あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿司を食べたい!

泊りがけのお客様が来宅。
「トロを食べたい!」
との要望があり、寿司を食べに行くことにする。

『聞いた? 聞いた? 寿司だって!』
『聞いた! 聞いた! 寿司だって!』
『一緒に行く?』
『もちろん一緒に行くよ!』
『寿司だって、誰が行く?』

あのねぇ、私にも聞こえているんだけど・・・。
しかし、誰も私に注意を向けない。
あ~ぁ、またお寿司がまずくなるんだよねぇ。
だって彼らに食べられてしまうんだもの。

・・・ということで、他の人たちは美味しい寿司を食べ、私はまずい寿司を食べて
お金はしっかり私が払って帰りました。

『美味しかった~!』
『うん、トロが美味しかった!』
『やはり寿司は旨いよな!』
『また、誰か食べるように言わないかな。』
『うん、うん!』

あのね、私にも聞こえているんだけど・・・。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


スポンサーサイト
笑顔

笑顔って いいものだよ

人間の笑顔って 本当にいいものだよ

笑うということ 笑顔というものは 人間に与えられた素晴らしいパワーだよ

本当の笑顔は 周りの人たちもつられて笑顔になるほどの力を持つよ

笑顔を向けられると 笑顔を返したくなるんだよ

笑顔は 人間だけのものなんだ

なぜ人間だけが笑顔になれるのか 考えてみるといいよ

きっと 自分という人間の何かがわかると思うよ





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


本気

パソコンに向かっていると、キューピットが肩に乗ってきた。

帰ったんじゃないの?

『うん、帰ろうとしたんだけど、情報が入ったからそれを見てから帰ることにした。』

なぁに、その情報って?

『お姉さんが楽しい所に行くって情報だよ。』

楽しい所って、今日のダンスの舞台?

今日は私とのご縁があった、ダンサーのMさんの舞台があり、私は夫や弟と招待されて
高円寺まで見に行っていた。2時間近く、48曲を踊り続けた舞台は迫力があり、服も
楽しくて、私は初めてみるダンスの舞台にすっかり興奮して楽しんでいた。
100人ほど入る会場は満員で、立ち見をしている人たちもいて、熱気で暑いくらいだった。

『うん、だから帰るのを止めてお姉さんにくっついて行ったんだ。』

ワァ、今日ずっと一緒にいたの? それで、どうだった?

『面白かったよ、お姉さんが楽しんでいたのが分かったから、なお楽しかった♪』

フフフ、良かった。
ねぇ、ダンスをしていた皆さん、すごく頑張っていたでしょう。
見ていて気持ち良かったもの。
あのメンバーの中に何人か知っている人たちがいたけれど、皆さん成長していたの。

『頑張る姿って、やはり気持ちの良いものだね。
 お姉さんが応援したくなるのも分かるよ。頑張ってきた結果が出ている。』

そうなのよ、頑張っているつもりや、頑張っているふりでは結果は出ないもの。
本気で頑張ったからこそ、今日の素晴らしい舞台になったと思う。
Mさんと生徒さんたちの、毎日の頑張った結果がでていたと思う。
Mさんは生徒さんたちとぶつかったこともあると言ったけれど、本気だからこそ
ぶつかることだってあるだろうし、本気だからこそぶつかっても乗り越えてきた
んだと思う。お互いに理解したい、乗り越えたい思いがあったのでしょうね。

『僕たちは、本気の思いを繋げるんだよ。』

あぁ、そういうことなのね。
本気だからこそ、壊れることがない。成功へと導くには、本当の気持ちが必要なのよね。

『良い1日だったと言いたいみたいだね。』

そうよ、本気の人たちに出会った良い1日だったわ。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


印旛沼のカッパ

洗濯物を干していると、誰かが引っ張るのを感じた。
視ると、セーターの袖のところに掴まっているものがいる。

袖が伸びちゃうよ~。

ピョコンと首を出したのは印旛沼に住むカッパだ。

アレ、久しぶりね、元気だった? 今はお腹がいっぱいかな?

『うん、久しぶりに遊びに来た。腹は減ってないよ。覚えてたんだ。』

覚えているよ~、忘れられないもの。

『そうだな、気になっていたんだけど、他のカッパから話を聞いていたから・・・。』

そう、気にしていてくれたのね、それだけで嬉しい。
近頃少しずつ印旛沼もきれいになってきたでしょう。
前に比べると、住みやすくなっているんじゃないの?

『うん、魚が増えてきている。水もきれいになってきた。でも、エビが減ってきている。』

エビが減っているの? どうして?

『うーん、前にはいなかった魚がエビを餌にしているからかな。』

そうか、生態系が変わってきているのね。
カミツキガメなんていうのも住んでいるから・・・日本にはいない亀でしょう。

『魚にもカメにも罪はないよ。人間が勝手にやったことだ。』

そうね、人間が自分たちの都合で、勝手にやっていることなのよね。
そのツケが回ってきているのだと思う。
考えなければならないことよね。

『うん、これからも遊びにきていいか?』

もちろん良いわよ、いつでもいらっしゃい!

『うん!』

カッパはベランダにいた猫の真音をからかいだした。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


キューピット 3

彼は私の頬に触ったあと、じっと私の眼を見て微笑みながら言った。

『人間はね、本当に素晴らしい存在なんだよ。
 愛情を持っている。
 人間は自分が思っている以上に、大きな愛情を持っているんだ。
 愛情だから、その中にはとってもたくさんの感情が含まれている。
 人間が感情をおろそかにするのは、愛情が関係しているんだ。
 愛されたいと言うことは、愛情をかけてほしいと言うことなんだ。
 愛したいというのも、愛情をかけたいんだ。
 人間が与えたがるのも、欲しがるのも愛情なんだ。
 とてもたくさんの感情が入っている愛情こそ、人間が学んだり成長したり
 するうえで、とても大切なものなんだ。
 愛情が分かれば、とてもたくさんのことが分かってくる、視えてくる。
 実はそれも怖いのかもしれない。傷つくこともあるからね。
 こわかったら怖いと思えばいい。怖いと思う弱さも愛情で補えることを知るよ。。
 人間は愛情を経験するためにも、生まれてきているんだ。
 僕たちは人間の愛情が、自分を生かしていくことだし、他の人間を支えること
 だとも知っている。だから、僕たちは人間の想いを届けるんだ。
 多くの人間たちが、自分の持っている愛情の深さに気付いてほしい。
 お姉さん、人間にしっかり伝えてよ。』

伝えるわ、とても素敵なことだもの。
キューピットは私の頬にキスすると、ニッコリ笑ってスルリと消えた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

キューピット 2

キューピットはテーブルの上に座って、私の目の前で話を続けた。

『人間は自分の気持ちや考えや思いを、言葉にして伝えるよね。』

そう、人間は言葉で様々なことを伝えるの。
話すにしても書くにしても、言葉で伝えることになるよね。

『それが通じない人間がいるよ。』

うーん、確かにそれはあるけれど・・・。
言葉での表し方や、相手の受け取り方によって、言いたい事や話したいことが伝わらない
ことはあるし、誤解を招くこともある。
それが通じないと言う事なの?
あなたたちの世界は思考が波動で伝わるから、間違いようがないよね。
考えや思いがそのままに伝わるから、誤解もないでしょう。

『そうだよ。
 言葉で表すしかないから人間は通じないとか、通じにくいとなってしまう。』

何が一番通じにくいと思うの?

『人の想い、人の思いだろうね。
 どれだけの思いがあるのか、自分でさえ気付かない人間が多いよ。
 どれだけの思いを人からかけられているのか、それにも気付かない人間が多いよ。』

そうなんだ、それを話したかったのね。

『僕たちの仕事は、人の思いを伝えることでもあるんだ。
 もちろん勝手にやっていることではないよ。人間が望んでいることに対して、
 思いが本物ならそれを伝える手伝いをしているんだ。』

それは届けたい思い? それとも受け取りたい思い?

