あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束について

仏さんはお好きなお茶を飲むと、穏やかなお顔で話を続けた。

『約束とは、人との出会いを意味することが多いのです。
 使命や役目や役割は、自分で決めています。
 そこに人との出会いや、共にやっていくことを「約束」としてお互いに決めています。』

あぁ、約束とは、相手があってのことなのですね。

『そうです。自分だけで済むことには約束は必要ありません。
 相手がいるからこそ、約束になります。』

家族の約束、恋人の約束、夫婦の約束、友達の約束、仲間の約束、子弟の約束・・・
いろいろな約束があると思いますが、それぞれに約束が違うのですね。

『人間はどのように考えても良いのです。
 約束さえも選択の一つです。果たすべき約束もたくさんありますが、それさえも生き方や
 考え方で、果たすのか破るのかを決められます。そして期間を決めているものもあります。』

約束を果たすのは良いとしても、破るのは悲しい感じがします。

『約束を果たすことは、様々なことがありながらも、お互いに良い関わりを保ちつつ過ごす
 ことがになります。期間をきめている約束では、ともにやってきたことから卒業という
 形や感情で、次に行くために終わりにすることになります。
 約束の期間が終わっているので、前向きに物事を考えたり決めたりするようになり、
 気持ちもスッキリしたり、次に行く楽しみや喜びを感じるでしょう。
 頭では思考では分かっていたり決めていたりしても、感情で引きずられている場合は、
 強引な形に持って行っても、離れるようになるかもしれませんね。』

あぁ、私も経験があります。
あの時は約束の期間が過ぎたなど知らなかったので、仕事を辞めるまでにずいぶんとあがきました。
悪あがきと言ってもいいくらいです。
なにしろ職場に不満はなく、会社にいることが心地よかったので・・・。

『それでも良いのです。あがいた結果、姉はこのように使命を果たすところに居るではありませんか。
 あがいたから、納得をしたり気持ちが離れたりしたのでしょう。それも経験です。』

約束の期間が過ぎることと、約束を破ることは違いますよね。

『内容はまるで違います。でも、表面に現れることは似ていることもあります。
 一番の違いは、目には見えないけれど、魂や守護霊が導くことを聞くか無視するかでしょう。』

うーん、直感を受け取るか無視するかになるのでしょうね。
マイナスの感情に引きずられているときほど、直感を無視してしまいがちです。
マイナスの感情の時の選択は、破ることに繋がることが多いのでしょうか。

『そういうこともあります。
 だから姉がいつも言うように、大切な選択をする時こそポジティブであれということです。
 約束を知っているものから視れば、道を違えたことになりますが、人間にとってはそれでも
 良いのです。約束を破ったとしても、そこにも人生のプログラムはあります。
 そこにある生き方をすれば良いことです。』

たとえ気付かずに約束を破ったとしても、そこで精いっぱいの生き方をすれば良いのですね。

『そういうことです。
 先にも話しましたが、約束があることも果たすことも破ることも、生きている今は知ること
 ができません。霊界に返って初めて知ることです。
 これを読んで約束を果たしたいと思うなら、自分で納得のいくまで努力をしたり頑張ること
 でしょう。それが幸せや喜びに繋がったり、成長するものであることを知れば良いことです。』

分かりました。
今 生きているここでの喜びや幸せを得るように、いろいろな経験を重ねて行きます。

仏さんはニコリと笑っていた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

スポンサーサイト
これで良かったの?

私はお茶を飲みながら、あかね雲に書いた「約束」のことを考えていた。

これまでに、私は自分の人生プログラムに書いてきた約束を、どのくらい果たしてきたのだろう、
見逃した約束もあったと思うけれど、それについてはどうなのだろう、約束に従って決断できた
のだろうか、手にした約束を破ったこともあるのではないか・・・などと考えていた。

ふいに私は温かい優しいものに包まれた。

『姉よ、これまでに自分で決めて実行したことについて、考え過ぎては何もなりませんよ。
 今とこれからが大切なのだから・・・。』

と声をかけられた。
視ると仏さんがソファに腰掛けている。
穏やかなお顔に、軽い微笑みが浮かんでいる。

私は考え過ぎていましたか。

『そうです。過去に決めて実行して来たことを、いまさら「あれで良かったのか」と考えても
 仕方がないことです。過去のことは、その時に「これで良い」と考えて決めたこと。
 決めた通りにやってきた結果や積み重ねが、今の姉になっています。』

過去のことを「良かったのか?」と考えても、今更どうにもなりませんよね。
はい、考え過ぎていました。
いったん決めたことを「これで良かったのか?」と考えることもあります。
決めたことに自信がないのでしょうね。

『決めたことを実行しなければ、自信はついてきません。
 実行する前には、不安や心配はあって当然のことです。
 大切なのは、決めたことを実行することです。
 姉もよく言うではありませんか、やってみなければわからないことです。』

決めたことを「これで良かったのか?」とクヨクヨ考えるよりも、決めた自分を信じて実行する
ことですね。良いか悪いかは、結果になりますね。

『実行してたとえ結果が失敗になったとしても、それが悪いとは言えません。
 失敗を知ることも必要だからです。
 約束の中には自分の体験として、いろいろなことが含まれています。
 ただし・・・約束は成長の元になることだから、努力や頑張る道と言うことになります。』

人間には、決めたことが約束してきたことかどうか、わかりません。
実行して納得することが、そうなのかな・・・と思うだけでしょうか。

『それは姉が「約束」ということを知っているからです。
 知らない人間には、ただ、やるか、やらないかだけになります。』

あぁ、そういうことですね。
直感で決めることもあれば、散々考えて決めることもあります。
決めたことは、まず実行してみることですね。私もやってみます。
やる・・・と決めたことがありますから!

仏さんは穏やかに頷いていた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

約束

あなたの人生プログラムの中に散りばめられている いくつもの約束

約束のひとつひとつを思い出し 様々に選択をしながら約束を果たしていく

約束を果たすことは あなたにとってより良い人生の選択になっていくことが多い

約束を見つけられない人生になることもあり

せっかく手にした約束を その時のネガティブな思いで破ってしまうこともある

約束は あなたの直感が教える

約束を果たすことを 魂は望んでいる

あなたは直感を受け取り 幾つもの約束を果たしてほしい

それは あなたの幸せや成功につながるから




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

やってみる

 やりたいなぁ

やったらいいよ!

