繰り返し、また明日会おう!と約束をして別れた。
彼の興奮した顔と会話を、私は喜びと共に覚えている。


***************************

     ◇ 岡山「誘導瞑想」のご案内 ◇

***************************
岡山で開かれる「誘導瞑想」まで、あと3日となりました。

誘導瞑想で自分に必要な答えをビジョンとして受け取ります。
その後のグループトーク&リーディングで、意味を探っていきます。

自分の中の迷っていることの答えや、
今まで意識していなかったけど実は自分にとって大切なことなど
が “はっきり、スッキリ!!” します。

ご参加を心よりお待ちしています!

日 時:11月7日(土)
   10:00~17:00 (受付9:30開始)
場 所:岡山県立図書館 サークル活動室1
   岡山市北区丸の内2-6-30
   http://www.libnet.pref.okayama.jp/
参加費:会員10,000円 一般12,000円
定 員:20名
アクセス:JR岡山駅から路面電車(徒歩だと約30分かかります)
     東山行き「県庁通り」下車 徒歩5分
     ※車でご来場の方は無料駐車場があります。
   
お申込み・お問い合わせ:
 NPO法人タマラアソシエーション http://www.tamara-healing-assoc.com/

 または 担当:井手元啓江 hyuga22maru7667@yahoo.co.jp


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


銀の指輪

31日の夕方、アメリカから帰宅して、私はいつものようにブレスレットやピアスを外した。
その時に指輪も外そうとしたが、とても気に入っている指輪なので、もう少しはめたままで
いたいと思い、ちょっと指輪を触ってから荷物の片付けにかかった。

この指輪はホピ族のRさんから、買い求めた指輪だ。

Rさんが見せてくれた、たくさんの作品の中に指輪もあった。
私はひとつの指輪に惹かれ、左の薬指にはめてみた。
すると、まるであつらえたようにピタリとはまり、まるで違和感がない。
ないどころかはめているのを忘れそうなくらいに、銀の指輪は私の指に馴染んでいる。

真中に太陽(サンフラワー)が浮き彫りになっており、太陽の両側にはタバコを吸い祈りを
捧げている男性の姿を彫ってある。他には水や雲なども彫られている。
私はすっかり気に入り、その場ではめて、シャワー以外は帰るまでずっとはめたままでいた。

帰宅した31日の夜、シャワーをした記憶はあるのだが、指輪を外した記憶がない。
記憶はなくても、左の薬指には何もなく、指輪をいつの間にか外してしまったのだろう。
1日から心当たりの所を探しまくった。
気に入っている指輪だから、何気なく外したとしても、とんでもない所には置いていないはずだ。
台所で外したとしたら・・・と、捨てた生ゴミまで改めてみたが、どこにもない。

繰り返し記憶を辿ってもどこにも外した記憶がない。
途方にくれたが諦めたくはない、それほど惹かれている指輪なのだからと、探し続けた。

ニポから通信があったので、私はつい嘆いてしまった。

あんなに気に入って買った指輪なのに、どこで外したのか・・・見つからないのよ。

「あら、お姉さん、もう気に入った方が持って行ったわよ。
 だからお姉さんがいくら探しても指輪は見つからないし、もう、そこにはないわよ~。」

え~、あの指輪、私が欲しくて買ったのに~・・・そんなぁ~。

「お姉さんと同じように、あの指輪を気に行った方が居るのよ。
 だからよけいにお姉さんが欲しくなったのだと思うわ。」

うーん、そう言われるとねぇ。だってまだ3日しか楽しんでないのよ。

「いいじゃない、3日も楽しんだんだから・・・。
 それに、あの指輪はいつもはめていられる指輪じゃないから、諦めてちょうだい!」

ニポの笑いを含んだ、面白そうな声が響く。
まったく~・・・私も苦笑するしかなかった。
どなたかが気に行って持って行ったのなら、もう私の手元には指輪は返ってこないだろう。

見えない世界に行った指輪は、どうなっているのかしら?