『両方あることが一番伝えやすいよ。
 届けたい思いと受け取りたい思いが一緒なら、これは簡単だよ。』

あぁ、だから恋人としての心を結ぶのがキューピットだと思われているのね。

『うん、それは知っている。
 でも、恋人だけじゃないよ。人間の良い思いを伝える手伝いが仕事なんだ。』

そうか・・・そうなのね。

『でも、僕たちが伝える前に、まず人間が自分の言葉で話すことで、通じさせなければ
 ならないんだ。それをする前に、僕たちが勝手に動くことはできないんだよ。』

それで話が通じない人間がいると言うことは・・・。

『人の思いを感じられない人間が居るということだよ。
 思いが感じられない、人の思いが分からないから受け取れない。
 お姉さんの周りにもいるだろう?
 お姉さんも自分の思いが伝わらないことで、悩んでいるじゃないか。』

・・・。

『お姉さんやほかの人たちがどんなに話をしても、あの人たちは他の人の思いが感じられ
 ないんだよ。感じられないから、どんなに話をしても通じないんだ。
 通じないことで、お姉さんたちが悲しい思いや悔しい思いをしているのが、僕には分かる。
 でも、一番肝心な人たちが感じようとしない。』

でも、私は分かってほしい。

『知っているよ。だからお姉さんたちが頑張っているんじゃないか。
 でも、受け取らなければならない人たちが、頑張って受け取ろうとはしないんだよ。
 その人たちは、本気でお姉さんたちの思いを感じようとしていないんだよ。
 いろいろ自分勝手な理由をつけて、思いを感じようとしない。逃げている。
 それが自分にとってどれだけ不幸なことか、分かっていないんだ。
 人の思いを受け取れないことほど、不幸なことはないよ。それに気付いていない。
 お姉さんたちは人を思うことができる、それは幸せなことだよ。』

そうね、人を想うこと思うことができるのは、本当に幸せなことね。

『その人たちにも幸せになってほしいんだろう。』

もちろんそうよ!
通じるまで、感じてくれるまで頑張るわ!
あなたが手伝ってくれるようになるまでね!

『ぜひ手伝わせてほしいな。』

彼はそう言うと、そっと私の頬に触れてきた。
そして、思いが通じあった時のお互いの喜びを伝えてくれた。
それはとても深い喜びだった。

いつかきっと思いが通じる日を信じて、私も頑張っていくね!
私は彼と約束をした。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


キューピット

朝から、何やら小さいものが私の周りを飛んでいるのを、何度も見かけた。
何だろう?
目の端を何度もかすめたり、面白い動きをしているのがわかる。

誰かな? 教えてよ、姿を見せてくれる?

言ってはみるものの、私も用事をしていたりでなかなかタイミングが合わない。
わざと外しているのかな・・・と思ったりした。

さっき、やっと姿を見せた。
私は笑顔になった、楽しくて♪

そこに居るのはキューピット!
私の掌ほどの大きさで視せている。背中にはやはり翼があり、空中に浮かんでいる。

朝からきていたのね。

私の言葉に彼はニッコリ頷いている。
遊びに来たの? それとも何か用事があるの?

『少し話をしたい。』

そう、いいよ。

『人間には言葉の通じない人がいるね。』

あなたたちの言葉が通じない人がいるということ?
あなたたちの声が聞こえない人がいると言うこと?

『そうじゃないよ。僕たちはあまり人間には話しかけないよ。
 たまに人間のそばに行くこともあるけれど、人間には話しかけないよ。』

どうして? どうして人間に話しかけないの?

『人間は僕たちの言葉を、ほんの少ししか分からない。
 ほんの少し分かれば、あとは自分勝手に言葉をつないだり、自分に都合の良いように
 受け取ったりするから、直接話しかけることはほとんどないよ。』

うーん、それは厳しいよね。人間は波動であるあなたたちの言葉の多くは、受け取りにくい
かと思うわよ。波動を人間の言葉に替えようとすると、言い表せない言葉があるもの。
だから波動を言葉に変えて理解するには、それなりに能力がないとできないんじゃないかな。

『うん、それは分かるんだよ。だから人間には滅多に話しかけられないんだ。』

ねぇ、それを話したいの?
キューピットは苦笑している。違う話があるんでしょう、との問いかけに頷いている。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



親子3人

冬になるとやってくる。
寒くなるとやってくる。
相変わらず冷たいけれど、気持ちはとてもあったかい。
今年も寒くなったから、我が家に顔を見せてくれた。
あったかい部屋が少し冷えてきて、冷たい風を感じると来たのが分かる。

そっとほほ笑む顔は・・・私とご縁のあった雪女さん。

ゆきんこちゃんは元気?

『今年は連れてきましたよ。』

雪女の着物に隠れるように、可愛いゆきんこちゃんがにっこり微笑んでいる。
前よりも少し大きくなって、林檎模様の着物がかわいい。
ゆきんこちゃんのお父さんはなまはげ。
ゆきんこちゃん、お母さんの雪女に似ているね・・そう言うと

『お父さんも好きだよ。』

と笑ってみせる。
ゆきんこちゃんは少し人の心が読める。
いかついなまはげの顔を思い出していた私の心を読んで、きっと私に教えたかったのだろう。

お父さんはどこにいるの?

『お父さんも来ているよ。 今年は一緒に来た。』

そう、どこかで待って居てるのかな?

『お庭で白ヘビさんとお話をしている。』

あぁ、お庭にいる白ヘビちゃんね。そう、お話をしているんだ。

ゆきんこちゃんは、コックリと頷く。
なまはげと白ヘビちゃんと、どんな話をしているのかな?
窓から外を見ると・・・うん、確かになまはげが座りこんで白ヘビちゃんと話している。
庭には陽があたって、とても明るい。
私は、冬の陽をあったかく感じていた。
親子3人の姿を見て、私の気持ちもあったかい。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



強くあろうとする
変わりたい と思うとき

変わらなければならない と思うとき

やりたい と思うとき

やらなければならない と思うとき

進みたい と思うとき

進まなければならない と思うとき


目的が分かっていて

目的を知っていて 

そこから逃げたい自分を鼓舞することこそ 強くあろうとする自分がいる






  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


買い物
買い物に行っていたときのことだった。

あ~、これいいなぁ。
気に行ったバッグを手に取っていた。

『これが良いですよ。』
『いや、こちらの方が好みだ。』
『持つにはこれが上品で良い。』
『この方が姉には似合うだろう。』

えっと・・・幾つもの声が響いてきて、私は決めかねる。
それぞれに好みがあったり、私に合うものや似合うものを探そうとしたりする。
私はあれを手に取り、これを試してみて、それも持ってみて・・・どうしよう。

私の買い物の目的は知っているが、それぞれに違う好みを主張することもある。
私は大いに迷うのだが、ニポの一言で決まることが多い。
なぜなら・・・ニポはセンスが良いからだと思う。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


お菓子

『姉さん、ようかんだ! ようかんだ!』

そうよ、お土産の栗ようかん。食べる?

『もちろん食べるよ!』

我も我もと・・・いったい何本の手が伸びてきたのだろう?
足りるかな? 1本全部切り分けたんだけど・・・。

『大丈夫、オレたち分けて食べるから心配いらないよ。
 だって、他にないだろう?』

えぇっと・・・あるにはあるんだけど・・・。

『お菓子があるんだ! 』

うーん、我が家に来る皆さんに食べてもらおうと思っているのだあるんだけど、それも食べる?
あらら、みんな黙っちゃった。手が止まっちゃったねぇ。
いいわ、ここんところ留守番ばかり頼んでいたから、頂き物のお菓子を出すね。

『ヘヘ・・・ありがとうな!』

妖怪たちはちょっと遠慮しながら、煎餅やらチョコレートやらプリンやらを食べている。
妖怪たちの幾つもの笑顔が視えて、予定していた皆さんの顔が吹っ飛んじゃった。
まぁ・・・いいよね♪


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


興味

興味は良いものだ

興味があるから 様々なことを知ろうとする

しかし 興味にばかりとらわれていると 時として道を誤ることがある

知りたいことが本当に必要なことなのか

それとも興味からただ聞きたいだけのことなのか

自分で見極める必要がある

本当に知りたいことなら 知ったことを自分の役に立てようとする

だが ただ聞くだけで満足をするのなら やがては忘れることにもなる

その場だけのことなのか

先に役立てることなのか

一度 自分に聞いてみると良い





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


ネパールにて 11日

11日、いよいよ帰る日になった。

しかし、飛行機は午後3時20分の出発になる。
午前中はどこかでフリークリニックをやりたいとの私たちの意向を受けて、
MさんやPさんたちがあちこちに問い合わせをしてくれていた。

タマラヒーリングを広めることが目的であり、仕事としてネパールに来ている私たちは、
時間を有効に使いたかった。
一人でも多くの人たちに体験してほしい、タマラのエネルギーに触れてほしい、伝授を
受けてくれる人たちに出会いたい、タマラヒーリングの名前を知ってほしいなど、
私たちの思いは尽きることなく続いている。

そこでMさんが、タメルに場所を貸してくれる所を見つけてくれた。

午前中だけではあったが、30人ほどが体験してくれて、ひとりの伝授に繋がった。
7月にヒーラーになった若者が、わざわざお土産を持って私に会いに来てくれた。
「タマラさんに会いたかったです!」
たどたどしい日本語と笑顔と「ナマステ」という彼の気持ちが、私にはとても嬉しかった。
ここでも結果を出せたことが、私たちの喜びとなっている。