  でも、できなかったらどうしよう

やってみなければ 分からないよ

  できなかった時のことを考えると 怖いんだよ

なぜやる前から できないと考えるの?

  できるという確信がないからだよ

確信があればやるの?

  もちろんだよ 出来ると分かっていればやるよ

できないと分かることも 大切だよ

  それは  分かっているんだけど

傷つきたくないんだね

  うん 結局はそうなんだろうな

できないことが 悪いこと 痛いことなんだろうか?

  そうでもないと思うけど

じゃあ やってみようよ 出来るか出来ないかは結果でしょう

  そうか やっている過程も大切なんだね

うん 結果はついてくると思うよ やっている過程が楽しいと思うよ
苦しいことがあっても やっていることが大切だと思うよ 

  やれば自分が納得するよね

そうそう 自分が納得することが大切だと思うよ

  やってみようかな
 
  
人間は誰しも やると決めるまでには 自問自答を繰り返す



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

開田高原研修会
長野県、御嶽山の麓にある「ひゅって・くらいす」で、開田高原研修会を行った。
23名の参加があり、研修と開田高原の散策を楽しんだ。

いつものように、見えない世界も楽しげに迎えてくれた。
久しぶりに、ちびドラゴン、モジャ、ケロッパにも会う。
ちびドラゴンは、もうチビではない。
でも、彼は相変わらずひょうきんな姿を視せる。
私も大好きなトリオだ。

御嶽山の麓で、彼らに会うのは本当にうれしい!

今回の研修会は誘導瞑想も取り入れながら、主体はコミュニケーション能力の開発と
向上を図って行った。

言葉や目や表情や身振り手振りで、お互いのコミュニケーションをとるのは当然のことだ。
私が目指すのはそれらの表に出ることからコミュニケーションをとるのではなく、その時に
心の中にあるものや思いや、感情的なことや潜在的な意識などを受け取り、望むところの
コミュニケーションを行うことだ。

その人の望むところや求めるところが分かれば、仕事に活かすことができる。
毎日の生活に活かすことができる。

人間はそもそもお互いにコミュニケーションをとるようになっている。
支え支えられ、お互いを思いやるようにもなっている。
私は人間が本来持っている可能性を引き出し、能力を開発することによって、より良く生きる
日々にしてほしいと考えて、研修を行った。

すぐにコツをつかんだ人、慣れるまでに時間のかかった人、出来たことに驚いた人など・・・。
二泊三日の研修は、参加者の役に立ったようだ。
研修で掴んだこと、それをこれからの実生活で活かしてこそ、その人にとって本物となる。

私はエネルギーレベルでのサポートを行いながら、参加者の笑顔がより輝いたことが嬉しかった。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

金魚のその後
おはようございます。
今日は、デイジーがお届けします。
実家より朝帰りのため、遅くなってごめんなさい!

*** *** *** *** ***

金魚がうちにきて2週間あまり。
その後も祭りがあって、金魚はどんどん増え、18匹ほどになった。

「うじゃうじゃになっちゃったけど大丈夫かな?」

かとうさんちの鉢でスイスイひろびろ泳ぐ魚をみて
うちの過密ぶりがちょっと心配になった。

「大丈夫よ。ちょうどいい数に自然になるから」

かとうさんのその言葉に、
自然淘汰、の四文字が頭をよぎった。

それでも、しばらくの間は、みんな元気に泳いでいた。
ただ、フィルターの汚れるスピードはぐんとはやくなった。

うーむ・・・。
その翌日あたりから、日に1匹、2匹と死に始めた。
朝、水槽を見に行くとぷかり浮いている。
フィルターを換えたが、日に日に減っていく。

うーん・・・。
水が良くないのかな、餌が足りないのかな。
見ていると水槽の底でじーっとしてる金魚が
翌朝ぷかり浮いていることがわかってきた。

他のみんなは元気に泳いでいる。
これより大きな水槽なら生きれるのかな、、、でも、他に水槽はない。

そして、今、帰宅すると
4匹死んでいた・・・。
弱っているのが1匹いる。

「ちょうどいい数になるから」

たぶん、この水槽には5匹がちょうどいいんだろうなあ。
と思いながら、水槽を眺める私・・・。


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。






棒オヤジの活躍
私は6月1日にオーストラリアで膝蓋骨骨折をして、リハビリを続ける毎日だ。
そろそろ松葉杖から杖に替えようと、薬局で杖を買ってきた。
松葉杖に比べると何とも心もとなく、思うような歩き方ができない。
仕方がない、徐々に慣れることにしよう・・・と思っている。

帰宅して杖を触っていると、女の子のワラシが訪ねてきた。

『お姉さん、杖に替わるほど良くなってきたのですね。』

そうなのよ、まだ出来ないことも多いけれど、リハビリの効果が出てきたと思うの。
ところで、今日は初めての方が一緒ね、どなたかな?

『フフ・・・やはりお姉さんのところに来たいと言っていたものです。
 お姉さんが杖に替えると言うので、どうしても行って挨拶をしたいって・・・。』

そう、嬉しいな、はじめまして。

『ワシは棒オヤジと呼ばれておる。
 姉さんの話は皆から聞いておって、やはり会いたいと思ったからな。
 長に頼んで来させてもらった。具合はどうだな?』

ありがとう、かなり良くなったのよ。
棒オヤジと呼ばれているのね、よろしく。
棒オヤジって、その姿形から呼ばれているの?