私の疑問に、ニポは答えてくれない。
指輪の感触だけが、私の薬指に残っている。



***************************

     ◇ 岡山「誘導瞑想」のご案内 ◇

***************************
岡山で開かれる「誘導瞑想」まで、あと3日となりました。


誘導瞑想で自分に必要な答えをビジョンとして受け取ります。
その後のグループトーク&リーディングで、意味を探っていきます。


自分の中の迷っていることの答えや、
今まで意識していなかったけど実は自分にとって大切なことなど
が “はっきり、スッキリ!!” します。


ご参加を心よりお待ちしています!



日 時:11月7日(土)
   10:00~17:00 (受付9:30開始)
場 所:岡山県立図書館 サークル活動室1
   岡山市北区丸の内2-6-30
   http://www.libnet.pref.okayama.jp/
参加費:会員10,000円 一般12,000円
定 員:20名
アクセス:JR岡山駅から路面電車(徒歩だと約30分かかります)
     東山行き「県庁通り」下車 徒歩5分
     ※車でご来場の方は無料駐車場があります。
   
お申込み・お問い合わせ:
 NPO法人タマラアソシエーション http://www.tamara-healing-assoc.com/

 または 担当:井手元啓江 hyuga22maru7667@yahoo.co.jp


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


ホピ族のRさんとの出会い。
私たちはネイティブのシャーマンや、メディスンマンに会いたいと思っていた。
シャーマンやメディスンマンと称する人たちは、ネイティブの伝統や生き方や考え方を実践し、
子孫に伝える役目を負っているからだ。

その人達と私が伝えているタマラのことを、話し合いたいと思うから、会いたいと願っていた。

通訳のMさんが、ホピ族のRさんを紹介してくれた。

この日、セドナに雪が降った。
前日にチェロキー族のJさんが言った通りに、セドナに雪が降った。
Jさんの天気予報は当たったね・・・と寒さに震えながら私たちは笑いあった。
1年に一度1月に降る雪が10月に降り、現地の人たちも驚いていた。
雪のなかを、Rさんはホテルまで来てくれた。

水の一族だと言うRさんは、まだ若いのにお孫さんがいると言う。
思慮深い顔立ちに笑顔を浮かべて、いろいろなことを話してくれる。
Rさんの身内の人達はシルバーを使って、ペンダントヘッドや指輪や腕輪などを作っている。
Rさんがどれだけ作品を大切にしているか、美しく磨きあげられた作品が物語っている。

ネイティブの作品には、部族に伝わる模様が描きこまれている。
Rさんは水の一族だからと、どの作品にも水が描かれている。
その他に、太陽やタバコを吸って祈りをしている人の姿、狩りをしている人の姿、鹿も描かれ
熊の手や、人の掌や渦や、雲や雨や雷や雪なども描かれている。

内側や裏側に、作った人の名前や印が彫りこまれている。
それも彼らの誇りなのだろう。

私がタマラのことを伝えると、その通りだと、自分たちの生き方や考え方と同じだと頷いてくれる。
そして快くイニシエーションを受けてくれた。

私がイニシエーションをすると、彼の中に視えるものがある。
終わってそのことを彼に伝えた。

「あなたの中にイーグルの形をした杖があります。
 私がタマラのエネルギーを入れると、イーグルの目がカッと見開いて受け入れました。
 このイーグルの力は、ご先祖からあなたに伝えられ、あなたから子供さんたちにと
 代々伝えていくものだと思います。
 とても力強く、素晴らしいものだと感じました。」

「私はあなたの言うことを信じます。
 それと言うのも、以前に日本に行ったとき、高い位のお坊さんに会いました。
 その人も私の中にイーグルが居ると言ってくれました。
 同じことを言っていますね。私もイーグルを感じることがあります。
 だから、信じられます。」

そう言うとRさんは私の両手を持ち上げ、ご自分の額に押し当ててくれた。

幾つもの作品を見る私たちに、Rさんは丁寧にひとつひとつの絵の説明をしてくれる。
本来は彼らには伝える文字はなく、絵で様々な神聖なことから生活のことまで表し伝えるそうだ。
それが今は作品となり観光客や求めたい人達の手に渡るようになり、彼らの暮らしを支えている。
携帯を使い、車を使い、時代と共に生きているのは、彼らも同じことなのだと知る。