ネパールでのフリークリニックは、どこでも寝た状態で行った。
寝る為に必要なマットや掛ける布は、IsuさんやMさんが貸してくれた。
事前の交渉やチラシの配布なども、ご自分たちで考えて実行してくれていた。
たくさんの人たちに話して、紹介して、連れてきてくれた。
この人たちの協力があってこそと、心から感謝している。

各地でキーマンとなってくれる人たちに出会いたい・・・その思いは叶えられた。

揺るぎない気持ちで動くと結果が出る、気付きと反省と新たな課題を与えてくれた
ネパールの旅でもあった。

『姉よ、また来るか。』

はい、また来ます。おかげさまで沢山の人たちとの出会いがありました。
これからに繋がるような大切な出会いもありました。
本当にありがとうございました。

『我等は人間に必要な情報を与えて、ほんの軽く背中を押しただけだ。
 それを受け取り動いたのは、その者の意思による。
 受け取るも受け取らないも、やるもやらないも、人間の選択にかかっている。
 望んでいる者は受け取りやすい、自分でも探そうとするからな。
 だから情報を与えるだけで良い。
 人間の目や耳に情報が入らないと動けない、だからそれを与える。
 あとは人間次第だな。良く動いたものだ。
 次は噂が噂を呼ぶから、もっと人間の動きが出てくるだろう。』

はい、しっかりと自覚しておきます。
私もイニシエータやプロも、それに見合う人間として成長していなければならないと、
いえ、それ以上の人間でありたいと思います。

『ウム、次がまた楽しみだな。姉よ、また会おう!』

大きな方は片手を上げると、スッと去って行った。

私たちはソウルで長いトランジットの時間を過ごして、12日に帰ってきた。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。

ネパールにて 9日10日

9日と10日は、パタンにあるIsuさんのヨガ教室を貸してもらって、
フリークリニックとワークショップを行った。

バクタプールで伝授を受けてくれた人たちが、何人もワークショップに参加してくれた。
7月に伝授を受けてくれたヒーラーさんたちも、笑顔を見せてハグを繰り返した。
ワークショップは日本から同行したIさんと、ポカラに住むMさんが通訳となり行った。
私はヒーリングを求めてくる人たちに、フリークリニックを行っていた。

喘息で息苦しさを訴える若者に、ヒーリングを行った。
手を当てられた若者は、やがて息苦しさから解放され、穏やかな寝息を立てている。
起きると、一緒に来ていた家族に、とても楽になったことを伝えている。

1か月前に骨折をして、まだ痛みが続いて思うように歩けないという若者が来た。
ヒーリングを受けたあと、彼は杖を離しスタスタと歩きまわり、しゃがんだり
とび跳ねたりして見せてくれた。
思わず「無理はしないで・・・」と私が声をかけたくらいだ。

それらを目の当たりにした家族や、その場に居た人たちが次々と伝授を受けてくれた。

「このヒーリングは役に立つ、実際に役に立ちそうだ。」

その中には医者のご夫婦もいる。大学教授もいる。会社を経営している人もいる。
医療の場で、キャンパスで、仕事に従業員にさっそく役立てたいと言う。
ご夫婦でオーストラリヤに行くので、そちらで役に立てたいと言う。
シドニーにも来てほしいと真剣に言われた。

行きたいね! 連絡を取り合いましょう!
相談がまとまった。

両日共に、中身の濃いワークショップとフリークリニックになっていた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


ネパールにて 8日
8日はバクタプールでのフリークリニックだ。
この村は観光地としても有名だ。
今もこの村で暮らしている人たちがいる、そして、観光客は入場料を払って街に入る。

バクタプールは通訳のPさんの住む所でもある。
ここにあるレストランの板敷きになっている所を借りて、フリークリニックを行った。

ここでも先にチラシを配っていたこともあり、時間前に早くも数人が訪れている。
さっそくIさんと一緒に、ヒーリングを始めた。
両手で二人ずつ行う、Isuさんが待っている人の列ができていると知らせてきた。
いつの間にか人数がかなり増えている。
Iさんと休む間もなくヒーリングを続ける。

支えられて、杖をついて、やっと歩いてきたおじいさんがいる。
ヒーリングのあとには、杖もつかずスタスタと一人で歩いて帰った。
これにはレストランの中で待っている人たちから、驚きの声があがった。

長年にわたる水汲みや畑仕事の重労働からだろう、肩や腰や膝や足首などの痛みを
訴える人たちが多い。ヒーリングで痛みが軽減して、笑顔で帰っていく。

「ナマステ・・・」
こんにちは、とも、ありがとう、とも意味のある言葉が、とても人懐っこい笑顔と共に
両手を合わせて私達に告げられる。

頭痛を訴える人たちも多い。
その中の多くは、頭に浮遊霊などをくっつけていたり、
マイナスエネルギーが頭に巻き憑いたりして居た。これでは頭も重いだろう。
私はヒーリングをしながら、セッセと浄化することとなった。

ふと外を見ると、たくさんの人たちが待っている。

「噂が広がっているようです。
 チラシを見てきた人もいるけれど、噂を聞いて来た人たちが多いです。」

私たちからヒーリングを受けた人たちが、どこかで話をしてくれたのだろう。
それを聞いて、では受けてみよう・・・と思った人たちが多いようだ。
待っている人たちはふくれあがるばかり、ポカラから飛んできたMさんも合流して、
一度に5人ずつをヒーリングしていった。

昼食を・・・と勧められたが、待っている人たちのことを思うと、食べている暇がない。

私たちは仕事だから、このままに続けます。

「仕事ですか?」

そう、ヒーリングは私たちの仕事です。

「でも、お金をとっていません。」

今は、お金をもらうのが目的ではありません。
タマラの名前を知ってもらい、タマラのエネルギーを受けてもらうことが目的です。

「わかりました。お金はもらわないけれど、あなたのヒーリングは仕事なのですね。
 私も頑張って宣伝してきます。多くの人たちにヒーリングを受けてもらいます!」

Pさんはにっこり笑うと、そう言ってなおさらに張りきってくれた。

絶え間なくヒーリングを続けていると、Pさんが暑がり出した。

「ここはとても暑いです。
 外よりも中の方が暑くて、中よりもヒーリングをしているここがもっと暑いです!
 これは何ですか? 何でこんなに暑いんですか?」

ずっとヒーリングを続けている私たちは、どんどん結果を出している。
結果が出るのは、どんどん高次のエネルギーを使うようになるからだ。
続ければ続けるほど高次になり、高次になればなるほど結果が出る。
とても良い循環になっているからエネルギーが高まり、Pさんは熱く感じているようだ。

「60人で止めます。」
「これで最後です。」
と言いながら、何度も「最後です」の言葉が続く。
変だな・・・と思って聞いてみると、噂がなお広がって、
受けたいと希望する人たちの列がどんどん長くなっているとのこと。
止めると言いながら、受け入れているようだ。
外が暗くなって、さすがに止めてくれた。

結果としてノートに名前を書いた人だけで91人・・・ビックリ!
名前を書いていない人たちもいるので、100人は受けたのではないかとのことだった。

この結果を見て、何人もの人たちが伝授を受けてくれた。
Pさんの叔母さんという人に伝授をした時に、この方の前世が視えた。
釈迦のそばにいる方だった。それを伝えると、驚いた顔をして喜びで満面の笑顔になる。

「この叔母さんは釈迦族の出身です! 
 叔母さんはすごい喜んでいますよ!」

体には少々の疲れがあるが、エネルギー的には満タンになっていた私たちだった。
多くの結果が出せたことは、私たちにも良い経験となった。

「次はもっと多くの人たちが来ますよ! 広い会場にしましょうか!」

Pさんたちの声が弾んでいた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


ネパールにて 7日

日本人のMさんが経営する、マムズガーデンに一泊した朝のことだった。

『姉よ、ある者が来る。
 その者を視て運命をその者に教えてほしい。』

私がその人を霊視するのですね。
私に視えた、その人の運命を伝えるだけで良いのですか?

『そうだ、その者は自分の運命を知る必要がある。』

・・・と言うことは、その人は自分がやると決めてきた運命とは、異なる道を歩いて
いるということになりますか?