棒オヤジはとっても細くて、どこか固い印象の妖怪だ。

『それもあるけれど・・・。
 お姉さん、棒オヤジは怪我をした人間に、杖の代わりになって助けたんです。』

へぇ、そんなことがあったの。どうして杖の代わりになったのか聞かせてよ。

昔のこと、鳥目の男がいたそうだ。
鳥目とは、昼間は何ともないが、夜になると目が見えなくなることだ。
働き者の男で、秋の山にきのこなどを取りに行っていた。
男は自分が鳥目なのを知っているので、
いつも夕日が沈む前に山を下りることにしている。
しかし、その日は1日ずっと曇り空で、男は時間の感覚を失っていた。
気付いた時にはすでに薄暗くなり、いくら慣れた山道とはいえ、
男は見えにくくなる景色に不安を覚えていた。

一生懸命に走って下ったが、とうとう暗闇になってしまった。
夜空には薄い三日月があるだけで、それでなくても見えなくなる男の目には、
何も光がうつらなくなっていた。

「どうしよう・・・このまま山道を下っていたら、
 転んだり道から外れたり落ちることだってあるだろう。
 全くのてさぐりだよなぁ。せめて杖でみあれば助かるのだが・・・。」

男はつい嘆いた声を出していた。
手探りで杖の代わりになるようなものを探したが、
それらしいものが手に触れることはない。
男の心は焦りと不安でいっぱいになっていた。
大きな岩を探り当てた男は、岩にもたれかかって一休みをした。
ウトウトしかけたが、秋の夜の山は冷える。
眠っては危ないことに気付いて、身ぶるいをした。

『右をさぐれ・・・』

男の耳に、声にならない声が聞こえてきた。右をさぐれ・・・もう一度聞こえる。
男は声にしたがい、そろそろと自分の右側を探っていく。
すると何かが手に触れる。掴んでみると細くて固い1本の棒のようなものだった。
木にしては少々手触りが柔らかい、どことなく温もりも感じる。
しかし、頑丈で頼りになりそうだ。

『持って歩け。導かれるままに歩いて帰るのだ。』

また声が聞こえる。声の感じに安心感を覚えた男は、
決心をして声を信じて歩きだした。
一歩歩くごとに、棒は自然に前に進む。
いつもの男の足取りを知っているかのように、
無理のない歩き方で棒は前に前に進んで行く。
男は棒に導かれるままに、つまずくことも道を外れることもなく歩き続けた。

どれくらい歩いたか、ふと慣れた匂いが鼻に届き、
男を心配して探していた家族の声が聞こえてきた。
あぁ、村に帰ってきた・・・男はすっかり安堵した。

「良かった。心配したぞ。よく無事に帰ってこれたな。」
「あぁ。この棒のおかげだ。棒がオレを帰してくれた。」
「棒だと? どこに棒があるんだ?」
「エッ、ここにある・・・ない! いつの間にかなくなっている!」

「山の神様がお前を帰してくれたんだ。お礼を言わなくちゃな!」
「山の神様、ありがとうございます!!!」

棒オヤジはそんな声を聞きながら、何となく嬉しくてくすぐったくて、
クスクス笑っていた。

『あの時は、山の神様から褒められた。オレは人間の役に立ったぞ!』

棒オヤジの細い顔に満面の笑みが広がっている。
そうか、だから杖に替えた私のところに来てくれたのね。
私も女の子のワラシも、一緒に笑っていた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。




ニポとの会話

私は自分が思いついたこと、出来ると思ったことを、ニポに聞いてみた。

ねぇ、私は本気で求めている人たちに、コミュニケーション能力を向上させるものを
教えられると思うんだけど、どうなの?

『もちろん出来るわよ、やれば良いんじゃないの?』

そう、ニポは応援してくれるのね。

『応援? そんなことしないわよ。』

えぇ~、応援してくれるんじゃないの?

『お姉さんができることを、なんで応援なんてしなくてはいけないの?
 お姉さんができるのは分かっているし、ただやれば良いだけなんだから、
 応援の必要なんてないでしょう。』

うーん、私はてっきりニポは応援してくれていると思っていたのよね。

『応援と言うのは、頑張らなければできないことだから応援するんでしょう。
 お姉さんのすることは、別に頑張らなければならないことじゃないのよ。
 お姉さんには出来て当たり前のことなのよ。
 出来ることが分かっているんだから、応援なんて必要ないのよ。』

ニポにあっさり言われて、嬉しいような肩すかしをくったような・・・
私は少々微妙な思いだったが、これさえもいらないことに気付いてすっきりした。

私にできることなんだから、望む人に求めてくれる人に、私はただ教えて行こう。






  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

意識を向けるところ

ワラシは話しを続ける。

『姉さんは自分が見逃したくない番組は録画するだろう?』

そうね、いつも録画をする番組は決まっているから・・・。

『ハハハ・・・それなんだぞ。気付いていなかったか。』

何なのよ?

『姉さんが録画した番組って、いつも同じような処を巻き戻して見ていないか?』

うん、あるある。犯人の名前が分かるところとか、犯人を捕まえるところとか、
物語のクライマックスのところとか、見逃していることが多いよ。
それが何か関係があるの?

『見逃していると言うよりも、その瞬間に姉さんの考えが集中したり、答えが見つかりそうに
 なって、テレビよりも考える方に意識が向いてしまうんだ。
 だからその場面を覚えていなくて、巻き戻しになるようだぞ。』

ふーん、そんなこと、考えてもみなかった。
私はいつも、忘れるなんてバカなことやっているんだろう、と思っていたけれど・・・。
そう言うことでもあったのね。でも・・・なぜそうなるのかな?

『犯人の名前が分かるのも、逮捕される時も、クライマックスの時も、何かが見つかったり
 答えが出たりするときだろう。姉さんも同じじゃないのか?』

へぇ、あなたたちから聞くと何だか納得するよね。
気付かなかったな~。ふーん、そうなんだ。
ドラマと同じように、私も考えるのを進めていることもあるわけね。

『姉さんの言動も面白いぞ、つまり飽きがこないってやつだな。』

ワラシは面白そうに笑っている。
つまり、私が笑われているんだよね???