Rさんは来年、日本にイーグルダンスを知ってもらうために行くと言う。
その時の再会を約束して、雪はやんだが寒い夜空を見ながらRさんは帰って行った。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

磨き守る能力

シアトルで会ったKさんは、とても素晴らしい能力の持ち主だ。
ご自分の能力がどのようなものなのかを、しっかりと理解している。
それはご自分の能力を過大評価するではなく、過小評価をするでもない。
出来ることと、出来ないことの区別をしっかりと分かっている。
これはとても大切なことだと思う。

人は少し能力があると、それをつい誇示したがるところがある。
そして過大評価したがり、周囲にもそれを認めさせようとするところがある。
視える、聞こえるを他人に言うことによって、「特別な人」と思われたいのだろう。

Kさんの能力とは陰のエネルギーを使った力になる。
陰のエネルギーを過大評価していると、やがては自分を滅ぼすようになる。
陰と闇は似通ったところがあり、いつしか気付かずに闇を作ることにもなりかねないからだ。

しかし、Kさんにはそれがなかった。
Kさんの中にあるのは本当に美しい「陰」のエネルギーであり、闇は寄せ付けていなかった。
それはKさんの家庭環境にもあり、ご主人の存在もあり、何よりもKさんの生き方や考え方が、
本来あるべき陰のエネルギーを、そのままの美しさで保っていると確信した。

出会えたことが私にとって本当に喜びであり、いろいろな意味で、Kさんの存在がとても大切な
ものだと感じている。
これからも、Kさんはご自分を守りながら、必要な能力を磨いていくだろう。
いつか、また会える日がある・・・それがとても楽しみとなっている。

Kさん、出会ってくれてありがとう!!!!!




***************************

     ◇ 岡山「誘導瞑想」のご案内 ◇

***************************

今、迷っている人、
やりたいことはあるけど進め方に悩んでいる人、
自分のことがよくわからない人、

誘導瞑想で受け取るビジョンと
その後のグループトーク&リーディングで、
自分の課題や自分の中の問いに対する答えが
はっきりします。
瞑想は苦手という人も、
最初に練習をするので大丈夫です。


開催まで1週間切りました。
ご参加を心よりお待ちしています!



日 時:11月7日(土)
   10:00~17:00 (受付9:30開始)
場 所:岡山県立図書館 サークル活動室1
   岡山市北区丸の内2-6-30
   http://www.libnet.pref.okayama.jp/
参加費:会員10,000円 一般12,000円
定 員:20名
アクセス:JR岡山駅から路面電車(徒歩だと約30分かかります)
     東山行き「県庁通り」下車 徒歩5分
     ※車でご来場の方は無料駐車場があります。
   
お申込み・お問い合わせ:
NPO法人タマラアソシエーション
http://www.tamara-healing-assoc.com/

                    担当:井手元啓江



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

前向き
おはようございます。デイジーです。
今朝は、少々遅くなりまして、ごめんなさい。

10月最後の日。
息子が夢に向かう1つのチャレンジをしました。

「これは、ひとつの過程」

見ている間中、
私の中でそうささやく声が聞こえていました。

「これは、ひとつの過程」

そう、これはひとつの過程。
なんども繰り返されるその言葉に、「そう、そう」と思っていました。

貼り出された合格者の中に、息子の番号はありませんでした。

コーチをしている夫や、実際そこでプレーした息子は
前向きにそのことを受け止めていました。
広い視野を持って、客観的に「今の実力」を知っていれば
夢を見失うことなく、結果にともなう感情にいつまでもとらわれることもない。
落ちたことも、なにもはずかしいことではない。
それは、これまでの結果。これからは、今から変えていける。

悔しさという感情に一番振り回されたのは、私だったようです(苦笑)。

息子はその晩から練習に行き、今朝も父子で練習に出掛けていきました。


今日から11月。
「前向き」なふたりに元気をもらった朝です。


☆明日からは、
 アメリカより帰国されたかとうさんの「あかね雲」になります。
 楽しみですね! それでは、よい一日を!
 ありがとうございました・・・デイジー
 
 

  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。




プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。