『そういうことだ。』

それなら、私が運命を伝えたところで、道を変えるとはかぎりませんね。

『どの道を選択するのかは、その者次第だ。
 しかし、その者は自分の運命を知った上で、選択をしなければならないのだ。』

分かりました、やってみます。

朝から、私は見えない世界と会話を交わしていた。


フリークリニックを行っている時に、その人は来た。
年を重ねた男性だった。

彼の背骨に1本の鎖が付いている。鎖の先には銀色の箱が繋がれている。
銀色の箱は彼の先祖から受け継いだ、持って生まれた能力だということが分かった。
しかし、箱は全く開く様子がない。
箱から分かるものは、ザルフク(能力者)の本物の力だ。

私は、彼に私に視えたことや分かったことを伝えた。

「確かに、祖父や父はザルフクの仕事をしています。
 しかし、私はその力を信じていません。
 ザルフクを仕事にしようとは、まったく考えていません。」

ザルフクの能力を彼は信じておらず、興味もないし、やる気もないとのことだった。
彼が持っている能力は本物だ。もしかすると、おじいさんやお父さんよりも能力は
あるのかもしれない。
しかし、彼は呪文も知らずやり方もしらないから、無用だと言う。
そんな彼に、私は良く考えてほしいこと、来年また私が来た時にあなたが希望ずれば、
私はあなたの能力を開くことができるからと、伝えるしかなかった。

彼は、考えてみると言ってくれたが・・・。


外は曇っていて山が見えない。せっかくポカラに来たのになぁ・・・残念。

飛行機に乗りポカラを後にする。
どんどん上昇して雲の上に出た。

すると、そこにはいきなりヒマラヤの山々の連なるパノラマがある!!!
青い空に雪を被った山々の頂上がずーっと続いて見える。
どんなに見渡しても、ヒマラヤの山 山 山々・・・・・だ!!!
もう感激するばかり!!!

「こんなに素晴らしい、こんなに美しく見えるのは私も初めてです!
 とても素晴らしいですね!
 神様は好きな人が近くに来ると山を見せると言います。
 きっとあなた達は神様に好かれているのだと思います。」

Pさんが山の名前を教える、弾む声が聞こえてきた。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


ネパールにて 6日

6日は、カトマンズからポカラに移動した。
朝から濃い霧で、飛行機は飛ぶのかな?と心配していたら、案の定のこと遅れた。
8時半出発の便が10時半出発となった。
ネパールでは、その日の天候によって飛行機の運航が左右されやすい。
ネパールの人たちにとっては、ごく当り前のことだった。

しかし、この遅延が思わぬ幸運に巡り合わせてくれた。
待っている時に、Pさんが朗報をもたらしてくれた。

「もしかしたら、Sさんに会えるかもしれません。
 ちょうど10時半の便に乗るように、日本人ツアーのお客様を連れてくるそうです。」
「エ~、じゃぁ、飛行機が遅れたおかげでSさんに会えるかもね!」

Sさんとは、7月にネパールに来たときに、通訳兼ガイドとして私たちと一緒に行動
してくれた人であり、ヒーラーになってくれた人でもある。
次にネパールに来たときには、ぜひ自分が通訳として案内すると約束をしていた。

「来ましたよ! Sさんが来ましたよ!」

指さされた方を向くと、満面の笑顔でSさんが走ってくる。

「ワァ~、Sさーん!」

走り寄ってハグ!

「会えると思っていなかったよ、でも会えたね!」
「うん、私も会いたかったの! Sさんに会いたいと思っていたの。」
「会えたね!」
「そうそう、霧のおかげでSさんに会えたね、ラッキーよ!」

今回通訳のPさんは、仕事で同行できなかったSさんの紹介だという。
私たちが安心できるように、人柄のよい日本語のできるPさんを紹介してくれたとのことだ。

「Pさんに言っておいたよ。タマラのことを先に勉強しておくようにって・・・。
 他の通訳とは違うことを言っておいたよ。Pさんは大丈夫だった?」
「うん、大丈夫よ、HPを見たりして言葉を覚えてくれている。
 Sさんのおかげね、良い人を紹介してくれて本当にありがとう!」

「いいんだよ、これで安心だ。
 会えてとても嬉しいよ!」

ツアーのお客様を少々お待たせして、私たちは語り合っていた。


飛行機に乗る時は、機内では右側に乗ると山が見えるよ・・・うん、右側ね。
ガイドさんの言葉に誘導されるままに、小さいプロペラ機に乗る。
右側の最後尾の席に座った甲斐があり、飛び立って雲を抜けたそこに見えたのは、
みごとに雪を被ったヒマラヤの山々が連なっているパノラマだ!!!
私は感激することしきりだった!!!

ポカラではYさんの経営するマムズガーデンに宿泊する。
山が良く見えるよ、と聞いて湖に向かって歩いていた。
1回目のネパールに同行してくれたDさんが、ネパールの可愛い娘さんと結婚して
ポカラに住んでいる。会いたいと思っていたが、旅行で留守とのこと残念。
・・・と・・・前から走ってくる自転車に乗っているのは???

「Dさん! Dさん!」
「アレー、来ていたんですか!」

「居ないと聞いていたのに・・・」
「昨日帰ってきたばかりです。まだどこにも挨拶していないので・・・」

「ヘェ、これも偶然ね、会えて嬉しい!」
「僕もですよ、来るとは聞いていたけれど、何日に来るのかまでは知らなかった。
 あとで挨拶に行きますからね!」
「うん、待っているね!」

言葉を交わしてDさんと別れた。

私が会いたいと思っていたSさんとDさんに会えた!
それも全く偶然のようにして出会った。
会いたい人に会える喜びを味わっていた。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


ネパールにて 5日

5日に訪れたパルピン村の学校、ヨガに使っているという教室を借りてヒーリングを行った。
フリークリニックとしており、先だってチラシなどを貼ったり声をかけてくれていた。
受付や案内などを、村の青年団の人たちが何人も手伝ってくれた。

「ナマステ!」
とても人懐っこい笑顔で、両手を合わせて声をかけてくれる。

ヒーリングをする前と後では、笑顔が違ってくる。
人の噂が人を呼び、教室の前には常に十数人の人たちが待っていてくれた。

Isuさんが
「人がたくさん集まっています。60人で終わりにしましょうか。」
と声をかけてくれた。
結局は名前を書いてくれた人たちだけで、68人になったとのことだ。
名前を書いてない人もいるとのことで、70人は越したかな。

イニシエーターのIさんと私、それにカトマンズのヒーラーであるNさんが手伝ってくれた。
最初はオズオズとヒーリングをしていたNさんだが、人数が増えるごとに自信をつけていき、
時には話しかけたりしながら、堂々とヒーリングを行うようになったのは嬉しかった。

ネパールには生活の中に呪いが存在している。
呪を解いたりかけたりする能力者が、各村や地域に一人から数人はいると言う。

「サイ」という話を聞いた。
日本では「赤ちゃんの疳の虫」と言えるだろう。
理由もなく赤ちゃんが泣きわめいたり、ぐずったり不機嫌になったりすることを言うらしい。
そのような時ネパールでは
「サイがいなくなった」
と言うとのことだ。

それで赤ちゃんに水をふりかけたり、
「サイ、戻ってきて! サイ返ってきて!」
と言う意味の呪文を唱えると、サイが赤ちゃんに戻ってきて機嫌が治ったり、泣きやんだり
するとのこと。

ネパール在住の日本人のMさんも、
「何だかわからないけれど、私も娘の時にやったら、確かにおとなしくなったり泣きやんだり
 したの。不思議だけど、訳がわからないけれど、何かあるようなのよ。」
と話してくれた。

村人の中にも「これは呪じゃないの?」と思えるような症状が幾つもあった。
黒い紐のようなものが巻きついていたり、ペタリと何かが貼りついていたりする。
単なるマイナスエネルギーとは異なることを感じる。
人の念のような意思を感じることがあるから、呪としてあることを知る。

そのままにしておく訳にもいかず、結局は取り外したり浄化することになる。
私が感じたマイナスのモノのことを話すと、誰もが理解を示す。

うーん、素直と言うのか、彼らにとっては当たり前の話のようだった。
神への信仰と同時に、マイナスの存在が当たり前になっている、それがネパールなのかと
改めて感じたことだった。



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。


ネパールでの出会い

タイ、バンコク国際空港の閉鎖で、急遽3日発の大韓航空に変更になったネパール行き。
同行者はタマラのイニシエーターのIさんと、相談役のAさんの二人。
ソウルでトランジットの一泊を過ごして、4日にネパールに到着した。
カトマンズ空港には、通訳のPさんが迎えに来てくれていた。
Pさんは明るい好青年で、出会いはとても嬉しいものだった。

Pさんの案内で、宿泊するサンセットビューホテルに行く。
サンセットビューホテルは、ネパール人のオーナーで奥さまは日本人とのこと。
蕎麦レストランや日本食のメニューがあり、和食を好む私には嬉しいホテルだ。

カトマンズの市内はやはり騒々しい・・・。
自動車とバイクと自転車と人々と、行きかう度にヒヤヒヤするし、ひっきりなしに
聞こえるクラクションと排気ガスと埃に、苦笑するしかない。

ホテルに着くと、ポカラからMさんが来てくれていた。
日本人ながら、すっかりネパールに馴染んでいるMさんの存在は、とても頼もしいものだ。
結婚式に出席していて遅れたと、ネパール人のIsyさんも来てくれた。
そろったところで、明日からの計画を確認して、カトマンズの1日は過ぎた。