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

突然に見えるけれど・・・

『姉さん、また新しいことを始めるんだな。』

そうなの。
土曜日にMさんと会って話したことから、思いついたことなのよ。

『姉さんがMさんと話している時に、突然 やろうかしら・・・と言いだしたんだよな。
 誘導瞑想の時もそうだったけど、姉さんは突然始めたりするからな。』

そうねぇ、始めたのは本当に突然なのよね。
でも、私はその前に「何か私にできることがあるのではないか?」と、いつも考えているの。
外から見ただけ、聞いただけだと、突然になるんだけど、私にはその前に「何か・・・」を
探したり考えたりする時間はあるのよ。

『うん、そうだな。
 姉さんが、いつも何かを探しているのは知っている。
 自分にできる何か、自分がやりたい何か、それを探したり考えたりしているんだよな。』

無意識のうちに見まわしていることもあるし、いろんなことから考えていることもあるしね。
私の可能性だってまだまだあると思うし、せっかくなら可能性を引き出してやってみたいし、
何が出てくるか楽しみでもあるの。
土曜日に私が突然言い出したのも、きっと前段階があったからだと思うよ。
だって、答えもやりたいことも分からないのに、探している考えているなんて言わないでしょう。
それに、考えている時や探している時には、まだ言葉にできないと思う。
もしも言葉にすると、「何かない?」だけになってしまうでしょう。

『それはそうだな。
 オレたちが視ていると、姉さんはテレビを見ていても、目ではテレビを見ているけれど、
 何かを考えていることが多くて、内容をあまり覚えていないだろう。』

あら、知っていたの?
そうなのよ、そういうことが多いんだ。

『それもな、オレたちは面白いことに気づいたんだ。』

面白いこと? 何なのそれ? 教えてよ。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

リハビリの痛み

『姉さん、足がずいぶんと良くなったようだな。』

そうなのよ、皆が応援してくれたおかげよ。本当にありがとうね!
遊びに来たワラシたちが、声をかけてくれた。

『いや、オレたちの応援は小さなものだったと思うぞ。
 姉さんが自分で頑張ったからな。リハビリは、かなり痛かったみたいだな。』

うん、膝を曲げるリハビリは痛いよ。
こればかりは痛みを我慢してでも曲げておかないと、正座ができなくなるからね。

『正座ができるまで、あと少しだな。』

リハビリのSさんにも褒められたしね、あと少しだから頑張るよ!

『姉さん、Sさんに褒められたとき、すごく嬉しそうだったぞ。』

あれ~、あの時に誰か見ていたの?
頑張った結果が出ていたし、それを褒めてくれたからね、嬉しかったよ。

『頑張ったから嬉しかったんだな。』

それはそうよ、痛みに負けて頑張らなかったら膝は曲がらないし、ひとり歩きには
まだ遠かったと思うよ。早く治りたいから、私は頑張っているの。

『そうだな、姉さんの言っている、頑張る道と頑張らない道の、どちらを選ぶか・・・。
 それを姉さんは実践しているんだな。』

うん、頑張ることって、時には痛みも苦しみも伴うことがあるからね。
リハビリをするにしても、痛みを少しずつにして、ゆっくり時間をかけることもできたと思う。
でも、私はせっかちなところがあるからね、痛みを我慢すれば早く曲がると分かっているから、
悲鳴をあげながらでも頑張れたと思う。

『痛みが快感になるってやつか?』

えぇー、それは違うよ~。
私が膝を曲げるのは本当に痛いだけで、決して快感にはならなかったよ。
ただね、痛みを我慢すると、膝が曲がる楽しみがあったと言うことね。
それが私の励みになって、痛みを我慢できたのだと思う。

『そうか・・・我慢したから結果が出た。うん、そうだな。
 姉さん、もうすぐ開田高原に行くんだろ。オレたちも付いて行く。
 向こうの妖怪たちと遊ぶんだ。長もいいって言ってくれたから。』

そう、金曜日から一緒に行くのね、楽しもうね♪

『うん!!!』




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

時には

時には のんびりといくのも いいよ

時には 急ぎ足で行くのも いいよ

時には 立ち止まって周りを見回すのも いいよ

時には 連れだって行くのも いいよ


その時に どうするのか どう行くのか 考えるのは 決めるのは自分だから




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

変化の年

今年は 変化の年

その中でも ここ2か月ほどが とても大切です

変化の年とは 自分がどう生きて行くのか

自分が何をしたいのか

希望の実現に向けて

願いをかなえる努力や頑張るところを

自分のいきたい方向を しっかりと位置づける年です

やりたいこと 成りたい自分を明確にして

しっかりと方向を定めることで 次へと繋がります

ポジティブに

頑張る方に自分が向くと

あなた自身にとって 望む道への一歩となるでしょう

ここ2か月ほどを 大切な選択をする時期だと心得て 過ごしてください。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

龍の守り
17日の早朝出発で、私はSさんの運転する車で伊豆に向かった。
18日のロロシトアでの買い物デーとミニワークショップを行うために、
前日から準備をしたかったからだ。

高速に入ると、いつものように天馬が翼を広げながら前を走る。
天馬を見ながら、私は違う波動も感じていた。

あぁ、そうか、今日は一緒に来てくれるの?
私は声には出さずに問い掛けてみた。

『気付いたか。少し気になることがあるので一緒に来た。姉は気にせずともよい。
 気楽に車に乗っているがよい。』

はい、分かりました。のんびりしています。よろしくお願いします。

『ウム、任せておけ!』

高速を走る車の窓には、雨がかなり激しく降りかかっている。
しぶきの激しさに、思わず足に力が入った。

『だから心配せずとも良いと、申しただろう。』

そうだった!
ありがとう、お願いします。

伊豆に着くまで何度か激しく雨の降りかかることがあった。

どこかで何かがあったのか、なかったのか、
私は知り得ないことだったが、無事に伊豆に着いたことにより、
私は龍の守りがあったのだと思う。

伊豆についてSさんに龍の話しをすると、
運転中に何度か「危ない!」と感じた所があったそうだ。
やはり守られていたことを実感した。


*************************************


18日午後12時から17時頃まで、伊豆高原のロロシトアにおいて、
買い物デーとタマラのミニワークショップを行います。

オーガニックやフェアトレードに興味のある方は、買い物をしてください。

タマラのエネルギーに興味のある方は、ミニワークショップに参加してください。
参加は自由で無料です。

ロロシトア

http://www15.ocn.ne.jp/~lolo/index.html

皆さんとの出会いを、楽しみにしています。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



大室山

『姉さん、また大室山に行くのか?』

そうよ、大室山にはニポが北海道から連れてきた妖怪たちが居るでしょう。
大室山はとても素敵な場所だし、彼らに会うのも楽しみなのよ。

『元は北海道の妖怪たちなのに、今ではすっかり大室山の妖怪たちになっているぞ。』

そうみたいね、それだけ大室山の居心地が良いということでしょう。
天気の良い日は、山の上から冨士山も見えるから、それも楽しみよ。

『姉さん、日本には良い所がたくさんあるな。』

そうね、本当にそうよね。
あなたたちの言う、良い所、素敵な所がたくさんあるのよね。
この自然の良い所、素敵な所のままで子孫に残したいと思っている。
だから、今の私にできる所で頑張らなくてはね!

