あかね雲 〜生きる意味〜
不思議な世界行ったり来たり???
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33回忌
義父の33回忌の法事のために、24日から私は夫と一緒に大分県臼杵市に行ってきた。
久しぶりに夫の兄弟たちと会う。
義兄の言葉が印象的だった。

「オレもおやじの亡くなった年に、近付いてきたよ。」

自然に思い出話しになる。
話を聞いていると、それぞれに性格の似ているところが現れて面白い。

やがてお坊さんが来て、ご法事が始まる。
読経の声が響く、うん、いい声だね・・・などと思いながら、ふと気になるものがあった。
何かを私に教えようとしているのを感じる。

アレ~、何だろう???

そのとたんに分かった!
33回忌を迎えた、夫の父が来ている・・・。

そうか、祥月命日にはまだ数日在るが、人間の都合に合わせて霊界の門を開いてくれたのだろう。
そして、驚きはもっとあった。

なんと、義母も一緒に姿を視せたのだ!
義母の祥月命日は12月9日だ、まだ命日にもなっていないのに???

私たちがお焼香をしている間、二人はニコニコと笑いながら立っている。
お焼香を済ませたあとは、それぞれのところに行って肩に手を置いている。
あぁ、知らせてあげたいな・・・でも皆さんは、見えない世界には興味がなく知ろうともしない。

皆さんのご両親がここに来ていますよ!

二人とも、この世に未練がないのだろう。
寄り添うように動き回っている。

私は初めて知った。
夫婦として仲が良かった場合には、命日には二人揃って姿を視せることがあるのだと。
姿を視せてくださった、義父母に感謝している。




  ランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが1票になります。応援のクリックをお願いします。







スポンサーサイト
守護霊さんの役目。
守護霊さんは、あなたの両親のどちらかの血筋のご先祖さんが、
役目として付いていてくれる。

霊界において、あなたが自分の人生設計を披露して、大勢のご先祖さん
たちの中から選ばれて、約束をして、守護霊さんとなってくれている。

守護霊さんとあなたは、しっかりとした約束のもとに繋がれている。

守護霊さんは貴方が生まれるときに付き、あなたが亡くなるときに離れて、
死神さんとあなたと共に霊界に帰っていく。

あなたが生きている間、様々な選択のときに、あなたにメッセージを送り続ける。
それが守護霊さんの役目であり、あなたとの大切な約束になっているからだ。

私が霊視をするようになって、何度も聞かれたことがある。

「自分の守護霊さんと会話ができるのですか?」

私は、自分の守護霊さんと会話をすることはない。
私は他の人の守護霊さんから、その人に必要な情報を聞いたりすることはできる。
しかし、私が自分の守護霊さんと直接に話をすることはない。

もしも私が自分の守護霊さんと会話ができるようならば、私はきっと守護霊さんに
直接いろいろな答えを聞きたくなってしまうだろう。
選択することが迫るたびに、守護霊さんにお伺いを立ててしまうだろう。
せっかく与えられている選択の自由を無視して、私は守護霊さんの言うままに
なってしまうだろう。

それでは、守護霊さんを悲しませることになってしまう。



本来、守護霊さんはメッセージを送ることが役目であり、本人と会話をすること
を役目とはしていない。


もしも会話をすることができるなら、人間は守護霊の言葉を聞きたくなってしまう。
その方が楽だし、間違いがないと思うだろう。
そして、何よりも自分で選択をしなくなるだろう。
人間に与えられている選択の自由、
守護霊さんには、全てが分かっている。

ただし、自問自答という形でじっくり本当に考えるとき、
答えに導くということもある。

だから、私は守護霊さんが送ってくれるメッセージには、
一番素直でありたいと思う。





  応援のクリックをお願いします




幽霊2
「霊界に行かずに幽界に残った魂は、ずっと幽霊のままで幽界に居るの?」

『そう言うことになるね。
 姉さんが視た導師の幽霊も、そうだったでしょう。』

「うんうん、Hさんが亡くなって転生するまでには、数百年かかったと思う。
 幽界には時間の流れがないのと同じだと言うから、幽霊はほとんど何も感じないの?」

『うーん、ボクたちは実際には幽界には行けないから、幽界の時間の流れと言うのは
 分からないよ。ただ人間に憑いていたり、彷徨っている幽霊を視ると、時間の流れや
 時代の流れに気付いていないと知ることが多いね。』

幽霊の「時」は死んだ時のままに、止まっている・・・幽霊にとって時間は流れていない。

「だから導師はHさんの転生が分からないのね。」

『うん、導師にとっては、霊界に行っている間のHさんは見えない。
 どこに行ったのだろう? くらいにしか思わない。
 だけど、Hさんが生まれてくれば、Hさんの魂の波動を現在の時間の中に
 感じることができる。波動を感じるからHさんの魂を探すんだ。
 そして探し当てると、そこに視るのは自分が知っている時代のHさんなんだよ。』

「導師には、今のHさんではなく、前世のHさんの姿に視えているのね。」

『うん、そうだよ。
 今の姿で視ようとしない。それも幽霊なんだ。』

「でも、導師は気付いたわよ。」

『それは姉さんが話をすることによって、導師に教えたからだよ。』

「私が教えたの?」

『そうだよ、Hさんの魂が決めてきたことを伝えたでしょう。
 それで導師が、何か違うということに気付いたんだ。』

「気付いたから、導師は今のHさんの姿を視ることができたの?」

『そうだよ、気付いたから、自分で今のHさんの姿を視て、心を知ることができた。』

「だから、導師が変わったのね。」

『うん、だから救われたとも言えるね。
 霊界への案内が再び成されたんだから・・・。』

霊界へと帰れば、次に向けての転生の準備ができる。
魂の目的とする、成長への道が再び開ける。
魂にとっては、何よりの喜びとなるだろう。

私も心残りのないように、やりたいことをやっておこうっと!!!