『姉よ、来たな。』

はい、また来ました。
今度の出会いが、何かとても楽しく感じられて、ワクワクしています。

『その通りだ。姉は意識はせずとも感じているのだろう。
 いろいろな出会いがあるだろう。それも望んでの出会いがある。』

どのような出会いがあるのか、きっと先に繋がる出会いだと思います。

『出会いはある。その出会いをどうするかは、やはり姉次第だ。
 出会いを大切に思うなら、姉が努力をすることだな。』

はい、出会いは大切なもの、必要なもの、楽しみなもの、努力を重ねます。

ホテルの部屋で語りかけてくれた方は、笑顔をみせてくれた。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



Jさんとの1週間 7 
ハワイ島での最後の2日間は
ホテルの一室を借りてのワークショップでした。

体験会やイベントで出会った方が主な参加者で
もちろん、そのなかには Jさんもいました。

日毎元気になっていたJさん。
いつもどおりハグをして
目をみてにっこり微笑みます。

ゆっくり ゆっくりとしか 話せなかったのが
ジョークまで飛び出すようになって
ペラペラペラペラペーラペラ
私のリスニング力では聞き取れないほどになってきました(^^;)

ランチタイムには
ベジタリアンの彼女は、バナナとジュースという感じ
「一緒に食べない?」と 私もお裾分けしてもらいました。

こんな時間をもてるとは 思っても見ませんでした。
ワークショップでは、お互いにヒーリングしあったりして
「どう? どんな感じ?」 と 伝えあっては 笑い合い・・・

彼女がヒーラーになったら 彼女にとってきっといい。

そう思いました。
ただそれは 彼女自身が決めることです。

私は タマラ・ヒーリングを彼女に伝えることができた。
みんなと一緒に 伝えることができた。
ハワイ島での最後の一日も、そのまま、タマラ・ヒーリングを
存分に満喫してもらおう。
私の気持ちは、それ以上でも それ以下でも ありませんでした。



最終日、朝、会場の準備をしているところに
Jさんが現れました。

「おはよう! 早いね~!」といって ハグすると
彼女が じっと私の目をみて いいました。

「私、イニシエーションを受けようと思うの」
「・・・? え?」
「私も ヒーラーになりたいの、お金も用意してきたわ」


ほんとにー! うれしい! Jさん、うれしいよー!

思いっきりハグすると
かとうさんに伝えにいきました。

そうなったらいいな、って思ってた。
もう、今日で私はいなくなるし、みんなもいなくなるし・・・
Jさんの中に いつも タマラのエネルギーが流れていたら
いいなって思ってた。

その「いいな」って思ってたことが 本当になった!


「今日から、同じヒーラーだね!」
伝授を受けたJさんに言うと、クックックと愉快そうに笑います。

ワークショップの合間の休憩時間、Jさんがそっとそばにやってきました。

「あなたはプロよね?」
「ええ」
「私も、プロを目指すわ」
「!!!!!!!」

伝授を受けたその日に、プロを目指すというJさんの目は
イキイキ輝いていました。
「へ~! 今日は、Jさんには驚かされっぱなしだよ!(^^)」



*** *** ***


ハワイ島でお世話になったHさんや通訳のAさんが
Jさんの近況を伝えてくれました。(ありがとうございます☆)
とても元気そうです。

写真も送っていただきました。
しっかりとした足取りで 前を見て歩くJさんが映っています。

元気そうなその姿をみることができて
私は それだけで十分!
その姿が うれしかったです(^^)

タマラ・ヒーリングと出会って 
元気でしあわせな 方向へと 
変わっていく人の姿に
 うれしさ を感じます。

この週末には、
連日お伝えしています
「東京ワークショップ」が開催されます。

ひとりひとりの
変わる キッカケの日 となりますように!

☆☆☆ 東京ワークショップ ☆☆☆

タマラ・ヒーリング協会HP

↑ お申し込みはこちらから(^^)

とき/12月14日(日) 午前10時~午後5時
           
ところ/かつしかシンフォニーヒルズ・コンチェルト
    東京都葛飾区立石6-33-1

アクセス/京成線 青砥駅下車 歩いて5分くらい

参加費/協会会員4,000円 
    一般  5,000円


*** *** ***

かとうさんが
そろそろネパールからお戻りになります(^^)
長い間、デイジーの話につきあってくださって
ありがとうございました!

かとうさんの
あかね雲 に戻ります!
私も、一読者に戻って楽しみます(^^)/

みなさん、ありがとうございました。


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。






















Jさんとの1週間 6
おはようございます。
今日も、昨日の続きを書きます。
よろしくお願いします(^^)

*** *** *** *** ***

Jさんは、体験会の初日に来てくれて
翌日の体験会にも、
そして、3日目、4日目には
イベントに出展したのですが、そこにも足を運んでくれました。

イベントは、雰囲気としては
日本でいう「すぴこん」に近い雰囲気です。

その一角を、コーディネイターのKさんが
「ブース」という 箱 的なスペースを払拭するような
大胆な使い方で すごく素敵な タマラ・ヒーリング スペースを
つくってくれました。
大きな窓。外には空、山、海、人・・・花、風~
ハワイ島の風景を目の前にしながらのヒーリングは
ほんとうに気持ちがよくて・・・いまでもリアルに思い出せます。

たくさんの方が タマラ・ヒーリングを体験してくれました。

一人ひとりと接する合間に、Jさんが歩いてくるのが見えました。
何か心惹かれたのでしょうか、あるブースで、楽しそうに話をしています。

「なんか、元気になってきてるよね、Jさん」
「うん、元気になってきてる、明るくなってきたね」
「着てる服の選び方が変わってきたと思わない?」
「うんうん! カワイイ感じになってるよね」

ヒーラーのみんなは 初めて来た日のJさんの様子を知っています。
力なく、歩くのもやっとという感じだった Jさん。
日毎に 笑顔が増えて 歩くのも支えなくても大丈夫になっていました。
こうして客観的に彼女の姿を見たとき
その変化が 明らかに わかりました。

「ほんとに 毎日来てくれてるね」
「うん、ほんとね」

ハワイ島にいる間、
私は毎日でもヒーリングする用意があることを伝えました。
そういった私が、毎日来てくれるJさんを
「すごいな」と思っていました。

と同時に・・・
今、こうして書きながら思うことは・・・
毎日来てくれるJさんの姿に、変わっていく様子に
私もずいぶんと癒され、励まされ、自信をつけてもらっていた
ということです。

つづく


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。






*** *** *** *** ***

毎日お知らせさせていただいています
タマラ・ヒーリング協会主催の
「東京ワークショップ」

お席ももう少しございますので
タマラ・ヒーリングや
誘導瞑想を体験してみたい方
今必要な 気づき を得て、モヤモヤを解消したい方
ぜひ、この機会をお見逃しなさいませんよう

思ったが吉日

今日を キッカケの日 としていただけたらと思います(^^)


☆☆☆ 東京ワークショップ ☆☆☆

タマラ・ヒーリング協会HP

↑ お申し込みはこちらから(^^)

とき/12月14日(日) 午前10時~午後5時
           
ところ/かつしかシンフォニーヒルズ・コンチェルト
    東京都葛飾区立石6-33-1

アクセス/京成線 青砥駅下車 歩いて5分くらい

参加費/協会会員4,000円 
    一般  5,000円



お待ちしています!(^^)デイジー



Jさんとの1週間 5
おはようございます!
かとうさんがネパールに行っていらっしゃる間
留守番をしているデイジーです。

いつも「あかね雲」を読んでくださって
ほんとうにありがとうございます。

もうしばらく、デイジーの話につきあってください。
よろしくお願いします!

それと
毎日、ご案内させていただいています
タマラ・ヒーリング協会主催の
「東京ワークショップ」

「あかね雲」の読者の方からもお申し込みをいただいています。
ありがとうございます!