『うん、そうだな!
 オレたちもその為にいるんだから、頑張るぞ!』




*************************************


18日午後12時から17時頃まで、伊豆高原のロロシトアにおいて、
買い物デーとタマラのミニワークショップを行います。

オーガニックやフェアトレードに興味のある方は、買い物をしてください。

タマラのエネルギーに興味のある方は、ミニワークショップに参加してください。
参加は自由で無料です。

ロロシトア

http://www15.ocn.ne.jp/~lolo/index.html

皆さんとの出会いを、楽しみにしています。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

光と闇
人間の中には 光も闇もある

人間の中には 陰と陽がある

どちらもあるのが 人間だ


闇の中にいても 光を求める

光の中にいても 闇を感じる


陰を持ちながら 陽で生きて行く

陽で生きながら 陰を使う


光の中にいるとき 陽の生き方をしているとき

ただそこで先に進めば良い


闇の中にいるとき 陰を使うとき

そのときこそ意識をせよ

己の意識がしっかりしておれば 何も間違わない




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

自分を信じること

まるごと今の自分を信じる・・・簡単なようですが、実行できないことも多いと思います。
信じたい・・・でもどこかで否定しているようにも思います。

『信じたいと信じるとは違うな。』

確かに違いますよね。

『人間は、信じたいけれどなぜ否定するのか・・・。
 それは物事が思うように運ばなかった場合、否定を想定していれば自分が傷つかずに済む、
 あるいは、やはり駄目だったかとどこかでホッとする、そんな気持ちの揺れの現れだな。』

そこにも自分が傷付きたくないという、気持ちが働くのですね。

『人間は自分を擁護したがるものだ。その気持ちはあって良いものでもあるがな。
 生まれてからこれまで、傷付くことの多かった人間ほど、擁護したい気持ちが強くなる。
 痛みから自分を守ろうとしてしまうのだ。
 その気持ちが信じることよりも、否定を想定しやすくなるのだろう。
 自分の痛みを人の痛みとして、思いやりの気持ちに変えていければ、それは本人の強さになる。
 そうすれば、自分を信じることに繋がるだろう。』

自分を信じることは、いろいろな事からも繋がっているのですね。
自分を信じる、そのことこそ、私にとって大きな力になるのだろう。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

お金も 信じること
ある人から、お金のことを理由に「出来ない」ことを告げられた。
確かに、お金があればいろいろなことが自由になるかもしれないけれど・・・、
私はあれこれと考えていた。

『姉よ、人間にとって金は必要なものでもあるが、自分のことよりも金の方に価値を
 見出している人間が多いな。自分の希望よりも、願いよりも金を優先している。』

お金があれば自分の希望が叶う、自分の願っていることができる、そう思う人がいますね。

『居ると言うよりも、その方が多かろう。』

特に不況の今の時代です。
お金のあるなしは生活を脅かすものだとも、考えています。
お金があれば、何かをするときに安心してできるとも、思います。
私も出かけるとなると、どうしても旅費や経費などを考えてしまいます。

『では、姉は金がないからと言って、行かなければならない所に行くことを止めるか?』

いえ、それは行きます。
私が行きたい所へ行く方を選べば、お金は何とかなると思っていますから。

『その通りだ。人間の人生プログラムは金のことも用意してある。
 本来の希望を叶えるように本気で動けば、希望を叶えるための金も動くものだ。』

でも、なかなかお金は動かないように感じてしまいます。

『それは金も一緒に動くということを、全く信じていないからだ。』

あぁ、ここでも信じるということなのですね。

『人間には信じることが、なかなか難しいことになっておるな。』

信じることは根本なのですね。

『そうだ、だが、それが出来ていない。』

本気で信じること、まったく疑うことなく信じることですよね。




「今の一言」や「お知らせ」を更新しています。
読んで、お役に立てていただければ幸いです。

あかね雲 ホームページ
http://akanegumo.sakura.ne.jp/index.html



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

金魚の「入居」
おはようございます。
デイジーです。
今朝も、私がお届けします。
よろしくお願いします!

*** *** *** *** ***

水槽は、快調に稼働しています(^^)

最初に、バザーですくった2匹が「入居」しました。
2匹とも体が小さめなので
ひろびーろ、泳いでいました。

昨日は、成田市で祇園祭があり
お祭りでも金魚すくいにチャレンジ!
すくう道具は「ポイ」というのだそうです。

ポイを右手に、ホーローのお椀を左手に
金魚の群れの前にしゃがみ込んだ息子。
(あれ? どうした?)
と、思うほど動きがおっとりしている・・・
(狙いをさだめてるの?)
が、いっこうにすくう気配がない・・・
そのうち、ポイをちょっと水につけてしまう
(おーい! すくう前にやぶけちまうぞー)
でも、じーっと群れを見ている・・・
私も一緒にしゃがみ込む。
「ねえ、どの子に狙いをさだめてるの?」
・・・返事はない。

ま、いっか。
一緒になってじーっと見ていると
やっとすくいはじめた息子。
が、2回空振り・・・ポイは紙が半分まで破れてしまった。

「大丈夫、あと半分残ってる!」

そこからまず1匹ゲット!
ポイは残り3分の1になった。
「まだまだいける!」

そこからもう1匹ゲット!
ポイはもう数ミリになっている。
「まだまだできる!」

そして、最後の1匹をすくって
息子のポイは枠のみとなった。

「すごいねー! よくあそこから3匹もすくったわね!」

半ば諦めていたおばあちゃんは大笑い。
息子は無言で顔だけ笑ってる。

「いいか、達人は枠ですくうっていうからな」

と、お父さん。男親ってさらなる上を望ませるのね~。



というわけで、あらたに3匹が加わって
合計5匹。

仲良く?水槽暮らしが始まっています。




*** *** *** *** ***


一昨日、昨日と、タマラアソシエーションでは
名古屋でイベントを行いました。
「あかね雲」の読者の方にも参加いただきました。
ありがとうございました!
これからも各地で開催してまいりますので
お近くの際は、ぜひお出掛けください。
お待ちしています!