  応援のクリックをお願いします


お盆 3
お盆になってご先祖さまたちが、霊界から現世を訪れる。
どのくらいの日数を現世で過ごすのだろう・・・。

『人間界と霊界では時間のズレがある。
 霊界においてはっきりしているのは、人間が生まれる時と死ぬ時だ。
 それ以外の訪問に関しては、およその時間はあるが厳密な取り決めはない。
 魂が人間界を訪れるのは、決まっている時間のうちなら自由だ。』

「では、決められた時間の内なら、目一杯の日数でも良し、短い時間でも良し
 と言うことなのかな。」

どうやら、人間の時間で言うと10日間にあたる時間らしい。
お盆を含めて、10日ほどの日数があり、その中で望む日時で訪れるらしい。

だから、お盆より早くに家族の元に訪れることもあるし、お盆が過ぎてからも
亡くなった家族の気配を感じる人もあるのだろう。

故人の好物を用意して、話したかったことを心の中で話すと良い。
魂は自分に向けられる気持を、その人の波動で知ることができる。
波動を追って、その人の元を訪れることができる。

親戚が集まって思い出話しをするお盆やお彼岸や命日などでは、故人もその場で
一緒になって話を聞いていることもある。
たとえ悪口などの話が出たとしても、魂は怒ることはない。
自分の人生設計を振り返っているから、そのことに通じるだけだ。

霊界に帰れば全て分かることであり、人間界にいたほどの感情もない。
だから冷静に聞いているし、自分の反省材料にもなる。

時には
『それは言えてる。それはお前自身にも言えるだろう。』
などと返すこともあるかもしれない。

仏壇やお墓は、残された家族や友人たちが故人を偲ぶ所でもある。
そこに魂としているわけではないが、心を込めて手を合わせるのは
通じるものがある。

お墓参りをしない、仏壇に手を合わせない、供養をしないと言って
怒るご先祖さまはいない。
感謝を込めて思いを込めて、心を込めて手を合わせ供養をする、
子孫のその気持を喜ぶ。


お盆は先祖のあることを改めて考えたり、先祖のDNAの中にあるものを話し合ったり、
自分を省みる良き時間でもある。ご先祖に感謝しながら、お盆を過ごしたい。





  応援のクリックをお願いします


お盆 2
「人間界ではお盆でしょう。
 亡くなったご先祖さまたちが帰ってくる、それを迎える行事だって。
 昔から言われているんだけど、これはどのようなことなの?」

『霊界に戻った魂は、本来ならわざわざ人間界に来る必要は無い。
 しかし、それだけでは先祖や子孫のあり方や考え方に、違いが出てしまう。
 一番大きな違いは、先祖や子孫の概念がなくなったら、今この世に生まれている
 人間の血筋や、それを生み出してきた人間の存在ということに関わって来る。』

私が先祖として考えられる一番近い存在、それは祖父母や曾祖父母になるだろう。
それ以上前のご先祖となると、おぼろげに聞いた記憶があるだけだ。

「私の血筋のご先祖さんだって、たくさん居るわけでしょう。
 どのあたりのご先祖さんまでが、お盆のこの時期に帰ってくると思えば良いの?」

『亡くなったその人のことを覚えている人がいる限りは、お盆やお彼岸や命日に
 帰ってくる。覚えている人がこの世に居なくなったら、もう人間界に来る必要は
 ない。故人の思い出話しもないし、お互いに伝えることもないだろう。』

「亡くなったご先祖さんが、子孫に何か伝えると言うようなことはないの?」

『生きている間に伝えなかったものならば、わざわざ霊になってまで伝えることはない。
 なぜなら、魂となり霊界に戻ってしまえば全て分かること。
 どうしても伝えなければならないことは、生きている間に伝えるものだよ。
 亡くなった人から何かを聞きたい、何かを話してほしいと願うのは、残っている
 人間の思いに過ぎない。
 しかし、この思いがあるからこそ亡くなった人のことを思い出したり、伝えようと
 努力もするだろう。そして何よりも感謝に繋がる。それが大切なことなのだよ。』

ご先祖から脈々と伝わる血筋、これを受け取ったからこそ私はこの時代に生まれている。
お盆には亡くなった曾祖父母や祖父母、また夫の両親も帰って来ているのだろう。
両親や兄弟、夫と懐かしい人たちの思いだ話をしてみよう。
私の知らない話が聞けるかもしれない。
私の知りたい何かが聞けるかもしれない。




  応援のクリックをお願いします




プロフィール

あかね雲

Author:あかね雲
私が触れた不思議な世界と、ご縁のあった出来事などを気の向くままに書いていきます。

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。