初めての方もたくさんいらっしゃいますので
もし、読者の方で迷っていらっしゃる方がいらしたら
どうかご心配なさらず、ご参加ください(^^)

ヒーリングや誘導瞑想を体験していただいて
ご自身の日々の生活、夢や希望を実現するのに
役に立てていただけたら 幸いです。


☆☆☆ 東京ワークショップ ☆☆☆

タマラ・ヒーリング協会HP

↑ お申し込みはこちらから(^^)

とき/12月14日(日) 午前10時~午後5時
           
ところ/かつしかシンフォニーヒルズ・コンチェルト
    東京都葛飾区立石6-33-1

アクセス/京成線 青砥駅下車 歩いて5分くらい

参加費/協会会員4,000円 
    一般  5,000円


~~~ では、昨日のつづきの お話です ~~~


翌日。
その日は、現地に暮らすHさんの車に乗せていただいて
あちこちにチラシを配りに出ていたのですが
戻ると、会場にJさんの姿がありました。

(来てくれたんだー!)

楽しそうに仲間達と話をしています。

「Jさ~ん!」

ハグし合って、見ると、顔色も少し良くなっている感じでした。

「来てくれてありがとう! 今日も会えて嬉しいです」

出掛けている間に、仲間にヒーリングを受けたり
話をして、みんなと楽しい時間を過ごしていたようです。

そして、前日ヒーリングを受けてからのことを
いろいろ話してくれました。

目のコンディションがよくなっていること。
目がプロテクトされている感じがすること。

「不注意で洗剤を目に入れてしまったの。
 翌朝は、きっと調子が悪くなっていると思ったんだけど
 朝、悪くなっていなかったの。
 目が守られている、そう感じたわ」

一言話しては手をとり、一言話してはハグする。

そして、この日も、また10分間ヒーリングをしました。

そして・・・

ヒーリングをしている途中で、ふっと浮かんだ言葉を
Jさんに話しました。


「Jさん、Jさんの中にある 希望 を大事にしてください」


Jさんは、じっと私をみつめていました。
そして、深呼吸をすると
その言葉と今の自分との間の「距離」があることを
はっきりとではなく・・・伝えてくれました。

できることなら
もうそろそろお休みしたいのよ・・・。

そういう思いが伝わってきました。

「うん、わかった。また明日、よかったらヒーリングさせてくださいね。
 みんなも Jさんのこと待ってるから」

笑顔をかわし、みんなともハグし合って、Jさんは帰っていきました。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。




 


Jさんとの1週間 4
ヒーリングを終えて
Jさんの前で、手をとって顔を見つめました。
しずかに目を開けたJさんは
しばらくじっと私をみつめたり、深呼吸をしたりしていました。

それから「とても気持ちよかった」といって
自分が感じたことを伝えてくれました。

「説明しなかった痛みのある部分に、手を当てられたときは驚いたわ。
 話していなかったのにわかったの?」

私は、ヒーリングしていると、自然にそうしたところに手がいったり
時には、自分の体に違和感を感じて、それと同じ位置に手をおいて
ヒーリングするの、と話しました。

体が前屈みになったことについては
「自分でもびっくりしたわ」と、くすくす笑っていました。

でも、ふっとその微笑みが消えると・・・
言葉はわからないけれど
抱えている思いというのは 伝わってきます。

きっといろんなことがあったんだと思います。
体のあちこちにトラブルを抱え、心も疲れてしまって・・・
Jさんの表情を見ていると・・・
「もうお休みしたいのよ・・・」そういう気持ちが伝わってきます。

「Jさん、私は1週間ハワイ島にいます。
 ハワイ島で タマラ・ヒーリングの体験会やワークショップを
 みんなと行っています。
 Jさんさえよかったら、私は毎日Jさんにヒーリングします。
 ハワイ島にいる間、その間なら、直接ヒーリングできます。
 よかったら、来てください。待っています」

通訳のAさんを介して そう伝えてもらいました。

「ありがとう」

それから何度もハグをして、みんなともハグをして別れました。





  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。





~~~ お知らせ ~~~

この日曜日(12月14日)に、年内最後となる
タマラ・ヒーリング 東京ワークショップ 
を行います。

ヒーラーでない方も
タマラ・ヒーリングを体験できるチャンスです。

また、今の自分に必要な 気づき を自分自身で掴む
「誘導瞑想」も、行います。
かとうさんの言葉によるリードで
さらに深い 根っこの部分に 気づくことができます。

そこで得た気づきを グループディスカッションによって
その意味を考え、理解して 実生活に活かしていきます。

ヒーリングと誘導瞑想を 1回のワークショップの中で行うのは
今回がラストになります。
(今後は別メニューとなる予定です)

年末のお忙しい時期とは思いますが
ぜひ、ご参加くださいますよう、お待ちしております!


☆☆☆ 東京ワークショップ ☆☆☆

タマラ・ヒーリング協会HP

↑ お申し込みはこちらから(^^)

とき/12月14日(日) 午前10時~午後5時
           
ところ/かつしかシンフォニーヒルズ・コンチェルト
    東京都葛飾区立石6-33-1

アクセス/京成線 青砥駅下車 歩いて5分くらい

参加費/協会会員4,000円 
    一般  5,000円



デイジー









Jさんとの1週間 3
「Jさんが元気になりますように」

それから10分間、ヒーリングしました。

思えば、そこから 私の中で
Jさんの心身から感じる「こわれそう・・・」ということへの躊躇が
なくなったように思います。

水が低いところに流れていくように
タマラのエネルギーも、その人が必要としているところに
自然に流れていく そう 学んでいます。

肩においていた手は
自然に背中、腰、手のひら、頭や目へと
自然に動いていきました。

一カ所でずーっとヒーリングし続けることもありますが
なんとなく、置いている手を動かしたくなる、ことがあります。
それに逆らわないで そのまま 自分が置きたい位置まで動かしていきます。

自分の中では ここ と決まっているんです。
だから なんとなく動かすのですが
そこにぴたっとこないとちょっと大げさな言い方になりますが
私の中で がまんならない んですね。

数センチ、ときには 数ミリであっても
ちがうは、ちがう なんです。

手のむきをかえたり、手のひらの中でもどの部分を当てるのかとか
ピンポイントで指先からヒーリングするときは
指先をどのぐらいの力加減でタッチさせるかとか
指先の向ける角度とか

それが ここ! というところにぴったりフィットすると
私が、ほんとに 気持ちいいです!
これと同じ感覚は・・・私の場合は
原稿を書いている時に 思いに適う言葉がみつかったとき
文章で書ききれたときの感覚に 近いかなと思います。


そうやって 思うままに手を動かし
一カ所一カ所 「よし」と感覚をたしかめながら
ヒーリングをしました。

Jさんは、時折深呼吸したり
上半身を折り曲げるように前へと倒したりしながら
私のヒーリングを受けてくださいました。



つづく


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:


*** 年内最後のワークショップ ***

      東京ワークショップ 

*** ただいま参加申し込み受付中 **

来る12月14日、東京・葛飾区にある
かつしかシンフォニーヒルズ「コンチェルト」にて
年内最後となるワークショップを開催いたします。
(最寄り駅は 京成線の青砥駅です)

午前10時から午後5時まで
長時間のワークショップですが
主な流れは、前半ヒーリング、後半グループワーク等になります。

*前半のヒーリングについて
タマラ・ヒーラーでなくてもこの場では
タマラのエネルギーを感じ
ヒーリングしあったりすることができます。

*後半のグループワーク等について
年内で、ワークショップの中での「誘導瞑想」は最後となります。


☆☆☆ 東京ワークショップ ☆☆☆

タマラ・ヒーリング協会HP

↑ お申し込みはこちらから(^^)

とき/12月14日(日) 午前10時~午後5時
           
ところ/かつしかシンフォニーヒルズ・コンチェルト
    東京都葛飾区立石6-33-1

アクセス/京成線 青砥駅下車 歩いて5分くらい

参加費/協会会員4,000円 
    一般  5,000円


今週末になりました。
まだまだお席あります。
お待ちしています(^^)


デイジー



Jさんとの1週間 2
「どこかヒーリングして欲しいところはありますか?」

通訳さんを介して尋ねると、彼女は目にトラブルを抱えているようで、
サングラスで光の刺激から目を守っているといいます。
ほかにも、いくつかトラブルを抱えているところがあるようです。

「じゃあ、始めますね」

10分間のヒーリングが始まりました。

彼女の肩にそっと手を載せました。

(え? そんな・・・・どうしよう・・・・・)

そーっとそーっと手をおいていないと こわれてしまう・・・。
ヒーリングをはじめて、初めて感じた感覚でした。

風がふくのも ふーっと息をかけるのも ためらわれる 
そんな感じなのに
手をおいたら こわれてしまうよ!
ヒーリングで エネルギーが 流れたら・・・大丈夫? 大丈夫なの?