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。




水槽ゲット!
おはようございます。デイジーです。
今日は、名古屋でタマラアソシエーション主催の
「誘導瞑想」があります。
かとうさんは名古屋入りされていますので、
今回はデイジーがお届けします。

*** *** *** *** *** 

昨日、カッパちゃんのリクエストにお応えして
水槽をゲットしました。
「母ちゃんのところは水道の水だから」
この一言で、長年の「ひっかかり」がスッとしました。

東京で暮らし始めた頃、
私も水がダメで、涙目でハミガキをしていました。
当時よりずいぶん水質が改善されたという話ですが
それでも・・・やっぱり違います。
作られた水、という感じ。何かが足りなくて、何かが余分な感じ。

だから、カッパちゃんの一言はすごく納得でした。
(長い間、変えてあげられなくてごめんね)

実は・・・

昨日は息子の学校でバザーがありました。
「金魚すくい」もあって、
バザーの前売り券で「金魚すくい券」を買っていました。
2~3年前に金魚を飼っていたのですが
またちょっと飼いたくなっていたのです。

「あかね雲」を読んで
「あら、ぴったり!」と、笑ってしまいました。
ちゃーんと水槽が必要になる流れになっていたのです(^^)

水槽を買いに行く道中、自転車がスイスイすすみました。
(もしかして、押してくれてる?)
そして、ゲットした水槽。
息子と一緒にセッティングして、
ただいま我が家の玄関でブクブクしてま~す!



~~~ お知らせ ~~~
今日は下記のイベントを行っています。
当日もあと少し席に余裕がありますので
興味のある方、ぜひお出掛けください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

名古屋:誘導瞑想

日時:7月12日(日)
   10:00~17:00(受付9:30~)
会場:名古屋国際センター
http://www.nicnagoya.or.jp/japanese/aboutus/access.htm
部屋:第2会議室
参加費:会員10,000円 一般12,000円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お待ちしています!



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。




はっきりとな

あのな どんなに祈られても 願い事をされても 

我らも力を貸せないことがある

それはな 祈る本人 願う本人が努力をしようとしないときだ

これでは 力の貸しようがなかろう

それとな 祈ること 願うことがおおまか過ぎることだ

範囲が広すぎて どこに 何に 力を貸せと言うのかが分からない

それでは 力の貸しようがなかろう

何を祈り 何を願い だから自分が努力をすると 頑張ると

それを実行してこそ やっと我らは力を貸せる

はっきりさせるところから やってみることだな




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

カッパちゃんの病院見学

私は6月3日に膝蓋骨骨折の手術をしてから、週に1度のリハビリを続けている。
9日は診察とリハビリの予約が入っていた。

レントゲンでは、順調な回復ぶりを見ることができた。
6か月後くらいに、膝蓋骨を固定しているワイヤーを取る手術をしましょう、とのこと。
M医師も足首を骨折して手術をしており、経験談を話してくれる。
私はにわかに親近感を持ってしまった。

診察のあと、リハビリルームに行く。
松葉杖を使って歩くのだが、目の端をチョロチョロ動くものがいる。
一緒に来ているのね。

『ここは何だ? 初めてきた。』
『あまり来ない方がいい所だぞ。病院と言うんだ。
 姉さんが骨折をしたから、早く回復するために来ているぞ。
 姉さん、ちょっとあちこち見ていいか?』

カマイタチのヤがカッパちゃんに、病院見学をさせようと考えたのだろう。
たしかにねぇ・・・あまり来たくはない所だけど、見るのはいいんじゃないの。
行ってらっしゃい。

ヤはカッパちゃんを促すと姿を消した。

私は理学療法士のSさんの指導のもと、リハビリに励んでいた。
膝も135度曲がるようになり、筋肉も付いてきて、部屋の中では松葉杖を使わずに
歩く練習をするまでになっている。
毎日、欠かさないリハビリの成果が出ているようだ。

リハビリを終えて歩いていると、ヤとカッパちゃんが姿を視せた。
どこに行っていたの?

『うーん、いろいろと見てきたが、何が何だか分からなかったぞ。』
『病気の人たちもいたけど、笑っている人たちも多かった。
 オレたちの所とはずいぶん違うな。でも、視たからもういい。』

どうやら、病院はカッパちゃんにとって好きな場所ではなかったようだ。

デイジーがブログを読んだそうよ。
何だかね、気になっていたことがあって、それがブログを読んで結びついたんだって。
楽しみにしていて良いと思うよ。

私の言葉に、カッパちゃんは嬉しそうに頷いている。
ヤは、もう少しカッパちゃんを遊ばせていたいようだ。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

カッパちゃんの頼みごと

我が家のリビングには、メダカや金魚の住む鉢が置いてある。
ネコの真音の水飲み場ともなっている。

ダイニングテーブルに座りテレビをみていると、目の端に何か動いているのが視えた。
ウン? 何だろう?

鉢の方に目をやると・・・アラ、珍しい、そこで遊んでいるの?

鉢のふちから小さいカッパが顔を出している。
カッパちゃん一家が同居しているデイジーが、アメリカのKさんと一緒に来宅していた。
デイジーに付いて来たのね。気付かなくてごめんなさい。
それで・・・ひとりで残っているの?

『コーヘー兄ちゃんと一緒に来たかったけど、コーヘー兄ちゃんが来ないから母ちゃんと来た。
 母ちゃんのカバンに入ってきたから、母ちゃんは気付いてないと思う。
 オレの母ちゃんがヤのおじさんに頼んでくれたから、帰る時にはヤのおじさんが連れて
 帰ってくれる。だから、少し遊んでもいいって言った。』

そうなんだ、カマイタチのヤが面倒をみるのね。

『姉さん、悪かったな。勝手に決めてしまった。』

何も悪いことないわよ、心配いらないようだから、いいだけ遊んだら帰してあげてね。

『うん、ありがとうな。 この子は来るのが初めてなので、ちょいと面倒をみてやるよ。』

ヤは面倒見が良いようで、我が家に来た幼子は、まずヤが面倒をみるところから始まるようだ。
カクも相手になっていることもあるが、どうも長続きしないようで、カクとヤの性格の違いが
そんなところにも表れているのだろう。
もっとも、見えない世界のことは私が面倒を見ることが出来ないので、預かるだけ預かって
あとはお任せ状態になっている。

鉢を覗いてみると、金魚もメダカもカッパを避けるようにすみっこにじっとしている。
そこが気に入ったの?

『うん、母ちゃんのところにも風呂に水を入れているけれど、ここの方が居心地がいい。』

金魚やメダカがいるから?

『水がいい、母ちゃんのところは水道の水だから。』

あぁ、そういうことね。真音も水道の水よりもここの水を飲んでいるから、それと同じかな?

『うん、川の水と同じだ。だからここがいい。』

そうなんだ、それをデイジーに言ってほしいの?