イスに腰掛けた 小さなJさんの後ろ姿をみつめながら
どうしたらいいんだろう・・・と 考えました。
こわれないように こわれないように 
そーっと そーっと 肩にのせている 自分の手をみつめていました。

(ヒーリングのエネルギー・・・エネルギーという「言葉」の重みにも
 耐えかねるような 彼女の心身・・・。
 私は 彼女に ヒーリングする。
 彼女が 必要とするエネルギーを 橋渡しする。
 ただ それだけ・・・ただ それだけ・・・それだけになろう)

そう思えたら 自分の気持ちが決まりました。

そして 気持ちと姿勢を リセット。
しずかに しずかに J さんへの ヒーリングをはじめました。


つづく



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



~~~~~ 今日もご案内させてください!(^^) ~~~~~


*** 年内最後のワークショップ ***

      東京ワークショップ 

*** ただいま参加申し込み受付中 **

来る12月14日、東京・葛飾区の
かつしかシンフォニーヒルズ「コンチェルト」にて
年内最後となるワークショップを開催いたします。

午前10時から午後5時まで
長時間のワークショップですが
主な流れは、前半ヒーリング、後半グループワーク等になります。

*前半のヒーリングについて
タマラ・ヒーラーでなくてもこの場では
タマラのエネルギーを感じ
ヒーリングしあったりすることができます。

*後半のグループワーク等について
年内で、ワークショップの中での「誘導瞑想」は最後となります。


☆☆☆ 東京ワークショップ ☆☆☆

http://www.itha-japan.sakura.ne.jp/schedule.html
↑ お申し込みはこちらから(^^)

とき/12月14日(日) 午前10時~午後5時
           
ところ/かつしかシンフォニーヒルズ・コンチェルト
    東京都葛飾区立石6-33-1

アクセス/京成線 青砥駅下車 歩いて5分くらい

参加費/協会会員4,000円 
    一般  5,000円


お待ちしています(^^)デイジー




Jさんとの1週間
おはようございます。
デイジーです。

昨日は、「あかね雲」を書き上げて
そのままJさんにメールを書きました。
不思議なもので 「よし」と自分にスイッチが入ったら
頭に、伝えたいことを表す 単語 が浮かんできました(^^)

単語をつないで、つないで、箇条書きの文章が5、6つできました。
「やった!」(心でガッツポーズ)

Jさんに送りました・・・無事に届きますように(^^)/

それから 「あかね雲」を読んで
「英文にしますよ」とのメールをいただきました(^^)
うれしかったです、ありがとうございます。
ご相談するときもあるかと思います。
その時はどうぞ、よろしくお願いします☆

***** ***** ***** *****


Jさんとの出逢い・・・

9月のハワイ島。
ひとつの会場を借りて、私たちはタマラ・ヒーリングの
体験会を行っていました。

初日、あれは午後でした。

一台の車が敷地の中に入ってきました。

ショートヘアの一人の女性が、車を駐車場にとめて
こちらに向かって歩いてきます。

そろり そろり・・・
一歩ふみだし息をつく、歩くのもやっとな様子です。

痩身で小柄で・・・身振り手振りにもあまり力がありません。
笑顔をくれるのですが
微笑みを浮かべる顔の筋肉を動かすことすら 
力が入らないような・・・そんな様子でした。

その女性が Jさん でした。
そして、私が彼女にヒーリングをすることになりました。

「道路沿いに タマラ・ヒーリングの看板をみかけて
 気になったのですが、一度は通り過ぎました。
 でも、やっぱり気になって戻ってきました」

ゆっくり、ゆっくり
消え入るような声で、そういうと
ふーっと深呼吸。
息をするのもつらそうです。
 
「戻ってきてくださって、ありがとうございます。
 どうぞ、体験してみてくださいね」

そういって 椅子に腰掛けてもらいました。

つづく


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。




***** ***** ***** ***** *****



12月14日(日)
タマラ・ヒーリング協会主催の
「東京ワークショップ」には
あかね雲の 読者のみなさんからも
お申し込みをいただいています。

ありがとうございます!

開催まで残すところ1週間。

お席にまだ余裕がありますので
ぜひ、お気軽にご参加くださいませ。

ヒーリング&誘導瞑想

一日で体験することができるのは、今回が最後になります。

「どちらもあまり知らないのですが、いいですか?」
というご質問をうけました。

大丈夫です! 
予備知識がなくても 未経験でも まったく問題ありません。

「なんとなく気になる」「行ってみようかな」を
「やってみた」「行ってみた」「体験した」に 変えませんか?

押し掛けのスイッチ を ギュッと押して(^^)
ぜひ、ご自身の「体験」を増やしていただけたら、と思います。


一年のしめくくり。
モヤモヤを しっかり腑に落として 新しい年を迎えたい です!

お申し込み、お問い合わせは 協会ホームページからどうぞ。

タマラ・ヒーリング協会HP


デイジー




そのひとことに心をこめて
おはようございます、デイジーです。

9月にかとうさんや仲間のみなさんと共にハワイ島へ行きました。
タマラ・ヒーリングのワークショップ&体験会や
イベントへの出展が目的の旅でした。
現地ではたくさんの方にタマラ・ヒーリングを体験してもらい
何人もヒーラーが誕生しました。

つい先日、その時すべてをコーディネイトしてくれたKさんが
プライベートでハワイ島に行かれたのですが
9月にヒーラーになったJさんから、かとうさんと私に
渡してほしいといって、何かを託されたとのこと。

それを聞いたとき
うれしさとごめんね
二つの気持ちが同時におこりました。

慌ただしく過ぎていく日々の中で
メールをしなくちゃ、手紙を書きたいな、と思いつつも
目の前で起こっている 燃え盛るもの! を何とかしなくちゃー!!!!!
で、Jさんへの連絡ができないでいました。

心ないことをしているよな、あたし・・・

お尻に火をつけて走り回りながら
でも、いつも心のどこかにその思いを抱えていました。
「Jさん、元気かな」「Jさん、どうしてるかな」と・・・。

いま、これを書きながら、ひとことでも、ふたことでもいいんだって
もやもやした気持ちが 整理されてきました。

流暢で、すばらしい名文メールを書かなくってもいいんですよね。
そのイメージでいるから、後回し、後回しになってしまう。
こういうのを いらぬプライド というのでしょう。

一行でも、一言でも、そこに私の心があれば・・・

私がもらうほうの立場だったら、一行でも、一言でも
「わおー! デイジーからだ!!!!!」ってすごく嬉しくなる(^^)

あかね雲の『根拠のない自信』のところで

  やりたいことをやる できるかできないではなく やりたいからやる
  その方が大切だ できるかどうかを心配するよりも、まずやってみるべきだ 

というメッセージがありました。

うわー、9月から・・・ずいぶん経ってしまった!!!!!
Jさんに これから メールします(^^)/


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


*** 年内最後のワークショップ ***

      東京ワークショップ 

*** ただいま参加申し込み受付中 **

来る12月14日、東京・葛飾区の
かつしかシンフォニーヒルズ「コンチェルト」にて
年内最後となるワークショップを開催いたします。

午前10時から午後5時まで
長時間のワークショップですが
主な流れは、前半ヒーリング、後半グループワーク等になります。

*前半のヒーリングについて
タマラ・ヒーラーでなくてもこの場では
タマラのエネルギーを感じ
ヒーリングしあったりすることができます。

*後半のグループワーク等について
年内で、ワークショップの中での「誘導瞑想」は最後となります。

*誘導瞑想について・・・
「 答えは自分の中にある 」

かとうさんのナビゲートで
今の私の必要とする答えを、自分の中に探しに行く
ひとときの旅のような「誘導瞑想」。

視たビジョン、感覚を折に触れて思い出しながら
過ごす日々は、そこからまたいろんなことに
気がついたり、感じたりする日々でもあります。

はじめての方も
一度受けたことのある方も
新しい年の始まりの前に、
自分自身に、しっかりと向き合ってみませんか。

ワークショップ内での「誘導瞑想」は
今回が最後となります。

ヒーリングと誘導瞑想が両方一度にできる
今回のワークショップに、ぜひご参加ください。

お申し込み、問い合わせは下記にお願いします。

タマラ・ヒーリング協会HP


デイジー




すりこ遊び
かとうさんは お仕事でネパールにお出掛けです。
帰国されるまで、デイジーが留守番します。
よろしくお願いします(^^)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

少し前まで
自然に関するお話が続いていました。

自然・・・というと

私にとってはやはりふるさとになるのですが

なぜか、今、私の頭に浮かんでいるのは

一心に「すりこ」をして遊ぶ、子どもの私 なんですね。

なんでだろう~? 

あ、もしかしたら、「すりこ」ってご存じないかもしれませんね。

「すりこ」というのは、石をコンクリートとかの上で擦って粉にする
子どもの遊び? というか・・・遊びですね。

石を擦って粉を作り、お医者さんごっこの「薬」にしたりするわけです。
ただただ擦って擦って、粉をためる、それでも十分楽しい「遊び」でした。


子どもの頃の我が家には、庭があって
円柱形のコンクリートブロックをぐるりとならべて囲んだ花壇がありました。
春はたしかチューリップが咲いてたように思います。

その コンクリートブロックを摺台にして、せっせと擦るわけです。

擦る石はその辺から拾って来るのですが
石っていっても、いろいろあるんですよ、これが。