『姉さんが言ってくれる?ここと同じような水がいいって!』

私はおかしくなった。
デイジーはきっと今日のブログを読む。それで伝わるわよ。

『もう少し、遊んでいく!』

カッパはそう言うと、楽しそうに水の中にもぐっていった。

デイジー、そう言うことです♪




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

不思議な出会い

不思議な出会いは 出会いそのものが嬉しく楽しく幸せなものだ

不思議な出会いを深い意味のあるものにするには

なぜ嬉しいのか

何が楽しいのか

どうして幸せを感じるのかを

本気で考えることだ

不思議な出会いこそ 真に求めている出会いだと実感することだ




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

不思議な出会いと不思議でない別れ

私は、出会いと別れについて考えていた。
気付くと、目の前に、にこやかな顔が視える。

『姉よ、出会いには不思議な出会いがあります。
 しかし、別れには不思議な別れはありません。』

不思議な出会いはあるけれど、不思議な別れはない・・・?

『出会いはお互いが求めていたり、どちらかが求めていれば、そこには魂の導きや
 視えない世界からの導きがあります。
 人間の知恵や行動だけでは、成しえない出会いがあります。
 それが不思議な出会いです。』

それは何度も感じています。
良くこんな出会いがあるものだと、本当に不思議に思うことがあります。
私は深く頷きながら答えた。

『しかし、別れには不思議がありません。どちらかが別れの理由を見つけます。』

別れの理由ですか。

『別れることを自分に言い聞かせる理由、自分を納得させる理由、別れる為の言い訳、
 別れを正当化させるための理由、別れたい方にとっては、実に様々な理由や言い訳
 などがあります。だから、別れには不思議はありません。』

そうなんだ、別れる方に理由があるのですね。

『別れは、岐路になることもあります。』

私は見送るしかないこともありますね。

『別れも自分で道を選ぶことになります。だから、姉はただ見送れば良いのです。』

自分で生きる道、自分で選ぶ道、自分の責任で選んで生きて行く道。
それがどこに繋がるのか続くのか・・・私は自分にとって、真に良い道を選んで生きたいと思う。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

視ていた。

長野に向かう車の前を、天馬は機嫌よく翼を広げて翔けていた。
白い天馬の翼と尾が、輝いて視える。
見せてあげたいなぁ・・・いつも思うが残念ながら、私には他の人たちに見せる能力はない。
皆さん、頑張って視えるようになってくださいね。

途中から龍も姿を視せた。
御嶽山に住む白龍の仲間だ。
どうやら天馬とも仲が良いようで、近づいたり遠ざかったりを繰り返し、私は楽しんで
視ていた。龍が来ると雨が降ることも多い。天馬は平気で翔けている。

私は車の中にいて、天馬と龍は空に居る。
話しかけることもできるが、こんな時は黙って楽しむ方を選ぶ。
滅多に視られない光景を、私はラッキー♪と思いながら視ていた。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

見えない世界は無頓着???

私達にとっては、お風呂やトイレはちょっと恥ずかしい場所でもある。
ひとりで居るのが当たり前のような場所でもある。
私が見えない世界と交流するようになって、無頓着さに戸惑ったことがある。

お風呂につかってホ~ッとした瞬間、トイレに入って気を抜いた瞬間に声が響く。

私は、ギョッとなって、ヤダーーと叫んで、なんで~と嘆くことになる。
そんな時、私はつい無視をしてしまう。
すると文句を言われる。

『姉に声をかけたのに無視をされた。』
『声は届いているのに、こちらを見向きもせぬ。』

あのね~、お風呂でしょ、トイレでしょ、そんな時に来てほしくないんです。

『それがどうした。何も変わらぬではないか。』

いぃえ、人間の気持ちは違います。
お風呂もトイレも、私は一人で居たいのです。
どうか、他の時に来てください。

『ただの体ではないか、人間に体があるのは当たり前ではないか。
 人間が体を洗ったり、排泄をするのは当然ではないか。なぜに嫌がる。』

ハァ・・・体を持たない方たちには、体に関する恥ずかしい思いは通じません。
それは妖怪たちも同じことです。

幽霊は、以前は人間だったので、人間の心理が分かります。
中にはよろしくない興味を持っている霊もいます。

皆さま、見えない世界とは感覚が違うということを、知っておいてくださいね。




::::::::::お知らせ::::::::::::

タマラ・ヒーリングのワークショップを行います。
その場にいることにより、タマラのエネルギーを使った体験ができます。
ご自分の可能性を引き出し、能力を磨き、才能を発揮したいと考えている方、
ぜひ、体験してください。

ヒーラーになることだけが目的ではなく、タマラのエネルギーをサポートとして
使うことにより、ご自分の成功や幸せになることを目的としています。
タマラのエネルギーを生涯、自分のパワーとして使いたい方、まずは体験してください。

お待ちしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

名古屋:ヒーリングワークショップ

日時: 7月11日(土) 
    10:00~14:00(受付9:30~)
会場: ウィルあいち(地下鉄 市役所 徒歩10分)
     http://will-aichi.c-3.jp/map.html
部屋: 会議室6
講師: 稲野 理美
参加費:会員2,000円 一般3,000円 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

東京:加藤憲子講演会 改め
   ポジティブマインドワークショップ

日時: 7月11日(土) 
   15:00~16:30(受付14:30~)
会場: ウィルあいち(地下鉄 市役所 徒歩10分)
     http://will-aichi.c-3.jp/map.html
部屋: 会議室6
参加費:1,000円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

名古屋:誘導瞑想

日時:7月12日(日)
   10:00~17:00(受付9:30~)
会場:名古屋国際センター
http://www.nicnagoya.or.jp/japanese/aboutus/access.htm
部屋:第2会議室
参加費:会員10,000円 一般12,000円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*お申込み方法

「タマラアソシエーション」公式WEBサイト
http://www.tamara-healing.net

「お申込み・お問い合わせ」の「各種イベント申込みフォーム」にてお申込みください。
http://www.tamara-healing.net/mail.html

複数イベントにお申し込みの場合
「参加希望行事名」の欄に、イベント名をご記入ください。
複数の場合は「、」で区切ってお書きください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*参加費お支払方法

参加費は事務局からの案内にしたがってのお振込みを
お願いいたします。

各種お問い合わせは、
タマラアソシエーション事務局までお願いします。
office@tamara-healing.net

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ・参加当日は定刻で始められるよう、開始10分まで
  に会場での受付をお済ませくださいますよう、ご協力お願いいたします。
  
 ・16歳未満のお子様の参加は無料となりますが、
  人数としてカウントの必要がありますので、参加申込みの際にお申し出ください。

 ・昼食は各自でご用意いただくか、会場内や周辺レストランをご利用ください。
  (会場周辺にはコンビニ・レストラン等たくさんあります!)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

天馬

私が車で遠出をしなくなって、天馬は少々物足りない様子だった。
ごめんね・・・とは思いつつ、高速道路を走ることもないものね・・・と諦めていた。

先日、郡山に出かけた。
郡山に住むヒーラーのSさんが、話を聞きたい、伝授を受けたいと言う人たちを集めて、
私を招いてくださったのだ。
思うように動けない私を気遣って、わざわざ自動車での送迎を申し出てくれた。

Sさんはありがたい?ことに、少々スピードを出して高速道路を走ってくれる。
天馬はこの時とばかり、Sさんの車の前を気持ちよく走り続けていた。
天馬は、私が同じ車に乗っていれば誰の運転でもかまわない。

翼を広げ、ひずめを響かせて空中を走り続ける。
私からは天馬の白いお尻と尻尾しか視えないが、天馬が楽しみ面白がっているのは分かる。

Sさんに言うと
「視たい~、見せて~!」
と言うだろうなぁと思いつつ、私は黙って密かに天馬の走りを楽しんでいた。

今日と明日は長野に行く。
今度はKさんの運転する車の前を、天馬は喜々として走り続けるだろう。


::::::::::お知らせ::::::::::::

タマラ・ヒーリングのワークショップを行います。
その場にいることにより、タマラのエネルギーを使った体験ができます。
ご自分の可能性を引き出し、能力を磨き、才能を発揮したいと考えている方、
ぜひ、体験してください。

ヒーラーになることだけが目的ではなく、タマラのエネルギーをサポートとして
使うことにより、ご自分の成功や幸せになることを目的としています。
タマラのエネルギーを生涯、自分のパワーとして使いたい方、まずは体験してください。

お待ちしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

名古屋:ヒーリングワークショップ

日時: 7月11日(土) 
    10:00~14:00(受付9:30~)
会場: ウィルあいち(地下鉄 市役所 徒歩10分)
     http://will-aichi.c-3.jp/map.html
部屋: 会議室6
講師: 稲野 理美
参加費:会員2,000円 一般3,000円 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

東京:加藤憲子講演会 改め
   ポジティブマインドワークショップ

日時: 7月11日(土) 
   15:00~16:30(受付14:30~)
会場: ウィルあいち(地下鉄 市役所 徒歩10分)
     http://will-aichi.c-3.jp/map.html
部屋: 会議室6
参加費:1,000円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

名古屋:誘導瞑想

日時:7月12日(日)
   10:00~17:00(受付9:30~)
会場:名古屋国際センター
http://www.nicnagoya.or.jp/japanese/aboutus/access.htm
部屋:第2会議室
参加費:会員10,000円 一般12,000円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*お申込み方法

「タマラアソシエーション」公式WEBサイト
http://www.tamara-healing.net

「お申込み・お問い合わせ」の「各種イベント申込みフォーム」にてお申込みください。
http://www.tamara-healing.net/mail.html

複数イベントにお申し込みの場合
「参加希望行事名」の欄に、イベント名をご記入ください。
複数の場合は「、」で区切ってお書きください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*参加費お支払方法

参加費は事務局からの案内にしたがってのお振込みを
お願いいたします。

各種お問い合わせは、
タマラアソシエーション事務局までお願いします。
office@tamara-healing.net

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ・参加当日は定刻で始められるよう、開始10分まで
  に会場での受付をお済ませくださいますよう、ご協力お願いいたします。
  
 ・16歳未満のお子様の参加は無料となりますが、
  人数としてカウントの必要がありますので、参加申込みの際にお申し出ください。

 ・昼食は各自でご用意いただくか、会場内や周辺レストランをご利用ください。
  (会場周辺にはコンビニ・レストラン等たくさんあります!)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

ワラシたちの会話

『雨もいいもんだぞ。』
『うん、雨は必要だからな。』
『雨の中も気持ちいいの。』
『オレは晴れている方がいい。』

『おまえは雨は嫌いか?』
『嫌いじゃないけど、晴れている方が気持ちがいい。』
『雨がなかったら困るよ。』
『まぁな、でも、雨が続くのはイヤだぞ。』

『うん、今は雨が降ると姉さんが庭に水まきをしなくていいから、今は雨の方がいいぞ。』
『それはそうだ、オレたちでは水まきはできないからな。』
『姉さんは外に出ないんだし、雨でもいいぞ。』
『家の中から雨を見るのは、お姉さんも好きだと言っていた。』

『うん、やっぱり雨でいいんだ。』
『そうだ、そうだ。』

ワラシたちの勝手な会話が聞こえる。
私がウツラウツラしている間のこと。

チョコを目当てに遊びに来たワラシ達は、ハワイからのお土産にすっかり満足をしている。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

知っておいてほしい

知っておいてほしい

あなたの中に 大切な未来のあることを

今がどんなに苦しくても

何も見付からないように思っているとしても

あなたの中には 必ず大切な未来があることを知っておいてほしい

今は 迷い 悩み 苦しんでいるとしても

それは 必ず乗り越えられるものだ

だから あなたの中に大切な未来があることを 知っておいてほしい

未来のために 一歩を踏み出す時があることに 気付いてほしい




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。