基本的に茶色っぽい石で、なんとなく、なんとなく見た目にやわらかさを感じる石が
「すりこ」に最適の石です。

時々茶色っぽくても、それは外側だけで、中はかったーい石っていうときがあり
だまされたーと、ぽーい。

青い石は基本的に「すりこ」には向きません。
コンクリートで擦ると、黒板キーィッみたいな感じがします!!!!!
あの歯が痛むような感触は、ほんと嫌でした! 

そういうことも、最初っからわかったんじゃなくて
最初は、どの石でもできると思って、やるんです。
でも、やっていくうちに、だんだん「すりこ」に向く石、向かない石が
わかってくる。(キーーーィッとかを、何度となく経験しながら!)

ぱっぱっとわかってきてからのことは、嘘みたいに記憶にありません。

あの、「当たった!」「しまった!」を繰り返し、試行錯誤しているときが
なんだかすごく 鮮明 な記憶として 私の中に残っています。


そして、今、ブロックに向かって、しゃがみ込み、一心に「すりこ」している
私を、視ている 私です。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


*** おしらせです! ***

タマラ・ヒーリング協会主催

東京ワークショップ 

*** ただいま参加申し込み受付中 **

来る12月14日、東京・葛飾区の
かつしかシンフォニーヒルズ「コンチェルト」にて
年内最後となるワークショップを開催いたします。

午前10時から午後5時まで
長時間のワークショップですが
主な流れは、前半ヒーリング、後半グループワーク等になります。

*前半のヒーリングについて
タマラ・ヒーラーでなくてもこの場では
タマラのエネルギーを感じ
ヒーリングしあったりすることができます。

*後半のグループワーク等について
年内で、ワークショップの中での「誘導瞑想」は最後となります。

*誘導瞑想について・・・
「 答えは自分の中にある 」

でも・・・気がつかない、気がつけない、気がつきたくない。
なかなか探し出せない、たどりつけない私がいます。

かとうさんの言葉に導かれて、はじめて誘導瞑想を受けたとき・・・。
視えたビジョン、そこでの感覚。

視えたものや感覚は言葉にできましたが
意味は言葉にできない=ピンときませんでした。
(でも、なんだかしっくりしている・・・不思議な感覚)
それを少しずつ、少しずつ、解きほぐしている毎日です。

答えがわからないと、私はよく焦ります。
誰かに教えて! と言いたくなります。

同じ答えを得るにしても、
その後解きほぐしに時間がかかったとしても
私はその答えのもつ、深みや奥行やニュアンスを
自分自身で視て感じられた「誘導瞑想」はいいな、と思いました。

なんといっても、自分が視たのですから!

百聞は一見にしかずという諺がありますが
ほんとうにそうだな、と思うんです。

かとうさんのナビゲートで
今の私の必要とする答えを、自分の中に探しに行く
ひとときの旅のような「誘導瞑想」。

あの日視たビジョン、感覚を折に触れて思い出しながら
過ごす日々は、そこからまたいろんなことに
気がついたり、感じたりする日々でもあります。

はじめての方も
一度受けたことのある方も
新しい年の始まりの前に、
自分自身に、しっかりと向き合ってみませんか。

繰り返しになりますが
ワークショップ内での「誘導瞑想」は
今回が最後となります。

ヒーリングと誘導瞑想が両方一度にできる
今回のワークショップに、ぜひご参加ください。

お申し込み、問い合わせは下記にお願いします。

タマラ・ヒーリング協会HP


デイジー



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。







根拠のない自信。
『行ってくるか・・・』

はい、おかげさまでチケットも取れました。

『行くべくして行くのだ。
 自分で、そう決めていただろう。』

そうなんです。バンコクの国際空港が閉鎖されてるから行けない、
と皆さんが心配してくれました。
でも、私は行けると思っていました。根拠はないですけどね。
根拠のない自信のようなもので、行きたいから行くのだと思っています。

『根拠のない自信か・・・人間にはそう見えるのかもしれぬな。
 根拠はないのではなく、自分の中にあるのだ。』

自分の中にですか?

『そうだ、行きたいから行く、行くことに何の疑問も持たない。
 自分の中で行くことを決めているからだ。』

疑問を持たないことが大切なのですか?

『疑問が何かを考えることだな。
 やりたいことをやる、できるできないではなく、やりたいからやる、
 その方が大切だ。できるかどうかを心配するよりも、まずやってみるべきだ。』

そうですね、やってみなければ出来るかどうかも分からない、そう思います。

『進む一歩が出ないと言う人間の中には、やりたい気持ちよりもできるかどうかを
 悩んでいることがある。やる前から、出来るかどうかの感情に揺らいでいる。』

やってみて出来なかったら、自分で納得できますね。
中には、それが自分のやるべきことかどうかを言う人もいます。

『やるべきことかどうか・・・すぐに決めたがるな。
 自分の成長が追い付いていなければ、やるべきことさえ出来ないではないか。
 やらなければ成長もない、出来ないことを知ることも成長することだ。』

やってみるから出来ないことがあるのも知る、やっただけ成長することになりますね。
思うから、考えるから実行する。実行するからできるか出来ないかを知る。
ネパールで私に出来ることがある、会う人たちがいる。
出会うために、やるために行ってきます!




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

12月3日から12日まで、ネパールに行ってきます。
その間は、電話もメールも返信ができません。
お電話、メール、コメントへのレスは12日以降になります。
どうぞ、ご了承ください。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

*** 年内最後のワークショップ ***

      東京ワークショップ 

*** ただいま参加申し込み受付中 **

来る12月14日、東京・葛飾区の
かつしかシンフォニーヒルズ「コンチェルト」にて
年内最後となるワークショップを開催いたします。

午前10時から午後5時まで
長時間のワークショップですが
主な流れは、前半ヒーリング、後半グループワーク等になります。

*前半のヒーリングについて
タマラ・ヒーラーでなくてもこの場では
タマラのエネルギーを感じ
ヒーリングしあったりすることができます。

*後半のグループワーク等について
年内で、ワークショップの中での「誘導瞑想」は最後となります。

*誘導瞑想について・・・
「 答えは自分の中にある 」

でも・・・気がつかない、気がつけない、気がつきたくない。
なかなか探し出せない、たどりつけない私がいます。

かとうさんの言葉に導かれて、はじめて誘導瞑想を受けたとき・・・。
視えたビジョン、そこでの感覚。

視えたものや感覚は言葉にできましたが
意味は言葉にできない=ピンときませんでした。
(でも、なんだかしっくりしている・・・不思議な感覚)
それを少しずつ、少しずつ、解きほぐしている毎日です。

答えがわからないと、私はよく焦ります。
誰かに教えて! と言いたくなります。

同じ答えを得るにしても、
その後解きほぐしに時間がかかったとしても
私はその答えのもつ、深みや奥行やニュアンスを
自分自身で視て感じられた「誘導瞑想」はいいな、と思いました。

なんといっても、自分が視たのですから!

百聞は一見にしかずという諺がありますが
ほんとうにそうだな、と思うんです。

かとうさんのナビゲートで
今の私の必要とする答えを、自分の中に探しに行く
ひとときの旅のような「誘導瞑想」。

あの日視たビジョン、感覚を折に触れて思い出しながら
過ごす日々は、そこからまたいろんなことに
気がついたり、感じたりする日々でもあります。

はじめての方も
一度受けたことのある方も
新しい年の始まりの前に、
自分自身に、しっかりと向き合ってみませんか。

繰り返しになりますが
ワークショップ内での「誘導瞑想」は
今回が最後となります。

ヒーリングと誘導瞑想が両方一度にできる
今回のワークショップに、ぜひご参加ください。

お申し込み、問い合わせは下記にお願いします。

タマラ・ヒーリング協会HP


デイジー



  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。



幸せとは
福岡で28日に講演会と、29日にワークショップを行った。
30日に大分で、タマラのエネルギーに興味や関心のある人たちが集まってくれた。

出会うべくして出会ったことを感じて、私はご縁を作ってくれた方達に、感謝している。
伝授を受けてタマラのエネルギーを自分のものとした方たちが、一生において様々な
サポートを、タマラのエネルギーから受けられると思うと、私は嬉しさと共にその方
たちの幸せを祈っている。

人は誰でも幸せを求めている、幸せを願っている。

幸せとは 感じるもの。
幸せとは 喜びで満たされるもの
幸せとは 心から満足するもの
幸せとは 本当に納得するもの
幸せとは 分かち合いたいもの
幸せとは 愛を与えるもの
幸せとは 愛を受け取るもの
幸せとは 感謝できるもの
幸せとは 努力が実ったもの

幸せとは 自分の中にあり
幸せとは 自分の身近にあり
幸せとは 人の幸せを自分も幸せと感じられる

なんてたくさんあるんだろう。

伝授を受けたその方が幸せになっていく、幸せを感じていく、それを伝えられる私は
なおさらの喜びを感じて、幸せを感じている。
伝授を受けてくださった皆さんに、仲間たちに、出会いに、ご縁を作ってくれた皆さんに、
私は心からの感謝を込めて伝えたい。

本当に 本当に ありがとうございます!!!!!

そして、本当に 本当に 幸せになってください!!!!!



タマラ・ヒーリング
http://tamara.sakura.ne.jp/


  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。





プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。